まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

クビになるかも・・・

2011-03-30 22:04:12 | Weblog

3ヵ月後に・・・(‐∀‐;)


今回の震災で沿岸地域がやられてしまい、


うちの仕事にも影響が出てるんですよ。


会社には行ってますが未だ仕事が始まってなく、


現在3時で終業となってるんですよね~。


取り敢えず3ヶ月様子をみて、


その時の仕事の入り具合により更新するか決めるらしい。


ぶっちゃけ3ヶ月でどうこうなる問題じゃないと・・・


みんなでもうクビだねって言ってます(笑)


この震災であたしみたいな人が沢山いるんだろうな~。


会社がなくなっちゃってる人もいますしね。


こうなってくると、次の仕事見つけるのが


かなり大変なんじゃないかと思うのですよ。


大丈夫か?


見つかるのか?


今日からあたしのテーマソングは、


嵐の『きっと大丈夫』になりました(笑)


『果てない空』でもいいんだけど、


やっぱ明るい方がいいしね~♪


頑張れ自分!!


こんなことを書いてる時にまたもや余震が・・・


一体いつまで揺れるんだか・・・ε-(-д-)

コメント (10)

やっぱりキング!!

2011-03-29 22:14:45 | サッカー

キングはやっぱりキングだった!!


持ってる男は違うなぁ~。


試合内容はあんまり触れなくてもいい?(笑)


取り敢えず後半の日本代表が不甲斐なかった。


なんだろうね、あれ。


まぁ、この試合はキングが決めてダンス出来るか!?


ってのが焦点だったからね。


これはこれで良かったんじゃないかと。




あっ、遠藤のFKは上手かった!!


何はともあれ、キングバンザイです。


欲を言えばピクシーも試合に参加して欲しかったな~(笑)

コメント (2)

倍かかった・・・

2011-03-28 21:27:53 | Weblog

今日は久々に会社へ行った。


先週は休んでたから。


電車も動いてなかったし。


まぁ、まだ動いてないんですけどね(-_-;)


バスに乗って地下鉄に乗り換えて、


またバスに乗って・・・


電車で行くより倍の時間を要しましたよ。


行くだけで疲れた~(´Д`;)


しかもバスに乗ってる最中に、


なんと驚くなかれ!!


携帯の緊急地震速報がビービー鳴ってさ~(‐∀‐;)


バスごと揺れる揺れる。


震度5弱だって。


そうそう!!


あの速報って、バイブにしてても音出るんだね。


ビックリしちゃったよ。


バスの中そっちこっちでビービー鳴ってさ。


ちょっとおかしかった(笑)


よくよく考えれば緊急なんだから音出ないとダメだよね。


けどあの音って意外と大きくてビックリするんだよぉ~。


しかも音鳴ってる頃にはもう揺れてるから、


意味があるんだかないんだか・・・( ̄▽ ̄;)


それにしても早く電車動かないかなぁ~。


時間とお金がかかり過ぎて・・・


結構困ってます(>ω<。)

コメント (10)

バーテンダー glass7

2011-03-28 19:02:05 | ドラマ

glass7

『最終章!!

