GAMAの菜園&フォト日誌

SINCE JUNE 2005・・・菜園情報と写真で綴るGAMAの雑記帳

大泥棒出現

2021年10月15日 16時34分56秒 | ガマのトピックス&MISC情報
今朝も11度台とかなり低い気温になってますが、湿度は十分でまるで雨あがりのように潤っています。




収穫してきたMチンを左端30g級から5g刻みで70gまで分け、袋の中身が大体150gくらいにまとまるように
調製します。11袋できました。




毎月15日は最寄りのホムセンのポイント2倍デイなので、スナップエンドウの合掌棚資材を調達に行きました。
5500㎜直管を33本買う予定でしたがなんと貸し出しの中型トラックでも5.0mまでしか積めません。
前は緩かったんですがねえ。




仕方なく3670mmを42本に変更。これは棟木と筋交いになります。支柱は2m直管を102本。フックバンドで
固定します。




出かける前に農場の隅っこに置き場を設えておいたのですが・・・
下ろそうと思ったその時にお隣HMさんが通りかかり「いやあ、NYさん、ひでえ目に遭ったなあ」と
始まったので何じゃらほいと聞いてみると、なんと一昨日畑で片付け中だったトンネルフレームを、それこそ
畑にまだ刺したままだったものまで含めて約2反歩分まるまる盗まれてしまったということだ。1.8メートル
幅の畝用の大きなサイズざっと800本くらい。一部は10本ずつ束ねてあったのは数日前に見たが・・・




3月18日撮影の現場。メロンやスイカ、奥が早生のトウモロコシ。このトンネル部材全部パクられてしまった。
見ての通り団地の目の前。ここらの住民は全員NYさんとは顔馴染め。お裾分けをもらってる家々。夜中
の犯行とは言え、よほど手練れの集団でないとできないだろう。重量も10トン近いし。団地内道路には
防犯灯が点灯しているので、泥棒達はさぞかし仕事がし易かったのだろう。



この前ユンボさんもユニックを盗られたし、この周りでも前の家の若手農家さんもキュウリ棚を700本くらい、
さらに今年は管理機もパクられた。私の友人の元警視庁君も鉄材いろいろ盗まれた。この手の盗人は捕まえ
にくいそうだ。

私も新材7万円分、盗られちゃ堪らんので急遽自宅に下ろした。その上で終わっている前のMチン畝の部材を
すべて回収しておいた。まあ、奴らもこんな零細な営農者のままごとのような資材には目もくれんだろうが。

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

玉ねぎ畑鶏糞散布撹拌

2021年10月14日 18時23分38秒 | 農場日誌
朝5時48分の東の空です。日の出時間は5時46分です。だいぶ遅くなりました。




ミニ青梗菜は今の季節は基本朝収穫です。もう少し寒くなったら前日収穫が可能になります。Mチン畝は
ジャンボにんにくの隣です。




畝の一部は現在玉ねぎの育苗床になっています。



一株重量は小さいのが30gくらい、中くらいで50g、大きいので7-80gです。このサイズだと3-4株で一袋。
もう少し育つと二株で一袋になります。播種は1ホール二粒蒔きましたが1/3は一株しか発芽してません。
大きいのを選んでいると収穫時間が長くなってしまうので、極小を残して端から収穫しています。




玉ねぎ畝に鶏糞を散布。一畝35㎡当り75㎏です。




袋から直接散布ですから服が汚れます。35メートル奥まで15㎏の袋を抱えていくのだから堪りません。なので
今日は雨合羽の古いのを着て作業しました。まさに泥まみれ糞まみれですね。^^




耕転撹拌しました~。




2時半から収穫開始。でも量がけっこうあったので1時間では終わりませんでした。




調製終わったら5時過ぎました~。




お日様はすでに地平線の下。結局今日はお日様の姿は目視できなかった・・・

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雨 治具作り 午後は休み

2021年10月13日 16時09分12秒 | ガマのトピックス&MISC情報
設計では昨日の工程で完成する筈だった玉ねぎ定植のマルチ穴あけ器でしたが、10㎜φのピンが木工用9㎜φ
ドリルの穴にガバガバで機能不全。単純ですが面倒な加工を継続。ピンの頭を押さえつける加工です。




