まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

レアル快勝!6連勝!!

2015-04-30 21:44:42 | レアル・マドリード【リーガ】

■ リーガエスパニョーラ 第34節 ■

レアル・マドリード(2位/勝ち点79)
              アルメリア(17位/勝ち点31)

ホーム、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで対戦。


 モドリッチ、ベイル、ベンゼマ  負傷中。



【出場選手】

GK : ケイラー・ナバス

DF : ペペ、バラン(86分、ナチョ)、コエントラン、アルベロア

MF : イジャラメンディ(65分、ルーカス・シウヴァ)、クロース、

    ヘセ・ロドリゲス、ハメス・ロドリゲス(65分、イスコ)

FW : ハビエル・エルナンデス(74分、ペペ)、

    クリスティアーノ・ロナウド、



【控え選手】

カシージャス(GK)、ナチョ、マルセロ、ルーカス・シウヴァ、

イスコ、マルティン・ウーデゴール、ボルハ・マヨラル



【結果】

レアル・マドリード 3-0 アルメリア



【得点】

1-0  44分  ハメス・ロドリゲス

DFがカットしたこぼれ球に反応したハメスがボレーシュート。


2-0  49分  OG  


3-0  83分  アルベロア

イスコからのパスをチチャリートが折り返しアルベロアが押し込む。



【順位表】 上位5位まで

1 バルセロナ                        勝ち点 84

2 レアル・マドリード                    勝ち点 82

3 アトレティコ・マドリード                  勝ち点 75

4 セビージャ                         勝ち点 69

5 バレンシア                        勝ち点 68



【得点ランキング】 上位5位まで

1 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)        39

2 リオネル・メッシ(バルセロナ)                  38

3 アントワン・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)      22

4 ネイマール(バルセロナ)                     20

5 カルロス・バッカ(セビージャ)                  19



【次節 第35節】 

5/2   セビージャ(4位/勝ち点69)

アウェイ、ラモン・サンチェス・ピジュアンで対戦。





ハメスのボレーが素晴らしかった!!


これでレアルは6連勝。


残り4試合。


取り敢えず4試合全て勝たなければ。


まだ諦めない!!

コメント

ふくろう荘 空きあります 1巻

2015-04-29 22:12:34 | マンガ


   

声優大好き・二次元大好き・友達ゼロの声フェチ女子、岡田時生。
将来を心配した祖父により、古アパート「ふくろう荘」で
一人暮らしを始めさせられることに。
だが、そこに住んでいたのは、
憧れているアニメキャラと同じ声を持った猫山虎達で…!?
トキメキいっぱい!
一つ屋根の下ストーリー第1巻!!





面白かった!!


『幸福喫茶』が好きだったから作者買い。


まぁ、前作のは読んでなかったんですけどね(‐∀‐;)


声フェチなので親近感が(笑)


時生の幼少期エピソードが悲しすぎる・・・


けど預けられた祖父の元で


腐らず(病んでるけど)明るく暮らしてるので良かった。


これからどんな展開になっていくのか楽しみ♪


時生と猫山の会話をクラスメイトが勘違いしてるのが笑えた。


この2人の行く末も気になるね。

コメント

鴨川貴族邸宅の茶飯事4 初恋の君へ告ぐ、変わらない二人の想い / 範乃秋晴

2015-04-28 21:28:31 | 小説・その他本


   

宝石箱の奥にそっとしまいこまれたような美しい想い。
衣麻お嬢様のかの少年への思い出は、
その心を永遠に縛り付けるものでした。
そして今、信じられぬことが起こります。
突如現れた思い出の君との再会。
それによりお嬢様の心は乱れます。
待ちに待った運命の相手なのに、と。
その傍らには、手の焼ける見習い執事がいました。
運命を信じるのか、今ある現実に一歩を踏み出すのか。
どうやら、執事とお嬢様の恋の狂想曲にも
終止符が打たれる時がきたようです。





シリーズ第4弾。


これで完結だと思わなかった。


えっ、だから?って感じ。


物足りないというか中途半端というか・・・


これまでのことは衣麻と拳正のための


壮大な前振りだったような気がする(‐∀‐;)


しかも特に思い入れもなかった2人だから、


今まで一体なんだったんだろう・・・と。


正直シリーズの途中で読むのやめようと思ってたくらいだから、


まぁ、今回完結してくれて良かったかな。


このシリーズは売りに出します(笑)

コメント

レアル勝利!チチャ2ゴール!!

