かじえいせい(Tabist))の「旅が人生の大切なことを教えてくれた」 

夢はでっかく!オレの行くとこ世界晴れ

世界を旅する「タビストかじえいせい」が人生について語るブログエッセー

小さな恋の物語

2018年04月19日 | 100の力
小さな恋の物語



            夜間飛行


ホーチミンの長蛇の列の出国イミグレで並んでいると、すぐ前にいた女の子が振り向いてボクを見てにこっと笑った。

ボクも思わず笑顔を返した。

そして英語で聞いた。

「どこまでいくの?」

彼女は全く英語が理解できない表情を見せた。

ボクはベトナム語で同じ質問を繰り返した。

「フクオカ」

彼女はたどたどしい日本語でそう答えた。

「あ、一緒だよ、ボクも福岡」


数百人はいようかというこのイミグレ列は

これから様々な国に飛び発つ人ばかりだ。

その偶然性に奇妙な運命じみたものを感じた。


それを聞いた彼女は安堵の表情を浮かべながら嬉しそうに笑った。

どこかはにかんだ目が可愛かった。


「実習生?留学生?」

日本語で聞くが全く通じない。

ボクはありったけのベトナム語を駆使して、また同じ質問を投げかけた。

彼女はおもむろに手提げバッグから書類の入ったクリアファイルを出すと、

「〇〇日本語学院」と見ながら応えた。

これから日本語を勉強しに行く留学生だった。

「日本語勉強するんだ。頑張ってね」というボクの言葉に、彼女はまた嬉しそうに笑った。

だが、明らかにその笑顔の下に不安な表情が見て取れた。


彼女のパスポートに挟まれたボーディングパスの座席番号がボクの目に留まった。

「あれ、ボクと同じ列だよ。ほら」といってボクのボーディングパスを見せた。

彼女は31B, ボクは31Dだった。

これも偶然とはいえ、きっとキューピットのちょっとした悪戯のように思えて、

ボクの心は小さく踊った。


小柄な身体に似つかわしくない、パンパンに張った大きなデイバッグを彼女は重そうに背負いながら、

イミグレの列は牛歩の行進のように動いていく。

ボクは背中から降ろしたら、とジェスチャーで伝えると、彼女は素直にそうした。

だけど列が動くたびに引きづるようにバッグを持ち上げている彼女の姿が異様に初々しく印象的だった。

その間、僕たちはお互いの連絡先を交換し合った。

彼女が先にイミグレを通過すると、セキュリティチェックの列の波へと消えていった。


ボーディングゲートの前のベンチの中にも彼女の姿を見つけることは出来なかった。

だが、同じ列に座ることは分かっていたので、また逢うことはできるとボクの気持ちには余裕があった。

むしろ、この離れている間が、再会を待つ恋人たちの気分に高揚させてくれるようで嬉しかった。


ボーディングゲートが開くと、ボクはいつも列がなくなる最後に通過することにしている。

座席に行くと、案の定というか当然ながら彼女はポツンと小さな体をボクの二つ隣の席にうずめて座っていた。

彼女はボクを上目遣いに見ると、また嬉しそうにそして恥ずかしそうに笑顔を浮かべた。

なぜかその時、「伊豆の踊子」の学生を見る踊り子の表情と重なって見えた。


その僕たちのやり取りを一部始終を見ていた、

ぼく達に挟まれた格好のニキビ面の男性が不思議そうにボクを見た。

彼もまた彼女と同じグループの留学生だった。


「ともだち」

とボクは彼に、一指し指で彼女とボクを交互に指しながら伝えた。

彼は、「トモダチ」とぎこちない日本語で繰り返し、

また不思議そうにボクたちを2,3度首を左右に振りながら見比べる。

その彼の仕草に、彼女は初めてクスッとかわいらしい声を出して笑った。


          (写真は、イメージで登場人物とは関係がありません)


