世界一周タビスト、かじえいせいの『旅が人生の大切なことを教えてくれた』 

世界一周、2度の離婚、事業の失敗、大地震を乗り越えて、
しぶとく生き抜く処世術を赤裸々に綴るエッセー



熟年合コン

2007年05月31日 | 
僕の交友関係は、最近燎原の火のように、とみに広がりを見せている。

老若男女を厭わないが、中でも、幅広い中高年層からの強い要望をヒシと感じるものがある。

キーワードは、《出会い》

否応なく、PCや携帯に振り回される社会において、むしろ孤独感苛まれているようだ。

メールの繋がりはあっても、真のコミュニケーションを求めてやまない。

ぼくは、ずいぶん前から、「熟年合コン」なるものを提案し続けている。

一部、実行されている話も聞く。

だがまだまだ、身近での実感は薄い。

このところ、僕の周辺では具体化への要望がかまびすしくなってきた。

40代から、なんと80代までだ。

   実に、喜ばしく、頼もしい限りだ。

        それじゃー、やってやろうじゃないか。


その前に、
       正直言って、合コンって、行ったことないんだよねー



    誰か、僕を合コンに連れてってー!!   おねがい!






http://123direct.info/tracking/af/722/z58GSzer/
Comment

コンシェルジェ

2007年05月30日 | 
コンシェルジュとも言う。

一般に、ホテルでお客の要望に応じて、観光などの手配や案内などを行う専任のスタッフ。
転じて、今は、デパートや病院などでも、特定な分野や地域情報などを紹介・案内などをする人をも指す。

幅広い知識と情報量、礼儀作法・言葉使いなどハイソな教養をも兼ね備えなければならない。

またまた、新しい企画です。

    「熊本コンシェルジュ協議会」

              の発足に向けて動き出しました。

三大業務は、

  ① 町づくり
  ② 国際協力
  ③ 人材育成

これまで培ってきた、僕の知識の集大成を具体的な形で実現する場にしたいと思っています。

NPOにするかどうかもあわせて、検討中。

   詳しくは、追って発表していきます。

   ご興味ある方は、ご一報下さい。

        dreamincountry@gmail.com
Comment

負けないで

2007年05月29日 | 
ナントカ還元水大臣は、好きじゃないけど、高校の4年先輩なんです。

それに、部活(空手部)の先輩でもあったことも、初めて知った。

     お気の毒、としか言いようがない。

しかし、ZARD・坂井泉水の方が、僕にはもっとショックだった。

異質な二人の、形の違う死が同じ病院で日を次いで起きたことに、不思議な因縁を感じる。

  ♪負けないで・・・♪
      つぶやくように、口をついて出た。
Comment

林住期

2007年05月28日 | 
学生のころ、五木寛之に傾倒し、彼の本を読み漁ったことがある。

またもや、彼の本が売れている。

   『林住期』
         「りんじゅうき」と読む。

彼の講演も聴きに行ったことがあるが、彼の考えや生き方には今も共鳴するものがある。

というか、彼の言わんとすることを、すでにこなしながら生きている気がする。

   もちろん、彼の足元にも及ばないが・・・

フラッと旅に出る。
   家出同然。放浪生活。

ゆっくりと呼吸する。
          そして思索する。
      気功、瞑想、無の境地

未病息災

家族解体

孤独の甘受

    『林住期』から【臨終期】へ・・・

          風の吹くまま、気の向くまま

                 南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

Comment

ライブパーティー

2007年05月27日 | 
福岡でのライブパーティーに出席した。

以前このブログでも紹介した、「歌う司法書士、ハマケン」こと濱田憲治くんの"元気塾の集い”だ。

彼とは30年来の付き合いだが、同じ30年来の友人も広島から馳せつけた。

  例によって、歌って、飲んで、深夜まで語りつくす。

赤坂のライブハウス「DREAM BOAT」のマスターとも意気投合。

僕の『熊本の歌づくり』の企画にも協力してくれることになった。

広島の坂本君にも、すっかりお世話になった。

こうした友人たちのお蔭で、今の僕が存在する。

  繋がりが、また新たな繋がりを生む。

               『縁』のチェーン現象。

こうして、人生はさらに厚みを増し、ますます楽しくなっていく。

           すべての人に、感謝、感謝。

     ほんとうにありがとう!

