まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

3月のライオン 10巻

2014-11-30 21:54:46 | マンガ


   

零と同じ高校に進学し、充実した日々を送るひなた。
3年になり、やり直した高校生活を自分なりに振り返る零。
2人のもとに思わぬ人物が現れて…。
珠玉の第10巻!!





なんなんだ、あのクソ親父は!!


いや、クズ? ゲス?


兎に角、言葉に表せないくらいの怒りが込み上げる!!


空気読めなくて突然だったけど負けるな零ちゃん!!


まさか確定申告まで出すとはね(笑)


美咲さんの知り合いに弁護士いないのかなぁ?


あんな常識も日本語も通じないやつ相手にするなら、


弁護士出しちゃおうよ~。


ムカつきながら読んでた中で和んだシーンがひとつ。


お菓子をボロボロこぼしながら食べる宗谷名人が可愛かった。


野口先輩がチラッと登場したのも嬉しかったな。


もっと登場して欲しい!!

コメント

珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは / 岡崎琢磨

2014-11-29 22:21:09 | 小説・その他本


   

実力派バリスタが集結する関西バリスタ大会に出場した
珈琲店“タレーラン”の切間美星は、
競技中に起きた異物混入事件に巻き込まれる。
出場者同士が疑心暗鬼に陥る中、
付き添いのアオヤマと犯人を突き止めるべく奔走するが、
第二、第三の事件が…。
バリスタのプライドをかけた闘いの裏で
隠された過去が明らかになっていく。
珈琲は人の心を惑わすのか、癒やすのか—。
美星の名推理が光る!





シリーズ第3弾。


今巻は全2作よりも何故かすんなり読めた(笑)


長編だったからかな?


どうなんだろう?と思うところも多々あったけど、


まぁ・・・面白かったかな。


大会出場者の足の引っ張り合いが醜かった(‐∀‐;)


アオヤマが相変わらず謎。


お前は一体何を隠してるんだ!!


はよ明かせ。

コメント

ビブリア古書堂の事件手帖5~栞子さんと繋がりの時~ / 三上延

2014-11-28 22:33:32 | 小説・その他本


   

静かにあたためてきた想い。
無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。
物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。
必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。
ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。
いわくつきのそれらに秘められていたのは、
過去と今、人と人、思わぬ繋がり。
脆いようで強固な人の想いに触れ、
二人の気持ちは次第に近づいているように見えた。
だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。
この邂逅は必然か? 彼女は母を待っていたのか? 
すべての答えが出る時が迫っていた。





ビブリアシリーズ第5弾。


昔ブラックジャックの文庫買って読んだけど、


知らないことだらけだった(笑)


色んなバージョンがあるだなんて・・・


全部読んでみたいなぁ~。


栞子さんと大輔の関係が動いた。


自分も母親と同じようになるのでは?と


不安な栞子さんに言った大輔の言葉が良かった。


「俺も一緒に行けばいいじゃないですか」


この2人には幸せになってもらいたい。


なのに何やら不穏な空気が漂う。


栞子さんの天敵現る!?


一体どうなってしまうのか・・・

コメント

LOVE SO LIFE 15巻

2014-11-28 21:38:18 | マンガ


   

ホワイトデーが近づくある日。
松永さんは1人、詩春のお母さんのお墓にお参り…。
そして迎えるホワイトデーだけど!?
そんなとき、ある男性が松永家の前に…。
松永さんに似ているその人は…!?
ドキドキ展開いっぱいの15巻!





表紙見て遂にラブラブか!?と思ったのに!!


松永さん・・・そうきたか・・・(-_-;)


松永さんらしいけど出来ればくっついてもらいたかったなぁ。


詩春にはあまり長い間、松永さんを待ち状態にせず、


早く気持ちを伝えてあげて欲しい。


今すぐにでも!!(笑)


そんな中、松永兄現る!!


