北海道美術ネット別館

美術、書道、写真の展覧会情報や紹介。2013年7月末、北見から札幌に帰還。コメント、トラバはお気軽に。略称「ほびねべ」

ようこそ「北海道美術ネット別館」へ

2045年08月06日 08時15分17秒 | 展覧会などの予告
 ほぼ毎日更新しています。

 こちらもごらんください。
2013年7月29日到着分以降の情報の送り先について (2016年3月一部修正)



 東日本大震災をはじめ災害の犠牲者の皆さまにつつしんで哀悼の意をささげるとともに、避難者が一刻も早く落ち着いた生活に戻れますよう、祈念しております。




 このエントリは、掲示板のかわりとして、冒頭に置いています。展覧会の告知などでコメント欄を自由にお使いください。
 使い勝手をよくするため、会期が終わったコメントについては削除し、主宰者のレスは原則としてつけません。

 告知される方は、展覧会やイベントのタイトル、会場の名称と住所、会期と時間をかならず書いてください。よろしくお願いします。(かんたんな内容も書いてくださるとありがたいです)

 なお、初めていらした方は、こちらに、このブログの概要が書いてありますので、お読みください。

 筆者への連絡先は、右カラムにあります(あっとを@にしてください)。申し訳ありませんが、以前のメルアドは開けません。

 このブログの作品画像は原則として作家、あるいはギャラリー関係者、主催者に許諾を得ています。無断転載はお断りします。
(許可したおぼえはないので削除せよ-という方はご連絡ください)
 作者ご本人が使用されるのは、もちろんいっこうにさしつかえありません(「北海道美術ネット」から-と付記していただけるとうれしいですが、その旨なくてもさしつかえありません)

 このエントリは、随時改稿します。



twitterで、個展やアートの情報をほぼ毎日午後8時50分ごろから流しています。

 また原則、毎週木曜夜に、新着情報を流しています。

 @akira_yanai のフォローをお願いします。ツイッターでのつぶやきは、毎日未明に自動的にまとめられてこのブログにも掲載されます。



 RISING SUN ROCK FESTIVAL IN EZO (ライジングサン・ロックフェスティバル)の話題は、ひとつのカテゴリにまとめてあります。
 右のカラムをご覧ください。
コメント (59)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年7月18~19日は7カ所(続き) 北見→帯広→札幌

2016年07月26日 07時26分00秒 | つれづれ日録
承前

 予定より30分ほど遅れて午後9時半ごろ、北見市留辺蘂町の「ポン湯」こと北見温泉三光荘にチェックインした。

 日帰り入浴には何度も訪れているが、泊まるのは初めてだ。

 ここの温泉は非常にシンプル。
 42度ほどの浴槽と、もう少し水温の低い浴槽の二つがあるだけ。
 露天風呂もサウナも、泡や薬草などの風呂もない。
 お湯も透明無臭で、硫黄臭など際立った特徴がない。

 にもかかわらず、というか、だからこそというべきか、良い温泉なのだ。

 とくにぬるい方の浴槽は、ぬるいからいつまでも入っていることができる。

 奇をてらったところのまったくない温泉。
 それがポン湯だ。

 筆者は、ブログの更新作業などのあと、風呂に入ったが、週始め前日の夜遅くということもあり、1時間近くたった一人で風呂に浸かるという、非常に得難い体験をした。
 生まれてこのかた、これほど「あずましい」思いをしたこともない。

 なお、建物は古く、部屋にバストイレはなかったが、掃除は行き届いており、Wi-Fiの電波も飛んでいた。


 翌朝は雨だった。

 北見市街に戻り、ガソリンスタンドに寄り、再び遊木民族へ。
 きのう見落とした作品があったためだ。

 10:30頃、札幌に向けて出発。
 帰路も帯広経由である。

 前項で書いたとおり、この日は祝日の翌日で、どの美術館もおやすみなのだが、帯広市民ギャラリーで開催中の平原社展(十勝地方の団体公募展)は見られることを知り、急きょ立ち寄ることにしたのだ。

 ただし、前日のように、道路地図をじっくり見て裏道を研究する元気がなく、足寄町芽登から国道に出てからは、ひたすら国道を南下し続けた。
 しかし、案の定というか、国道は、安全運転の私よりもさらにのろのろと走る、十勝の人がステアリングを握っているとは信じがたい車も走っていて、やっぱり時間のロスなのであった。

 帯広では平原社展を見て、長崎屋でインデアンカレーを食っただけ。
 時間があったら、FLOWMOTION にも寄りたかったのだけど…。

 平原社展は、絵画の会員に、全道展や新道展、道展の会員が大勢おり、版画や彫刻、工芸、日本画の作品もあり、地方の展覧会とは信じがたい高水準だった。

 あとは、帯広音更インターチェンジから道東道に乗って、ひたすら帰るのみ。
 2日で800キロを超す距離を走る久しぶりのドライブで、さすがに疲れた。

 今度はもう少しゆっくり温泉に入り、いろんな人と話ができたらいいな、と思う。
 (この項終わり) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月25日(月)のつぶやき その2

