まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

昨夜のカレー、明日のパン 第7回(最終回)

2014-11-23 22:10:07 | 福士誠治 【昨夜のカレー、明日のパン】


第7回(最終回)  『ご飯と銀杏』

突然、ギフ(鹿賀丈史)が手紙を残して長い旅に出てしまい、
心配するテツコ(仲里依紗)。
それが富士子(毬谷友子)との温泉旅行だとわかり、
テツコはギフの恋を邪魔しているのではないかと不安になる。
その頃、ギフは岩井さん(溝端淳平)のアパートを訪ねていた。
富士子に騙されて北欧家具を大量に買わされてしまったギフは、
その処理に困り、岩井のもとへ家具と一緒に転がり込んだのだ。
テツコは朝子(片桐はいり)から電話で、
富士子についての悪評を聞かされる。
また、朝子がテツコの上司(マキタスポーツ)と
付き合っていると聞き、驚く。

そんな時、寺山家にギフが岩井を連れて帰ってくる。
テツコはここに至るいきさつを尋ねるが、何となくはぐらかされてしまう。
タカラ(ミムラ)は母・みゆき(筒井真理子)から、
サカイ(福士誠治)が医師に戻るらしいと聞かされる。
サカイに確かめると、総菜屋・パワースポットを
タカラだけに任せるわけにはいかないと言うので、
タカラは自分ひとりで店は頑張るので、
「昔のサカイ君がみたい」と言う。

家具にアパートを占領されていた岩井は、
ギフに頼まれるまましばらく寺山家で暮らすことにした。
ある時、ギダリエ(小野ゆり子)が結婚すると知った岩井は、
嫁入り道具として家具を売りつけることに成功。
一方、ギフは立ち食いソバ屋で偶然、富士子と再会。
逃げようとする富士子を引き留め、ギフは自分から別れを切り出した。
ある晩、酔った岩井は一樹(星野源)そっくりの
路上コトバ師(星野源・二役)と会う。
酔い潰れた岩井を介抱するために来たテツコも、
あまりにコトバ師が一樹に似ているので言葉を失う。
そんなテツコは思わず、
コトバ師に「幸せになって、いいかな」と尋ねてしまう。

するとコトバ師は「誰よりも幸せになって、よし」と答えるのだった。
数日後、寺山家ではテツコとギフと岩井が、夕食を共にしていた。
庭ではイチョウの木が金色に染まっていた。
三人はその木を眩しく見上げながら、
ギフは縁側で銀杏の実を割っていた。





ムムムさんは母親から


サカイ君が医者に戻るらしいと聞かされ動揺。


サカイ君に聞きたいが聞けないでいた。


が、遂に切り出したムムムさん。


「サカイ君?」


「ん?」


「医者に戻らないのかって言われてるんでしょ?」


「ああ、あれねぇ。 俺、断るつもりだから。」


「まだ断ってないってことは迷ってるの?

あたし、ここ、ひとりでやるから、戻れば?」


「無理だろ。 作ってんの俺だよ?」


「休業する。 で、調理師免許を取って、勉強する。」


「出来るのかよ。」


「出来る。

あたしがCAで、サカイ君が後輩だったら、こう言うよ。

フォローするばかりがその人のためになると思ったら大間違い。

最後まで1人でやらせなさい。

それを、遠くから辛抱強く見守るのが、あなたの仕事です。

・・・・・サカイ君?」


「いや・・・だって・・・その言い方、昔のお前じゃん。」


「えっ?」


「なんだよ。 泣かせるなよな。」


「そっか。 サカイ君、昔のあたしが見たかったのか。

あたしも見たい。 昔のサカイ君。」



サカイ君は医者に戻り、


パワースポットはムムムさんの両親もお手伝いして開店中。





感想書くの遅くなっちゃったよ。


まさかサカイ君が医者に戻るとは思わなかったなぁ・・・


最終回は色んなことに決着ついた感じね。


テツコは岩井さんとの結婚を決断したし、


ギフは目狐の詐欺に遭ったけどまぁ、最後は丸く収まった?し。


ってか、テツコと岩井さんはギフの家で暮らす訳じゃない・・・よね?


