まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

オー!マイレディ 第16話(最終話)

2013-01-03 23:06:24 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第16話(最終話) 『人生最後の恋』



初日の舞台を無事終えたミヌは、ゲファにプロポーズする。
ゲファは誰とも結婚する気はないと即答するが、
ミヌは決してあきらめない。
ビョンハクのもとを訪れたミヌは、
ゲファが離婚で受けた心の傷を癒すために、
きちんとゲファに謝るように訴える。
さらに職場に花を贈ったり、ボンニムのもとに挨拶に行ったりと、
あの手この手でゲファの心を射止めようとする。
だが、自分とミヌが釣り合うと思えないゲファは、
ミヌの気持ちを受けとめることができずにいて……。





ミヌにプロポーズされ驚くゲファ。



シジュンの会社の人たちとの飲み会に参加するミヌは、

家族になった気分だと言う。

そこでゲファに色々世話を焼くミヌ。



公園でミヌに返事をするゲファ。


「ミヌさん、今すぐ返事するわ。

私、結婚なんて2度とするつもりないわ。」


「僕だって真剣なんだ。

1度失敗したからって、2度目はないなんて。

最初の出会いが運命じゃなくて、

2度目が運命の人かもしれないだろ。」


「そんな期待したくないわ。」


「じゃあ、一生1人で生きるの?」


「なんで1人なのよ。 ミンジがいるわ。」


「ミンジが旦那なのか?

それに10年もすればミンジは結婚していなくなるぞ。

そしたら1人だぞ。

おばあちゃんになるまで1人で生きるのか?」


「そうよ。 怖いわ。

ミヌさんは結婚がどんなものか分からないでしょ。

ミヌさんは傷ついたことがないから分からないのよ。

一生愛し合って一緒に暮らそうと結婚したのに、

ダメになった心の傷がどんなものか・・・

だから私には結婚なんて言わないで。

ごめんなさい。」



シジュンの家では、書類は弁護士に破棄するように言ったと、

ジョンアに告げるシジュン。



ミヌはビョンハクに会いに行き、2人で話をする。

ゲファが2度と結婚しないと言ってる。

2人はどんな結婚生活だったのかと聞くミヌに、

ビョンハクは驚く。


「まさか、あなたがあんな女と?

おしゃれもしない、いつもイライラさせる女!!」


ミヌは自分の結婚の妨げになっているのは、

ビョンハクとの離婚の傷だと言う。

1度の浮気を許してくれなかったとビョンハク。

傷つけておいて、謝ったのかと聞くミヌに、

謝らないとビョンハク。

ゲファを愛する男として謝ってくれと頼むミヌ。



イェウンを迎えに行ったミヌは、

ゲファをホテルの朝食バイキングに連れて行く。

ミヌの違約金を心配するゲファだったが、

ミヌは30億ウォンくらい平気だと言う。

CM1本あれば大丈夫だと。



会社にミヌからゲファ宛てにバラの花が届いた。

驚くジェヒたちに、とぼけるゲファ。

『花より美しい人、それはゲファ』とのメールが。

久々に花を貰って嬉しそうなゲファ。



ミヌはボクニムにもイェウンの感謝とお礼を言う。

そしてお願いもあると。

ゲファと結婚したいと、友人の助言が必要だとミヌ。

驚いたボクニム。



ボクニムはゲファを呼び出し、事情を確認する。

28歳は子供だし、釣り合わないとゲファ。

けどボクニムは28歳は子供じゃないし、

釣り合う人になればいいと。

若いし断る理由はないと言うが、

ゲファは奥さんになってではなく、

イェウンの母親になってって言われたことが気になってる。



ゲファ、ミンジ、ミヌ、イェウンは周りも気にせず一緒に食事。

見られてると言うゲファに、

いつまでも隠れて暮らせないから構わないとミヌ。

イェウンがトイレに行きたくなり、ゲファは連れて行く。

ミンジと2人のミヌ。


「イェウン、可愛いだろ?

あんな妹がいたらいいだろ?」


「ママと結婚するつもり?」


「よく分かったな。」


ミンジの意見を聞きたいとミヌ。

ミヌの浮気を心配するミンジ。

芸能界にはキレイな人がいっぱいいる。

別の人を好きになってまた離婚したらママが可哀想と。


「約束する。 そんなことはしない。」


2人は指きりをする。



ミュージカルの公演はまた大成功。

ミヌはゲファを誘うも、言い訳して逃げるゲファ。

そこを記者が見ていて、ミヌを捕まえる。


「ゲファさんに本気? 片思いでしょ?