2016年07月26日 00時53分01秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月25日(月)のつぶやき その1

2016年07月26日 00時53分00秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年7月18~19日は7カ所 帯広→北見

2016年07月25日 21時56分02秒 | つれづれ日録
 書かなくてはならないことが山のようにたまっているが、取り急ぎ、3連休の2日目と3日目の概要について記す。

 なお、17日(土)に出勤したので、その代わりとして20日(火)を休んだ。

 かいつまんでいうと、18、19の2日間かけて、車で北見まで行き、極東コンテンポラリーアートを見てきた。

 前身の置戸コンテンポラリーアートから数えると、2010年代に入ってからの北見での現代アート展はこれが4度目となる。
 前回、北見市留辺蘂町温根湯温泉地区で開かれた「極東コンテンポラリーアート」は、札幌や帯広など各地からの出品があり、これまで道内で開かれたこの種の展覧会でも最大規模のひとつとなった。

 今回は若干規模を縮小し、会場も北見市内の比較的小さな5カ所(うち留辺蘂地区1カ所)となった。
 会期は7月末まで(ただし、日曜休みの会場は30日まで)。


 公共交通機関を用いることが多い筆者であるが、今回は、それぞれの会場が離れていることもあって自家用車にした。

 行く前は、漠然と、帰り道はどこの美術館に寄ろうか~などとわくわくしていたが、よく考えてみれば、祝日の翌日の火曜なので、ほとんどの美術館は休みである。

     

 そういうわけで、19日に北見に行く前にどこかの美術館に寄ろうと思い、道立帯広美術館の浮世絵展に立ち寄ることにした。

 さて、19日は朝8:20出発。
 北広島インターチェンジから高速道路に乗り、輪厚わっつサービスエリアで給油したり、占冠しむかっぷパーキングエリアで一休みしたりしながら、帯広を目指す。
 帯広美術館は、道東道を降りてからフロンティア通り-弥生新道をひたすら南下し、突き当たりの手前の常盤通に左折すれば着くので、ほんとうにわかりやすい。

 緑ケ丘公園の駐車場に車を入れたときは、正午近くになっていた。

 道立帯広美術館で「歌麿とその時代 ~黄金期の浮世絵 美人画と役者絵~」(~8月21日)と「北の造形セレクション」(~10月13日)を見る。
 筆者は浮世絵が好きなので、理屈抜きに楽しい。
 道内ではこれまで広重や北斎の展覧会があったが、歌麿が多いのは珍しい。この展覧会は、帯広のあと、道立旭川美術館に巡回する。

 ふたつの展覧会を見終わると1時半をすぎていた。
 少し急がねば。

 音更町昭栄から士幌までは、国道241号ではなく、並行して走る道道を北上。
 士幌からは国道に入り、足寄町市街へ向かう途中、芽登から左折、道道本別留辺蘂線を一気に置戸町鹿の子まで抜けるという、いつものルートである。
 途中30キロ以上にわたって人家も信号もまったくない区間が続き、帯広・北見間を車で行く場合、道東道の足寄経由よりもかなり早い。
 このルートで気をつけなくてはならないのは、シカが飛び出してくる可能性があることだ。

 置戸バイパスから、裏道の道道北見訓子府置戸線に入り、訓子府からは高速道(現在は無料)を通る。
 北見市若松で高速道を降りて、南中学校の前で信号に引っかかるまで、音更町昭栄から約170キロ、ほとんどノンストップであった。
 一般道を170キロ走って赤信号で止まらないというのは、いかにも北海道だと思う。

 北見市中心部の駐車場ビルに車を止め、極東コンテンポラリーアートのうち、福村書店2階と旧表呉服店2階の両会場へ。
(福村書店で、オホーツク地方のミニコミ誌「HARU」7号と、岩波新書「ヴェネツィア」を購入。なお、福村書店は経営者を変えて2013年に復活している)

 引き続き、車を北に向け、カフェ「遊木民族ゆうぼくみんぞく」へ。
 ここは前庭と店内(1階と、奥の階段から上っていく2階)に作品が展示されている。

 さらに4カ所目、喫茶「風来山人」へ。
 ここも店内に3人の作品が展示され、また、パーティーの会場になっていたので、合流させていただいた。

会場には、出品者のほとんどが集まっていて、それぞれが作品に込めた思いなどを話していた。
なかなかたのしいひとときだった。

 この日の最終目的地は、「ポン湯」の愛称で親しまれる北見温泉三光荘。

 前庭に2人の作品が設置されている。

 暗くなると光を放つ鈴木順三郎さんの作品をじっと見ていたら、東のほうから2輛編成のディーゼルカーが走ってきた。
 列車のヘッドランプ。ガタタン、ガタタンというレールの音。明滅する作品の光。
 それは、めったなことでは一緒にならない要素が一緒になった、ちょっと感動的な瞬間だった。


