北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

ようこそ「北海道美術ネット別館」へ

2045年08月06日 08時15分17秒 | 展覧会などの予告
 ほぼ毎日更新しています。

 こちらもごらんください。
2013年7月29日到着分以降の情報の送り先について (2016年3月一部修正)



 東日本大震災をはじめ災害の犠牲者の皆さまにつつしんで哀悼の意をささげるとともに、避難者が一刻も早く落ち着いた生活に戻れますよう、祈念しております。




 このエントリは、掲示板のかわりとして、冒頭に置いています。展覧会の告知などでコメント欄を自由にお使いください。
 使い勝手をよくするため、会期が終わったコメントについては削除し、主宰者のレスは原則としてつけません。

 告知される方は、展覧会やイベントのタイトル、会場の名称と住所、会期と時間をかならず書いてください。よろしくお願いします。(かんたんな内容も書いてくださるとありがたいです)

 なお、初めていらした方は、こちらに、このブログの概要が書いてありますので、お読みください。

 筆者への連絡先は、右カラムにあります(あっとを@にしてください)。申し訳ありませんが、以前のメルアドは開けません。

 このブログの作品画像は原則として作家、あるいはギャラリー関係者、主催者に許諾を得ています。無断転載はお断りします。
(許可したおぼえはないので削除せよ-という方はご連絡ください)
 作者ご本人が使用されるのは、もちろんいっこうにさしつかえありません(「北海道美術ネット」から-と付記していただけるとうれしいですが、その旨なくてもさしつかえありません)

 このエントリは、随時改稿します。



twitterで、個展やアートの情報をほぼ毎日午後8時50分ごろから流しています。

 また原則、毎週木曜夜に、新着情報を流しています。

 @akira_yanai のフォローをお願いします。ツイッターでのつぶやきは、毎日未明に自動的にまとめられてこのブログにも掲載されます。



 RISING SUN ROCK FESTIVAL IN EZO (ライジングサン・ロックフェスティバル)の話題は、ひとつのカテゴリにまとめてあります。
 右のカラムをご覧ください。
コメント (59)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月19日は10カ所(4) モエレ沼→千歳

2017年02月24日 01時01分01秒 | つれづれ日録
(承前)

 モエレ沼公園の続きです。

 けっこう長い間、観客が数人のがらんとした雪倉庫の中で、立ちっぱなしで、平川紀道 《datum》の映像とノイズをあびていました。
 外に出てから、そういえばガラスのピラミッド内で、イサム・ノグチのあかり展を開いていたのでは―ということを思い出しました。

 でも、冒頭画像のように、ピラミッド内の入り口には、なんの案内もありません。
 半信半疑で2階の展示スペースに足を運ぶと、あかりの展示がおこなわれていました。
 会場内では韓国人観光客の家族連れが記念写真の撮影大会を繰り広げていました。

 「所蔵品展 開催中」ということを、もうすこしアピールしてもいいんじゃないでしょうか。

 冬のモエレ沼公園は、手前の大型駐車場やレンタサイクルは閉まっているし、そこからバス停までの歩道は除雪されていないし、さびしいですが、これは北海道なのでしかたないことでしょう。

 中央バスで東豊線の環状通東駅まで戻り、札幌駅でJRの「快速エアポート」に乗り換え。
 千歳で降りました。

 これまで、千歳空港(現在の南千歳)、新千歳空港の両駅では、何度となく乗り降りしてきましたが、「千歳駅」で降りるのは、生まれて初めてです。

 駅からまっすぐあるいて数分のところにある千歳市民ギャラリーで、嶋田忠写真展を見ました。

 嶋田さんは千歳在住で、野生動物などネイチャーの写真で全国的に有名なのに、北海道にいる4大写真家(ヤナイ選)のひとりです。
(あとの3人は、水越武、寺沢弘毅、竹田津実の各氏)

 今回は、すべてアカショウビンの写真。40点ほどありました。
 夜行性らしく、夜の水辺で狙った写真が多いのですが、こんな悪条件でよく撮ったよなあと驚かされます。
 とくに、水中の小魚か虫をとらえた一瞬を、画面の下半分が水面下というフレーミングで写した1枚には、その迫力には驚かされました。

