Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

ゴールドシップ症候群は続く

2015-06-29 21:09:25 | Weblog
真に悪夢のようなスタートだった。落馬同然の2秒くらいのビハインドではどうしようもない。普通に走れば庭のような阪神では負けるはずがないというのが戦前の予想だった。ただしオッズが1.9倍というのはファンが何らかの不安を抱えていたのだと思う。真に神のみぞ知るに近いゴールドシップの心の内、負けて何思うかは馬心は分かりません。勝ったラブリーディは毎回騎手が変わり、連戦続きでよく勝てたと思う。このネガティブさが気になり直前いなって狙いを下げた自分が恥ずかしく久しぶりに悔しさが込み上げてきた。勝負にタラレバは禁物だけど、やはり自分の予想を信じ切れなかったのは猛反省だ。語呂合わせではないが6+2+8=16番 2×8=16番どうも6月28日はラブリーディを予言していたかのようだった。ここまでオカルトになるのもゴールドの不可思議な出遅れだった。
コメント

こうも噛み合わないと何とも言えない気分

2015-06-28 20:10:05 | Weblog
そう、ゴールドシップです。あちらと思えばまたこちらではないが、春シリーズの総決算は大出遅れでジエンド。自作自演の大出遅れのおまけ付だった。春の不振はもちろん自己責任だけど本当に悩まされ続けた馬だった。しゃべるなら今日はご機嫌が悪かったようだけど大好きな阪神で何があったの?とね。こちとらは昨日までラブリーデイと心中くらいの気持ちだったのに毎回騎手が変わるはどうか?春からの連戦疲れが出るのではとネガティブなイメージが急に膨らんで狙いを実力馬の人気落ちなる理屈をつけてワンアンドオンリーへ。これで万事休す。我ながらいい感じの予想を勝手に乱して脱線した。これも競馬と潔く割り切れないくらいに悔いが残った一日になった。日にち薬を信じて来週の日曜日まで待とう。
コメント

リラコサージュのカムバックは朗報

2015-06-07 20:55:03 | Weblog
思い出のリラコサージュがおよそ1年ぶりくらいで帰ってきた。本日の東京最終12R「三浦特別」結果は4着だったけど復調を予感させる素晴らしい走りだった。次走がとても楽しみになってきた。これからどんなローティションか分からないが次走は勝ち負け必至だと思う。フィエロの4着で凹み気味だったけど良い走りを見せてくれてやる気が出てきた。次走が楽しみだ。
コメント

フィエロに期待も夢破れ

2015-06-07 20:46:33 | Weblog
勝ったモーリスの直後につけ、絶好の位置取りで直線に向かったので、あとは伸びてくるだけと思ったら、ここから伸びあぐねクラレントにも上手く寄せられて中々旨く進路を変えられず、結果4着。前走の行き場のない競馬と比べれれば十分余裕があったと思ったが、直線の坂が合わないのかもしれない。休養して秋の京都マイルチャンピオンシップでリベンジしてもらいたいものだ。期待したダイワマッジョーレは相変わらずの出遅れと、デムーロはあまりスタートが上手くなくスタートの位置取りで厳しい競馬となった。どちらも期待していただけに落胆も半端ではなかった。散々だった春の連続G1も終わった。秋への期待も込めて反省をしたいと思う。反省はしても後悔はしないというのが勝負師の哲学らしい。碁の名人がこんなセリフを残していた
コメント

リアルスティールの骨折

2015-06-02 21:30:08 | Weblog
絶好の位置につけて、福永騎手としては思惑通りだったと思うが、馬のほうも異常を感じて思い切り走れなかったのではと思う。ガラス細工のサラブレッドは強打者のボクサーの拳のようだ。より速く走れば故障のリスクは付きまとう。リアルスティールはしっかり治してまた活躍して欲しいものだ。スローな展開から好位差しの競馬が続き故障のリスクも高まっていると思う。凱旋門賞を狙うなら中央場所でももう少しタフな馬場で競馬できるようにするのも一考かと思う。
コメント