なんかそこのところが気になっちゃって(‐∀‐;)


全7回、あっという間だったよ。


福さまのサカイ君もそれなりに登場してくれたしね。


もう見れなくなっちゃうのは残念だけど、


次の作品を楽しみに待ちましょう。





第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

コメント

昨夜のカレー、明日のパン 第6回

2014-11-14 22:32:00 | 福士誠治 【昨夜のカレー、明日のパン】


第6回  『蟻とオンナ』

テツコ(仲里依紗)は、一樹(星野源)の骨をお墓に返すため、
虎尾(賀来賢人)と出かけることにした。
テツコはお坊さんでもある深ッチン(趙和)に
同行を頼みにパワースポットを訪ねると、
そこではタカラ(ミムラ)が笑えるようになったと
サカイ(福士誠治)たちが騒いでいた。
だが、タカラはなかなか認めようとしない。
一方、岩井さん(溝端淳平)は
双子の兄・冬彦(溝端淳平・二役)が家出をしたため、
料理屋を代わりに継いで欲しいと両親から頼まれ、悩んでいた。
とりあえず岩井は実家に帰ったが、入れ代わりに冬彦が上京してきた。
ギフ(鹿賀丈史)は、書道教室で意気投合した
美魔女・富士子(毬谷友子)と二人で歩いていたところを
偶然、冬彦に目撃される。
岩井と間違えたギフは口止め料として一万円を渡す。
休日、テツコはカレーをギフのために作りおいて、
虎尾と墓参りに出かけた。
すると、留守番のギフを突然、富士子が訪ねて来た。
たまたま来ていた義妹の朝子(片桐はいり)と鉢合わせとなり、
ギフは慌てふためく。
その場しのぎで寿司の出前を頼むが、
財布の一万円がないことに気づき、ギフはさらに動揺する。
墓前で深ッチンがお経を読む中、テツコは手を合わせていた。
テツコは骨壷を開け、キャンディーの缶から一樹の骨を返した。
すると、テツコの前を一匹の蟻が横切った。
帰り道、立ち寄ったホテルのゴミ箱にテツコはキャンディー缶を捨てる。
それを見た虎尾もまた、一樹の遺品である車を手放す決意をする。
その頃、寺山家では富士子がギフに、
朝子に帰ってもらうようにせがんでいた。
しかし、朝子にとってはここが戻る場所だとギフが話すと、
富士子は「思った通りの人」と納得したように家を去る。
冬彦はパワースポットを訪れていたが、
みんなから弟が必要とされていることを知り、実家に戻ることにする。
テツコが家に帰るとカレーの匂いがした。
昨夜のカレーを温め、ギフと一緒に食べたテツコはその夜、
ひとり布団の中で泣いた。





テツコの描いた絵を見てムムムさんが笑った!!


サカイ君と深ッチンもそんなムムムさんを見て笑う。



「オイ。 いや、笑えるようになったんだしさ、

CAに戻るとか、あの、モデルやるとか―」


「何言ってんの?」


「ここは俺がなんとかするからさ、

お前、ほら、好きな仕事見つけろよ。」


「あたしがなりたいのは・・・

ここで、あたしじゃなきゃダメって人になる。

そして、この街の、一員になる。」


「そうか。」


頷くムムムさん。





なんか良かったよ。 うん。 良かった。


ほんわかした気分になれました。



それとは逆に、ギフは目狐に目を付けられたようです(笑)


ギフ浮かれすぎだと思う(‐∀‐;)


あの目狐、怪しすぎる・・・



テツコは一樹の骨をお墓に返し前に進もうと決意。


岩井さんとの関係は進むのかな~?



早いもので次回最終回。


寂しいけどサカイ君の見納めです。


どのくらい登場してくれるかな?



そういえば気になってることが・・・


ギフが岩井さんと勘違いして岩井さん兄に1万渡したけど、


その1万は岩井兄の懐に入っちゃったんだろうか?