未だ心の整理がついてないようだけど・・・


どんな展開になるのか気になる~。

コメント

レアル5連勝CL1位通過確定

2014-11-27 22:24:23 | レアル・マドリード【CL・国王杯他】

■ CLグループステージ
       グループB 第5
節 ■

バーゼル(2位/勝ち点6)
               レアル・マドリード(1位/勝ち点12)

アウェイ、ザンクト・ヤコブ・シュタディオンで対戦。


 モドリッチ、ケディラ、ペペ、ヘセ  負傷中。



【出場選手】

GK : ケイラー・ナバス

DF : セルヒオ・ラモス、バラン、コエントラン、アルベロア

MF : クロース、イスコ(93分、ナチョ)、

    ハメス・ロドリゲス(88分、マルセロ)

FW : ベンゼマ(71分、イジャラメンディ)、

    クリスティアーノ・ロナウド、ベイル



【控え選手】

カシージャス(GK)、マルセロ、ナチョ、イジャラメンディ、

メドラン、ルーカス、ハビエル・エルナンデス



【結果】

バーゼル 0-1 レアル・マドリード



【得点】

0-1  35分  クリスティアーノ・ロナウド

ベンゼマのパスをロナウドがシュート。



【グループB 順位表】

1 レアル・マドリード(スペイン)             勝ち点 15

2 FCバーゼル(スイス)                  勝ち点 6

3 リヴァプール(イングランド)               勝ち点 4

4 PFCルドゴレッツ・ラズグラド(ブルガリア)      勝ち点 4



【次節 第6節】 

12/9   PFCルドゴレッツ・ラズグラド(4位/勝ち点4)

ホーム、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで対戦。





5連勝~ヽ(´▽`)/


&クラブタイ記録の公式戦15連勝!!


ロナウドはまた得点決めるしなんなんだい。


けど・・・正直ベイルからのパスも決めて欲しかったかな(‐∀‐;)


まぁ、勝てば良し!!


記録はいつまで伸びるかな?

コメント

鬼灯の冷徹 十六

2014-11-26 22:09:17 | マンガ


   

初江庁は鬼灯あこがれの動物王国!
ゲートボールに行くお爺さんかと見まがうぐらい、
白澤の現世ファッションがダサすぎる!
「初江王とゆかいな仲間たち」と言いたくなるぐらい、
初江庁の獄卒に動物が多すぎる!
改めて聞いてもやっぱり芥子の過去は凄まじすぎる!
相も変わらず座敷童子は無表情すぎる!
いろいろすぎてる十六巻!
十六巻限定版は単行本にプラスして、
これまで限定版でグッズ化されなかった
主人公・鬼灯のグッズが登場!






鬼灯様に釣られて限定版を買ってしまった。


クオリティ高っ!!∑(゜Д゜;)


座敷童子が相変わらず可愛くて面白い。


無表情のスタンディングオベーション(笑)


ラストのコマのハニカミが最高です!!


それにしても白澤の現世服って・・・(‐∀‐;)

コメント

よろず占い処 陰陽屋猫たたり / 天野頌子

2014-11-25 22:36:01 | 小説・その他本


   

傷心の妖狐高校生。
沢崎瞬太の夏休みは今年も補習とともに始まった。
まったくやる気の出ないなか、
陰陽屋に持ち込まれたのはアラフォー女子の恋愛相談。
冷たい対応の店主安部祥明に対して、
やけに相談者に感情移入する瞬太だがその理由は…?
また、行方をくらましていたバーテンダー葛城が帰ってきた。
頼まれていた人捜しにも進展があり、
化けギツネの仲間にぐっと近づいた瞬太たちなのだった。
すっかりおなじみになった珍妙コンビの人気シリーズ第七弾!





陰陽屋シリーズ第7弾。


初っ端から瞬太がフラれ、おまけにまた留年の危機。


踏んだり蹴ったりの瞬太だったけど、


祥明からのスパルタ教育と


ハワイへの修学旅行で三井さんの水着姿を見るぞ!を目標に


なんとかまた留年を免れることが出来た。


瞬太の願い(笑)が叶うのは次巻なのかしら?