さよなら・・・ラパンの日々』





泰三が倒れ、病院に駆けつけた美和と溜。

美和は医師から今度発作が起きたら命の保障はないと言われる。

美和は前に泰三の病気を知って、

泰三の夢であるホテルのチーフバーテンダーを探すことにしたと。



ラパンに早瀬という商社マンが現れる。

すると、先に来ていた客で女医・君島の葉巻が気になった。

吸ってもいないのに火をつけたまま置いてることに腹が立ち、

その葉巻を消して店を出て行ってしまう。

その消された葉巻を悲しそうな顔で見てる君島。



美和は入院している泰三を訪ねる。

そこに加瀬がいて、フランスフェアの打ち合わせをしていた。

そこで美和は当日、葛原が加瀬のサポートをすることを知る。



美和は溜にそのことを話し、

もう一度、ちゃんと加瀬と向き合うべきだと言うが、

溜は自分に何が足りないのか分からないのに

加瀬には会えないと拒む。



溜がバーで仕込みをしているところに早瀬が訪ねて来た。

この前のお詫びに来たと。

溜はカウンターの中に早瀬を誘い入れる。

そしてさり気なく葉巻の理由を話した。

それを聞いた早瀬は葉巻のメーカーを溜に聞く。



別の日、早瀬は葉巻を買って来て溜に託す。

そこへ君島が来店した。

お互い先日の侘びを言い、早瀬が葉巻を渡すが、

1箱も受け取れないと君島が言う。

すると溜がラパンで預かるから、

お互いが店に来た時に吸えばどうかと。



その後、早瀬と君島はラパンを訪れては葉巻を吸い、

徐々に距離が近くなっていった。



三橋は美和に溜をフランスフェアに行くよう説得を頼まれる。

溜にその話を持ちかけた三橋。

しかし溜は中途半端のまま、加瀬には会えないと・・・

そんな溜に中途半端でいいじゃないかと言われ、

フェアに行くか迷い出した溜。



溜は行くことを決意し、三橋に店に来るのが遅くなるかもと伝える。

三橋は行く気になった溜を喜んだ。



ある日、いつものように早瀬と君島が飲んでいると、

君島が2年間北海道の病院に行くことになったと告げる。

だったら最後に食事に行かないかと誘う早瀬。



フランスフェア当日、美和は溜が来たことに喜ぶ。

バーカウンターには加瀬と葛原の姿が。

そこに招かれざる客が来て暴言を吐く様子に、

加瀬が1杯作らせてくれないかと言う。

そして作ったカクテルの意味を語った。

すると他のお客さんたちから拍手が上がり、

いたたまれなくなった男たちは会場から出て行った。

そこへ泰三が現れる。

加瀬が作ったカクテルを飲み、会長として挨拶をする泰三。

拍手が起こり、泰三は会場を後にしようと歩き出したが、

倒れそうになったため溜が駆け寄ろうとするところ、

加瀬が溜を止める。

会長は自分で出て行くと。

ホテルの裏で医者が泰三を待っていた。

そこへ美和と溜も来る。

溜にお酒は美味しかったと加瀬に伝えてくれと頼む泰三。



フェアが終了し、会場を出て帰ろうとする加瀬。

するとロビーで溜が待っていて泰三の伝言を伝えた。

そして自分は本物のバーテンダーには程遠いと、

そして何が足りないのか分からないと伝える。

加瀬は自身のバーテンダーとしての生き方を伝え、

自分が何をするべきか考えなさいと言う。


「自分の才能に頼らず、痛みに耐え、現実に学べ。」


そう言い残し去って行った。



ラパンに戻った溜は三橋に「どうでしたか?」と聞かれると、

「行って良かったです。」と笑顔で返した。