 この日で終了。


 ギャラリー近くのグリーンベルトのイルミネーションがきれいでした。



 駅ビルの3階にある本屋をちょっとのぞいてみました。大型店と聞いていましたが、小樽の紀伊國屋と同じぐらいの規模かなあ。
 
 帰りも快速エアポート。

 混雑していてすわれなかったので、新札幌でおりて、地下鉄東西線に乗り換え、南郷18丁目でバスに乗り継いで帰りました。

 この日の、札幌市内の交通費(JRを除く)は

 380 + 200 + 250 + 200 + 380 + 380 + 410 =2200円

 ドニチカきっぷのおかげで、

 520 + (210×3) +240=1690円

で済みました(って、そんなに安くなってないな~)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月23日(木)のつぶやき その3

2017年02月24日 00時53分09秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月23日(木)のつぶやき その2

2017年02月24日 00時53分08秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月23日(木)のつぶやき その1

2017年02月24日 00時53分07秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道立三岸好太郎美術館の話題・2 コンサート演奏者を募集

2017年02月23日 22時10分00秒 | 情報・おしらせ
(承前)

 道立三岸好太郎美術館の話題、二つめは、新年度の「美術館ミニ・リサイタル」の演奏者を募集している件です。
 若手音楽家の方は、チャレンジしてみてはいがかでしょうか。

 くわしくは、募集要項をご覧になっていただきたいのですが、対象となる人は

・大学の音楽科学生程度以上の音楽歴があるかまたはそれと同等の実力があると認められる方。

・継続した音楽活動を志す方。

・原則として、ことし4月1日現在で35歳以下の方。

となっています。
 演奏は、7月21日(金)夜が2組と、来年2月24日(土)、同3月10日(土)のいずれも午後2時が各1組です。
 7月21日は、公共機関などが閉館時間などを遅らせて見学を歓迎する「カルチャーナイト」の晩ですね。

 ところで、個人的に目を引いたのが、次のくだり。

 「演奏する音楽のジャンルは問いません。

 じつは、前々回の募集のときまでは「クラシック音楽」という限定がありました。
 本年度からジャンルの制限がなくなりました。この件に関しては、筆者も何度も疑問を呈してきたので、歓迎したいところです。

 館内でやかましい音をならすのはどうかと思いますが、クラシック以外にも絵画展の会場にふさわしい音楽はたくさんあるでしょう。ミニ・リサイタルの幅が広がることを期待しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月22日(水)のつぶやき その2

2017年02月23日 00時52分40秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月22日(水)のつぶやき その1

2017年02月23日 00時52分39秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道立三岸好太郎美術館の話題・1 略称は「mima」

2017年02月22日 20時49分56秒 | 新聞などのニュースから
 ことし2017年、前身の北海道立美術館から数えて開館50周年をむかえる道立三岸好太郎美術館の話題を二つおとどけします。

 同館が昨秋に一般公募していた愛称が決まり、2月18日に発表されました。
 筆者も発表式に誘われていたのですが、残念ながら伺えませんでした。

 全国の548人(道内255人、道外293人)から1250件が寄せられ、審査の結果

mima


に決まりました。

 英語の美術館名

Migishi (Kotaro) Museum of Art

の頭文字をつなげたものです。
 同時に

Message of impression by meeting art.
「アートとの出会いによる、感動のメッセージ」

というフレーズを込めました、とのことです。

 道内の美術館では、道立函館美術館が「ハコビ」と呼ばれることが多く、ニュースレターにも「ハコビ」の名を冠しています。
 このほか、道立近代美術館は「キンビ」「近美」、札幌芸術の森(美術館)は「ゲーモリ」と呼ばれることがけっこうあります。ただし、正式な愛称というより、関係者が使っている略称で、このブログではほとんど使いません(たとえばクラシック音楽ファンがメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を「メンコン」と呼んでいるのに似て、業界の外側から見ると、カッコつけてるみたいで、ちょっと恥ずかしい感じもします)。

 愛称とロゴは今後、同館の展覧会のポスターやカレンダー、ホームページなどに使われるとのことで、「MOMA」(ニューヨークの近代美術館)のように、定着するといいですね。
 そのうち「道立三岸好太郎美術館に行く」ことを「ミマる」という日がくるんじゃないでしょうか。
 「mima して、絵を見ました」とかね(あ、なんか、スベったかも…)。


道立三岸好太郎美術館のページ( pdf )





・地下鉄東西線「西18丁目」4番出口から750メートル、徒歩9分

・中央バス、ジェイアール北海道バス「道立近代美術館前」から500メートル、徒歩6分(札幌駅や北1西4から乗って、手稲、小樽方面へ行く大半のバスが停車します。ただし、北大経由小樽行きは除く)