化け狐の方も徐々に明らかになってきた。


瞬太の出生の謎も解明されるのか気になるところ。


タイトルの猫たたりは何故?って思いながら読んでたらラストに判明。


正直このタイトルじゃなくても・・・(‐∀‐;)

コメント

レアル勝利で公式戦14連勝

2014-11-24 22:07:38 | レアル・マドリード【リーガ】

■ リーガエスパニョーラ 第12節 ■

エイバル(10位/勝ち点13)
              レアル・マドリード(1位/勝ち点27)

アウェイ、ムニシパル・デ・イプルアで対戦。


 ヘセ、モドリッチ、イジャラメンディ  負傷中。



【出場選手】

GK : カシージャス

DF : セルヒオ・ラモス(73分、バラン)、ペペ、マルセロ、カルバハル

MF : クロース、ハメス・ロドリゲス(78分、コエントラン)、イスコ

FW : ベンゼマ、ベイル、クリスティアーノ・ロナウド(83分、アルベロア)



【控え選手】

ケイラー・ナバス(GK)、アルベロア、バラン、コエントラン、

ナチョ、ケディラ、ハビエル・エルナンデス



【結果】

エイバル 0-4 レアル・マドリード



【得点】

0-1  23分  ハメス・ロドリゲス

ロナウドからの浮き球のパスをハメスがヘディングシュート。


0-2  43分  クリスティアーノ・ロナウド

カルバハルの折り返しをロナウドがシュート。


0-3  69分  ベンゼマ

ハメスからのパスをベンゼマがシュート。


0-4  82分  クリスティアーノ・ロナウド(PK)



【順位表】 上位5位まで

1 レアル・マドリード                    勝ち点 30

2 バルセロナ                        勝ち点 28

3 アトレティコ・マドリード                  勝ち点 26

4 バレンシア                        勝ち点 24

5 セビージャ                         勝ち点 23



【得点ランキング】 上位4位まで

1 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)        20

2 ネイマール(バルセロナ)                     11

3 リオネル・メッシ(バルセロナ)                  10

4 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)               7

4 ホアキン・ラリベイ(セルタ)                    7

4 カルロス・バッカ(セビージャ)                   7



【次節 第13節】 

11/29   マラガ(6位/勝ち点21)

アウェイ、エスタディオ・ラ・ロサレダで対戦。





ロナウドがリーグ史上最速となる12試合で20得点に到達!!


毎試合言うが凄すぎる。


一体何点まで行くのやら・・・


チームも連勝中で首位キープ。


ずっとこのまま行って欲しい(笑)

コメント

昨夜のカレー、明日のパン 第7回(最終回)

2014-11-23 22:10:07 | 福士誠治 【昨夜のカレー、明日のパン】


第7回(最終回)  『ご飯と銀杏』

突然、ギフ(鹿賀丈史)が手紙を残して長い旅に出てしまい、
心配するテツコ(仲里依紗)。
それが富士子(毬谷友子)との温泉旅行だとわかり、
テツコはギフの恋を邪魔しているのではないかと不安になる。
その頃、ギフは岩井さん(溝端淳平)のアパートを訪ねていた。
富士子に騙されて北欧家具を大量に買わされてしまったギフは、
その処理に困り、岩井のもとへ家具と一緒に転がり込んだのだ。
テツコは朝子(片桐はいり)から電話で、
富士子についての悪評を聞かされる。
また、朝子がテツコの上司(マキタスポーツ)と
付き合っていると聞き、驚く。

そんな時、寺山家にギフが岩井を連れて帰ってくる。
テツコはここに至るいきさつを尋ねるが、何となくはぐらかされてしまう。
タカラ(ミムラ)は母・みゆき(筒井真理子)から、
サカイ(福士誠治)が医師に戻るらしいと聞かされる。
サカイに確かめると、総菜屋・パワースポットを
タカラだけに任せるわけにはいかないと言うので、
タカラは自分ひとりで店は頑張るので、
「昔のサカイ君がみたい」と言う。