すると、カウンターでひとり葉巻を吸う君島が目に入った。

食事をすっぽかされたと言う君島。

早瀬は急に抜けられない仕事が入り来られなかったらしい。



溜は泰三に会いに行った。

何故そこまでチーフバーテンダーに情熱を注げるのと訊ねた。

泰三は昔、お金がなくてもラパンに通いお酒を飲んだと。

それが美味しくて、これを自分のホテルにもと思い、

バーテンダーに情熱を注ぎ続けてると言う。

溜は自分をバーテンダーに戻してくれたのは泰三と美和だから、

自分も泰三の役に立ちたいと告げる。

泰三は嬉しそうな笑顔を見せる。

溜はチーフバーテンダーに立候補することになった。



早瀬がひとりでラパンに来店していた。

食事の件で大分落ち込んでいるようで、

溜がゲームをしないかと持ちかける。

そして『ダイススタッキング』をやってみせた。

5つのサイコロをカップの中で積み上げると技で、

バーテンダーの手首の動きを鍛える為にやるものだと。

溜がやったものは4つ積み上がっていた。

5つ全て積み上がったら、君島に会いに行くという条件を言う溜。

早瀬はどのくらいの確率なのか聞くと、


「30回に1回です。」と三橋。


そしてゲーム開始。

早瀬は積み上がらなかったら諦めようと考えていた。

それを溜は見透かしたように話を始める。

人は神様のせいにすると、けどそれは違くて、

あと少しの勇気なんだと。

溜がカップを上げようとした時、早瀬が止める。


「あと少しの勇気だったんだな。」


そう溜に言い、店を出て行った早瀬。

三橋がカップを上げると、サイコロは5つ積み上がっていた。


「本当は、何回やっても5つ積み上がるのでしょう?

最初のはワザと積み上げなかった。」


そこへ電話がかかって来て、溜が取ると美和だった。


「おじいちゃんが・・・」





泰三死んじゃったか!?


チーフバーテンダーはどうなっちゃうんだ?


誰に決定権があるんだろう・・・


やっぱ美和かなぁ~。


加瀬じゃ~ちょっとねぇ?


さて、溜はチーフバーテンダーになれるのか否か!!


ならなそう(笑)





glass1 glass2 glass3 glass4 glass5 glass6

コメント (2)

デカワンコ LAST FILE

2011-03-27 18:13:44 | ドラマ

LAST FILE

『愛と絆! 13係ラブ』

温泉に慰安旅行にきた一子と13係の面々。
門馬らと大いに飲み、盛り上がりながら、
一子は仲間の大切さをしみじみ感じていた。
しかし翌日、一子は偶然みんなの会話を耳にしてしまう。
ショックを受けた一子は宿を飛び出す。
道の駅でしょんぼり物思いにふける一子。
そのとき車で入ってきたある男に、一子の目は釘付けになった。
一方、宿では重村らが一子の不在に気づき、周辺を探していた。
桐島は道の駅前の路上に、一子の帽子が落ちているのを発見する。
店員は一子が男と口論した挙句、
その男の車に乗って去っていくのを目撃していた。






最終回なんですけど・・・(‐∀‐;)


なんかちょっと物足りなかった~。


まぁ、これがこのドラマの良さなんでしょうけど。


ガラさんの出所後を考えての


元総監の探偵事務所の件は良かったですよね~。


これでガラさんも希望が持てます。





FILE.1 FILE.2 FILE.3 FILE.4 FILE.5 FILE.6

FILE.7 FILE.8 FILE.9

コメント (2)   トラックバック (1)

