まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

奈落の偶像 警視庁殺人分析班 / 麻見和史

2019-09-16 20:29:30 | 小説・その他本


   

日本最大の繁華街・銀座で死体遺棄事件が発生!
遺体はショーウインドーに吊るされ、現場には、
黒いアルミホイルと蓄光テープという不可解な手掛かりが遺されていた。
臨場した如月塔子と十一係は捜査を開始するが…。






シリーズ第9弾。


被害者たちは自業自得。殺されても文句は言えない立場でしょ。


被害者面すんな!!イライラするわ。


展開は良くも悪くもいつも通り。


そろそろこのパターンに飽きてきた。


グダグダになる前にシリーズを終わらせてもいいんじゃないだろうか?

コメント

脳科学捜査官 真田夏希 クライシス・レッド / 鳴神響一

2019-09-11 20:46:38 | 小説・その他本


   

神奈川県警の心理職特別捜査官の真田夏希は、
警察官僚の織田信和とのドライブで湘南にやってきた。
だが二人きりの甘いムードを吹き飛ばすかのように、
織田が発したのは、極秘任務への推薦だった――。
厚生労働省の若手官僚が三浦市の海岸で銃殺された事件の極秘捜査のため、
夏希は、根岸分室への出向を命じられたのだ。
だが、分室にいたのは、警察組織からはみだした一匹狼の上杉警視だった……。






シリーズ第4弾。


今回の夏希は極秘任務で分室へ。


初めは上杉に邪魔者扱いされたけど徐々にいいコンビになっていった。


事件は解決したけどモヤモヤが残る。


楽しみだったアリシアの登場が少なかったのが残念。


癒しなのにな~。


次回はアリシアの活躍が読めるといいな。

コメント

影の斜塔 警視庁文書捜査官 / 麻見和史

2019-09-06 21:49:40 | 小説・その他本


   

ある殺人事件に関わる男の行方と所有する文書を入手せよ――。
文書解読班の班長、鳴海理沙の元へ、機密命令が下された。
手掛かりは1件の目撃情報のみ。
班解散の危機と聞き、理沙は全力で事件解明に挑む!






シリーズ5作品目。


文書解読班を目の敵にする女管理官からの密命。


少ない情報で人捜せとかちょっと無理ある設定だと思いながらも、


気になるからそりゃ読むよ(笑)


けど派閥とか出てくると萎えるわ~( ̄д ̄;)


そんなの被害者には関係ないからね!


そして読んでる側にとってはイライラする。


犯人は意外なところから出てきたから意表をつかれたけどね。


ところで財津係長は何者なんだ?


そこが1番気になった。

コメント

灰の轍 警視庁文書捜査官 / 麻見和史

2019-09-04 21:05:12 | 小説・その他本


   

遺体の傍に、連続殺人計画のメモが見つかった!
さらに、遺留品の中から、謎の暗号が発見され――。
連続殺人を食い止めるため、
捜査一課文書解読班を率いる鳴海理沙が、メモと暗号の謎に挑む!






シリーズ4作品目。


文書捜査班にIT担当の谷崎が臨時加入。


若干鼻についたけど夏目にガツンとやられた?ようで、


その後、夏目にビクつくのがウケた。


今回の事件はそれほど文書解読って感じではなかったな~。


もう少し謎みたいなのがほしかった。


それより新たな敵、女管理官がイヤな感じだわ。


今後どう絡んでくるのか・・・

コメント

かくりよの宿飯十 あやかしお宿に帰りましょう / 友麻碧

2019-08-30 20:40:10 | 小説・その他本


   

ついに始まる八葉夜行会。
大旦那の真実と自分の気持ちに向き合った葵は、
彼を救う協力者を得るため妖都を奔走する。
そして葵は、かつて彼女の料理を否定した大湖串製菓の八葉・ザクロの助力を得ようと、
お菓子作り勝負に挑む!






シリーズ第10弾で完結。


表紙が物語っているね。


大団円で終わってホント良かったよ。


雷獣も隠世から消えたことだしハッピーしかないね(笑)


後日談読みたいから番外編出してくれるといいな~。


それよりこの濃かった日々がまさか1年しか経っていないとは驚きだった。

コメント

かくりよの宿飯九 あやかしお宿のお弁当をあなたに / 友麻碧

2019-08-28 20:49:21 | 小説・その他本


   

黄金童子に導かれ、辿り着いた北西・文門の地で、葵はついに大旦那と再会を果たす。
大旦那が姿を隠した理由、祖父・史郎との関係、
そして、かつて自分を空腹から救ったあやかしの真意を知りたい葵に、
大旦那はある提案をする。






シリーズ第9弾。


やっと大旦那様出てきた~。


元気そうで良かったよ。


今まで謎だった大旦那様や史郎のことが判明。


呪いの原因が・・・何と言っていいのやら・・・


そのせいで家族が死んでしまったなんてやるせない。


それにしても大旦那様が役人に連れて行かれちゃってどうなるんだ?