参考記事へのリンク
【告知】FAR EAST 2016 コンテンポラリーアート

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月24日(日)のつぶやき その2

2016年07月25日 00時53分52秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月24日(日)のつぶやき その1

2016年07月25日 00時53分51秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

死去した元STV会長伊坂重孝さんは、画家だった

2016年07月24日 07時41分44秒 | 新聞などのニュースから
 元STV(札幌テレビ放送)会長で、日本民間放送連盟副会長も務めた(1992~94)伊坂重孝(いさか・しげたか)さんが亡くなったという記事が、2016年7月23日付の北海道新聞などに載っていました。93歳でした。
 22日、急性呼吸不全のため札幌市の病院で死去とのことです。
 STVには59年に入社し、88~99年に社長、99~2001年に会長を歴任しました。

 通夜は24日、葬儀は25日です(会場、時間などは新聞でご確認ください)。

 実は伊坂さんは、画家でもありました。
 1950年には道展で市長賞(札幌市長賞と思われる)を受賞し、51年には会友に推挙(納直次や畠山三代喜らと同時です)、54年には会員となっています。
 その後退会していますが、道展の図録には何年に退会したか、記載がありません。

 STVが当初、北炭と深いつながりがあった会社であったことは有名ですが、伊坂さんもSTV入社前は北炭の札幌営業部に勤めていました。
 その縁で、2006年に夕張市美術館(その後閉館)でひらかれた「炭鉱画家の鉱脈展」にも出品されていました。

 また、09年にはさいとうギャラリーで、11年には丸井今井札幌本店で個展を開いています。

 どんな絵だったかは記憶にないです。すみません。

 日本にはマスコミが美術展を主催するという変わったならわしがありますが、道内マスコミで美術展に際立って熱心なのが北海道新聞社とSTVです。道内でこの2社以外のマスコミが開く美術展はごく少ないのが実情です。
 STVは、2度にわたるイサム・ノグチ展をはじめ、スタジオジブリ関連の展覧会、篠山紀信、樹をめぐる物語など、多くの展覧会を手がけてきました。
 さらに、STV北2条ビルでは、長年にわたり「エントランスアート」を企画し、道内美術家に発表の場を提供していました。
 昔からSTVがアートに熱心なのは、伊坂さんの影響があったのではないかと思います。


 ご冥福をお祈りいたします。


(STVの経営、放送などについては、このブログの任ではないこともあり、ここではふれません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■想紫苑(おもわれしおん) 第四回三人展 (2016年7月12~17日、札幌)

2016年07月24日 06時36分33秒 | 展覧会の紹介-絵画、版画、イラスト
 想紫苑おもわれしおんは、小路七穂子さん、西村美紀子さん、湯淺美恵さんによる水彩グループ展。
 計20点余を出品しています。

 冒頭画像の左は、湯淺さんによる「いつか何処かで(眼差し)」。

 湯淺さんの「いつか何処かで」シリーズは、時計の歯車などと人物とを組み合わせた、非常に精緻な筆遣いが特徴ですが、今作では木炭などを使って、あえてラフで強いタッチを用いており、新しい試行といえそう。
 右の風景画は「早春の十勝岳連峰」。オーソドックスな画面ですが、あらためて描写力の高さがうかがえます。




 小路さんの5点のうち、中央の裸婦デッサンだけは初期の作品。
 右手にある大作は「夏は過ぎゆく 父の庭 夏」。
 女性がマーガレットを手にしています。おなじ花は背景にもあしらわれていますが、この処理にはずいぶん手間がかかったと思います。その費やした手数と、ていねいな仕上がりに、小路さんの思いの強さがこめられているようです。




 西村さんの「とき」の連作は、老人男性の後ろ姿。以前は、畑なども描かれていましたが、人物にフォーカスを絞るようになってきていました。
 男性の後ろ姿に、しみじみとした情感が漂います。


2016年7月12日(火)~17日(日)午前10時~午後6時(最終日~4時)
ギャラリーエッセ(札幌市北区北9西3)


□小路七穂子ギャラリー http://www.photobb.net/bbs.cgi?id=22137
□湯淺美恵の水彩画廊 花明かり http://blog.goo.ne.jp/miechacha55

■第3回水彩連盟北海道札幌支部展 (2008)=湯淺さん、西村さん


第10回透明水彩展 コロコニ (2016年5月)
【告知】透明水彩コロコニ (2011)
2009年
透明水彩展 コロコニ(2008、画像なし)=湯淺さん、小路さん