第1回 第2回 第3回 第4回 第5回

コメント

昨夜のカレー、明日のパン 第5回

2014-11-06 21:53:04 | 福士誠治 【昨夜のカレー、明日のパン】


第5回  『カードと十手』

岩井さん(溝端淳平)が結婚詐欺にあい、
500万円をだまし取られたとの噂を聞き、
テツコ(仲里依紗)は怒りが収まらない。
問いただそうにも、岩井はシンガポールに出張中。
テツコは思わず、高級チョコレートをヤケ食いしてしまう。
一方、隣家の小田和正(小倉一郎)は
娘・ムムム(ミムラ)の開業祝いに冷蔵庫をプレゼントする約束したが、
高価と知り頭を痛めていた。
相談を受けたギフ(鹿賀丈史)は、
家宝である金の十手を質屋に入れて工面しようとするが、
それがメッキだとわかり大ショックを受ける。
ギフが帰宅すると義妹の朝子(片桐はいり)が待っていた。
朝子はある男(マキタスポーツ)から借金の相談を受け、
彼を信用すべきか悩んでいた。
ギフは朝子と一緒にその男の素性を探るが、
朝子は彼を信じてみようと思い始めていた。
岩井が出張から帰る早々、テツコは問い詰めた。
岩井によれば、自殺しようとしていた少女・まりえ(蒔田彩珠)から頼まれ、
480万円を貸したのだという。
あまりの人の良さに怒り心頭のテツコだが、
たまたま手にした岩井の携帯電話に、
まりえから連絡があり、彼女と会うことにする。
岩井が説明した通り、まりえはいじめを受け、
友達からお金をゆすり取られていたが、
借金を頼んだ本当の理由は違った。
岩井は手作りの「魔法のカード」を手渡し、
それを使えば何でも君の願いを叶えると言ったので、
まりえは馬鹿にされたと思い、
そのカードを使って480万円を貸してと頼んだ。
すると本当に岩井はお金を貸してくれたので、
その後、反省して今日はお金を返しに来たと言う。
岩井の人間としての大きさに気づいたテツコは、
「魔法のカード」をくれたら結婚を考えてもいいと電話する。
その後、「最強の魔法のカード」を手渡されたテツコは、
ついに一樹(星野源)を手放す決意をする。





岩井さんの人の良さが出た回だった。


いや、でも子供に480万貸すってのは流石に行き過ぎ。


しかも黙ってりゃいいのに、結婚資金とか言っちゃうし(‐∀‐;)


そりゃ~、テツコじゃなくても怒るわ。


貸した子供がいい子で返してくれたから救われたね。


結婚詐欺に遭ったわけじゃなかったけど、


岩井さんはいつか詐欺に遭いそうだ(笑)


『魔法のカード』のお陰でテツコとの結婚に近づいたか?


どうなるのか気になるね。



そして我らが福さまの出番は少しだった(-_-;)


一瞬か?


まぁこの内容じゃ~しょうがないか。


次回に期待しておこう。





第1回 第2回 第3回 第4回

コメント (2)