・ジェイアール北海道バス「桑11 桑園円山線」(JR桑園駅-円山公園駅-啓明ターミナル)で「北3条西15丁目」降車、約170メートル、徒歩3分

・市電「西15丁目」から770メートル、徒歩10分


(続く) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月21日(火)のつぶやき

2017年02月22日 00時52分28秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■札幌国際芸術祭2017アーティスト・プレビュー 平川紀道 《datum》(2017年2月16~19日、札幌) 2月19日は10カ所(3)

2017年02月21日 18時24分45秒 | 札幌国際芸術祭
(承前。(2)よりも先にアップします)

 正式名称は
2017冬季アジア札幌大会連携 創造都市発信事業 札幌国際芸術祭2017アーティスト・プレビュー 平川紀道 《datum》

 同芸術祭のサイトによると

今年の8月に開幕する札幌国際芸術祭2017のモエレ沼公園会場では、宇宙の文化芸術活用を推進するARTSATプロジェクトと札幌市資料館を拠点に継続的な活動を行なっているSIAFラボのコラボレーションにより、モエレ沼公園を舞台とした新作《Sculpture to be Seen from Space, Improvisation to be Heard from Space. 宇宙から見える彫刻、宇宙から聞こえる即興演奏》を発表します。

(中略)

《datum》は、平川が現在取り組んでいる高次元空間における美をテーマとした映像と音響によるインスタレーションです。今回は、モエレ沼公園で実際に作家が撮影した画像データを使用し、最新作として発表します。

 とのこと。

 高次元空間とか、むつかしい理屈はよくわかりませんが、迫力ある映像でした。
 巨大なスクリーンに、モエレ沼公園内の冬景色が一瞬投影されたかと思うと、それがおびただしい数の点となって分解し、集積し、揺れ動き、色を変え、さまざまに変容していきます。
 冬景色は数種類で、それが1、2分おきに登場するようですが、それに続く吹雪のような映像のダイナミックな動きは、毎回おなじパターンなのかどうかは、見ていてもわかりませんでした。同じ映像をループしているのではなく、その都度、同一の風景写真を異なった映像に変換しているように思われました。
 
 この作品から吹雪を連想するのは、大きな音のせいもあると思います。
 ゴーッという音が絶え間なく響いて、まさに暴風雪のようです。

 恐ろしい吹雪は札幌育ちの自分にとっても、ひとつの原風景といえます。
 目の前が真っ白になって見通しがまったくきかず、時には吹きだまりのために街なかの道路でさえも通行困難にし、生命の危機すら感じさせる、猛吹雪。以前も書いたことがあるかもしれませんが、たとえば小林多喜二「東倶知安行」や本庄陸男「石狩川」などに見られるように、猛吹雪は北海道の厳しい風土の象徴とすらいえると思うのです。

 ただ、よく考えてみると、札幌市内をまひ状態にしてしまうような激しい吹雪は、2001年あたりを最後に発生していません。
 ということは、北海道らしい猛吹雪を知らない若い人もいそうです。
 
 「道民としてそれでいいのか」
という気持ちも、冗談半分で浮かんできますが、この作品を機に、あの猛吹雪に思いをいたしてほしいと、筆者は考えるのでした。
 そもそも会場が、ふだん雪を貯蔵している倉庫ですからね。
(ここは、かつて佐々木秀明さんのインスタレーションを展示したことなどもあります)


 あと、ツイッターにも書きましたが、ガラスのピラミッドでの展覧会は通常、午前9時からスタートすることが多く、今回は開場時間が短い。会期もわずか4日間で、そこがちょっと残念でした。


2017年2月16日(木)~19日(日)午前11時~午後5時(入場30分前まで)
モエレ沼公園ガラスのピラミッド 雪倉庫(札幌市東区モエレ沼公園)


http://moerenumapark.jp/siaf2017_datum/

http://counteraktiv.com

(この項続く) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月19日は10カ所(1)

2017年02月21日 07時07分07秒 | つれづれ日録
 その前に、2月18日はいろいろな予定があったにもかかわらず、すべてかっ飛ばして、家に閉じこもってある原稿を書いていた。
 まったくギャラリーに行かなかったのは久しぶりである(1月27日以来)。

