畑・野菜の記録

家庭菜園6年目の記録。

6月収穫用ミニキャベツ・みさきの種まき

2017年02月25日 07時57分21秒 | キャベツ
今までに育苗定植したミニキャベツの甘乙女は4月~5月の収穫。

今回その続きの収穫となる

みさきの種まきをしました。

みさきは6月~7月収穫用のミニキャベツ。


エムラップというレタスの種をまきました。

収穫は5月。



太くて長いねぎの自家採種をしようと育苗ハウスに植えている白ネギから

ネギ坊主が現れました。

今年種採りをして秋まき来年収穫の予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチゴ食べられちゃいました。

2017年02月24日 07時25分44秒 | その他
この鳥なんという鳥?

顔に白いアクセントがありますね。
後で気づいたんですが、イチゴをずいぶん食べてしまっているようです。

董立ち菜をいくつか植えてあるんですが

その一つのカーボロネロが

ずいぶん背が伸びてるな~と思って

覗いて見ましたけど、まだでした。

でも脇芽が出ているのでもうすぐですね。


振り返ってみると、

青梗菜には花芽が出ています。

どれぐらいまで伸ばして収穫でしょうか?
脇芽をいくつか付けて収穫でしょうか?
この写真の根元ぐらい?


収穫中の白菜。

晩生の120日型晩輝がやっと収穫できそうです。


2/2日ごろに蒔いたナス科の種。

10日ですずこまが発芽した後
      

2週間でまあちゃんなす(自)、韓国とうがらし(自)、ふわとろ長、ピー太郎、朱姫、みずなす(自)、ルバープ発芽しました。


    
18日目、激辛なんばん(自)、 ランチボックスレッド(自)、熊本中長なす(自)、天狗ナス(自)、フィレンツェ(自)発芽
芽が出ないやつはだめかな~?購入した新しい種も出てないやつがある




バジルをたっぷりと蒔いておきました。

中に入ってる種が多いですね。
自家採取もしてあったけど、当分はこれを使います。






コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

晩生玉ねぎに納豆菌

2017年02月23日 07時21分53秒 | タマネギ
まずは気になる極早生をのぞいてみました。

さすが極早生、順調に成長していますね。
3月初めには収穫できるやつも出てくるかな?

こちら中生のメガオニオン。

メガオニオンは黒マルチすると巨大になるようですが、
こちらは黒マルチなし。

晩生こがね。

晩生なんだけど成長が早い。

こちらもメガオニオン、黒マルチあり。

最後は中晩生の吊り玉パーフェクト。

ごく普通の感じ。
今のところどこにも病気はないような様子でひとまず順調ですね。








コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

チェーンポットに264個の種をまくⅢ

2017年02月22日 07時57分19秒 | ネギ
チェーンポットに2個づつの種を264ポットに蒔くために

4㎜の穴をあけました。

下の穴と上の穴をずらして種が落ちないようにして、

種をドバっと移します。

手で種の塊を移動させ万遍無く4㎜の穴に種を落とし込み(画像で見る限り2個落ちてるようです、たまに3個もあるよう)

上下の穴を合わせて種を落とします。

どうかな?

よくわからないけど

種は2個づつ落ちてるはず。

芽が出ればわかりますね。

皆さんのブログには変わらず訪問していますが
目の病気をしてからはパソコンの時間を減らすために
コメントは残していません、すみませんm(。_。;))m







コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

チェーンポットに264個の種をまくⅡ

2017年02月21日 07時54分02秒 | ネギ
CP303というチェーンポットには
264個のポットがあります。

これにどうやって種をまくか?
しかも2個づつ蒔きたい。

調べてみると高価だけどアクリル板を利用して蒔くようだ。
高いのは無理。

塩ビ製のものが比較的安価であるので
自作してみることに。

鋸では切れなかったので
電動丸鋸で切ったらボロボロになった。

ポットに合わせて印をつけて
穴をあけていきました。

まずは種を落とす穴をあけました。

ポットに合わせて。

まくのは松本1本ネギ

一個ならこれぐらい。

4㎜の穴なら

何とか2個入ります。
最初の落とす穴をあけた塩ビ板にテープで固定して

4㎜の穴を開けました。
厚さは2㎜の塩ビ板。
ねぎの種がちゃんと2個づつ入ってくれるか?










コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

チェーンポットに264個の種をまくⅠ。

2017年02月20日 07時58分57秒 | ネギ
チェーンポットは紙製ですが
定植時にそのまま植え付けることができます。

このCP303は1ポットが3㎝×3㎝間隔5㎝で植えれます。
これにネギを蒔いてシート栽培で松本1本ネギを作ってみようかな~と思っています。

開くとどれぐらいになるのか書いてないんですよ。
育苗箱を持ってきて開いてみると、

なんだかよさそう。
でもすぐに戻ってしまうので、

枠を作ってみました。

それに嵌めて

育苗箱にセット。

土を入れて水かけて

まずまずですね。








コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

メロン栽培の水管理

2017年02月19日 07時01分17秒 | メロン
去年栽培したメロンのグラデーション。

いまいち成長不十分で、おいしさもいまいちでした。
メロンの栽培には大事な管理があり
その一つが水やり。

定植してから収穫まで細やかな水管理が必要です。

メロンの水管理
1.定植時→十分与える
2.定植から着果まで→根を丈夫に育てるため出来るだけ潅水を行わない
3.交配期→着果するまでは潅水しない
4.初期肥大期(着果から1週間~10日)→着果確認後鶏卵大になったら徐々に潅水量を増やす
5.硬化期(着果から15日~20日)→一旦潅水中止
6.縦ネット発生(着果から3週間)→ネット形成終了まで徐々に潅水量を増やす
7.ネット完成期(着果から30日~42日)→着果後35日を目安に水切りを進める。収穫の10日前には潅水を中止
8.収穫(着果から55日)


メロン生育ステージ別土壌水分管理

0日  7日  14日  21日 28日  35日
定植後  活着  展葉  誘引  開花  交配期
定植3~4日間は十分に与える  7日から35日まで;地床栽培では着果するまでは水分をほとんど与えない/根の成長を促し糖度上昇期の水切りに耐える根にするため

0日   7日   14日   21日   28日   35日   42日   45日   55日
着果後 初期肥大 硬化期 ネット発生 果実肥大期 ネット完成 肥大完了 糖度上昇期 収穫

着果後7~14日;徐々に潅水量増 14~21日;一旦潅水を中止 21日後;果実が軟化したら潅水を再開/40日を目安に潅水量を減らす 収穫10日前から潅水中止



今年は頑張ってみよう。

といっても

苗がちょっとしかないんですけど。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今年最初のしあわせコーンの種まき

2017年02月18日 07時34分17秒 | とうもろこし
しあわせコーンは割と早くから種まきできます。
約1カ月強で定植して、

6月初めに収穫が始まります。

この時期の収穫物で作る

自家野菜のピザ。

なかなかおいしい。

今年もまずはしあわせコーンの種まきを開始しました。

ただ最初の時期は花粉ができにくいようで

ちょっと先端が不十分なものも多いんです。

ほかにすることもないので

枝豆の天ヶ峰もついでに蒔いてみました。

大豆はちょっと苦手です。

今年はもう少しまともに収穫したいですね。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

メロン培地の準備

2017年02月17日 08時04分31秒 | メロン
メロン培地にはサンチュを植えていました。

サンチュは随時消費した上に

何者かにメロンの苗を食べられて
少ししか苗ができていません。

メロン培地の支度を整えました。
穴を掘って
  
もみ殻燻炭、納豆菌(OYK)を繁殖させたEM菌米ぬかぼかし、牡蠣殻石灰
を入れました。

順次連続して入れ

最後はバークたい肥を敷き詰めて完成。

メロン苗を植えるまで苗の仮置き場に。









コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモ量産栽培・高松式

2017年02月16日 06時57分41秒 | じゃがいも
去年から取り入れている高松式併用三角黒マルチ法(勝手に命名)。
ジャガイモを量産する、簡単で取り入れやすい方法です。
高松式という独特の方法がガマさんから発信されています。

要点は
① 5㎝の深さに植える。
② 植え付け時には無肥料で深耕する。
③ 植えつけたら20㎝ぐらいの幅を鎮圧する(弱めに)。
④ 植え付け1か月後ぐらいに中耕施肥する。
⑤ 5㎝までに発芽したら土寄せして埋め戻す。
⑥ 花が咲いたら土寄せ追肥する。



植え付けは5㎝の深さ、少し鎮圧する。
無肥料にすることで根が伸び茎が太くなる。

芽が出る前後くらいに施肥中耕する。
芽が5㎝まで延びたら埋め戻す。
栄養分を求めて新たな根(2段目)がよく伸びる。

花が咲いたら追肥土寄せする。

高松式併用三角黒マルチ法

三角黒マルチ法を実施するうえで
高松式が簡単に併用できることがわかり
去年から試してみました。

三角畝を崩して種芋を5㎝の深さで植えます。

5㎝芽が出たら埋め戻す。

再び発芽したら

黒マルチをします。


今年は問題点を含めて再検証です。

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加