昨夜のカレー、明日のパン 第4回

2014-10-30 22:14:44 | 福士誠治 【昨夜のカレー、明日のパン】


第4回  『幽霊と△』

寺山家にはナゾの傷が廊下にあり、
ギフ(鹿賀丈史)は亡き妻・夕子(美保純)の首にあったキズが
乗り移ったと思い込んでいた。
かつてギフはパチンコにはまり、お金を使い込み、
怒った夕子から「私の首を刺せ」と凄まれ、
その時に誤って切りつけてしまった。
そうした思い出をギフは懐かしそうにテツコ(仲里依紗)に話した。
そしてテツコもまた、亡くなった一樹(星野源)に思いをはせていた。
夕子の法事が営まれた。
ムムム(ミムラ)とサカイ(福士誠治)は、
その会食料理を任されるが、魚を調理できる人が足らず、
テツコの機転で助っ人として岩井(溝端淳平)が招かれる。
岩井は思わぬ客と一緒だった。
それは夕子の幽霊!
だが、その姿を見ることができるのは霊感鋭い岩井だけだった。
夕子の妹・朝子(片桐はいり)は謎の若い男・鯨(栗原類)を連れてきた。
この男は幽霊だと朝子が嘘をつき、テツコたちは大騒ぎ。
結局、朝子の知り合いの鯨は、テツコに思いを寄せていて、
そのことを伝えにきたのだった。
会食では、ムムムたちがつくった豪勢な料理が並んだ。
感激したムムムの父・和正(小倉一郎)は夢中で料理の写真を撮る。
その一方で、テツコは一樹の骨を手にして、
一樹への捨てきれない思いを従兄弟の虎尾(賀来賢人)に語っていた。
そして、夕子の幽霊を見たという岩井に、一樹の姿は見なかったかと尋ねた。
見ていないと答えた岩井だが、
台所で洗い物をするテツコを背中から抱きしめている一樹の姿を見てしまう。
死んでもテツコの中に生き続ける一樹に、岩井は敗北感を味わう。
そして、ギフは夕子が寄り添っているとも知らずに、
「夢でもし逢えたら…」と縁側で口ずさむのだった。





ムムムさんが総菜屋をやるとムムム父から聞いたギフが、


法事の料理を注文。


それをムムムさんから聞いたサカイ君は喜ぶ。


2人じゃ不安だとムムムさん。


そこへ深ッチンがやって来て、サカイ君はもう1人いると。


しかしその深ッチンは寺山家の法事に借り出されていた。


別の助っ人を頼むことにしたが、


法事当日、助っ人が来られなくなって焦る3人。


その話を聞いたテツコが助っ人に岩井さんを呼ぶ。


岩井さんのお陰で無事料理を出すことが出来た。


ムムムさんは今回やってみて、こういう仕事好きかもと。


サカイ君も笑顔で「俺も」と。




惣菜屋パワースポットの第一歩だね。


最初の仕事が法事って凄いけど(笑)


まぁ、身内と隣人だけの法事だからあんなもんか。



それにしても岩井さんだけ霊が見えるって・・・


夕子だけかと思ったら一樹も来てた。


会えるのが3回って決まってるとはね。


しかも回数券みたいなチケット(笑)


でも相手に見えないのに会えるのが3回までって・・・


なんかイマイチ納得がいかないなぁ。


相手にも見えるならいいのにね。



今回はいい話だった。


「手放すっていうのはさ、裏切るんじゃないよ。


生きる方を選ぶってことだよ。」


そういう風に言えたテツコも一歩進めたかな?


次回も楽しみ♪





第1回 第2回 第3回

コメント

昨夜のカレー、明日のパン 第3回

2014-10-25 21:47:50 | 福士誠治 【昨夜のカレー、明日のパン】


第3回  『山とエレベーター』

老後の趣味のため、山登りに興味を持ったギフ(鹿賀丈史)は、
テツコ(仲里依紗)から
同僚の山ガール・里子(吉田羊)を紹介されて大喜び。
里子と登山の約束をしたギフは、
グッズやおやつを買い込み準備に夢中になる。
登山当日、留守番のテツコは岩井さん(溝端淳平)のマンションに、
手作り弁当を持って遊びに行く。
食事中に、岩井さんにどうして未だに
夫・一樹(星野源)の骨を持っているのかと尋ねられると、
テツコは抑えていた感情があふれ、涙がこぼれてしまう。
その帰り、2人はエレベーターに閉じ込められる。
そこで岩井さんはテツコに
「一緒に生きるってことも、大変だよ」と改めて、自らの思いを語る。
一方、下山中にギフは体調を崩し、倒れ込む。
絶対に連れて帰るという里子に、
ギフは亡き妻・夕子(美保純)を重ねてしまう。
かつてギフはパチンコにはまり、お金を使い込み、
怒った夕子から「私の首を刺せ」と凄まれたことがあった。
その時の形相が、里子によく似ていたのだ。
そんな里子は、彼氏に捨てられたばかりで、
「山に置いてゆくのは私を捨てたあの人であり、
私たちはちゃんと無事に戻らなきゃダメなんだ」と話し始める。
ムムム(ミムラ)は同窓生のサカイ君(福士誠治)から一緒に、
総菜屋を開かないかと誘われた。
お客相手など無理だというムムムに、サカイ君は言った。
「お前が走らねーかぎり、道はできねーんだよッ!」





