Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

番外編 ボートの賞金王レース

2017-12-24 17:55:26 | Weblog
住之江の1枠は絶対有利の通りだが、4枠角からの一撃を期待して石野選手から心中舟券を勝ったが、これも最下位の惨敗。今日はとてもバイオリズムが悪いようで全くダメな感じです。こういう時は他の種目がよい流れを引き起こしていることが多いのでと考えたら、週末に立て続けに仕事の成約があった。やはりと頷いてしまった。月曜日から残り四日間だが、仕事は好調になるかもしれない。それにしてもお馬の成績は尻すぼみになった。久しぶりに六日は京都金杯に参戦しようかと考えている。話は賞金王に戻るが、勝った桐生選手は見事だった。松井、田中の時代が少し世代交代の感がある。
コメント

狙いの最終レースは見事な外れ

2017-12-24 17:42:33 | Weblog
前走のフジノパンサーの走りは後半見事だったので、今度こその思いでいたら、有馬の後に出走してきたので、待ってましたとばかりに狙いを定めたら、見事な期待の裏切られ方で見せ場なしの敗退。有馬の惜敗以上にショックな結果となった。やはり最終レースはデータの通り福永騎手に縋った方が結果オーライだった。最終逆転を狙った一日だったが散々痛めつけれた一日になった。正月で禊を済まして、来年に備えることにしよう。最後のレースのホープフルSはおまけのような感じで乗り気になれない。
コメント

またも枠順の盲点にやられた

2017-12-24 17:34:41 | Weblog
キタサンが一枠を引くと、ブラックの二枠を指名し、キタサンの三番を読んでくる。こじつけの馬券のようだが、キタサンの場合自分でペースをコントロールできるので、どうしても位置取りは前でないと厳しいレースになる。従って先行タイプかか好位差しが有利になる。ルメールはこれをよくわかっていいて位置取りは抜群だった。同じクイーンでも内側のクイーンだった。また今年の流れの通り必ず外人騎手が馬券になる。結局ルメールとボウマンの争いとなり、狙いのデムーロは最後に期待を裏切って4着だった。2着から4着までが外人騎手で占められたので、こちらも今年の傾向をはっきり表していいた。それにしても戸崎騎手はG1で存在が薄い。来年はその辺を改善してもらいたいなと思う。
コメント

いよいよ大一番 キタサンブラックの引きの強さに・・・

2017-12-23 22:09:58 | Weblog
運も実力というけど、実力があるのに運もある。鞍上は勝負強い武豊。普通に考えればどんな勝ち方をするのだろうと思うのだけど、最初のカーブまで最短距離で行ける内枠はどう考えても有利だ。まして前で競馬を組み立てられるブラックにとってアドバンテージがある。後は出来だけだけど、こちらも問題なさそうだ。まさかの宝塚のような敗戦にはならないような気がする。相手はなんといってもミルコデムーロだろう。今年の競馬はこの男に逆らうと痛い目に遭う。何といってもペルシンナイトの騎乗はお見事だっただけに外枠からどんな競馬を見せるのか楽しみだ。もう一頭、有馬の穴馬は牝馬。ミッキークイーンは出来さえあればば圏内は十分考えられる。この三頭にサクラとレインボーを加えた組み合わせで勝負だ。
コメント

実力勝負になりやすい阪神コース

2017-12-18 21:11:39 | Weblog
朝日杯が中山から阪神に移り、紛れの少ないレースになったが、今回も終わってみれば実力通り、ダノンプレミアムの強さが際立った競馬になった。狙いのファストアプローチは好位に付けてもうひと踏ん張りだったが、三着争いが精いっぱいの走りだった。それぐらい勝ったダノンプレミアムはまさにプレミアムな強さだ。これで来年のローテーションで臨めるので楽しみな馬だ。残すところ新設のホープフルSで中距離代表が決まるが、勢力図がはっきりしてくるのは有馬後の変則ローテーで決まる。
コメント