北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

保原鋼太郎さん死去(札幌、画家)

2014年11月04日 23時55分00秒 | 情報・おしらせ
 11月2日の北海道新聞おくやみ面に、保原鋼太郎さんの名が載っていた。
 89歳で、葬儀終了とあった。

 保原さんは「6翔会」というグループで絵画を発表していた。
 平成6年(1994年)に結成したから「6翔会」である。
 ほかに坂元輝行さんや平山康勝さん、庄山政広さん、阿部政毅さんが所属していた。当時、すでに60~70代だった方たちで、写実的な風景画が多かった。
 98年3~4月に札幌の大同ギャラリーで開かれた6翔会展の記事が、3月31日の北海道新聞夕刊に載っている。
 それによると「精緻な画風。北大や札幌の北三条通のほか、一九八四年ころ描いた、改修前の小樽運河(の絵)に手を加えて出品した作品も」あるとのこと。

 その頃、文化面にカットを掲載した記憶がある。犬の絵だったと思う。油彩に比べると、いささかラフな感じだった。

 21世紀に入ってからは、保原さんの絵を見た記憶がない。
 6翔会展は、おそらく98年が最後だったのではないだろうか。

 ご冥福をお祈りします。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月30日の2001IPで思った。... | トップ | 11月4日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (池端千枝子)
2017-11-06 15:40:21
保原さんの絵を持っています。御家族にお返ししたいと思っています。どうすれば良いでしょうか?
池端千枝子さん、こんにちは (ねむいヤナイ@北海道美術ネット別館)
2017-11-06 16:39:33
コメントありがとうございます。
わたしも最後にお会いして絵を拝見したのがおよそ20年も前のことなので、今すぐ手がかりが出てきません。ご遺族も返却されても困ると思うので、お持ちになっていた方が良いのではないでしょうか。

コメントを投稿

情報・おしらせ」カテゴリの最新記事