バーテンダー glass6

2011-03-26 22:51:14 | ドラマ

glass6

『あの人に勇気をもらった・・・

今こそ最高の一杯を』





溜のかつての師匠である加瀬が、

フランス大使館が主催するパーティーのため、

フレンチシェフの山之内を伴って来日する。



その頃、ラパンにいた美和に電話がかかって来た。


「おじいちゃんが倒れた・・・」



溜と美和は急いで病院に向かった。

病室へ入ると泰三はTVを見て笑っていた。

美和は怒り、溜は安心する。

そこへ加瀬がやって来て、溜は加瀬と再会。

加瀬はホテルカーディナルで行われるフランスフェアの

特別顧問を引き受けていたのだ。

溜は気まずさを感じるものの、加瀬に近況を報告しようとするが、

加瀬に話を遮られてしまう。


「君と私は、もう師匠でも弟子でもないんだから。」



いつも通りラパンで働いていた溜だったが、

杉山が受けた注文を聞いて顔を曇らす。


『ウォッカ・アイスバーグとジン・トニック』



一方、泰三はメインバーのチーフバーテンダーを

早急に決めるよう言われる。

それと、山之内シェフの問題も・・・

山之内はフランス至上主義のゴーリストで、

食材はパリと同じ物を揃えるようにと言われていた。



泰三が困ってるのを見た美和は、

山之内をラパンでもてなし説得するよう頼む。

しかし加瀬も一緒に来ることを見越した溜は断固拒否。



美和は加瀬の取材をしていた。

そこで溜がクビになって苦しんでいると伝える。


「ウォッカ・アイスバーグとジン・トニック。

彼が私の下で最後に作ったカクテルです。」


そう言い微笑む加瀬。



ラパンにバーKから溜に電話がかかって来た。

バーKに行った溜は美和が酔い潰れてるのを見る。


「会長に電話するのはどうかと思ってお前に電話した。

ウォッカ・アイスバーグとジン・トニックを繰り返し飲んでいた。

俺に作り方まで聞いて。

どうせお前のことだろう?」



泰三がラパンに来店した。

山之内の件のことを美和に頼まれたが

溜が断った話をする泰三。

謝る溜だったが、三橋が美和に予約を頂いたと。

すると自分はカウンターに立てないと溜。

そんな溜に泰三は「カウンターに立たないでどうする」と。

挫折を体験したんだから、潮は満ちたんじゃないかと告げる。



暗い顔で歩いてる美和に声をかける溜。

美和は溜に謝り、溜も強く言いすぎたと謝る。

そして溜は山之内の件をなんとかやってみると告げる。



ラパンに美和、泰三、加瀬、山之内が来店。

もうひとりは後から来る泰三。

やって来たのは葛原だった。

泰三が葛原のカクテルも飲みたくて呼んだと。


初めに葛原がカクテルを作り、みんなから高評価を得た。

そして次は溜の番。

溜はまず山之内にだけ出し、その後みんなに出した。

みんななんの酒なのか分からない。

溜がそのボトルを出すと、それは味醂だった。

山之内は怒り、出て行こうとする。

そんな山之内に声をかける溜。


「味噌が入っているのを当てられるなんて凄いです。」


溜は味醂もお酒のうちだと説明。

溜の説明に泰三も加わり話をする。

それを聞いていた山之内は席に戻り、

「面白いバーテンダーもいるもんだ」と残ったお酒を飲む。

そして泰三に、日本の材料で作ることを考えてみると言う。



泰三を見送った溜、美和、加瀬。

加瀬が帰ろうとした時、溜が呼び止め話をする。

そんな溜に加瀬が放った言葉は・・・


「Mr.山之内が認めたとしても、

私はお前を本物のバーテンダーとは認めない。」



次の日、溜の自宅に美和が訪ねて来た。


「私、分かんなくなっちゃった。

誰がチーフバーテンダーになって欲しいのか・・・」



その頃、ホテルで仕事をしていた泰三が倒れてしまう。





溜は元師匠からまた認めないって言われちゃって、


何がなんだか分かんないだろうね~。


これからどうなってしまうんだろうか・・・


溜が加瀬から本物のバーテンダーとして


認められる日は来るのかなぁ。





glass1 glass2 glass3 glass4 glass5

コメント

LADY ~最後の犯罪プロファイル~ Final Episode