半貫が無く幅90㎜の貫板があったので手前と奥の2本分をまとめて加工してから真ん中で切って半貫に
することにしました。ピンの頭の厚さにノコを入れてノミでくり抜きます。




運悪く節目をヒットすると力任せには抜けません。何本も筋を入れて少しずつ深さを合わせていきます。




完成したので真ん中で切り分けビス止めしました。




完成。




中央線にのぞき穴を開けてあります。畝にゴム紐を張ってそれを跨ぐようにセットして穴を開けるため。
でも、φ10㎜穴ではちょっと見えにくい。でもそれ以上のドリルがないから我慢。穴位置はピン位置に
合わせてあります。薄く見えている鉛筆の線をマジックでゴン太くしてそれで位置合わせすることにします。




4.5㎏になってしまいましたがなんとか許容範囲か。泥棒が来たらこれをサス股のように構えたらビビッて
逃げていきそうですね。最近物騒ですからねえ。

コメント (12)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

玉ねぎ用治具の自作

2021年10月12日 18時22分52秒 | ガマのトピックス&MISC情報
市販の穴あけ器はあるにはあるのですが・・・これはセルトレイに播種したり移植したりする時に使う
ものなので作業台の上で使うタイプ。玉ネギ圃場では無理~。




チェーンポットでない長ねぎの定植に使う穴あけ器です。穴位置は可変ですが玉ねぎで使うとなると
条間株間それぞれ15㎝なので1列6ホールまでですね。それで22,800円はちょっと・・・。更にこの治具が
本当に使い勝手のいいものかどうかは使ってみないと分からない部分もあります。




と言う事で道具や部材を買って来て作ってみることにしました。条間15㎝で2列12ホールを一度にあけられる
ように設計します。ピンは住宅地の測量時にコンクリートやアスファルトに打ち込むための釘です。
φ10㎜で長さ125㎜、1本81円。板材やφ9㎜の木工ドリル刃など4,000円弱の支出。




作ってみました。一応足を突っ込んで踏み込めるようにしました。ところが・・・




この測量釘はφ10㎜、ドリル穴はφ9㎜なのに釘がスルスルと入ってしまうんですわ。トンカチで打ち込んで
丁度良いサイズのつもりだったんですが。穴が小さいと釘を打ち込んだ時板が割れてしまう。φ8㎜のドリル
ならちょうど良かったのかもしれませんが、これこそやってみないと分からないものですねえ。
上から何かで釘の頭を抑え込むことにします。収穫時間なので今日はここまで。

コメント (16)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

農舎回り通路整備

2021年10月11日 15時01分21秒 | 菜園ティスト日記
農舎北側通路はKZさんの車庫脇を抜けて団地周回道路から入って来るメインのアクセスの延長です。
車庫のある区画はNY-2さんの所有地。左側の駐車場でない区画は私が畑を借りているNY-1さんの所有。
そして菜園のある畑はNY-3さんの所有です。つまり、菜園があるNY-3さんの畑へのアクセスは裏の農道
からしか無いのですが、たまたまNY-3さんの土地を菜園として借りている我々がNY-1さんやNY-2さんの
土地も借りているのでアクセスに使ってしまっているだけです。

少し盛土をして通路を高くします。




北側通路はこれで完成。




北通路に直角に交わる東通路。交差点は東と北にそれぞれ掘ってある明渠の合流点でもあるので橋を
架けてあります。その橋の架け直しに保存してあった切れ端鉄材を使います。ちなみに先を潰してある管は・・・




農舎屋根の曲管材の切れ端。元は友人からもらい受けた簡易車庫の部材。




建物建築の際、軟弱地盤の強化にパイルを打ち込みますがここも同じ。ガーデニング石材を端のベースに
しますが、それが沈み込まないようにこの端材を打ち込みました。




橋が完成。明渠の水は左側の元残渣穴(深さ1.2メートル)に浸み込んでいきます。




東側通路も補修完了。従来の通路は建築資材の壁材(鉄板製)を釘で打ち込んでありましたが、冬季は
凍結するので滑りやすく大変危険でした。防草シートも安全ではありませんが、鉄板よりははるかに
滑らないです。




