薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

協力金バブルと一大決心の減食(論より証拠の煙突)




都内の飲食店の協力金バブルがちょっと羨ましい~
て言うか、マジで恨めしい(笑)

不景気で売り上げが減っていても、他業種には何もない。
まぁそれが当たり前なんだが、去年の持続化給付金の時にも、
ウチは基準を満たさなくて何もなかったわいね。


まっ、それはそれでありがたいことなんだけどさ。
でも1ケ月120万円の協力金は、経費ゼロだから全て利益だよね。

個人経営の小さな店なら、開けてるよりも閉めてた方が儲かる。
原資は税金だから、これってなんか変だよね?

協力金バブルかぁ~ やっぱ羨ましいワ(笑)



【ポチると何かいいことあるかもよ?】



子供のころから白いお米の御飯が大好きだった。

中学・高校時代には、新聞配達をしていたこともあってか、
朝ご飯のお代わりで5杯は食べてたな。


大人になってからも大食いは続いて、
朝昼晩の3食で、1日に5合のご飯を消化していた。

とにかくご飯が大好きで、結婚してからも5合は食べ続けていたと思う。

朝は大き目の茶碗で大盛3杯、昼は弁当箱にご飯をガッツリ詰めてもらい、
夜は晩酌の〆に2~3杯のご飯と味噌汁のパターンだ。


それが15年前の高血糖の発覚を機に変えざるを得なくなった。

朝食だけは止められず、それでも2合は食べてたであろうご飯は1合半に減らし、
昼は外食のランチとかラーメンだけで、夜は酒の肴だけになった。

まぁやらないよりはマシって程の改善ね(笑)


結局、9年前からは昼を食べない1日2食にして、
原則として、ご飯は朝だけにしたんだが米の1合半は変わってない。

前置きが長くなった。


 

数日前から、朝ご飯の量を減らしている。

それまで1合半の飯を平らげていたんだが、食後血糖値がピークになると、
大体いつも10時頃なんだが、睡魔に襲われるのだ。

集中力がなく、眠くてかったるい。


明らかに炭水化物の摂りすぎだ。
それを分かっていながら、炊き立てご飯の誘惑に勝てず食べ続けてきた。

でも、さすがにこのままではヤバいと思い、
一大決心(大袈裟だな)をして、ご飯の量を1合に減らした。

すると、その日からウソのように眠気に襲われることがなくなったのだ。


朝食を減らしたからと言って、昼に空腹を感じることもない。
要するに、還暦の体に1合半の米は多過ぎだったってことなんだろうね。


1日に5合食べてたヤツが、今では1/5にまで減ったことになる。
歳を取るということは、こういうことでもあるのね(笑)

食べれなくなるってのは、寂しいものだね。






角トップとフラッシング、タイプの違う煙突があると便利だ。

イラストや写真で説明するより論より証拠、
現物を見てもらえばいいし、お客さんも実感がわくというものだ。



■ディープな話はこちらで!



ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





 こっちも面倒見てやってください。


※今朝の気温 18℃


薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ



閑居人のブログ おヒマなら見てよね!




    
コメント ( 2 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 真実はどこに... 5%なんてケチ... »
 
コメント
 
 
 
久しぶりにあんなに食べた (黒でんわ)
2021-10-11 17:30:01
やはり、我慢していたのですね
どうも少ないと思ってました

お互いに年を取ってきましたから、
ご飯もお酒も程々にしないとね~

今日、健康診断の結果が返ってきました
ピクピクしながら結果を見て「は~検査要か~」
なんてため息をついていました
 
 
 
黒でんわさん (薪焚亭)
2021-10-12 05:50:31
ご飯は減ったけど、
晩酌の酒は増えたような(笑)

純米酒は健康にいい!
百薬の長なのだと思い込みが大事ね。

検査結果に憂いていたら、
余計に体を悪くするよ。

ちょっとくらい基準から外れたって、気にしない。

そもそも誰が決めたのか、
全員に当てはめるのがナンセンス。



と思う(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。