Comment

自由・○○・○愛

2007年05月26日 | 
【自由、平等、博愛】といえば、フランス革命の旗印であり、フランス国旗のトリコロールは、左から青が【自由】白が【平等】赤は【博愛】を表している。

しかし、フランスのみならず、アメリカを含めた世界のどの国もいまだかってこのすべてを実現した国はない。

そもそも、自由と平等は共存するのか。

博愛とは、「すべての人を等しく愛する」ことだ。

   そんなことが出来るのだろうか。
        僕には出来ない。

仮に、すべての人を愛しても、等しくなんてとても無理だ。
  どっかで、きっとえこひいきしてしまうだろう。


ましてや、今は、愛されることより、愛することの難しさをヒシと感じる。

   身勝手な男の旗印は、

        【自由、健康、自己愛】

          色にしたら、

     群青色、黄土色、赤銅色?

       なんか、やけに汚いドロドロと濁った色になりそうだ。

皆さんの旗印は? そして色にしたら?
Comment

青年は荒野を目指す

2007年05月25日 | 
僕には、自慢で愛する3人の子供たちがいる。

そのことは、今まで折に触れ書いてきた。

ここへきて、3人ともアメリカに行ってしまうかも、しれない。

実に、嬉しい、そしてチョッピリうらやましい!

今、サンフランシスコ州立大・4年の息子は、すでにアメリカン渡って、5年。

今年中に卒業予定。7月からインターンシップとして、LAパサディナにある映画会社に行くとのこと。

末っ子で高校2年の次女は、この夏休み、ダンスのサマースクールでLAを訪ね、息子と合流する。

現在大阪在住の長女も、アメリカ人と結婚し、ダンナの実家のあるサンフランシスコに移住計画中だ。

彼らは、幸せに背を向けて行くんじゃない。

       幸せを求め、掴みに行く。

さて、僕は何を求めて、どこを目指すのか。

  風に吹かれて、気ままに・・・
            さらに大草原を目指そう




       ♪青年は荒野をめざす♪


五木寛之 作詞
加藤和彦 作曲

♪♪
ひとりで行くんだ 幸せに背を向けて
さらば恋人よ なつかしい歌よ友よ
いま ウウウウ 青春の河を越え
青年は青年は 荒野をめざす


もうすぐ夜明けだ 出発の時がきた
さらばふるさとよ 想い出の山よ河よ
いま ウウウウ 朝焼けの丘を越え
青年は青年は 荒野をめざす


みんなで行くんだ 苦しみを分けあって
さらば春の日よ ちっぽけな夢よ明日よ
いま ウウウウ 夕焼けの谷を越え
青年は青年は 荒野をめざす     
              ♪♪




Comment

夢の木

2007年05月24日 | 
                      樹齢数百年(?)のケヤキ



僕の「夢の木」に、また一つポッと蕾が付いた。

「トレビアの泉」風に言うと、まだ一分咲き。

花を咲かせるには、幹を太く、強くし、根をしっかりと大地に這わせなければならない。

根っこは、教養や道徳心。

幹は、それに裏打ちされた確固たる信念や勇気といったものか。

風雨に耐えるしなやかさも必要。

その枝に、たった一つの大輪を咲かせるのも良し。

小さな可憐な花をいっぱい咲かせるのも良し。


夢の木を植え、花を咲かせよう。



   余談。

     「金のなる木」はありません。

     「夢のなる木」は、あなたの心の中にいつでも植えることが出来ます。

                     老婆心ながら・・・


写真のケヤキは、【ドゥリーミン カントリー】のシンボル。

  いつしか、この上にツリーハウスを建てよう。

       これも高所恐怖症の僕の夢の一つ。   
                        一分咲き。
Comment

来日

2007年05月23日 | 
                      ジョニーVIP ?
                     