何かお互いの秘密を持ったいたずらっ子のような気持ちがボクの心を撫でた。


彼に席を代わってもらうことはできたが、なぜかこの距離感が返ってお互いの関心を高め合うようで心地よかった。

時々横目でお互いを確かめ合うと、目が合う度に僕たちは声を出さずに微笑みをかわした。


それは、映画「レオン」を彷彿とさせるようでもあり、

まるで青春時代の一コマに出会ったかのような心地よい錯覚を乗せて、

飛行機は轟音と共に夜空に飛び立っていった。








この記事をはてなブックマークに追加

4月18日(水)のつぶやき

2018年04月19日 | ライフスタイル

この記事をはてなブックマークに追加

どこでも瞑想

2018年04月18日 | 100の力
どんなに騒音の中でも、

カオスでも、瞑想は出来る。




心頭滅却すれば騒音も又メロディー。

人込みもまた川の流れ。


戦わずして勝つ。これ悟りなり。

遊んで稼ぐ。これも悟りなり。

旅して暮らす。これも悟りあればこそ。


悟りとは、

煩悩をなくすことではない、

煩悩を認め、受け入れること。


煩悩から解放されることなどできない。

これを知るここそ、悟りの境地なのだ。



ベトナムに無いを求めて彷徨うのか。


カオスの中に身を置き、

朝はひたすらコーヒーを飲み、

昼からはビールに浸る。

それだけのために、ここにいる。


これが、ボクにとっての悟りである。





かじえいせいオフィシャルサイト http://asaykaji.com/

フェイスブック http://www.facebook.com/dreamincountry
    フォローはお気軽にどうぞ

ツイッター   http://twitter.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ

インスタ   http://instagram.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ













この記事をはてなブックマークに追加

点と点が線と線に

2018年04月18日 | 100の力
それは突然の閃きであった。

午前4時に目が覚めた。

脳に閃光が走ったのだ。




言葉の羅列。

項目の羅列。


思い付き、

発想、

閃き

を書き留める。


書きなぐると言ったほうがいいかも。


    夜遊びもせず、執筆に励む筆者(真面目でショー、ビールは欠かしませんけど)



何からどう始め、

どう結び付けていくのか。


あらすじ、

目次、

プロローグ、

書いては見たもののどうもしっくりいかない。

自分が納得しないのだ。



点と点を線と線で結びつける。

そして、面が構成される。

そして、3Dへ。


執筆進行

構成が決まれば、

一気に書き上げることができる。

素材はそろっている。


だが、まだ肝心の全体の構成が固まらない。

もがき苦しみ中。


この時間が大切。


もがき苦しみながら、それでも筆は進む。

夢と希望を胸に。



【追記】

もがき苦しむ自分の姿がどことなく心地よい。

根拠のない自信。


これでいいのだ。

イイ感じ。

(どこまでもナルシスト)



【追記2】


帰国すればさらなる激務が待っていることは

予想だに難くない。


今回のアトミのベトナム進出におけるフォロー作業は言うまでもない。

そして、

セールスマスターという成功へ向けた第一段階への未曽有の挑戦。


さらに、

出版に向けた最初の原稿を連休前には送るという、自らに課せたノルマ。


加えて、

千客万来の予定が入っている。


もちろんすべてこなす所存で、

体調管理には最も氣を配る。


さあ、ココが腕の見せ所。

やるぞ!

やってみせるぞ!


氣は引き締まる。

さらに、心地良く。

この緊張感がたまらなく好きだ。










この記事をはてなブックマークに追加

4月17日(火)のつぶやき

2018年04月18日 | ライフスタイル

この記事をはてなブックマークに追加

みんな違うから輝くんだ!

2018年04月17日 | 100の力
映画が大好きだ。

特に、ミュージカル。

歌もダンスも大好きだから。


だが、なかなか映画館へ足を運ぶ暇がない。


ベトナムに来ると日本で上映中の映画でも海賊版DVDが安く手に入る。

映画館で見そびれた”The Greatest Showman"を部屋でじっくり鑑賞した。




映画から教わることは多い。

この映画で得たことは、

「大切なのは、君らしさ」


勇気を出して自分を受け入れたとき、

輝ける場所が見つかる。


希望と家族を与え、

愛と夢に生きる男のストーリー。


誰もやったことがないこと、

見たことも聞いたこともないことをやる。


本物に近づくにつれ、

詐欺師だと言われるようになる。


"This is me"

これでいいんだと。

みんな違って当然だ。


他人と違う自分に誇りを持つ。

自由に自分を表現する。


全てをぶつければ、力強く響き渡る。

張りつめている自分を解放し、さらけ出す。


自分の創造力を信じて、

創造力に命を吹き込む。


といったこと。



これが自分なんだ。

誰にも指図されない。

人の目なんか気にしない。

自分らしさを思う存分発揮するんだ。

自分流を貫き、自分軸で生きる。


それには「勇気」と「覚悟」がいる!

自分に自信を持って。



旅先で見ると一段と心に響く。







かじえいせいオフィシャルサイト http://asaykaji.com/

フェイスブック http://www.facebook.com/dreamincountry
    フォローはお気軽にどうぞ

ツイッター   http://twitter.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ

インスタ   http://instagram.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ







この記事をはてなブックマークに追加

旅先で筆が進むのはなぜ?