2015-04-27 21:26:14 | レアル・マドリード【リーガ】

■ リーガエスパニョーラ 第33節 ■

セルタ(9位/勝ち点42)
              レアル・マドリード(2位/勝ち点75)

アウェイ、エスタディオ・バライドスで対戦。


 モドリッチ、ベイル、ベンゼマ  負傷中。



【出場選手】

GK : カシージャス

DF : セルヒオ・ラモス、バラン、マルセロ、カルバハル

MF : イジャラメンディ、イスコ(82分、ヘセ・ロドリゲス)、

    クロース、ハメス・ロドリゲス(85分、アルベロア)

FW : ハビエル・エルナンデス(74分、ペペ)、

    クリスティアーノ・ロナウド、



【控え選手】

ケイラー・ナバス(GK)、ナチョ、コエントラン、アルベロア、

ペペ、ルーカス・シウヴァ、ヘセ・ロドリゲス



【結果】

セルタ 2-4 レアル・マドリード



【得点】

1-0  9分  マヌエル・ノリート


1-1  16分  クロース

ロナウドのグラウンダーのクロスのこぼれ球をクロースがシュート。


1-2  24分  ハビエル・エルナンデス

ハメスからのパスをチチャリートが流し込む。


2-2  28分  サンティアゴ・ミナ


2-3  43分  ハメス・ロドリゲス

ロナウドからのパスを受けたハメスがドリブルで持ち込みシュート。


2-4  69分  ハビエル・エルナンデス

セルヒオ・ラモスからのパスをチチャリートがトラップからシュート。



【順位表】 上位5位まで

1 バルセロナ                        勝ち点 81

2 レアル・マドリード                    勝ち点 79

3 アトレティコ・マドリード                  勝ち点 72

4 セビージャ                         勝ち点 66

5 バレンシア                        勝ち点 65



【得点ランキング】 上位5位まで

1 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)        39

2 リオネル・メッシ(バルセロナ)                  36

3 アントワン・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)      22

4 ネイマール(バルセロナ)                     19

5 カルロス・バッカ(セビージャ)                  17



【次節 第34節】 

4/26   アルメリア(17位/勝ち点31)

ホーム、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで対戦。





チチャーーー!! ヽ(´▽`)/


またもやチャンスをモノにしたな~。


ベンゼマの居ぬ間(笑)にアピール!!


残留になってくれれば嬉しいけどこればっかり分からんよね・・・


とにかく残り試合頑張るのみ。

コメント

オーダーは探偵に 季節限定、秘密ほのめくビターな謎解き / 近江泉美

2015-04-26 22:06:03 | 小説・その他本


   

喫茶店『エメラルド』のオーナー兼ドS高校生探偵・上倉悠貴と、
助手兼アルバイトの女子大生・小野寺美久。
二人は悠貴の高校で起こった難事件を無事解決し、
エメラルドに戻ったのだが、そこで彼らを待っていたのは、
悠貴のライバル・花見堂聖だった。
突然現れた聖に激昂する悠貴。
美久はそれを見て、悠貴と聖の深い溝を再確認する。
もう絶対に、聖を悠貴に近づけてはいけない。
—と思っていたのに!?
翌日、なぜか美久と聖は『エメラルドの探偵』コンビとして
謎解きに挑むことに…!?





シリーズ第5弾。


聖が出て来たせいで(笑)悠貴の出番が少なかった・・・


結局、聖が何者なのか、


悠貴とはどういう因縁があるのかは分からぬまま。


早く教えてくれ!!


『ハニートースト』が1番良かった。


真紘さん視点の話、なかなか新鮮で面白かった。


ハニートースト食べたくなっちゃったなぁ・・・

コメント

逃げるは恥だが役に立つ 第5巻

2015-04-25 21:24:44 | マンガ


   

母親のケガで急遽実家に帰っていたみくりが久しぶりに帰宅する。
内心大喜びの津崎さんだが、素直に嬉しさを表せない。
そして迎えた月2回の「ハグの日」。
やっぱり自分からは言い出してくれない津崎さんだが…!?
契約結婚を描いて話題の本作も、ついに5巻!