葵たちはどうやって大旦那様を助けるのかな~。

コメント

幽落町おばけ駄菓子屋異話 夢四夜 / 蒼月海里

2019-08-26 20:48:41 | 小説・その他本


   

「幽落町」シリーズの人気キャラクター猫目ジローの、
水脈との出会いから新しい家族になっていくまでを描くほか、
気になる「幽落町」のあの人たちのその後の物語など全4編を収録。






番外編の短編集。


ジローと水脈の出会いや、都築と忍の旅、


そして新シリーズの舞台である華舞鬼町に水脈ご一行が出向く話など面白く読めた。


でも華舞鬼町に出向いたのに彼方に再会しないままだったのが残念。


新シリーズは読んでないけど今回登場した円がちょっとイヤな感じ。


あっちではどんな風なのか気にはなるけど・・・


今回イヤな印象を持っただけに手を出すのが悩ましい。

コメント

幽落町おばけ駄菓子屋 春風吹く水無月堂 / 蒼月海里

2019-08-22 21:03:05 | 小説・その他本


   

観覧車があった古い写真。
迷子になった少年が持っていた、
一葉の写真には亡き曽祖父の思いが遺されていた(おもかげをさがして)。
鷽替え神事で賑わう亀戸界隈に現れたのは、
もう廃止された都電のアヤカシだった(うそにしたいこと)。
いつものようにアヤカシたちの憂さを受けてはらす水脈さん。
しかし、印旛沼から龍王の使者が現れ、
故郷で犯した水脈の罪が許され連れて戻るよう言われて来たという。
それを聞いて慌てる彼方たち。水脈さんが幽落町からいなくなってしまう?
大人気シリーズ、ついに最終巻!






シリーズ第9弾で最終巻。


水脈にお迎えが来て幽落町からいなくなるのかと心配したよ。


けどそうじゃなかったから良かった。


水脈がいなくなるかも?の寂しいというみんなの感情から、


町に亀裂が出来てしまいどうなるかと思ったけど、


まさか新しい町を作ることになるとはね~。


次のシリーズはその町=華舞鬼町が舞台なのかな?


そこに幽落町の住人は出てきたりするんだろうか。


最後の最後に彼方の成長を感じた(笑)

コメント

幽落町おばけ駄菓子屋 星月夜の彼岸花 / 蒼月海里

2019-08-20 20:47:59 | 小説・その他本


   

大学生になって二回目の夏休みを持て余していた御城彼方(みじょうかなた)は、
水脈(みお)や真夜(まや)と一緒に湘南の海に出かける。
しかし、水脈の目的は忍に会う事であった。
江の島で忍や共にいた朱詩と合流した水脈たちは、
江の島の岩屋祀られる五頭龍を訪ねる船の中で「海坊主」の噂を耳にする。
実際、岩屋に祀られた五頭龍も連続する水難事故を憂いており、
一行は何とかしてほしいと頼まれる。
彼方の将来に対する不安や希望、忍と意外な友情で結ばれている都築とその生い立ち等、
主要キャラクターたちの変化がみられる、大人気シリーズ第8巻!






シリーズ第8弾。


都築家の呪いがやっと解決し、弟も元に戻ったことで一安心。


都築はこれから忍と行動を共にすることに。


弟と一緒にいれないのは残念だけど仕方がないよね。


あとは彼方が今後どうするのかを決めなければ。


このシリーズもそろそろ終わりかな?

コメント

バチカン奇跡調査官 アダムの誘惑 / 藤木稟

2019-08-16 22:07:31 | 小説・その他本


   

奇跡調査官の平賀とロベルトは、FBI捜査官ビルから結婚式の司祭を頼まれる。
相手は任務のため偽装婚約中の工作員エリザベート。
驚きつつも2人はアメリカへ向かうことに。

一方ビルとエリザベートは世界的大スター、ゾーイと、
エキゾチックな若き牧師アダムと偶然知り合う。

翌日ゾーイの別荘を訪ねたビル達が見たものは、巨大水槽の中で揺蕩うゾーイの遺体!
さらにビルの身にも思わぬ危険が迫っていて……。

世界的歌姫の死と、“静かな溺死者達”の謎。
その背後にある陰謀を、天才神父コンビは解き明かせるのか。人気シリーズ本編15弾!






シリーズ19作品目で第15弾。


今回は奇跡調査ではなく、事件に巻き込まれるパターンだった。


正直、結局アダムは何だったんだろう?って感じ。


読んでいて寧ろこれはあいつではないのか?と思ってただけに余計そう思った。


そのあいつはやはりオチに出てきた。


やっぱりヤバイことしてるようだ。


いつ決着つくんだろう。


それにしても人間が入るくらいの巨大ウツボカズラがあるとは・・・


見てみたいな~。

コメント