Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

インコース有利のデータは証明された

2017-04-30 20:25:57 | Weblog
予想通りのヤマカツライデンの先行で、離れた位置でキタサンブラックが二番手で逃げる形となった。シュバルグランの福永騎手は相手をキタサンに絞り込み徹底マークの競馬だった、サトノダイヤモンドも外枠の不利を最小限にすべく中団からまえめにつけた。それでも外々を回らざるを得ず、良馬場でのコンディションを考えると外枠は不利になる。直線では、アドマイヤもかわせないのではと思えたがゴール前で一伸びしかわすあたりがサトノダイヤモンドの強さと実感した。宝塚での再戦は無いようだが、もしあればぜひ見たいものだ。
コメント

キタサンブラックを枠から読むと天皇賞が予想できる?

2017-04-28 18:23:44 | Weblog
2015年1月の新馬戦制して全9戦、5勝、大敗はダービーの14着のみで安定感たっぷり。2016年は全6戦、3勝、2着は2回、3着1回ですべて馬券圏内という安定感。特筆は1枠が4回、2枠が2回、唯一6枠が一回、唯一大敗しているのが8枠。そして今回はまたしても2枠3番、キタサンの3とブラックの2枠を引き最強の数字の組み合わせ1枠の時の相手は緑が2回、赤、黒が一回唯一橙の7枠。つまりキタサンとの大本線のサトノダイヤモンドは8枠できわめて相性が悪いことになる。狙いはやはり1、3,6枠となる。この枠からの有力馬はシャケトラ、シュバルグラン、ゴールドアクターとなる。データから行くとキタサンを1着、2着にして1番、6番、12番となる。こんなことをしていると当るものも当たらなくなるけど
気になる傾向ではある。3-(1,6,12)-(1,6,12)キタサンを2着とした12点はぜひ買ってみたい。キタサンが8枠を連れてくるのは傾向的に読めない。
コメント

強運のキタサンブラックはまたインコース

2017-04-27 22:15:00 | Weblog
引きが強いというか、運が強いのかキタサンブラックがまた内枠を引き当てた。昨年のレースを再現するとカレンミロティックの役回りがラブラドライトになる。同じことが起こらないとみるか、あるとみるか勝負事は分からない。皮肉にもサトノダイヤモンダは外枠、馬場の差がつきにくいことを考えると不利な感じは否めない。狙いのレインボーラインも外枠。迷い始めたらきりがないけど、馬券は二強で売れるのだろうな。G1で凄味がないルメールが決められるのかも興味がある一戦になる。
コメント

待ち遠しい天皇賞

2017-04-25 22:49:48 | Weblog
二強対決ですんなり決まるのか?これまでの流れからするとサトノダイヤモンドとキタサンブラックの一騎打ちの様相を呈している。真剣に三着予想するべきなのか?一角崩しがあると推理するべきなのか難しい。個人的には付け入るスキがないとの印象だが、あえて重箱の隅を突っつけばアルバート以外考えにくい。馬券を離れても見逃せない一戦になりそうだ。
コメント

期待を裏切る牝馬の重賞路線

2017-04-24 20:55:54 | Weblog
ソウルスターリング、ファンディーナ、今回は少し小粒だけどホウオウパヒュームいずれも一番人気で敗れた。波乱提供人気馬の連発だ。オークスは全く読めなくなったけど、素直に桜花賞上位組から入るのがベストかと思う。ソウルスターリングは馬そのものというより、父親のフランケル人気で売れた感がある。G1では底力が足りないと思っていたハービンジャー産駒が皐月賞でペイシャフェリスが二着、フローラSはワンツーフィニッシュだった。まだ本気で信用できない気分であるが、注視はしていきたい。
コメント