まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

お城のもとの七凪町 骨董屋事件帖 / 櫛木理宇

2021-02-28 20:16:33 | 小説・その他本


   

ゾッとしてキュンとする、青春恋愛×ホラーミステリ!
荒木堅吾は、見習い人形師。師匠の家で住み込み修行中の身だ。
同居人の美人姉妹とは幼馴染だが、
最近はちょっと気になる関係になりつつある。
そんなある日、町から子供がいなくなる事件が起こる。
時を同じくして、堅吾のもとには古い人形が持ち込まれて……。





面白くなくはないんだけど・・・なんか色々中途半端に感じた。


事件部分はそうでもないんだけど、桐洋のことや恋愛部分はいらなかったかも。


末っ子は可愛かったけど4姉妹も必要だったかな?と思ってしまった。


もし続きが出ても読まないだろうな~。


コメント

ダンジョン飯 10巻

2021-02-28 19:35:13 | マンガ


   

台所の死闘! ライオスVS.狂乱の魔術師戦、開幕!!
食べた魔物は数知れず。ついに迷宮の最下層、
狂乱の魔術師・シスルの棲家にたどり着いたライオス一行。
彼らを待ち構えていたのは、迷宮最強のーーウサギ!?
ファリンを救うため、迷宮の主となることを決意したライオスは
パーティーの全滅を回避し、シスルを倒すことができるのか。





なんだかんだでもう10巻。


迷宮兎怖いわ~。


マルシルがめっちゃ頑張ってた。


シスルは最初の目的を見失って暴走中。


そして1番の気になりどころであるファリンがライオスの手にかかり・・・


どうなっちゃうんだろう?


コメント

にじいろカルテ 第6話

2021-02-27 19:55:26 | ドラマ


第6話

『拝啓お母さんへ… いま伝えたいことがある-届かぬ手紙の行方』

ひとり、部屋でカレンダーを眺める真空(高畑充希)
もうすぐ母親の誕生日だ。
いい加減、自分の病のこと、そして虹ノ村で暮らしていることを伝えなければ…
と思うが、何度もメールを打っては消し、打っては消しを繰り返してしまう。
そんなある日、雪乃(安達祐実)の記憶を確認する定期診察の日がやってくる。
自分の年齢、簡単な引き算、野菜の名前などの記憶テストを行うも
難なく答える雪乃だったが、ふと「こんな簡単な質問が、
答えられなくなる日がくるのかな…」と不安な表情を見せる。
そこへ突然、泥だらけの日向(中野翠咲)が飛び込んでくる!
息絶え絶えに「お母ちゃんとじいちゃんが…」と告げる日向。
真空、太陽(北村匠海)朔(井浦新)は慌てて診療所を飛び出し緑川家に向かうが、
そこで嵐(水野美紀)日出夫(泉谷しげる)が倒れているのを発見し…?
一方、日向を預かって欲しいと頼まれた氷月(西田尚美)は大喜びするが、
その様子を見た霧ケ谷(光石研)は少し複雑な表情を浮かべ…。
そんなある日、診療を終えた真空が突如、倒れてしまう――!?
離れて暮らす、娘から母親へ。
一つ屋根の下で暮らす、義理の父親から、義理の娘へ。
―――いま伝えたいことがある。
果たして真空は、お母さんに“真実”を伝えることができるのか…!
【公式HPより引用】





真空はやっと母親に病気のことを伝えられた。


村で楽しく暮らしてる写真と共に。


伝えることができて良かったよね。


今回はファンタジーみたいじゃなく普通の日常が描かれていたな。


日向のちょっとぎこちない舌打ちが可愛かった。





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 


コメント

2020-21CL決勝トーナメント1回戦1stレグ vs アタランタ

2021-02-25 20:42:47 | レアル・マドリード【CL・国王杯他】


【決勝トーナメント1回戦1stレグ】

アタランタ(イタリア) vs レアル・マドリード(スペイン)


■出場選手

GK : クルトワ

DF : ナチョ、ヴァラン、フェルランド・メンディ

MF : クロース、モドリッチ、カゼミロ、イスコ(後半31分、ウーゴ・ドゥーロ)

   アセンシオ(後半31分、セルジオ・アリバス)