 そういうわけで19日は、満を持して? ギャラリーめぐりに出かけたのだった。

 札幌市資料館で北大写真部展。
 なんと全6室を用いての展示で、うち1室は近年卒業したOBが展示していたが、ほか5室を埋めるだけの部員がいるのだからすごいと思う。

 2年生の高原さんが「ぞわりとするもの」という2枚組みを出していて、うち1枚は、水面上で口をあけるコイがひしめきあうさまをとらえていて、たしかに不気味だった。
 1年生の田中さんは、閉店した飲食店や、使われていない小さな鉄橋などをとらえた5枚組みだが、それに「ふるさと」という題がついていて、軽く衝撃を受けた。歌志内のようだ。自分は北海道の過疎化のきびしさをわかっているつもりだったが、やはり自分の問題として受け止めていないところがあると、反省した。

 徒歩で、ポルトギャラリーへ。
 北翔大の学生展。1階は、先週の卒展とほぼ同じだったので、3階のギャラリーを見た。

 円山公園駅から地下鉄東西線に乗り、琴似へ。
 北都館でブランチセット。

 ふたたび東西線でバスセンター前へ。
 市民ギャラリーで道教大岩見沢校や藤女子大わかな会(書道部)の学生の書展を見る。
 卒業する生徒はさすがに力作ぞろいだ。
 教育大はすべてかなと近代詩文だった。教育大の学生でかなを習いたい人は藤女子大に遠征するようで、わかな会に教育大生が交じっていた。

 東西線と南北線を乗り継ぎ、北12条で降車、ギャラリーエッセへ。
 石の蔵ぎゃらりぃはやしに寄ったら、小笠原み蔵さんが小品展を開いていた。ユーモラスなゴリラやブタが会場に並んでいたが、スマホをいじるのに夢中な動物もいたのがおもしろい。
 2階は植田ようこさんの絵で、墨の使い方に、植田莫さんの影響を感じる。
 いずれも21日まで。

 東豊線さっぽろ駅から環状通東へ。
 次の目的地はモエレ沼公園である。

 しかし、公園に行くバスは、土日は1時間に2本しかない。
 次に出る便は30分以上も後だ。

 ぼーっと待っているのもばかばかしいので、駅から徒歩9分のところにある茶廊法邑 さ ろうほうむらに行くことにした。
 モリケンイチさんの個展が開かれているのだ(~26日)。

(この項続く) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月20日(月)のつぶやき その2

2017年02月21日 00時52分32秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月20日(月)のつぶやき その1

2017年02月21日 00時52分31秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ひらひら展 vol.4 北海道教育大学岩見沢校美術文化専攻 現代美術・平面表現研究室による作品展 (2017年2月15~19日、札幌)

2017年02月20日 23時59分59秒 | 展覧会の紹介-絵画、版画、イラスト
 会期中に更新が間に合わなくてすみません。

 まもなく卒業する4年生4人、3年生5人、2年生4人が平面作品を出品していました。
 アクリル、油彩、銅版画、水彩など多彩な素材や技法を用いています。

 冒頭の画像は木村麻衣さんの作品。
 右は「狂信者」という題で、紙をコラージュしてはりつけた上に、油彩やオイルパステル、アクリル絵の具などで描いています。黒い線は墨。直線はテープを用いています。
 左にあるのは銅版画(エッチング、ドライポイント、アクアチント)による連作「オイディプス」です。

 直線による硬い表現と、おもに墨で描かれた人体(の部分)の表現とが、重なり合って、見る者にダイレクトに力強さが伝わってくるようです。
 これはこちらの勝手な見方なのですが、人間の根源的な暴力のようなものが、画面に隠されているような気がしてなりません。

 木村さんは似た画風の「メディア」という作品で、昨秋の学生美術全道展で協会賞(最高賞)を受賞しています。
 会場にちょうどご本人がいらしたので、題の由来をお聞きしたところ、メディアとは媒体とかマスコミとかいう意味ではなく、ギリシャ悲劇の王女だというのです。
 なるほど。いわれてみれば、モノトーンの彼女の画面は、ギリシャ悲劇の有する簡潔さや気高い悲しさに共通するものがあるようにも感じます。

 木村さんはまもなく就職するそうですが、なんらかのかたちでアートにかかわっていってもらえたらな~と思いました。

 ほかに浅野美智雄さん「クライマックス」が面白かったです。
 ちょうちんが並ぶ日本家屋(旅館か何かのイメージ)の屋根の上で和服姿の人物が銃をぶっ放す場面を描いています。日本を舞台にしながら考証が間違っているような、あるいは「キル・ビル」のような世界です。しかも銃は反対向きです。


2017年2月15日(水)~19日(日)午前11時~午後7時(最終日のみ午後5時まで)
HOKUSEN GALLERY ivory(札幌市中央区南2西2 NC HOKUSENブロックビル4階)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加