2018年04月17日 | 100の力
旅先ではなかなか執筆できないかな?って思っていたが、

反対に筆が進む進む。


いつも、今日は早く寝よう、と思うのだが、

どういう訳か12時過ぎると目も頭も冴えてくる。


そして、いろんなアイデアや言葉がひっきりなしに浮かんでくる。

それらを素早く書き留めないと、忘れてしまいそうで怖い。


環境を変えると脳が覚醒するらしい。



昨日はやっとオフにした。


午前中はいつものように執筆。

午後から、いそいそと街に繰り出す。


行きつけのアオザイ屋に油を売りに行き

昼食を無理やり分けてもらう。




         アオザイ買うなら、ココ


それから、これまた行きつけのマッサージ屋さんへ。

少し値上がりしていた。

だけどここはいつも満足リラックス。

(マッサージ行くなら、ココ)



そして、夕方は早めの夕食。

これまた行きつけのブンチャの店へ。


        ブンチャ食べるなら、ココ


       35000ドン(170円)は安い


         ハノイの大聖堂の隣だからすぐわかるよ

いずれもお勧めの店。


ホテルへの帰りにビールとおつまみを買って早目の帰還。


夜は、DVD(Greatest Showman)を見て過ごす。


そしてまた、

寝る時間になってこうして執筆が始まるのである。





かじえいせいオフィシャルサイト http://asaykaji.com/

フェイスブック http://www.facebook.com/dreamincountry
    フォローはお気軽にどうぞ

ツイッター   http://twitter.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ

インスタ   http://instagram.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ












この記事をはてなブックマークに追加

4月16日(月)のつぶやき

2018年04月17日 | ライフスタイル

この記事をはてなブックマークに追加

アトミメンバー急増

2018年04月16日 | 100の力
昨日だけで7名のメンバーが一気に増えました!


ボクたちが、

ベトナムで活動しているとき、

日本では(熊本では)エステ体験会が開かれ、

多くの方々が出席されました。




そして、

7名の方が即会員になられました。


それだけ、

アトミとは魅力のあるものなのです。


美しく、

健康になり、

且つ収入にもなる。


これだけならどこにでもある話かもしれない。


だけど、

アトミの魅力は


最高級の品質(絶対品質)のものが、

最低の価格(絶対価格)で購入できることと、


それにナント、

入会金無し、

年会費無し、

定期購入なし、

在庫なし、

ノルマなしという

事業参入の容易性にあるのです。


毎月余計なものを強制的に買わされることがないので

まったくストレスや余分な出費がありません。

(今まで買っている日用品、化粧品、食品、衣類、サプリなどなどをアトミで買えばいいだけです)



しかも、

誰でもが高額の収入(月収500万円が上限)が得られる公平な分配システムであり、


海外とも直接つながり、

何百、何千人と無期限で、無制限、無限段階に伸ばしていけるのです。


その結果、年金制所得が本人が死ぬまではもちろん、

三代相続して(孫の代まで)もらえるという夢のようなプランなのです。

(一体だれがこのような天才的システムを考えたのでしょうか)



現在まだ日本には20万人しか会員さんがいません。

だけどもこの勢いなら、

年内に100万人になることは確実と見込まれています。


もちろん海外も含めれば、

現在400万人ですが、

1000万人に達するでしょう。

これは驚異的なことです。


この斬新で画期的なシステムに驚愕せずにはいられない。

必ずやごく近い将来、アトミ旋風が世界を吹き荒れるでしょう。

(いや、もう吹き出しました!)



【追記】

もしまだ登録(無料)していないなら、

なぜ躊躇しますか?

理由を教えてください。




かじえいせいオフィシャルサイト http://asaykaji.com/

フェイスブック http://www.facebook.com/dreamincountry
    フォローはお気軽にどうぞ

ツイッター   http://twitter.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ

インスタ   http://instagram.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ











この記事をはてなブックマークに追加

再びハノイへ

2018年04月16日 | 100の力
4日間のホーチミンでのノルマをこなし、

韓国のリーダーさんたちを空港まで送り届け

ハノイに帰ってきた。



ひとまず任務を完遂して

安堵感に包まれている。


とはいえ、

今日から、セールスマスター昇格への飽くなき挑戦が続く。


これが全うできれば、

月収10万円の目途が付き、

ひとまず成功への第一関門にたどりつく。

わずか4か月でだ。


努力すれば、誰にでも達成できる登竜門である。


それに、

こうして異国の地でもフルに活動できるのが

「アトミグローバルビジネス」の醍醐味なのだ。


楽しみながら、

仲間たちと一緒に仕事をこなす。


何と幸せなことか。


皆さんに感謝です。

本当にありがとう!!




