Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

先に目標のある馬との差か

2018-08-29 22:18:00 | Weblog
キーンランドカップ、スタートを決めたナックビーナスの圧勝となったが、もう少し先のG1を狙う、レッゴードンキにとってはまずまずの収穫のレースかも知れない。インコースと位置取り前の馬たちが上位を占めた中で、まずまずな結果だったのだろう。馬券を買う側からすれば読み切れない結果もある。やはり、JRAIAの騎手になるという、これも先に目標のあるモレイラの圧勝劇となった。個人的には軸にしたムークエイクが不発に終わり、消化不良だったが、ルメールのコメントは1200mは短いというコメントを忘れないようにして次走の狙いを定めたいものだ。
コメント

早い時計の決着で差し馬にも逃げ馬にも厳しい戦いだった

2018-08-20 20:57:42 | Weblog
前半に早い馬がそろったので、早い時計になると思ったがそれでも早すぎたかんがある。これを差し切ったアレスバローズは異なった馬場条件と右回りでも重賞を制したのは本物だろう。結果的にはアイビスサマーダッシュの上位馬二頭がそろって上位を占めた。先行勢壊滅の中でラブカンプーは粘って見せた。今後とも期待が持てる戦いだった。切れ味勝負のアサクサゲンキは位置取りが全てだった。ゲートをうまく出たので、これを収穫とすれば次走に大いに期待だ。スプリンターズSはアレスバローズが一気に上り詰めるかもしれない。
コメント

力勝負となった札幌記念

2018-08-20 20:51:46 | Weblog
前半の速い流れとタフな馬場が力勝負を生んだといえる。早め先頭のサクラアンプルールが押し切るかに見えたが、形成が一気に逆転したレースとなった。ペースが速いと読んだモズカッチャンは最後方に控えた。直線だけの競馬に見えたが上りは鋭い末脚で勝利も見えたレースだった。復調が待たれたマカヒキはパドックでの雰囲気が抜群に見えた。内外の差やサングレーザーの切れ切れのの末脚には屈したが、まずは天皇賞に向けてめどが立ったのではと思えた。ミッキースワローは前が使えてほとんど競馬になっていないので次走に注目だろう。
コメント

真価を問われるダイメイプリンス

2018-08-15 22:30:31 | Weblog
CBC賞の敗戦、アイビスサマーダッシュも勝利といかんなく直線競馬で特性を発揮した、ダイメイプリンスが小倉の1200mをこなせるのか?当たり前のことだけど走ってみなければ分からないという月並みな答えしか出てこない。しかしこれでは困るのだけど。これとは対照的なのがダイアナヘイローのコース巧者ぶりだ。展開と枠順がかなり勝負の分かれ目になりそうだけど、アサクサゲンキは普通にゲートを出れば、ハンデからも有利に映るが?これも出てみないと分からない、不確定要因の多いレースだ。
コメント

連勝できれば真夏にサクラ満開だけど・・・

2018-08-14 22:52:18 | Weblog
秋の大きなレースを睨んで、札幌記念に参戦してくる馬たちが多い。マカヒキなどは筆頭だろう。北海道の水が合うサクラアンプルールにとっては狙いすました一戦になるだろう。ただし、相手関係は一気に強化される。サングレーザー、ネオリアリズム、モズカッチャンなど役者がそろった。こうなると展開、鞍上などよくよく考えないと難しいレースになる。個人的にはサクラ単勝を少々買って見学と行きたいところだ。
コメント