関係が進んだかのように見せかけて、


やっぱり思い留まるみたいな感じがもどかしい。


どっちでもいいからさっさと告れ!!と思ってしまうが、


恋愛偏差値低いもの同士だとなかなかそうはいかないんだな~。


特に平匡さんが・・・(-_-;)


みくりのインタビューシーンが1番笑えた。


百合ちゃんの今後の展開も気になるなぁ。


沼田さんは独自路線を爆走中(笑)

コメント

アルジャーノンに花束を 第3話

2015-04-25 21:07:10 | ドラマ


第3話

『超知能への手術! 世界一好きな人の為』

咲人(山下智久)の適正テストが始まったが芳しい結果が得られず、
蜂須賀(石丸幹二)ら研究員は表情を曇らせる。
しかし遥香(栗山千明)は、咲人のテストに対する熱意や向上心には
特筆すべきものがあると主張。
一方、咲人が知能向上の手術を受けると聞いた
柳川(窪田正孝)と檜山(工藤阿須加)は、
母親に金で売られて騙されているんだと、
心配し手術を受けることを反対。
しかし、手術を受けるのは咲人自身の願いだと知る。
ある日咲人を気に入った梨央(谷村美月)は、
舞(大政絢)が反対するのを聞かず
咲人と柳川、檜山を自分の別荘へ誘う。

果たして、咲人にアプローチする梨央の真意は?
そこには、梨央が抱える大きな秘密が背景にあった・・・





何故か咲人を気に入っていた梨央にも秘密が!!


ってか、ホント咲人は利用されてるだけだな。


研究のスポンサーになってたのが梨央の父親で、


父親は娘のためにその研究にお金を出してたとはね。


しかも金にモノを言わせて人体実験を急がせるだなんて(-_-;)


なんか見ててブルーになるわ・・・


そんな中、檜山の優しさに救われる。


彼はいい人だ。


今のところはと言った方がいいのか、


それともホントはこれから何かあるのか・・・


出来ればいい人のままでいて欲しい。





第1話 第2話

コメント

図書館の主 10巻

2015-04-24 22:03:02 | マンガ


   

「タチアオイ児童図書館」の名物司書・御子柴から出た
「友達」という言葉。
驚く面々に彼が語るのは!?
宮本とその悪友たち、御子柴の学生時代の友、
女子高の先輩後輩・・・
様々な関係が綴られる第10巻。





御子柴の学生時代のエピソード面白かった!!


ご隠居と仙人って笑える。


仙人は今何処で何をしているんだろうか・・・


御子柴の前にひょっこり現れたら面白いのになぁ。


と、淡い期待を抱きながら今後の展開を見守りたいと思う。


トム・ソーヤって赤毛のアンと同じで


アニメは見たことあるけど読んだことはないんだよな~。

コメント

レアル、ダービー制しCL準決勝へ!!

2015-04-23 21:18:48 | レアル・マドリード【CL・国王杯他】

■ CL決勝トーナメント 
            準々決勝
第2戦■

レアル・マドリード(スペイン) 
                   アトレティコ・マドリード(スペイン)

ホーム、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで対戦。


 モドリッチ、ベイル、ベンゼマ  負傷中。

 マルセロ  出場停止。



【出場選手】

GK : カシージャス

DF : コエントラン(91分、アルベロア)、バラン、

    ペペ、カルバハル

MF : セルヒオ・ラモス、クロース、ハメス・ロドリゲス、

    イスコ(93分、イジャラメンディ)

FW : クリスティアーノ・ロナウド、

    ハビエル・エルナンデス(92分、ヘセ・ロドリゲス)



【控え選手】

ケイラー・ナバス(GK)、アルベロア、ナチョ、ケディラ、

ルーカス・シウヴァ、イジャラメンディ、ヘセ・ロドリゲス



【結果】

レアル・マドリード (1)1-0(0) アトレティコ・マドリード



【得点】

1-0  88分  ハビエル・エルナンデス

ロナウドからのパスをチチャリートがシュート。



【準決勝】

組み合わせ抽選会はスイスのニヨンで日本時間24日午後7時から。

準決勝は来月5日、6日に第1戦が行われ、

第2戦は同12日、13日に行われる。

今季の決勝戦はベルリンのオリンピアシュタディオンで6月6日に開催。





チチャーーーーーッ!! (*・∀・)ノ


良かったね、チチャ。


なかなかアトレティコに勝てなかったレアル。


久々にダービーを制しCLベスト4へ。


ホント良かった。

コメント

長閑の庭 2巻

2015-04-22 22:02:35 | マンガ


   

ドイツ文学教授・榊(64歳)への好意は“嗜好”なのか“恋”なのか…
恋の定義に苦悶し、嫉妬心に戸惑う大学院生・元子(23歳)。
そんな折に現れた榊の元妻・朝霧、
元子に何かと絡んでくる助手の田中、
田中に想いを寄せる元子の友人・樹里…
各々の想いは交錯し——!?





登場人物みんな一方通行の恋心のようだけど、


教授の気持ちが微妙なところ。


教授が線引きなんかせずに踏み込めば


この関係?は解決しそうな気も・・・するような?


個人的には田中のシュバルツさんへのエピソードが良かった。


今後の展開が気になるね~。


コメント