西側通路と、




菜園メイン通路も完成しているので、これで順次作付けていけます。次はねぎ3兄弟と葉野菜かな。

コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Mチン播種、ジャンボ除草、菜園整備

2021年10月10日 17時46分06秒 | 農場日誌
Mチン播種は8/31と9/8に都合632ホール1264粒播種しましたが、両方虫に食われるわ、発芽率は悪いわで撃沈。
9/16に播いたこのロットはこの通り完璧。今日初出荷しました。このあと9/29に次を播いてますが、種切れで中断。




本日次のロットを播種しました。あと一畝畝立てしたら年内は終了ですかね。その後は2/25以降の播種
になりますが、直播ではなく温床を使ったセルトレイ播種になります。




Mチン播種をしていたら江南市のHAL_Kさん病に感染してしまい、となりのジャンボにんにくの雑草が
気になって気になってしかたなくなったので3畝除草しました。箒で集めたらこんな量になりました。
でも、Mチン播種で使っていたピンセットを持っていたので超ミニサイズの雑草も抜き去りました。^^




ジャンボ畝は千鳥播きなので雑草が目立ちましたが普通にんにくの畝は蒔く時穴を開けながら除草できて
いるので気になりません。でも多少は生えているので玉ねぎ畝作りが終わったら一気に除草します。




ジャンボの除草が終わったら今度は玉ねぎの苗床が乾いているのが気になったので液肥を散布しました。




1㎝間隔で蒔いたつもりがこんなに密集してしまった箇所が多いので肥料切れにならないようにしないと
苗が育ちません。来月定植ですから頑張らねば。まだ松葉に毛が生えた程度のサイズです。




閑話休題。国光あやの議員はこの地区を小選挙区とする自民党の議員さんですが、農業委員会会長宅で
懇談したことがあります。茨城は魅力度47位に輝くスーパー県ですが、自民党にとっては4万以上の党員
を有する巨大票田です。私は党員ではありませんが。^^ 国光議員は明るいお医者さんで魅力のある
人ですがなんせ宏池会。岸田さんが冷や飯食いになったので良い事ないだろと思っていたらいきなり
総理派閥。わからないものです。でも看板が草葉の陰。大丈夫ですかねえ。^^ 茨城の最下位脱出を
果たしてもらいたいものです。^^




農場整備を続けています。今日は農舎グルリの通路整備。明渠のブリッジを架け替え。




拾ってきた建築材で明渠の土留めをし、




防草シートを張りましたが今日はここまで。次の課題が待ってます。シャワーを浴びてビールを飲まねば
なりません。




風のない29.9度は風のある32度より暑い。




KZさんのリフォームが終わりました。ますます葡萄の栽培面積が広がりそうです。




明日は菊芋を引っこ抜いて農舎北側通路を整備する予定です。すでに明渠の法面補強は済ませてあります。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大根播種、菜園区画整備開始

2021年10月09日 18時02分05秒 | 菜園ティスト日記
2015年6月6日に中央通路と左側の共有農道のこちら側半分に防草シートを張りました。
本日中央通路のシートを撤収。欲張って圃場面積を最大限活用しようと防草シートの際まで耕転を
繰り返していたら、防草シートがボロボロになるとともに圃場側の端が沈み込んでしまいました。




防草シートを張り直す前に大根畝をセット。3種を12x3ホール播種。なんとか年内に間に合わせたい。




奥の方にはKZさんが持て余していた白菜の苗を定植し、防虫ネットを被せました。大根もこうして
おく方が葉を虫に食われないできれいに育てられるでしょう。幾ばくかの保温も兼ねて。




農場の通路の多くを100㎝に拡大するので75㎝防草シートが余ります。菜園に持って来て敷設しました。




中央通路も75㎝を敷設しました。畝は後退させ若干高く整備した通路を崩さないように配慮しました。



今後は家庭菜園は本来の家庭菜園に再整備し直していきたいと思ってはいますがどうなることやら。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なす薬散、マロ退院

2021年10月08日 18時20分27秒 | ガマのトピックス&MISC情報
昨日、ストックの飲料水60リットルを更新したんです。もちろん非常用です。トイレの水などは
雨水の貯水タンクに500リットルくらい溜まっているのでいざとなれば移動できますが、飲料水は
南アルプスの天然水ばかりに頼ってはいられないですから。水道水はカルキ除菌されてますし。
そしたら例の地震。首都直下型でなくて良かった・・・。でもそのうち来るんですよねえ。