2011-03-26 22:00:56 | ドラマ

Final Episode

『終幕・・・もう一人の真犯人』





翔子は舞子の病室へ行くと、

オルゴールが置かれていて中には手紙が。


『私の戦利品をお返しする

辿りついてみろ

私の命は君の手の中にある』


戦利品とは翔子が父に贈った万年筆だった。



翔子は結城に父の事件との関わりを詰め寄る。

他のCPSメンバーも問い詰めた。

結城は10年前の捜査でプロファイリングに行き詰まり、

翔子の父に捜査協力を依頼したと。

そして翔子の父から電話があり、

「犯人はレディーキラーだ」と告げられ電話が切れた。

直後、翔子の父が火事で亡くなった。

結城は犯人に殺されたと考えていたと伝える。



鳴海殺しと10年前の連続殺人の合同捜査本部が立った。

CPSにも捜査協力が来たが、新堀が拒否。

翔子も自分が狙いなら犯人は自分の前に現れるとひとり出て行く。



舞子の病室に入った人物が判明した。

10年前に爆弾魔で捕まり、最近出所した梶浦という男だった。



そんな時、犯人から爆弾予告が送られて来た。


『東京で季節はずれの

花火があがる

見物するがいい』


翔子は梶浦の家に向かう。

そこに柘植も現れ、翔子を止めようとした時、

梶浦の部屋で爆発が起こった。



CPSに戻った翔子は寺田から結城が倒れたと聞く。

結城は重度の心臓病ですぐにでも手術をしなければならないが、

CPSを任されてもらえないと思い手術を受けずにいたと。



翔子は結城の元へ。

父のことを教えなかったのは翔子が犯人を憎み、

プロファイラーでいられなくなると思ったからと。



CPSは再び捜査を進める。

そこに結城も戻って来た。

過去の事件を見直し、1件目と2件目以降のテープの巻き方と、

被害者の状態が違うことに注目。

1件目の事件の犯行がレディーキラーだと。



1件目の事件の被害者を調べると、

その女子高生はイジメに遭っていたことが判明。

しかしその後、転校生が来てターゲットが代わったと。

その転校生の名前は今泉詩織。

舞子の主治医・今泉の娘だった。



その頃、CPSでは寺田と新堀が梶浦の姿が

ある事件の爆弾魔と同じだと。

梶浦はその爆弾魔を意識していた。



爆弾魔の行動パターンから山小屋にいた梶浦を確保。

爆弾のスイッチを持っていたが、

解除するパスワードは知らなかった。



一方、真鍋理事官を調べていた藤堂は、

理事官の息子が今泉の診察を受けていたことが分かり、

柘植にそのことを報告する。

柘植は藤堂にこれ以上深入りするなと言い、

自分ひとりで今泉のところへ向かった。



今泉の病院へ行った柘植は、

パソコンの画面に翔子の写真が映ってるのを見て、

翔子が狙われてると気付き、

その場を出て行こうとしたところ、

今泉と鉢合わせになり刺され倒れてしまう。

そして今泉は翔子を教会へ呼び出す。



教会に来た翔子。

詩織は転校をするたびクラスに馴染めずイジメに遭っていた。

そして親友にも裏切られ、その親友を殺してしまい、

自らも教会で命を絶った。

今泉は娘の復讐を継いでいた。

翔子は詩織は復讐を望んではいないはずだと。

親友を白いテープでグルグル巻きにしたのは、

繭玉をイメージしたからだと言う。

生まれ変わって欲しいとの思いが込められていた。

翔子は以前、詩織から繭玉のことを聞いていた。

今泉はただ娘の復讐がしたかっただけだと。

その娘を思う気持ちを汲み取れず、

復讐に走っていた今泉の気持ちを翔子の父に否定され、

翔子の父をも殺したと。

今泉は翔子に自分を殺して欲しかった。



爆弾が爆発する時間が迫って来てる中、

結城が教会に到着し、教会から翔子を連れて出る。

翔子はあのメッセージを思い出し、ふと気付く。

万年筆を取り出し、中を見てみるとそこには数字のプレートが。

爆弾を解除するパスワードだった。

翔子は復讐したい気持ちと葛藤する。



爆弾は解除され、今泉が連れ出される。


「何故殺さなかった。」


「人は、人を殺しても幸せにはなれません。

私も、先生を殺したからといって、きっと幸せにはなれない。