【追記】


この一週間

「アトミグローバルビジネス」のトップの方々と

寝食を一緒にさせていただきました。


      ボクの大好物、バインセオ


朝から晩まで、

その精力的な行動にはとても刺激を受け、

毎日毎日、成功へのノウハウを直接学び、

とてもとても晩強になりました。


この上なく光栄です。



また、

ハノイからわざわざホーチミンまで来ていただき、

同行していただいたHさんにも

その熱意に感銘を受けました。


一丸となって夢に向かって進んでいる姿を見るのは最高の喜びです。


それほどまでにこの「アトミグローバルビジネス」は魅力的なのです。




収入になるだけではなく、

人を助け、助けられ、

自らも人間として成長します。


これはまさしく「社会貢献事業」です。


ボクのやりたかったことと理念が完全に一致しているのです。


使命を持って世界に羽ばたける

「アトミグローバルビジネス」に出会えて最高に幸せです。


感謝の念に絶えません。

ありがとうございます。





かじえいせいオフィシャルサイト http://asaykaji.com/

フェイスブック http://www.facebook.com/dreamincountry
    フォローはお気軽にどうぞ

ツイッター   http://twitter.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ

インスタ   http://instagram.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ



















この記事をはてなブックマークに追加

4月15日(日)のつぶやき

2018年04月16日 | ライフスタイル

この記事をはてなブックマークに追加

アトミベトナム支社訪問

2018年04月15日 | 100の力
今年秋にアトミのベトナム支社がオープンする。

そして、

9月からベトナムにおけるメンバー登録ができるようになる。


それに先駆け、

こうして(韓国人)幹部リーダーさんたちがベトナムまで視察に来ていただいた。




そして、食事の後、



準備中の支社を訪れた。





中には入れなかったが、

スタッフたちが頑張ってオープンまでの準備をしている様子がうかがえた。




実際こうして見て見ると、

おかしな話だが、

本当にベトナムにもアトミが進出するんだという実感がわいてくる。

(やっぱり現場に足を運ばなきゃ)



先日の韓国(アトミ本社)訪問から、

今回のベトナム(支社)訪問が

アトミが真にグローバル企業であり、

世界貢献事業であることをまざまざと実証して見せてくれた。



ホーチミン最後の夜も、

ホテルの部屋で

エステ体験を行った。




彼女らの精力的な行動に敬意を払い、

感謝します。


ありがとうございます!



【追記】


氣になったら行って見る。

会いたい人には会いに行く。

見たいものは現場に行って見る。

やりたいことは果敢に挑戦する。


お金が無い?

時間がない?


そんなことばっかり言い訳にしてるから、

いつまでたっても現状から抜け出せない。


時間はみな平等に持っている、

お金だって何とかなる。


無いのは

時間やお金でなく、

「本気度」と「覚悟」だ。








かじえいせいオフィシャルサイト http://asaykaji.com/

フェイスブック http://www.facebook.com/dreamincountry
    フォローはお気軽にどうぞ

ツイッター   http://twitter.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ

インスタ   http://instagram.com/asaykaji
    フォローはお気軽にどうぞ







この記事をはてなブックマークに追加

4月14日(土)のつぶやき

2018年04月15日 | ライフスタイル

この記事をはてなブックマークに追加

日本語熱

2018年04月14日 | 100の力
ベトナムに来ると驚くことが多々ある。




その一つに、

若者が多いこと。

そして、

日本語を話す人が多いことだ。


これには

若い人たちが日本に行きたい、

日本で働きたいという憧れがあるからだ。


それに合わせて

日本語学校や送り出し機関が増えている。


もちろん、

幸せになっている人も多いが、

それに応じていろんな問題も起きている。


金銭問題、男女問題、家族間トラブル、犯罪などなど。


ただ、

一番大きな問題は、

受け入れる側の日本の事情だろう。


日本は空前の人手不足である。

今や様々な業界で外国人労働者を受け入れている。


これには、単なる人手不足以外の事情が隠されている。

賃金が安いことが大きな理由だ。

そして、それが日本経済に悪影響を及ぼしている。


いわゆるデフレからの脱却の足かせとなっているのだ。


本来、外交人技能実習生とは、

日本で技術を学び、

本国でその技術を生かし、その国の発展に寄与することにある。


ところが、

受け入れる側としては、

安い賃金で、3年間とという縛りの中で労働力を確保できるというご都合主義がまかり通る。


だが、これでは真の経済発展にはつながらない。

裏返せば、

日本経済が低迷し続ける大きな理由である。


なぜなら、

所得が上がらないから、豊かさが実感できないでいるからだ。



送り出す側のお国事情と、

受け入れる側のそれを同時に見ないと根本的課題が薄れる。


日本側のご都合主義に合わせて

ベトナム側のご都合主義が符合してい内はまだいい。


これが崩れると自体は一気に悪化する。


具体的には、

送り出す側の供給過剰が起きる時だ。


受け入れる側は

IoTが進み、人がいらなくなる方向に急速に進んでいる。

AIやロボットがこれにとって代わるのだ。


数百万もの借金を抱え、

3年も5年もの歳月をかけて学んだことも無駄になるかもしれない。


そう考えると、

これから5年、10年先には

日本語熱も冷めるのだろうか。






この記事をはてなブックマークに追加

4月13日(金)のつぶやき

2018年04月14日 | ライフスタイル

この記事をはてなブックマークに追加