今日は午前中はなすの薬散からスタートでした。動噴では少量散布過ぎるので肩掛け手動式の噴霧器を
調達してありました。




チャノホコリダニのせいでなすが汚れてしまって印象悪過ぎ。化学農薬は極力使いたくないので、JAS認定農薬の
アーリーセーフを38リットルほど葉面散布しました。でも手漕ぎなので時間がかかるー。やはり動噴は
超楽ですねえ。トラクターと管理機ほどの違い・・・




菜園は歩道の防草シートを張り替えるなどする予定ですがまずは秋野菜の仕込みをしないと間に合いません。
大根のマルチをまず張りました。大根はマルチなしでいいんですが、雑草除けにマルチです。特に今回は
荒地にしてしまったので種が大量に落ちています。なのでマルチは必須。大根なので3430マルチです。




にんにくナウ。萌芽すると伸びるのが早いですね。萌芽していないところとの差が大きい。




ジャンボにんにくも萌芽初確認。よく探せば2-30箇所出て来ている感じです。




明日納品分の収獲をして本日は終了。明朝の調製作業のため蚊取り線香スタンバイ。日が短くなったため
収穫を前日に済ませておかないと当日朝の納品に間に合わなくなってきました。




メラノーマの手術を終えてマロが退院してきました。大変元気で一安心。独眼竜になってしまいましたが
狩猟生活をするのではないから大した不自由はないでしょう。2週間くらいラッパを着けていなくては
ならないから歩くたびにあちこちに引っ掛かっています。まあ、しょうがないですね。

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガマ菜園ナウ

2021年10月07日 18時37分09秒 | 菜園ティスト日記
ミニトマトのアイコと昨年から栽培している中玉トマトの自家採種。




今月は4日を除き毎日30度越えが続いています。これも温暖化の一つの事象なんでしょうねえ。




自分は畝割を簡単にするために圃場にマーカーを打ち込んであります。畝幅100㎝、通路50㎝で設定。




ナイロン紐をペグに付けて打ち込んであるだけですが2年くらいで色が土の色になります。ときどき
新しいナイロン紐に交換します。紐がなくてもなんとかなりますがある方が当然見つけ易い。





1x6m畝が12本と中央通路の左側に奥へ行くほど狭くなる三角スペースがあり一番手前5m、12番目は
0メートルです。途中に残渣穴を掘ってあります。ここにしかスペースがなかった時はキチキチに
スペーシングしてましたが、はるか奥の林の手前、ブルーシートやトンネルが見えている場所に7反歩
まで使える圃場を借りています。なので、こちらの家庭菜園はゆったり使用することにしました。
見ての通りの非常に良くこなれた黒ぼく土の圃場なのでゆったり栽培で良い品質の野菜を育てる実験
圃場として活用していきたいと思います。全体で100坪強ですが、表に別地主から借りている2台分の
駐車場が隣接しているので団地内道路から直接アクセスできます。ここから農場へは農道でアクセスできます。
少なくともあと12年は奥の圃場を借り続けて農業をしていくつもりなのでじっくりと経営計画と趣味の
リンケージングを模索していきたいと考えています。誰かトラクターくれないかなあ・・・^^
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菜園除草完了、作付け準備開始

2021年10月06日 17時55分09秒 | 菜園ティスト日記
KDさんがリフォーム中のスペースから屋根の上に体を出して長い柄のモップでビニールの汚れを
吹き落としています。




ガマカフェの屋根はもう遮光率100%の汚れ方です。透明度が高いと暑いんですよねえ・・・と言い訳。




除草完了。




残渣の山。




3種類の葉ねぎを隔離。




春ジャガ畝から掘り残しで萌芽している芋がいくつも出てきたので別のスペースに施肥して移植しました。
秋ジャガ狙いではなく、来春の種イモ狙いです。1個30gあればいいので。最近デストロイヤーの種が
入荷しないパターンが続いているので自分で確保です。出来てくれないとマズイ・・・




馬糞堆肥100キロほどと苦土石灰30キロを撒いて耕転。




結局アスパラと残渣山横の七夕きゅうりと百葉箱の向こうのらっきょう、櫓ねぎ、菊芋、上記の秋ジャガ
以外は何もないガマ菜園です。葉ねぎと苺以外は決まっていないのでこれから間に合うものを物色です。

コメント (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする