まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

結婚しない 第8話

2012-11-30 23:30:48 | ドラマ

第8話

『キスの夜・・・恋と人生の大逆転!!』





本社からやって来た社員の高原の担当になった千春。

高原から企画の話を持ち出され、

仕事で必要とされたことを喜ぶ。


そんな様子を見ていた真里子は、

千春に高原を譲ると言う。

けど千春は乗り気じゃない。

夢の寿退社までもうすぐだと真里子。



一方、春子は樋口に会い、

もう部長と一緒に夢を見ることは出来ないと誘いを断る。



純平は瑞希と一緒にパリへ行くことを了承。



結婚か仕事かどちらか選ばなきゃいけないのかと千春。

選ばなきゃならない時があると春子。

樋口からの誘いを断ったと千春に告げた。


「どんな選択でも、自分が悩んだ末に選んだことなら、

たとえどんな結果が出ても後悔することはないよ。」


春子のことをかっこいいと言う千春。



春子をかっこいいと言うのは麻衣もだった。

夢を持ちたいと言う麻衣に、

久し振りにその言葉を聞いたと春子。


「大人の夢ってなんだろうね?」


純平はやりたいことを見つけたと言う。

絵が描けたら、パリに行こうと思ってると。



仕事に前向きになった千春は、

30代女性のための旅行プランの企画を考える。

高原とは話も合うし、旅行好きという点も合うよう。



出来上がった企画書を高原に見せる千春。

高原は上へ出してみると。

やりがいを感じた千春は、今は恋はいいと・・・



教授は春子を誘うつもりで店へやって来たが、

またしても麻衣の邪魔が入り、

それだけではなく本社の部長まで現れた。

春子に話があったようで・・・


「デザイン部に戻るつもりはないか?」


今の仕事にもそれなりに

やりがいを感じていた春子は即答出来ず・・・



考えた企画が通り喜んだ千春だったが、

高原のサブは社員がすることに。



帰り道、公園で絵を描いていた純平を見かけ、

声をかけずに通り過ぎようとしたが純平に見つかる。

純平は一歩踏み出そうとしていた。



けど千春も前向きになったのに、やっぱり難しい。


「ちゃんと選べてないのは私だけです。

結婚も仕事も選べるようなちゃんとしたもの何もなくて。」


自分の人生をちゃんと選べるようになりたいと・・・

春子は純平のことはいいのか?と。

わざと考えないようにしてるんじゃないかと。

いいという千春。


「ホントにそれでいいの?」


純平は希望みたいなものだと千春。

自分には叶えられないものを叶えてくれる存在だから、

このまま進んで欲しいと言う。



教授が春子の店へやって来た。

春子に渡したいものがあると。

それは教授の実家の庭の図面だった。

本社の人との話を聞いてしまったことを告げる。


「あなたが選びたいのは、

どこで働くかという場所ではなく、

そこで何をするかなのではないかと。」


そして、この家の庭をデザインして欲しいと言う。

春子はデザイン部に戻るかまだ分からないと言うと、

会社の仕事としてでも、

個人の仕事として受けてもらってもいいと。

教授は待つと言う。

肩書きに拘らない仕事があってもいいのではないか。


「庭を運んでくれる人。」


教授が花を持って行くと母親がそう言うのだと。


「母にとっては1本の花でも庭なんです。」



翌日、また絵を描いている純平を目撃した千春。

絵は描けてないと純平。


「何を描いたらいいか迷ってばかりで。」


「私も迷ってばっかり。」


実は社員じゃないから企画から外されたと言う千春。

純平もこんなんじゃパリに行けないと落ち込む。

そんな純平を励ます千春。

純平はそこから抜け出すチケットを持っていると。



家に戻り、ネットで花言葉を調べる千春。

春子に野ばらの花はあるか聞くが、

季節じゃないから花は置いてないらしい。


「花じゃないとダメなの?」



翌日、春子は純平に花束をプレゼント。

それは野ばらの実の花束だった。

千春からだと春子。

花束にカードが入っていて、それを見た純平は笑顔に。



千春も一歩踏み出す決意をする。

結婚も諦めないし、仕事も頑張ると春子に宣言。

両立すると言う千春に出来るのか?と春子。



純平は絵を描き始めた。


春子も図面を元にガーデンデザインを考える。



千春は高原に願い出る。

今までなんとなく仕事をしていた。

でもそれではダメだと気づいたと。


「きちんと誇りが持てる仕事がしたいって。

企画の仕事をもう一度やらせて下さい。」



春子は本社の部長に会いに行く。

ガーデンデザインの仕事は天職だと思うと。

けど、本社への復帰は断ると言った。

自分の居場所はもうここじゃない気がすると。

樋口はその答えを悟っていたよう。

その時はデザイン賞のトロフィーを渡して欲しいと、

部長に頼んでいた。

部長からトロフィーを渡された春子は涙ぐむ。



純平の絵が出来上がった。

千春のカードには野ばらの花言葉が。


『痛みから立ち上がる』


自分も野ばらの花が見たかったと書いていた千春。

千春のために、野ばらの花の絵を描いていた純平。

最初のファンになると言った千春に見せようと、

千春にもらった花束と絵を持って千春を訪ねようとする純平。


そこへタクシーが通り、千春が降りてきた。

遅くなったため高原にタクシーで送ってもらっていた千春。

千春を見て声をかけようとした純平。

しかし、高原も降りてきて千春と話をする。

別れの挨拶をして行こうとした千春に

突然キスをした高原。

それを目撃した純平は固まる。





相手の気持ちも考えないで


突然キスするってどうなの~? (o¬ω¬o)


よっぽど自分に自身あるんだな・・・


純平はそれを目撃しちゃって、


ホントは瑞希じゃなく


千春に気持ちが傾いてたって気づくのかな?


どっちにしても気になるわね~。


気になるといえばやはり教授だよね。


春子とうまくいってくれればいいけど。





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

コメント

鬼灯の冷徹 七

2012-11-29 22:25:16 | マンガ

   

主役のドSっぷりについてはもはやここでは申しますまい。
桃太郎のお供の中で一番地味な雉のルリオ。
二巻以来の登場となる「四谷怪談」の提灯於岩(ちょうちんおいわ)。
なにげに登場回数の多いデザイナーのカマーさん。
六巻の最後にチラッと出てきた記録課の葉鶏頭(はげいとう)さん。
などなど脇の脇までしっかりと輝きを放つ第七巻!





猫好好が怖すぎる・・・(‐∀‐;)


自立歩行?の金魚草に衝撃!!


そしてハゲイさんまで再登場。


脇キャラ満載の巻で楽しかったわ~。


鬼灯節も相変わらずいい感じ♪


確かにラピュタパンは反則だ!!(笑)

コメント

姉の結婚 四

2012-11-28 21:44:18 | マンガ

   

愛だけでつながっていていいのか?
既婚の精神科医・真木誠との不倫関係を続ける、
アラフォーの図書館司書・岩谷ヨリ。
心休まらぬ不安な日々に終止符を打ち、
恩師の紹介で知り合った男・川原の
プロポーズを受けたヨリだったが、
その結婚話にも暗雲が・・・。
愛と結婚で揺れ動く不器用系恋愛クロニカル、急展開!?





真木に別れを告げて川原と結婚する気だったのに、


川原との結婚がダメになってしまったよ!!


ヨリにとっては辛すぎる展開だ。


そんな辛すぎる展開だったのに、


その合間に急に出て来た


真木につきまとう女子大生の存在にイラッとした。


あれいる?


正直いらなかった。


ヨリが幸せになれる日はくるのか・・・


やはり真木が救い上げるのかなぁ?


次巻が気になる!!

コメント

ゴーイング マイ ホーム 第7話

2012-11-28 20:52:15 | ドラマ

第7話

『あなたには“故郷”がありますか?』

沙江は娘の萌江にせがまれ、
亡くなったクラスメートが好きだったという
ハンバーグの作り方を教えることに。
萌江の話を聞くうちに、
沙江は萌江の不思議な行動を理解するようになる。
一方、クーナ探しのイベントに取り組む真田と記者の畠中は、
良多が東京へ戻って以降、ちょっとしたことで口論をしていた。
それを見た菜穂は、人間関係を潤滑にしていた
良多の存在を少し見直す。
栄輔の退院祝いの日、敏子は張り切って良多の好物を作る。
多希子たちも集まり、良多たちは
久しぶりに家族でだんらんの時を過ごす。
そんな中、良多は栄輔の古いノートから見つけた
売り地の写真を栄輔に見せる。





クーナが作った木彫りはちょっと興味あるわ~(笑)


ミニ木彫りだよね。


栄輔はやはり退院しちゃったよ。


油断は禁物だったのにね~。


今はどんな状態なのかしら?


言ってないけど最期は自宅でって感じなの?


それより次回、菜穂の旦那さんが出るようで、


それが加瀬さんってところにテンション上がります(笑)


楽しみだわ~♪





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

コメント (2)

初雪

2012-11-27 23:14:54 | Weblog

毎日毎日寒いよね~(-_-;)


ここのところ喉痛が続くわ・・・


仙台では初雪が観測されたらしい。


雪降ってるのは見てないけど。


観測ってだけで積雪ではない。


そろそろ車のタイヤ交換しなきゃヤバイかな?


ペーパーのあたしは運転しないけどね(笑)


雪ヤダなぁ・・・


今年はいっぱい降るのかな?


けど今は雪の心配よりもこの喉痛だな。


加湿器つけよう。

コメント

コミンカビヨリ 1巻

2012-11-26 21:50:48 | マンガ

   

飢え死にしないために、
古民家を購入したアラサー独身イラストレーターの萌。
古民家オタク一級建築士の池内くんの出現で、
萌の日常が激変!
瀬戸内を舞台に繰り広げられる、
ラブとサバイバルの行方は……?





萌の気持ち分かるわ~(笑)


老後心配だよね・・・(‐∀‐;)


イケメン建築士の古民家オタク池内くんが


萌の前に現れて、


今後どうなって行くのか楽しみだわ。

コメント

レアル痛い敗戦・・・

2012-11-26 18:37:51 | レアル・マドリード【リーガ】

■ リーガエスパニョーラ 第13節 ■

ベティス(6位/勝ち点19)
              レアル・マドリード(3位/勝ち点26)

アウェイ、エスタディオ・マヌエル・ルイス・デ・オペラで対戦。



【出場選手】

GK : カシージャス

DF : セルヒオ・ラモス、アルベロア、ペペ、コエントラン

MF : シャビ・アロンソ、エジル(46分、カカ)、

    ケディラ(46分、モドリッチ)

FW : クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、

    ディ・マリア(63分、カジェホン)



【控え選手】

アダン(GK)、アルビオル、バラン、モドリッチ、カカ、

カジェホン、モラタ



【結果】

ベティス 1-0 レアル・マドリード



【得点】

1-0  17分  ベニャト

ベニャトがミドルシュート。



【順位表】 上位5位まで

1 バルセロナ                勝ち点 37

2 アトレティコ・マドリード            勝ち点 34

3 レアル・マドリード             勝ち点 26

4 マラガ                   勝ち点 22

5 ベティス                   勝ち点 22



【得点ランキング】 上位5位まで

1 リオネル・メッシ(バルセロナ)                 19

2 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)       12

3 ラダメル・ファルカオ(アトレティコ・マドリード)       11

4 アドゥリス(ビルバオ)                     8

5 ゴンサロ・イグアイン(レアル・マドリード)          7



【次節・第14節】

12/1   アトレティコ・マドリード(2位/勝ち点34)

ホーム、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで対戦。





ゴールが遠かった・・・(-_-;)


流れ? リズム?


なんと言うか、色んなことが悪かったような?


今一度立ち直せ!!

コメント

リアル 12巻

2012-11-25 22:25:05 | マンガ

   

車イスバスケのキャンプにエントリーした
タイガースの清春とリョウ。
そこには、二人にとって様々な試練が待ち構えていた。
一方、初めてバスケ用の車イスに乗った久信は、
ある目標ができて…?





戸川、高橋、リョウは一歩前進!!


戸川の「変わりたい」という気持ちは大事だと思う。


きっと更に成長するはず。


高橋家族も良かった!!


お母さんの金髪にはビックリだったけど(笑)


問題は野宮か?


15キロ増って・・・


ヤバイだろ(‐∀‐;)


野宮も頑張れ~!!

コメント

グッドモーニング・キス 10巻

2012-11-25 21:09:05 | マンガ

   

お正月。菜緒は実家で楽しく過ごすはずだったが、
東京行きをよく思っていない父とついケンカしてしまう。
なんとかうまく父を説得したい菜緒を救ってくれたのは
意外にも…!?





いっちゃんの挨拶にウケた~。


いっちゃんが菜緒と結婚するみたいだったよ(笑)


もうさ、菜緒と上原くんさっさと結婚すればいいのに(-_-;)


ちょっと長く続きすぎて飽きてきちゃったよ・・・

コメント

結婚しない 第7話

2012-11-24 22:22:11 | ドラマ

第7話

『好きなのにサヨナラ

不器用な恋の代償!?』





瑞希が千春の働く旅行会社に

パリのホテルの予約をするためにやって来た。

純平の絵を向こうで売り込むためだと。

けどまだ返事はもらってないと瑞希。


「救いたいんです。 先輩のこと。」



純平のことは諦めることにした千春は、

『お一人様で生きる技術』という本を読み出した。

用意すべきものは4つ。

住む場所、保険、貯金、生きがい。

春子は準備万端のよう。


「1人で生き抜く覚悟があれば、

老いていくのもまた楽し。」



春子が実家に行くと言うので、

千春も実家に行くことに。

千夏の旦那に「いらっしゃい」と言われ、複雑な千春。

千夏たちの生まれてくる子供のベビーベッドの置き場に、

自分の部屋を使ってと言う。



一方、春子は母におばあちゃんをこの家で見送りたいと言う。

その後は、1人で悠々自適に過ごすと、

既に入る施設も決めていた。



自分の居場所がなくなってしまった感じがすると

春子に話す千春。


「変ですよね、自分の住んでいた場所なのに・・・」



千春は将来を考え、分譲マンションを見に行くことに。

春子に付き合ってくれないかと言うが、

用事があるので付き合えないとのこと。



翌朝、千春に純平から電話がかかって来た。


「俺で良ければ付き合いますよ。」


どうやら春子に頼まれたよう。



マンションを見に行くと、新婚さんの部屋探しに間違えられた。

1人だと言うと、今は独身女性の1人暮らしも多いと言われる。

いい物件で乗り気になった千春だったが、

契約社員だとマンションを買うのは難しいようで・・・

そんな千春を自分はバイトだからもっと難しいと純平。

現実を見てちょっと凹む2人。

今のままじゃダメなんだと。



その頃、春子は母が言っていた施設を見に行っていた。

そこでなんと教授に遭遇!!

この施設に教授のお母さんが入所していた。


親たちが子供の世話にならないのは、

親心なのか、本心なのかと色々話をする2人。

これからの残りの人生を考え、

人生の伴侶を見つけるのもいいのではないかと教授。

春子もそれは素敵ですねと。



純平からガーベラを貰った時の店の前を通りかかった

千春と純平。

あの時は嬉しかったと伝える千春。

『一歩』を与えてもらった千春は、純平にも与えることに。


「彼女の想いに応えてあげたら?

純平くんの才能を一番信じてるのは彼女だと思う。」


「だから怖いんです。

彼女を失望させるのが。

彼女が見ているのは昔の自分で、今の自分じゃない。」


そんな純平に千春はそうじゃないと思うと。

ちゃんと今の純平を見てると。


「彼女と一緒に一歩、踏み出してみたら?」



千春は家に戻り、色々考えていた。

そこへチャイムが鳴り、出ると樋口だった。

春子を訪ねて来たとのことだったが、

まだ春子は帰っていなく・・・

樋口は帰ろうとした時、春子が帰って来て樋口を見て驚く。



春子と樋口は外へ出て店で話をする。


「やり直さないか?

仕事も、俺たち2人のことも。」


樋口は会社を辞め、独立して事務所を立ち上げると。

春子についてきて欲しいと言う。

戸惑う春子に樋口は、


「離婚が成立したんだ。

残りの人生を、君とやり直したい。」



家に帰った春子に千春は何も聞かない。

すると春子から過去を打ち明けた。

娘が成人したら一緒になろうと約束していたが、

やっぱり昔の約束は昔の約束だと笑って言う春子。


そんな春子に千春はありがとうと言う。

純平と自分の生きる道は違うと思うと。

純平との関係はこれ以上発展しない。

残りの人生の歩き方を考えると千春。



翌日、春子がデザインした庭がデザイン賞を受賞したようで、

純平と麻衣がおめでとうと花束をくれた。



実家に行った春子は母に聞く。


「私、残りの人生で、

もう一度冒険するべきなのかな?」


昔の上司から誘われた話をした春子に母が言った。


「その方の奥さんにも、残りの人生はあるのよ。」


母は残りの人生を経験していた。

その一番辛い時期を支えてくれたのがおばあちゃんだから、

おばあちゃんに恩返ししたいとの気持ちがあるのだと。


「あなたは1人できちんと立っていける人よ。

もっと他に夢を見られる場所があるはずよ。

自分でもそう思ってるんでしょ?」



春子が家に戻ると、

風邪を引いたらしい千春がリビングで寝ていた。

部屋で寝てればいいのにと春子。

1人で部屋にいて誰も見つけてくれなかったらと言う千春に、

ちゃんと見つけたからと言い、介抱する春子。


「将来の不安に今が雁字搦めになって、

押しつぶされそうになることってあるよね。

人ってさ、先を見すぎても、過去を見すぎても、

変に焦っちゃうもんなのかもね。

花の命は短いって思ったけど、でもだからこそ、

今を目いっぱい咲いてるんだね。」



翌日、千春は無事に快復し、春子を紅葉狩りに誘う。


今回のことで分かったと言う千春。


「明日のためにも、

まずは今日をちゃんと感動して生きようって。」


将来の不安は消えるはずがない。

だからこそ今をちゃんと生きる。

それにその不安を忘れさせてくれるものがあったと。


「分かり合える、茶飲み仲間。」


「なるほど。」



純平が瑞希と会う。

瑞希に瑞希を描いた絵を返した。


「また描くよ。

もう一度描くよ、俺。」



春子も樋口と会い・・・



一方、千春の職場に本社から社員がやって来た。

将来有望の男性社員だと真里子が言っていた。

高原という彼は、千春を見て・・・




なんだなんだ。


千春に新たな出会いか?


その前に、純平はパリに行くのか?


パリには行かないけど絵は描くという意思表示なのか?


一体どっちなんだろう。


出来れば行かないでもらいたいが・・・


春子はきっと断るよね?


ってか、断って欲しい。


だって教授が~!!


あたしは教授派です(笑)





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

コメント