家具にアパートを占領されていた岩井は、
ギフに頼まれるまましばらく寺山家で暮らすことにした。
ある時、ギダリエ(小野ゆり子)が結婚すると知った岩井は、
嫁入り道具として家具を売りつけることに成功。
一方、ギフは立ち食いソバ屋で偶然、富士子と再会。
逃げようとする富士子を引き留め、ギフは自分から別れを切り出した。
ある晩、酔った岩井は一樹(星野源)そっくりの
路上コトバ師(星野源・二役)と会う。
酔い潰れた岩井を介抱するために来たテツコも、
あまりにコトバ師が一樹に似ているので言葉を失う。
そんなテツコは思わず、
コトバ師に「幸せになって、いいかな」と尋ねてしまう。

するとコトバ師は「誰よりも幸せになって、よし」と答えるのだった。
数日後、寺山家ではテツコとギフと岩井が、夕食を共にしていた。
庭ではイチョウの木が金色に染まっていた。
三人はその木を眩しく見上げながら、
ギフは縁側で銀杏の実を割っていた。





ムムムさんは母親から


サカイ君が医者に戻るらしいと聞かされ動揺。


サカイ君に聞きたいが聞けないでいた。


が、遂に切り出したムムムさん。


「サカイ君?」


「ん?」


「医者に戻らないのかって言われてるんでしょ?」


「ああ、あれねぇ。 俺、断るつもりだから。」


「まだ断ってないってことは迷ってるの?

あたし、ここ、ひとりでやるから、戻れば?」


「無理だろ。 作ってんの俺だよ?」


「休業する。 で、調理師免許を取って、勉強する。」


「出来るのかよ。」


「出来る。

あたしがCAで、サカイ君が後輩だったら、こう言うよ。

フォローするばかりがその人のためになると思ったら大間違い。

最後まで1人でやらせなさい。

それを、遠くから辛抱強く見守るのが、あなたの仕事です。

・・・・・サカイ君?」


「いや・・・だって・・・その言い方、昔のお前じゃん。」


「えっ?」


「なんだよ。 泣かせるなよな。」


「そっか。 サカイ君、昔のあたしが見たかったのか。

あたしも見たい。 昔のサカイ君。」



サカイ君は医者に戻り、


パワースポットはムムムさんの両親もお手伝いして開店中。





感想書くの遅くなっちゃったよ。


まさかサカイ君が医者に戻るとは思わなかったなぁ・・・


最終回は色んなことに決着ついた感じね。


テツコは岩井さんとの結婚を決断したし、


ギフは目狐の詐欺に遭ったけどまぁ、最後は丸く収まった?し。


ってか、テツコと岩井さんはギフの家で暮らす訳じゃない・・・よね?


なんかそこのところが気になっちゃって(‐∀‐;)


全7回、あっという間だったよ。


福さまのサカイ君もそれなりに登場してくれたしね。


もう見れなくなっちゃうのは残念だけど、


次の作品を楽しみに待ちましょう。





第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

コメント

オーダーは探偵に 謎解き満ちるティーパーティー / 近江泉美

2014-11-22 22:27:33 | 小説・その他本


   

どんな謎も解き明かすドSな王子様探偵・上倉悠貴から、
突然の呼び出しを受けた小野寺美久。
彼女が駆けつけた場所は、悠貴が通う高校の正門前だった。
羞恥心を覚えながらも、
文化祭の準備で忙しい学園に高校生として侵入する美久。
悠貴からの命令は、美久が『エメラルドの探偵』として
校内の事件を解くことで…!
生徒会に送られてきた匿名の脅迫状、目的不明の器物破損、
そして文化祭の一般客を巻き込む大事件…
危険な謎解きに、高校生探偵・美久が挑む!





シリーズ第4弾。


今巻は丸々1冊学園ミステリー。


悠貴が通う高校へ美久が高校生になりすまし、


表向き探偵として活躍?


今巻の美久はイライラせずに読めたのが良かった!!


白山羊は思ってた通りの人物だったから驚きもなく・・・


校内だったからか悠貴の毒舌が少なくて物足りない(笑)


何気に須藤くんが気になった。


ラストに聖登場!!


どうなる次巻!?

コメント