まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

まんまこと~麻之助裁定帳~ 第九回

2015-09-30 21:31:32 | 福士誠治 【まんまこと~麻之助裁定帳~】


第九回  『鬼神のお告げ』

高橋家の手代・巳之助(えなりかずき)が、
富くじで一等賞の600両を当てる。
庚申の夜に眠ると、体からはい出して
天帝にその人の悪行を告げるという三尸(さんし)の虫を捕まえて、
当たり札の番号を聞き出したのだという。
巳之助のお告げを聞きたいという人々が高橋家に押しかける。
やがて麻之助(福士誠治)は巳之助から重大な告白を聞く。
お告げの中に、富くじの興行に関った者の中の誰かが死ぬ、
というものがあったというのだ...。





えっ!? ∑(゜Д゜;)


なんという驚きの展開。


ぶっちゃけ巳之助の富くじ話なんかどうでもいい。


まさかお寿ずが死ぬなんて・・・


しかも赤ちゃんまで・・・


麻之助のダメージは計りしれないな。


最終回を目前にしてこんなことになるとは!!





第一回 第二回 第三回 第四回 第五回 第六回

第七回 第八回

コメント

まんまこと~麻之助裁定帳~ 第八回

2015-09-30 21:22:31 | 福士誠治 【まんまこと~麻之助裁定帳~】


第八回  『おさかなばなし』

本所の置いてけ堀に河童が出るという噂がたち、
清十郎(桐山漣)が堀に落ちる。
麻之助(福士誠治)と吉五郎(趙和)は八木家に見舞いに行き、
堀に落ちた理由を聞くが、
清十郎は「自分で足を滑らせただけだ」と多くを語らない。
不審に思った二人が置いてけ堀を訪ねる。
麻之助がふざけて河童に呼びかけていると、
不意に男(津田寛治)が現れ、
河童の話を教えてくれと麻之助に詰め寄る。
麻之助は思わず後ずさり、堀に落ちてしまう...。





なんとも切ない話だった・・・


見つかってないから余計引きずっちゃうんだろうな~。


あのお父さん、乗り越えてくれるといいんだけど。


で、河童は結局いなかった。


まぁ、そうだろうけど。


しんみりした話だったのに予告の斉藤洋介(笑)


内容吹っ飛んだわ!!





第一回 第二回 第三回 第四回 第五回 第六回

第七回

コメント

雨ときどき、編集者 / 近江泉美

2015-09-29 21:38:05 | 小説・その他本


   

出版不況にあえぐ大手出版社『仙葉書房』。
そこに勤める中堅文芸編集者・真壁のもとに、
一通の手紙が舞い込んだ。
それは、新人時代からいがみ合いながら
共に成長してきた担当作家・樫木重昂からの『遅れてきた遺言』。
「俺の本を親父に届けてくれ」。
樫木の父親は生粋のドイツ人。
彼の作品を翻訳する必要があった。
真壁は『遺言』を胸に、
超マイナー言語である日本語で書かれた『名作』を、
世界に羽ばたかせる決意をする。
出版業界と翻訳業界の狭間で
東奔西走する文芸編集者の苦悩、その行く末は…!?





う~ん・・・イマイチ(-_-;)


正直、モヤモヤしたまま終わった。


出版業界の大変さや日本語を翻訳する難しさは


興味深く読めた。


真壁とクラウスのやり取りもそれなりに面白かった。


けど、結局その本はどうなったのか、


そもそも樫木は何故死んだのか分からないまま・・・


モヤモヤする・・・


コメント

嘘解きレトリック 5巻

2015-09-29 21:22:11 | マンガ


   

人の嘘がわかる力ゆえに、
故郷を出てきた鹿乃子のもとに母が訪ねてきて…?
切なく泣ける探偵活劇、第5巻!





鹿乃子、母親と会えて良かったね~。


鹿乃子と母親の動きがそっくりで笑えた。


ほっこりしながら読んでたのに何やら不穏な気配が・・・


ニセ徳田史郎は一体何者なんだ!?


イヤな予感しかしない(-_-;)


紅子さん、今後も出て来るといいなぁ~。

コメント

レアル無敗継続もドロー

2015-09-28 22:23:27 | レアル・マドリード【リーガ】

■ リーガエスパニョーラ 第6節 ■

レアル・マドリード(1位/勝ち点13)
              マラガ(19位/勝ち点2)

ホーム、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで対戦。


 ハメス・ロドリゲス、ベイル、セルヒオ・ラモス、

  ダニーロ、ペペ
  負傷中。



【出場選手】

GK : ケイラー・ナバス

DF : ナチョ、バラン、マルセロ、カルバハル

MF : クロース、モドリッチ、ヘセ・ロドリゲス(60分、マテオ)、

    イスコ、クリスティアーノ・ロナウド

FW : ベンゼマ



【控え選手】

キコ・カシージャ(GK)、アルベロア、マテオ、カゼミロ、

ルーカス・バスケス、マルコス、デニス



【結果】

レアル・マドリード 0-0 マラガ




【順位表】 上位5チームまで

1 ビジャレアル               勝ち点 16

2 バルセロナ                勝ち点 15

3 レアル・マドリード            勝ち点 14

4 セルタ・デ・ビーゴ            勝ち点 14

5 アトレティコ・マドリード          勝ち点 12





【次節・第7節】

9/23    アトレティコ・マドリード(5位/勝ち点12)

アウェイ、エスタディオ・ビセンテ・カルデロンで対戦。





う~ん・・・決定力が・・・


そして怪我人が・・・


怪我人増えないように祈ってたのにヘセまで怪我しちゃったよ。


現在6人。


頼むよ・・・ホント・・・


みんな早く治れ~(*-人-)~~~~~☆念力☆

コメント

椿町ロンリープラネット 1巻

2015-09-27 21:58:49 | マンガ


   

大野ふみ、高校2年生。
父親の借金返済のため住み込み家政婦をすることに。
家主は…目つきも態度も悪い小説家・木曳野暁。
新しい町での同居生活一体どうなるの──!?