FW : ルーカス・バスケス、ヴィニシウス(後半12分、マリアーノ)



■控え選手

ディエゴ、アンドリー・ルニン(GK)、ヴィクトル・チュスト、ミゲル、

セルジオ・アリバス、アントニオ・ブランコ、マリアーノ、ウーゴ・ドゥーロ



■結果

アタランタ 0-1 レアル・マドリード



■得点

0-1  後半41分  フェルランド・メンディ



■決勝トーナメント1回戦2ndレグ

3/16  vs アタランタ





レアルファンとしてはアウェイで勝って良かった。


ホームでの2ndレグも勝ってほしいけど相変わらず人がいないのがね・・・


気を引き締めて臨んでもらいたい。


コメント

月と太陽の盤 碁盤師・吉井利仙の事件簿 / 宮内悠介

2021-02-23 20:17:19 | 小説・その他本


   

放浪の碁盤師・吉井利仙が、かつて棋士だったころの打ち回しに魅せられ、
彼を先生と呼んで追いかけている若手囲碁棋士の愼。
姉弟子の衣川蛍衣も巻き込みながら、囲碁を巡る数々の事件に遭遇し…。





長編ではなく連作短編集でした。


碁盤師の事件簿という割には、若手囲碁棋士目線が主だった気がする。


もう少し碁盤師に焦点を当てても良かったのではないかな~と。


ミステリーもあったけど人間ドラマって感じがした。



コメント

にじいろカルテ 第5話

2021-02-22 20:42:28 | ドラマ


第5話

『俺以外みんな死ね!?-ぱっつん看護師、涙の絶叫告白』

虹ノ村に超人気バラエティ番組「ぽつんと診療所」がやってくる…!
テレビ取材に張り切る村人たちだが、真空(高畑充希)は病のことや、
この村にいることをまだ母親に伝えられていないとこぼす。
そんな中、テレビクルーのカメラマンが足から血を流していることに、
太陽(北村匠海)は気づき…?
一方、佐和子(水野久美)の家で朔(井浦新)の涙を見て以来、
なにか辛い過去があるのだろう…と察しつつも、
本人が言うまでなにも聞かないと決めた真空と太陽。
そんなある日、真空は、畑で作業をする朔を
窓からじっと眺めながら何やら考える太陽を見かける。
どこか寂しげな表情で「ちょっとうらやましいなぁ」と呟く太陽に、
その意味を測りかねる真空で…。
その夜、太陽の様子がおかしいことを察した朔は、
妻・沙織(佐々木希)との過去を、ゆっくりと話しはじめる。
「仲間だから気を遣わせるのは嫌なんだ」と無理して笑う朔。
しかし、その話を聞いた太陽は、なぜかさらに辛そうに顔をゆがめ、
寒空の中、診療所を飛び出してゆく…。
数日後、ついに虹ノ村が取材された「ぽつんと診療所」の放送日。
にじいろ商店にいつものメンバーで集い、
酒盛りをしていると…いつの間にか泥酔した太陽が、突如ブチ切れ始め…。
「あんたらには、わかんねえんだよ…!」
彼女は医者で患者。彼は辛い過去を生きる男。
――じゃあ、僕はなに?果たして太陽の流した涙の理由とは…?
【公式HPより引用】





朔が過去を告白したのは意外だったな。


しかも映像なしで台詞オンリーとは。


笑顔で話すも内容は重い・・・


しかしそんな告白も『俺意外みんな死ね』に持って行かれた感がある(笑)


いや、凄かったわ~。


ま、あたしは普通が一番だと思いますけどね。






第1話 第2話 第3話 第4話 


コメント

2020-21リーガ第24節 vs バリャドリッド

2021-02-21 20:57:37 | レアル・マドリード【リーガ】


【第24節】

バリャドリッド vs レアル・マドリード



■出場選手

GK : クルトワ

DF : ナチョ、ヴァラン、フェルランド・メンディ

MF : クロース、モドリッチ(後半34分、イスコ)、カゼミロ、

   アセンシオ(後半21分、イスコ)

FW : ルーカス・バスケス、マリアーノ(後半21分、ウーゴ・ドゥーロ)、

   ヴィニシウス(後半21分、アントニオ・ブランコ)


 
■控え選手

アンドリー・ルニン、ディエゴ(GK)、ヴィクトル・チュスト、ミゲル、イスコ、

セルジオ・アリバス、アントニオ・ブランコ、ウーゴ・ドゥーロ



■結果

バリャドリッド 0-1 レアル・マドリード



■得点

0-1  後半20分  カゼミロ



■次節・第25節

3/1  vs レアル・ソシエダ





いや、ホント、人いない中よく勝ったな。


アトレティコがつまずいてくれたから勝ち点差が縮まり、


優勝のチャンスが復活した。


ここから落とせない試合が続く中、


踏ん張りどころではあるけど人がいないのは変わらない。


さて、レアルは踏ん張れるのか。


コメント

横浜ヴァイオリン工房のホームズ / 上津レイ

2021-02-19 20:51:41 | 小説・その他本


   

横浜本牧の片隅に佇む弦楽器修理工房『響』。
この店のオーナー響子さんは、美しいが人間嫌いの風変わりな女主人だ。
元天才ヴァイオリニスト、人並み外れた聴覚を持つ彼女の事を知る人は
皆こう呼ぶ―絶対音感探偵、と。
あらゆる音を聴き分ける力とホームズばりの推理力で、
なぜか楽器修理と共に持ち込まれた事件を解決する名探偵。
そんな響子さんの下宿人兼助手の僕もまた、彼女の「耳」に救われた一人だった…。
音×謎解き。新しい名探偵が贈る芸術ミステリー登場!





なんとも言い難い。


ミステリーと言うほどでもなかったし、


もっと音楽的要素も多いかと思ったんだけど、


推理も音楽もあっさりすぎて物足りなかった。


サクサク読めるのは良かったかな。


何やら続きが出てるようだけど読むかは少し考えようかな。


コメント

アンと青春 / 坂木司

2021-02-17 20:39:44 | 小説・その他本


   

アンちゃんがデパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めて八ヶ月。
販売の仕事には慣れてきたけど、
和菓子についてはまだまだ知らないことばかりだ。
でも、だからこそ学べることもたくさんある。
みつ屋の個性的な仲間に囲まれながら、
つまずいたり悩んだりの成長の日々は続きます。
今回もふんだんのあんことたっぷりの謎をご用意。
待ちに待ったシリーズ第二弾!





シリーズ第2弾。


またアンちゃんに会えた~。


相変わらず可愛いアンちゃん日々成長。


乙女立花さんは何やら嫉妬モード突入でアンちゃんにも八つ当たり。


他のスタッフさんたちと同じく「こら!立花!!」って思ったわ。


嫉妬の原因でもある柏木さんは今後どうなっていくのか・・・


柏木エピソードもきっとあるんだよね?気になるよ。


それにしても美味しい和菓子が食べたくなるな~。


コメント

2020-21リーガ第23節 vs バレンシア

2021-02-15 20:40:44 | レアル・マドリード【リーガ】


【第23節】

レアル・マドリード vs バレンシア



■出場選手

GK : クルトワ

DF : ナチョ、ヴァラン、フェルランド・メンディ、

   カルバハル(前半28分、ルーカス・バスケス)

MF : クロース、モドリッチ(後半34分、イスコ)、カゼミロ、

   アセンシオ(後半26分、セルジオ・アリバス)

FW : ベンゼマ(後半34分、マリアーノ)、ヴィニシウス


 
■控え選手

アンドリー・ルニン、ディエゴ(GK)、ヴィクトル・チュスト、ミゲル、イスコ、

セルジオ・アリバス、ルーカス・バスケス、マリアーノ



■結果

レアル・マドリード 2-0 バレンシア



■得点

1-0  前半12分  ベンゼマ

2-0  前半42分  クロース



■次節・第24節

2/20  vs バリャドリッド





意味が分からない。


カルバハルが復帰して25分で怪我再び。


何故に?って思う反面、大丈夫かしら?と。


復帰早かったとかない?


もうチーム呪われてるのか?みたいな怪我人だな。


お祓いしてみたらいいのにとか思っちゃうよ。


取り敢えず今節も勝てて良かった。


コメント