そう思います。」



その後、柘植は現場復帰を果たし、

結城も手術が成功してCPSに戻って来た。

そしてCPSに協力要請が入る。





ん~・・・最後までなんか微妙なドラマだったなぁ。


今泉が犯人なのは明らかだったから驚きもなく・・・


まぁ、詩織が最初の事件の犯人なのは驚いたけど、


それだけだったね。


翔子のキャラがやっぱ好きではなかったので、


入り込んで見れなかったのが痛い。


柘植さんに若干萌えてたので、


柘植さんが見たくて見続けた感があるかな。


イマイチなドラマでした。





Episode1 Episode2 Episode3 Episode4 Episode5 Episode6

Episode7 Episode8 Episode9

コメント

美しい隣人 最終回

2011-03-25 20:48:09 | ドラマ

最終回

『勝つ女』





絵里子は雅彦の事務所を訪ねる。

沙希の居場所を聞くが、雅彦にも分からなかった。

絵里子は沙希が何故自分に攻撃的なのか分からないと・・・

雅彦はそれも分からないと。



雅彦と沙希は仕事で出会い、その時雅彦は結婚していた。

しかし別居中だったと言う。

雅彦は沙希の魅力に惹かれ、その後離婚し沙希と結婚。

子供・隼人も産まれた。

沙希の気性が激しいことは結婚してから分かったと。

スイッチが入るとその怒りが暴力へ変わる。

沙希は繊細でほんの些細なことでも傷付きやすいんだと雅彦。

絵里子は沙希を傷付けた覚えは全くないと言う。

雅彦は隼人が死んで、駿が助かったことが原因ではないかと。



絵里子は探偵に事務所に沙希の居場所を捜すように頼む。



慎二にも沙希を捜してることを伝える。

なんの為に捜すんだと、もう忘れようと言われるが、

絵里子は決着をつけなければ幸せにはなれないと。


「こんなに他人を憎んだことはない!!」


絵里子の怒りは収まらず、興奮して倒れてしまう。

ストレスが溜まり入院することになった絵里子。



絵里子の入院中、駿のお迎えは理生がやってくれることに。

翌日、真由美に連絡すると、駿と理生はまだ帰ってないと。

イヤな予感がした絵里子は病院を抜け出した。

駿は理生と自転車に乗る練習をしていたのを見て

ホッとした絵里子。

しかしその先には笑顔の沙希が・・・

絵里子に気付いた沙希はその場から走り去る。

そんな沙希を必死で追いかける絵里子。

けど沙希はタクシーに乗ってしまい、それ以上追いかけられなかった。


絵里子は理生を平手打ち。


「信じてたのに。」



理生は沙希のことが好きらしい。

けど何も求めないと。



無理矢理退院する絵里子。

ホタルの会のメンバーから、

沙希が展示場で働いてる情報を得て、

バッグの中にナイフを入れその場へ向かう絵里子。



漸く沙希と対面出来た絵里子は、

沙希と沙希マイヤーが住んでた家で待ち合わせの約束をする。



深夜12時になり、こっそり家を抜け出した絵里子は、

沙希マイヤーの家へ。

どうして自分に攻撃するのか理由が分からないから、

教えて欲しいと絵里子。


「言わない。教えてあげない。

一生考えたらいいんだ。

何故だろう・・・何故あんな目にって。」


「一生あなたに付き合う?

冗談じゃない!!

今夜中に決着をつけるのよ。」


そう言いバッグからナイフを取り出す絵里子。


「私はあなたを殺してもいいのよね?」


「殺せるかな~、あなたに。」


「私、あなたがいる限り幸せになれないのよ。」


「私もよ。」


「駿を諦めて!!」


「いいえ。」


「私の子よ!」


「あなただけの子供じゃない。

隼人が死んだ時に駿が助かった。

だから駿は特別な子供なの。

分かる? 隼人が駿を助けたの。」


「あなたは・・・あなた自身の子供を持てばいいのよ。」


「無神経ね~。 ほんっとにあなたって無神経!!

幸せな人って無神経なのかもしれないわね。」


「あんまり不幸ぶらないで欲しいわ。」


「あ、言ったね。 初めて本音言ったんじゃない?

自分の本性が分かったでしょ。」


絵里子は持っていたナイフを捨てた。


「あなたと同じところまで落ちたくない!