また見るの遅くなっちゃった。


切羽詰まんないと見ないというか・・・


録画して満足しちゃうというか・・・


ファンとしてあるまじき行為ですかね(‐∀‐;)


では第3回の感想をザクッといきましょう。



ムムムさんが病院に行く途中、サカイ君にバッタリ。


パワースポットという惣菜屋をやらないかと誘われるが、


笑えないから断るムムムさん。



しかし後日、店舗を覗くムムムさん。


そこへサカイ君がやって来た。


「あーっ! あ~あ~あ~あ~あ~っ。

その気になってくれた? ねえ?」


「やっぱり無理。 でも・・・捨て難いんだよね。」


「だったら・・・勝負して決めよう。」


「勝負?」


「うん。 え~・・・白線引き。

いや、ほら、昔 運動場で勝負したろ?

あの、どっちが早く白線を引けるかって。」


「あ~あ~。」


「俺が負けたら・・・諦める。」


「諦めるって、あたしじゃなくたっていいじゃない。」


「お前じゃなきゃダメなんだよ。」


「なんで~。」


「こう・・・ギリギリのヤツじゃなきゃダメなんだよ。

9回裏ツーアウトのヤツだけが、

こう・・・本当のパワー出せるんだよ。」



そして2人は運動場へ。

「スタート」とフライングで始めるサカイ君の後に続くムムムさん。

ある程度引くとサカイ君が振り返りムムムさんに言う。


「小田ーっ! 後ろ見て! 後ろ!!」


振り返ったムムムさんの後ろには2人が引いた2本の白線。


「お前が走んねえ限り、道は出来ねえんだよぉ!!

でもって、世界は、お前が道付けてくれるの、待ってんだよぉ~!!」





サカイ君、いい事言うな~。


ムムムさんもあの言葉に心動かされたかな?


にしても福さまの出番が意外とあることにちょっと驚きです(笑)


いや、嬉しいんですけどね。


ですけど、これってテツコと義父の話じゃなかったの?


脇キャラエピソード多いんじゃ・・・


いや、いいんですけど・・・テツコの存在感薄いなと(‐∀‐;)


ま、これからなのかな?


ファンとしては福さまの出番が多いのはありがたいです。





第1回 第2回

コメント

昨夜のカレー、明日のパン 第2回

2014-10-17 22:43:06 | 福士誠治 【昨夜のカレー、明日のパン】


第2回  『星と雪だるま』

テツコ(仲里依紗)は岩井さん(溝端淳平)のプロポーズをきっかけに、
亡くなった夫・一樹(星野源)のことを、
少しずつ忘れ始めている自分に気付く。
一方、ギフ(鹿賀丈史)は、
一樹の幼なじみである隣の家の娘・通称「ムムム」の本名が
どうしても思い出せない。
ムムム(ミムラ)はある日突然、笑えなくなり引きこもりになっていた。
ある夜、ひょんなことからギフは幼なじみだったムムムにも、
一樹の死は深い傷となっていることを知る。





やっと第2回を見たよ~。


福さまの出番少しだったね(‐∀‐;)


