Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

皐月賞はダービー波乱のプロローグ

2018-05-27 20:21:38 | Weblog
皐月賞は道悪と三頭とそれ以外の競馬で一番人気のワグネリアンが飛んで、エポカドーロが勝利した。福永騎手はとても勝ち目がないと考えて無理せず7着に終わった。ダービー当日の馬場状態は知る由もなかったかもしれないが、ワグネリアンの可能性に賭けていたのではないかと思われる。さてー、ダービーだが強力な先行馬がいない、Cコースで馬場はインが良好なコンディション。前傾の競馬になる、先行したいジェネラーレウーノやサンリバルはさらに外になった。腹をくくった福永騎手の好位取りは馬がかからなかった幸運も味方に前半で思い通りの競馬が出来たのではないか。ここで大事なのは勝負に賭けたことだと思う。大事に乗りすぎては外枠では厳しい競馬になる。結果はゴール前大激戦の末、コズミックホースの食い込みもあり大波乱となった。終わってみれば皐月賞の勝ち馬と一番人気馬の組み合わせ。何とも簡単な結末だった。自分の馬券が結びつかなかったのは,思い切りのなさと読みの甘さのせいだろう。
コメント

今、一歩及ばすの結果

2018-05-27 18:58:23 | Weblog
穴馬狙いのウインテンダネスが頭に抜けて、デムーロが来たときは的中と思いきや、馬連は三着で際どく外れ、外れ止めの三連複は伏兵のノーブルマーズを抑えきれず何とも惜しい外し方だった。負けが込んできたので、言い訳がましくなるけど、予想はいい線行っていると自覚自賛も外れれば元も子も無くなる世界。もう少しの運を引き込むことを考えないといけない。それにしても、9番人気から狙ったら連れてきたのは10番人気ではちょっと厳しい。
コメント

福永家にとって最高の日になった

2018-05-27 18:51:35 | Weblog
苦節19回の挑戦でダービー勝利の栄冠を手にした、福永騎手に賞賛の言葉を送りたい。レースは前係になると読んで、かかる危険も織り込んでの好位取りを試んだ。結果的にこれが勝利を呼び寄せたのだけど、盲点は皐月賞馬の先行だった。レース後のコメントではハナに行くつもりだったとのこと。悩んだ末の狙いのグレイルは対照的にいい位置が取れずに前寄りで決まっては手の打ちようがなかった。それにしてもパドックの気配とレースぶりが一致しない馬だと感じた。どこかでブレイクする可能性があるけど、しばらく成長を待つことになるのだろう。
コメント

シンザン記念からの直観

2018-05-21 20:38:47 | Weblog
シンザン記念の勝ち方を見て、桜花賞はこの馬だと思ったが、桜花賞馬になって更に高みを目指せる馬に成長し二冠達成となった。距離の違うG1でしかも2400m戦でジェンティルドンナに迫る勝ちタイムと上り33.2秒は驚異的だ。夏を順調に越せばあきの秋華賞三冠は視界良好だろう。ロードカナロアの血統背景から距離が少し長いのではと思ったが、ここをクリアすれば2000mの秋華賞はちょど良い距離になるのだと思う。ジャエンティル並みにじゃyパンカップに向かうのか?今から楽しみな馬だ。いよいよ来週はダービー、復帰のダノンプレミアムの走りに注目が集まるがエポカドーロとの激突が興味深い。
コメント

どうも噛み合わなかった予想

2018-05-14 22:34:38 | Weblog
枠順を見た途端に、レッゴードンキの有利さが際立って見えた。調子を取り戻した岩田ジョッキーにも期待値が高まり、軸馬と決定したが、上手くいかないものだ。G1勝利の流れが日本人騎手に来ていることからここはチャンスと思ったが、競馬は甘くない。昨年の今頃はソウルスターリングが輝いていいた時期だが一年たってその情勢が変化して来ているようだ。消長の激しい牝馬の特徴を表しているようだ。武豊の復帰即のG1勝利はならなかったけどさすがの好走だった。軸はこちらと考えても後の祭りだ。気持ちを切り替えてオークスに臨みたい。
コメント