捕まえたと思ったら、逃げられて苦労してますね。

だから好きになったんでしょ?」



記者と飲むミヌ。

酔った勢い?で記者に話をするミヌ。

自分の申し出を断るゲファが分からないと・・・

記者は話を聞きながらパソコンで記事を書いている。


「いつから好きに?」


「マネージャーと喧嘩した時から。

・・・初めて会った時から好きなのかも?」


今まで付き合った人と違う。

凄く好きだと、運命だと言い寝てしまうミヌ。


「なんて純粋な青年だ。 遊び人かと思った。」


記者はネットに記事をアップ。


『大スター! ソン・ミヌは人間らしい男

俳優として再起出来る!!」


ミヌを褒める記事だった。

これを見たマネージャーはイライラ。



花をもらいインタビューを受けるミヌ。

歌、演技も上手い見ぬに驚いたデヨンとビョンハク。

デヨンはミヌの次の公演に投資しようと話を持ち掛ける。



ミヌはシジュンから、日本のドラマ出演の話を聞く。

けどそれは撮影のため日本に1年滞在しなければならなかった。

ミヌは感謝するが断る。

有り難い話だけど韓国にいたいと。



スタジオで写真撮影するミヌ。

その様子を見ていたゲファ。

ヘアメイクがミヌに他にいい子紹介すると。

セクシーな方がいいとノリを合わせて答えるミヌを見て、

ゲファは帰って行く。



会社の屋上ゲファとシジュンが飲みながら話をする。


「友達だと思って面白い話しをしましょうか?

私・・・ソン・ミヌさんにプロポーズされたんです。

それにもっと面白いことに嬉しかったんです。

誰かから女性として扱ってもらったのが嬉しかったんです。

でも今日、その夢から覚めました。

ミヌさんに広告契約書が届いたんですけど、

契約金が凄くてビックリしたんです。

それに、撮影現場に行ったら、別世界の人みたいでした。

凄くかっこよくて素敵でした。

私と釣り合わないのがよく分かりました。」


「ミヌは出会った時からスターだったのに、

今頃気づいたの?」


今までは関係ない存在だったけど、

ミヌの復帰を心から喜ばない自分がいることに気づいたゲファ。

シジュンはミヌは本気でゲファを好きだと言う。

日本からのドラマ出演をその場で断ったほどだと。


「ゲファさんからは歩み寄れないんですか?

ゲファさんにこんな気持ちになるのは、

もう最後かもしれないのに。」


自分も同じだと涙を流すゲファ。

そこへミヌが来て、ゲファの手を取り連れて行く。



「なんでこんな・・・待ち焦がれてるのを分かってるくせに、

電話に出ないで逃げ回ってる!!」


「初めから断ったはずよ。

それを踏み込んできたのはミヌさんじゃない。

何度考え直しても答えは同じよ。

ミヌさんと私は釣り合わないの。

年も全て。 私は離婚歴もあるわ。」


「そんなことは気にしない。」


「だから幼稚なのよ。」


日本のドラマ出演を引き受けるべきと言うゲファに、

最初から日本に行く気はなかったと。

そんなことでシジュンの前で泣いてたのかとミヌ。

自分勝手で行動するしホントに恥ずかしいとゲファ。


「だから結婚出来ないのか?