あなたが愛してるのは自分自身よ!!」


沙希は動揺する。

絵里子が捨てたナイフを拾った沙希は窓際へ。


「変ね・・・あなたが今不幸だったら、

私は今、幸せなはずなのに・・・

おかしいな・・・何で幸せになれないんだろう・・・」


ナイフを首に当てる沙希。


「あの時のホタル、綺麗だったね。」


そう言い、ナイフを当てたまま窓から落ちていった沙希。



その後、矢野家はどこか別の場所へ引っ越し。

絵里子の顔には笑顔が戻っていた。



探偵に沙希を調べてもらっていた絵里子は

その結果に驚きを隠せなかった。

沙希の経歴は自分とそっくりだった。



家に封筒が届いた。

中を開けるとそこにはDVDが入っていた。

絵里子がそのDVDを見てみると、

そこには駿が行方不明になった時のニュース映像が・・・

そして駿が助かった知らせを聞いた絵里子の一言。


「良かった・・・」





やっぱり「良かった」の一言が原因だったか。


それにしてもなんかしっくりこない終わりだったわ~。


マイヤー沙希は死んだの?


最後呟いてたのってなんて言ってたんだろう?


そしてマイヤーって何?


理生ももっと何かあると思ってたんだけど、


ただ沙希のことが好きってだけだったし・・・


楽しませてもらったけどモヤモヤする終わりだった(-_-;)





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話

コメント (2)

SPスペシャル“SP・革命前日”

2011-03-22 21:14:39 | ドラマ

Pre Episode Ⅵ

『映画革命篇の2ケ月前~

前日までを描いた新作ドラマ登場!

警護課メンバーの野望と

決意の裏に隠された真実が明らかになる!』

日々過酷な任務をこなす警視庁警備部警護課第四係の
井上、笹本、山本、石田は、束の間の休日を過ごしていた。
しかし同じ頃、尾形たちは着々と来るべき“計画”の準備を進めていく。
そして尾形の身辺調査を続ける公安・田中は、
衝撃の事実に遂にたどり着こうとしていた・・・
井上たちはまだ知らない。
24時間後に、前代未聞の事態が日本を揺るがそうとしていることを・・・






すみませんが感想のみで。


井上と笹本のやり取りが良かったですね。


あの空気感?好きです。


尾形は誰かの戸籍を乗っ取ったんですかね?


伊達との関係も気になります。


尾形が最後に宛てた井上への手紙も気になります。


このモヤモヤをスッキリさせるべく映画を観に行きたいですが、


実は映画『野望編』観てないまま終わってしまって、


『革命編』も観に行けない状況です。


早くDVDになることを願うだけ。





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 最終話

スペシャルアンコール特別編

コメント (2)

デカワンコ FILE.9

2011-03-22 20:52:33 | ドラマ

FILE.9

『警察犬が喋った!?』

洋品店を営む男が河川敷で刺殺された。
現場に残された足跡から
犯人の匂いを追った一子とミハイルは、
それぞれ別の場所に辿り着く。
一子の鼻を信頼する小松原は
一子が嗅ぎ当てた男・樋口啓一を犯人だと断定し、
暴れる樋口を公務執行妨害で逮捕する。
ミハイルはそれ以来出動拒否をするようになり、
食事も取らなくなってしまった。
その様子を見た田村は、ミハイルの引退を考え始める。
だが取調べをする重村は、樋口は犯人ではないと感じる。
そして翌日、樋口のアリバイが確認される。
落ち込む一子は五十嵐を訪ね、叱咤される。
目を覚ます一子だが、そんななか新たな容疑者が現れる・・・






やっと見れたよ。


今回はミハイルの回でした。


ワンコは確かに調子に乗ってた。


ニオイで逮捕って刑事ではないよね~(o¬ω¬o)


次回は最終回。


どんな終わりになるのかな~。




FILE.1 FILE.2 FILE.3 FILE.4 FILE.5 FILE.6

FILE.7 FILE.8

コメント