hiroshi hara: saxophoniste

日々の思考の断片

洗足学園音楽大学管弦楽団 第72回定期演奏会

2016-11-26 00:02:42 | 洗足
金曜日は洗足へ。

今日は献血車が来ており、かねがね血液型がわからない私は、いつか献血でもして血液型を調べてもらおうと思っていたが、今日はそんな時間も取れず、レッスンと明後日のリサイタルの準備にいそしんだ。

夜は前田ホールにて、学生オーケストラの演奏会を聴いた。
メンデルスゾーン、ラヴェル、ドヴォルザークを取り上げ、指揮はなんとシャルル・デュトワ。

ドイツ、フランス、チェコと、趣の違う作品それぞれを流麗且つ熱のこもった指揮、特に音数が多く構築性の高い緻密なフランス音楽はこの様に振るのかと、後ろ姿に釘付けになった。
燕尾ではなくスリムなマオスーツだったこともあり、その貫禄と、落ち着き払った立ち姿、無駄のない動きが2階席からでも良く見えて、その神々しい指揮に、学生たちも一生懸命に応えていた姿が印象的だった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 閉館まで | トップ | 前日に »
最近の画像もっと見る

洗足」カテゴリの最新記事