私的には結構好き。


ふみ、若いのに苦労して大変だ・・・


奉公先(笑)の先生もキャラもなかなかです。


2人の今後が気になる。


その2人の今後に波風立てそうな転校生が・・・


子供の頃にふみに負けたのを未だに根に持ってるって(‐∀‐;)


「今日から子分な」って、お前どこの小学生だよ!!


で、それに素直に従ってるふみもふみのような?


全く従う必要ないと思うんだけどね。


まぁ、暫く見守ります。

コメント

最後の晩ごはん 刑事さんとハンバーグ / 椹野道流

2015-09-27 21:45:53 | 小説・その他本


   

兵庫県芦屋市。警察署と教会の間にある小さな店、
それが夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」。
元イケメン俳優の五十嵐海里は、
料理人見習いとしてここに居場所を見つけた。
不仲だった兄・一憲との関係も修復中のある日、
突然一憲が店を訪れる。
しかし海里は、一憲の親友だという刑事・涼彦を見て絶句する。
なんと涼彦には、「マフラーの幽霊」が巻き付いていた。
謎のマフラーの理由とは?
泣いて笑って心が軽くなる、お料理青春小説。





晩ごはんシリーズ第4弾。


今回は新キャラ・刑事の話がメイン。


一憲の親友で訳ありな涼彦。


刑事になった理由が切ない。


けど海里たちと関わったことで


背負っていた重荷が少しでも軽くなったんじゃないかと思う。


結構好きなキャラだったからこれからも登場してくれるといいな~。


そして相変わらず夏神の作った料理が美味しそうで


読んでいてお腹が空く・・・

コメント

レイカ3 警視庁刑事部捜査零課 / 樹のえる

2015-09-26 22:04:31 | 小説・その他本


   

かつて連続殺人犯に姉を無残に殺され、
その犯人を長年追いかけ続けている女性刑事、音無レイカ。
ある日、殺された女子大生の首が、
殺人犯以外の手によって持ち去られるという事件が起こった。
姉が巻き込まれた「首狩り事件」の犯人と、
つながりがあるのでは…と、レイカは疑いはじめる—。
アウトロー集団である零課の個性的な刑事たちとともに、
レイカは意外な真相へと突き進んでいく。
待望のシリーズ完結篇!





シリーズ完結。


遂に姉の事件が解決。


なんというか、犯人の動機がしょうもない理由で拍子抜け。


なんだそれ!!って声に出しちゃったよ(‐∀‐;)


事件としてもう少し猟奇的な感じを期待してたんですけどね・・・


ま、ラストはレイカが前を向いて進んでいく感じで良かった。


シリーズ通して物足りない部分もあるけど、


面白く読めたかなと思う。

コメント

福さま雑誌は歌舞伎祭り

2015-09-25 22:27:39 | 福士誠治 【雑誌など】


嵐のコンサートから早1週間。


未だ余韻が残っております(笑)


嵐パワー恐るべし。


そこへ福さまパワーも注入したい!!


福さま雑誌発売。



■ 2015年9月28日発売予定
  「STAGE navi」 05号
  スペシャル対談『スーパー歌舞伎II ワンピース!』
  市川猿之助さんとの対談。


■ 2015年10月2日発売予定
  「シアターガイド」 11月号
  坂東巳之助さん中村隼人さんとの鼎談。



すっかり歌舞伎役者(笑)


そういえばこの前、猿之助さんが「ウチくる!?」のゲストの時、


福さまが登場したわね~。


偶々見てて「あっ!!」ってなった。


この時も歌舞伎役者の面々と福さまが。


まぁ、宣伝のためだろうけどね。


お稽古も始まってるしね。


頑張れ、相模屋!! (*・Д・)ノ

コメント

レイカ2 警視庁刑事部捜査零課 / 樹のえる

2015-09-25 21:56:12 | 小説・その他本


   

アウトローの刑事ばかりが集められた部署、警視庁刑事部捜査零課。
盆栽に話しかけてばかりいいる“昼行灯”羽佐間警部、
スマホゲームに熱中する“美人すぎる女刑事”春日警部補、
配属されたばかりの“死体アレルギー”宝福巡査。
そして死体の顔をコピーできる特殊能力をもつ女刑事、音無巡査。
幼い頃、姉を連続殺人犯に殺された、音無レイカ。
彼女の目の前で、犯行手口がそっくりな事件が発生する。
憎むべき姉の仇が再び動き出したのだろうか—?





シリーズ第2弾。


首狩り事件の謎が解けるのかと思いきや、


別の事件で結局謎のまま・・・


コスプレ事件は面白く読めた。


ただどの全体的にどの事件もモヤッとしたまま終わるんだよな~。


この消化不良の気持ち・・・


どうしたらいいのか分からずモヤモヤ停滞中。


雑誌記者にイライラムカムカ。


イヤな連中だ(ー'`ー;)

コメント