ムムムさんの同級生で元産婦人科医だったサカイ君。


神経内科の帰りのムムムさんに偶然会い声をかける。


「CA辞めたんだって?」


サカイ君は顔面神経痛で笑いたくないのに笑ってるらしい。


「診察中にさ、ニヤニヤして気持ち悪いって言われて

めんどくさいから辞めちゃったよ。

いや、そんな悲壮な顔するなよ。

俺の話、そんなに悲惨だった?」


「いや、違うの。

私の場合、サカイ君と逆なんだよね。

笑えなくなったの。」


「CAなのに?」


と言いながら笑っているサカイ君。


「あ、ねえ、見て。 今、俺ホントに笑ってる。

俺この病気になって、初めて心から笑ってるかも。」


とまた笑う。

私とサカイ君、逆だったら良かったのにねとムムムさん。

この話を友達の深ッチンにしていいかとサカイ君。

寺の息子の深ッチンはバイク事故で正座が出来なくなって

跡を継ぐのを辞めたとのこと。


「それじゃあ、今どうしてるの?」


「いや、まあ・・・俺らと同じじゃない?」


「そっか。 私だけじゃないんだ。」


「そりゃそうだよ。 みんなワケありよ。」



出番終了です。


ずっと顔面をコロコロマッサージしながら話してる福さまが笑える。


もっと長く見たかったなぁ・・・



今回はムムムさんが結構活躍?


ムムムさんの心にも一樹が亡くなった傷が残ってるんだね。


でも一歩前進。


ギフに一樹の形見が欲しいと頼む。


昔ムムムさんがプレゼントした雪だるまの人形とのこと。


そしてなんとか人形を見つけムムムさんの元へ。


ムムムさんはそれをCAの後輩にフライトの時に持って行って欲しいと。


そうすれば自分はもう一度笑えるようになるかもしれないと言う。



ムムムさんはギフを飛行機の時間に間に合うよう呼び出し、


飛んでいる飛行機を見上げ、今一樹が空を飛んでいると。


高い空の上から私たちを見守ってくれてると言う。



なんともいいシーンでした。


ムムムさん、笑えるようになるかな?


さあ次回、福さまの出番はあるのか!!(笑)


しかし岩井さんはいい人だよね。


ちょっとズレてるけど(‐∀‐;)





第1回

コメント (2)

昨夜のカレー、明日のパン 第1回

2014-10-07 21:35:33 | 福士誠治 【昨夜のカレー、明日のパン】


第1回  『台風とくす玉』

寺山テツコ(仲里依紗)は7年前に夫・一樹(星野源)を病気で亡くし、
ギフ(義父)の連太郎(鹿賀丈史)と二人暮らし。
ある日、テツコは恋人の岩井さん(溝端淳平)からプロポーズされる。
一方、ギフは、義理の妹の朝子(片桐はいり)から、
テツコがプロポーズされたことを知り動揺する。
そんな時、テツコとギフは、一樹が入院していた頃のことを思い出す。
病院の帰り道、焼き立てのパンを買い抱いて帰った、あの夜のことを。





あ・・・福さまの出番なかった・・・(-_-;)


まぁ、予想はしてたからいいんだけどさ。


なので簡単感想で(笑)



原作は読んでないからなんとも言えない。


旦那が死んで義父と2人暮らしって・・・


ぶっちゃけキツイ気がするけどどうなんだろうね?


で、彼氏っぽい感じの人がいると。


う~ん・・・1話目だからやっぱまだなんとも言えないな。


取り敢えず着地点が気になる(笑)



次回は福さま登場するみたいだし楽しみにしてよう♪


って、終わりの方でちょろっとだけ出てきたりして(‐∀‐;)





☆ 公式HP ☆

コメント

福さま新ドラ♪

2014-08-31 23:09:48 | 福士誠治 【昨夜のカレー、明日のパン】


みなさま、ご機嫌如何ですか?


早いもので8月も今日で終わりです。


年々、月日が経つのが早くなっていく・・・(‐∀‐;)


そんなことより福さまが秋からの新ドラにご出演のようです!!



■ 2014年10月5日スタート 毎週日曜22時~放送(全7回)
  BSプレミアム プレミアムドラマ
  『昨夜のカレー 明日のパン』(木皿泉原作、脚本) サカイ君役
 


BSのドラマのようです。


毎度のことながら録画忘れないようにしなければ!!


原作は知ってるけど読んだことないんだよな~。


サカイくん@福さまの出番はどのくらいなんだろうか・・・


気になります。



詳しくは ☆ コチラ ☆ を御覧下さい(`・ω・´)ゞ

コメント (2)