25日、いよいよ
  【パイレーツ・オブ・カリビアン 
           ワールド・エンド】
                   が世界同時公開される。

それにさきがけ、ジョニー・ディップとオーランド・ブルームがやってきた。

6月1日は、映画の日。
            1000円持って、こぞってシネコンへ行こう。


ちなみに写真は、暇をもてあまして、コスプレ癖がでた【ジョニーVIP】

            っていうかー、どこぞのチンピラ。

 

             

                     相変わらず、バカやってるねー
Comment   Trackback (1)

車上難民

2007年05月22日 | 
僕は、時々車上難民と化す。

11年乗り続けているフォードのフリーダ。

もともとギャレー(キッチン)付きのキャンパー(キャンピング・カー)だ。

  今は、製造されてない、プレミアムもの。

オフィス兼クローゼット兼ベッドルームとなんでもあり。

  重宝する。

着いた所が、どこでも我が家。

繁華街のど真ん中、ビルの谷間の居酒屋の前の駐車場に止めれば、心置きなく飲める。

アー、昨夜もよく寝むれた。
               だけど頭は、ガーンガーン。

        また調子に乗って飲みすぎたー!
Comment

幸せって?

2007年05月21日 | 
お金があれば、時間がない
時間があっても、お金がない

便利なところには、自然がない
自然がイッパイなところは、便利じゃない

家族でいると、鬱陶しい
でも、一人はやっぱり寂しい

    幸せって、難しい



お金も、時間もソコソコある

便利で、しかも自然がイッパイなところに住んでいる

独り身の自由さを満喫しながら、愛する家族がいる

    ひょっとして僕は、最高に幸せなのかもしれない
               感謝、ひたすら感謝(合掌)


人は、欲しいものを得ることで、物質的に豊かになってきた

   でも、それが本当の幸せに繋がっているのだろうか・・・
   あんなに欲しがっていたのに、
      手に入れてしまうと、得体の知れない虚しさに襲われる


人に、何かを与えることで、素直に心が豊かになれる

   
       そんな単純なことが、やっと、最近分かるようになってきた

                      オソーッ!
Comments (2)

成分解析

2007年05月20日 | 
                             mythril


今話題の、【成分解析】してみました。


【ドゥリーミン カントリー・インAso】の解析結果

ドゥリーミン カントリー・インAsoの85%は犠牲で出来ています
ドゥリーミン カントリー・インAsoの14%は知恵で出来ています
ドゥリーミン カントリー・インAsoの1%はミスリルで出来ています



【かじえいせい】の解析結果

かじえいせいの55%は華麗さで出来ています
かじえいせいの32%は言葉で出来ています
かじえいせいの6%は心の壁で出来ています
かじえいせいの4%はミスリルで出来ています
かじえいせいの3%は歌で出来ています


       ところで、ミスリルで出来てるって、どういうこと?

     だれか教えて!

ついでに、今朝方見た「岩がゴロゴロ転がる」夢の成分解析もやっちゃいました。


あなたの夢の成分解析!による「岩がごろごろ」の解析結果

岩がごろごろの85%は鍛錬で出来ています
岩がごろごろの08%は仕事への思いで出来ています
岩がごろごろの4%は愛で出来ています
岩がごろごろの2%は好きな人への思いで出来ています
岩がごろごろの1%は過去の恋人への思いで出来ています


          なんだか、当たってるような・・・。

  ちょっぴり怖いけど、オモシローィ!!
               病み付きになりそー。

    みんなも、やってみて!
         


 

                                       
Comment

ゆっくりいこうよ

2007年05月19日 | 
忙しない日常。

時には、ゆっくり生きてみないか。

  ゆっくり、歩く。

  ゆっくり、話す。

  ゆっくり、呼吸をする。

  ゆっくり、食べる。

  ゆっくり、お風呂に入る。


ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり、
           ゆっくり、ゆっくり、ゆっくりいこう。
Comment

シャンソン

2007年05月18日 | 
日仏協会のランチ・パーティーに出席した。

コース料理と、シャンソン歌手の皆さんの熱唱が会場を魅了した至福の午後。

世の中、こんな優雅な時間の流れの裏側で、

     人々を震撼させる凄惨な事件があちこち頻発している。

            あまりにも短絡的で理不尽すぎる。

これも、格差社会の縮図なのだろうか・・・
Comment

川柳

2007年05月17日 | 
一つ、ひねってみた。

【旅の空、どこへ行っても、上の空】

なんのこと?
         自分でもよく分からん。

   いつも、ボーッとしてるから?
Comment