湯淺美恵 透明水彩展 何時かどこかでおだやかな時 (2015年3月)
【告知】第3回グループ水煌展 (2011)
44th 札幌大谷大学・札幌大谷大学短期大学部同窓会美術科 谷の会展 (2009)
第1回水彩連盟北海道札幌支部展(2006)
湯淺美恵水彩画展(2008)
=湯淺さん

小路七穂子水彩画展 (2014)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月23日(土)のつぶやき その4

2016年07月24日 00時53分47秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月23日(土)のつぶやき その3

2016年07月24日 00時53分46秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月23日(土)のつぶやき その2

2016年07月24日 00時53分45秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月23日(土)のつぶやき その1

2016年07月24日 00時53分44秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■下沢敏也陶展 風化から再生へII (2016年7月1~17日、札幌)

2016年07月23日 01時01分11秒 | 展覧会の紹介-工芸、クラフト
 札幌を拠点に、関西などでも陶によるインスタレーションを精力的に発表している陶芸家、下沢敏也さん。北海道陶芸協会の副会長として事実上同会を率いる存在でもあります(北海道陶芸会とは別の団体)。

 道内には、何百人もの陶芸家がいますが、「うつわ」ではないものを作り続けている作家では第一人者といってさしつかえないでしょう。

 下のリンク先からもわかるように、2人展やグループ展の開催にも積極的で、陶芸以外の分野の作り手ともいっしょに発表することが多いです。
 むしろ、ホワイトキューブでの個展というのは、ひさしぶりにじっくり拝見したように感じました。

 いつもながらの力強い立体作品が並びます。
 7点とも題は「再生」を意味する「Re-birth」。

 今回の特徴は、平面の大作「Re-birth desert」があること。筆者は、下沢さんの平面は初めて見たと思います。

 白い陶土が微妙な表情を見せています。
 表面にアクリルを重ね、バーナーで焦がしているためか、生々しさが漂います。
 題は「砂漠」を意味しているのでしょうが、遠目には皮革のようにも見える、ふしぎな質感がつたわってきます。

 それにもまして、目を引いたのが、ギャラリーのいちばん奥にあった小品「Re-birth prayer」。

 ちょっと見ると、古い仏像のように見えないでしょうか。

 仏像を作ろうとしたというよりも、自然と成立したかたちのようにも見えてきます。
 ある種の精神性を感じさせる作品です。








 「Re-birth origin」。
 表と裏で、表面の景色がまったく違います。
 火と土の存在を強く印象づける作品です。









2016年7月1日(金)~17日(日)午前11時~午後6時(最終日~5時)、火曜休み
ギャラリー創(札幌市中央区南9西6)

toshiyashimozawa.com

関連記事へのリンク
防風林アートプロジェクト(2014)
紋別市立博物館開館10周年記念企画展「器の世界~原始土器から現代陶芸へ」 (2012)
ハルカヤマ藝術要塞 (2011)

■ 「札幌作家グループ展」阿部典英+柿崎熙+下沢敏也 帯広コンテンポラリーアート-真正閣の100日 (2011年)
フォールディング・コスモス (2011年7月17、18日、札幌/September 3 - 11,NYC)
【告知】フォールディング・コスモス

中庭インスタレーション 下沢敏也 Re-birth 風化から森へII (2011年10月まで札幌芸術の森美術館で展示中)
下沢敏也展[陶のオブジェと小品展](2011年6月)
下沢敏也個展「Re-birth.2010」-起源-(2010年)
下沢敏也さん 札幌文化奨励賞の受賞お祝いの会

ARCHAIC FANTASY 土×炎=? つちとほのおで何だろな (2009年12月-2010年2月11日)
交差する視点とかたち vol.3 阿部典英 加藤委 川上りえ 下沢敏也 (2009年7月)
奥村博美×下沢敏也 陶展 (2009年5月)
下沢敏也陶展 -RE-BIRTH- (2009年4月)

下沢敏也陶展-風化から森へ- (2008年8月)
交差する視点とかたち vol.2(08年7月)
「響韻と、在る。」石川亨信さんとの2人展(08年4月)

交差する視点とかたち 川上力三・阿部典英・下沢敏也(07年7月)
07年4月の個展
田村陽子さんとの2人展(07年1~2月)

下沢トシヤ陶展(06年12月)
西本久子さんとの2人展(06年1月)
下沢トシヤ陶展(04年6月)
北海道立体表現展(03年)
下澤敏也・多田昌代2人展(03年、画像なし)
下澤敏也・多田昌代2人展(02年、画像なし)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月22日(金)のつぶやき その2

2016年07月23日 00時53分04秒 | 未分類・Twitterのまとめ・その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加