幼稚で若いから、自分の相手に相応しくない。

そういうことなのか?」


「そうよ。 ミヌさんみたいに後先考えず行動する人は不安だわ。

そんな人を信じて結婚するのは私は絶対出来ないわ。

だからもう、結婚の話はしないで。」



ジョンアは知り合いの先生に誘われてるとシジュンに伝える。

出来れば行きたいと。

自分たちはまだ時間が必要だから、距離を置いた方がいいと。



ミヌは部屋で以前ゲファが作った自分の資料を見て、

何かに気づいた。



ゲファはビョンハクに呼び出され、公園へ行く。

「本当にすまなかった」と謝るビョンハク。

ミヌに言われ、自分が間違っていたと言う。


「1度浮気をしたためお前を傷つけてしまい、

全て自分が悪かったが、大人の男が謝るのは格好悪い。」


ミヌに謝るように言われたと聞き、ゲファは驚く。


「あいつ、本気でお前を愛してるんだな。

ユン・ゲファさんを愛する男として言わせてもらいます。だってよ。

ちょっとだけ格好良くみえたよ。

だから、俺も勇気を出したんだ。

許してくれ・・・俺が悪かった。

全て忘れて再出発してくれ。

もしも、あいつが変なマネしたら俺に言え。

俺があいつを叱りつける。」



ミヌはで『ユン・ゲファのための人生提案書』を作る。

そしてゲファに渡し、読んでから返事してと。


そこには今までのゲファのことが書いてあった。

ゲファが作るジュースは最高で、のり巻きが上手。

家政婦として来て契約社員になった。

イェウンの母親代わりになってくれたありがた女性。

自分の心の中に入って来た女性。

笑っても泣いても可愛い女性。


『だけど僕は、彼女がもうなくことのないように

ずっと笑わせてあげたい。』


将来の計画で、1ヶ月以内に結婚、

結婚1周年にはクルーズ旅行、

結婚5周年記念には世界一周。


読みながら笑うゲファ。



一方、ジョンアは知り合いのところへ行くことになり、

シジュンが見送る。


「良い妻じゃなかったわ。 反省する。」


「時間が出来たら、週末でも会いに行くよ。」



ミュージカルの公演は大成功で終わる。


ミヌはゲファからの連絡を待つ。

ゲファが来て笑顔になるミヌ。


ゲファはこの前のことを謝り、

突き放そうとしたのは本心じゃないと。

それと、ありがとうとゲファ。


「私の人生について、あんなに真剣に長いこと考えてくれて。

だから私、勇気を出そうと思うわ。

ミヌさんのお陰で勇気が出そうだわ。

私がミンジを世界の強風から守ってやるため、

常に力を入れてしっかり生きようとしたけど、

辛ければ頼っていいのね。」


ミヌはゲファを抱きしめる。


「ありがとう。 そう言ってくれて。」


「ありがとう。 また、勇気を出させてくれて。」


「俺も有り難いよ。

今まで俺と、イェウンをしっかり見守ってくれて。

これからは僕が守って行くよ。」


そう言い、見ぬはゲファにキスをした。





いや~、ハッピーエンドで良かったね。


ラストは韓ドラにありがちなカメラワークグルグルの


キスシーンだったけど(笑)


あれ、見てる方ちょっとしんどいよね?


このドラマは子供たちが可愛かったのが印象的。


最後は上手くまとまってホント良かった。


しかしレビュー書くの随分時間がかかっちゃったよ(‐∀‐;)


もう少しスムーズに進むはずだったんだけどな・・・





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

第14話 第15話

コメント

オー!マイレディ 第15話

2012-12-30 22:55:38 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第15話 『最後のチャンス』



ユラに預けたイェウンがデパートで迷子になる。
ゲファからの連絡を受けて駆け付けたミヌは
迷子になったのは自分の娘だと宣言。
イェウンを発見し、優しく抱きしめる。だが、
隠し子が発覚したことで、マスコミに大きく取り上げられ、
全ての仕事がキャンセルとなり、
ミュージカルの主演も下ろされてしまう。
不安を抱えながらもミヌは、
一人でやってみるとユンソクに決別宣言し、
シジュンにチャンスが欲しいと直訴する。
そしてミュージカルの制作発表の日を迎え……。





イェウンが迷子になり、ミヌとゲファは別々に探す。

ゲファは責任を感じ、ショックで座り込んでしまった。

自分が行かせなければと自分を責めるゲファを、

ミヌは抱きしめ宥める。

それをシジュンとユラが目撃。


ミヌは人だかりになっているのを見つけ、

見に行ってみると・・・

そこは紳士服売り場で、ミヌの等身大パネルがあり、

その手をイェウンが握っていた。

イェウンの名前を呼ぶミヌに、イェウンは笑顔で振り向く。

そんなイェウンを抱きしめたミヌ。

周りの人たちや記者に写真を撮られるも気にしなかった。



ゲファとマンションに戻り、イェウンを寝かしつけるミヌ。

ゲファはリビングにあったイェウンの写真や服が

箱の中にあったのを見た。

ゲファはミヌにイェウンを預け、家に帰って行く。



翌朝、イェウンに朝食を作るミヌ。

イェウンを見て「美貌は遺伝だな」と言うと、

「うん」と返事が返ってきた。

イェウンの声が出たことに感激したミヌは大興奮!!



イェウンを幼稚園に送ったミヌは大きくため息。

マンションに戻るとロビーにはマスコミが待ち構えていた。

部屋へ戻るとマネージャーが、

違約金はキャンセルも含め30億ウォンだと怒鳴る。

ミヌにこの部屋を出て行くように言う。



新聞にはミヌに隠し子と載ってしまう。


ゲファはミヌのスキャンダルのことを

会社で言われ肩身が狭い。

シジュンにミヌのキャスティングのことを聞くと、

投資家たちは厳しくスキャンダルを嫌うと。

ゲファはなんとかミヌをそのままにと頼むが、

自分がそうしなければならない理由があるのか?と言われる。

自分にはキャスティングへの発言権はない。

それは投資家たちが決めることだと。



ミヌに呼び出されたシジュン。

キャスティングの件は投資家たちの

反応を見ないと分からないとシジュン。

自分は何も言えないと言うミヌにシジュンはスタジオの鍵を渡す。

誰もいないから自分の意志は練習で見せろと。

シジュンの厚意に感謝するミヌ。



ネットの書き込みを見たゲファはため息。

ミヌ引退との文字も。



ミヌは1人で練習をしていた。

それを見ていたゲファ。


ミヌはゲファにイェウンの母親は沢山付き合ってた中の1人だと。


「彼女のことは記憶になくて・・・

愛してる訳でもない。

そんな僕の子を妊娠してるなんて知らなかった。

彼女にも申し訳ないと思ってる。

イェウンも・・・

そんな僕と彼女の間に生まれてきて可哀想だと思う・・・

本当にこんな愚かな父親と母親で、

イェウンにも申し訳ないと思ってる。」


そしてイェウンの母親からの手紙に、

『探さないでほしい』と書いてあったと。

それを聞いて驚くゲファ。

ミヌはこんな自分がイェウンを育てることが出来るのか、

良い父親になれるのかと。

出来るわと励ますゲファ。



一方、シジュンはジョンアが流産した時、

忙しかったのもあったけど、

それを言葉にしたくなかったとジョンアに言う。



事務所ではミヌの代わりに

新しい俳優のプロフィールを提示。

これが重要だとのこと。

音楽の才能豊かな人材を確保したいと。


ゲファはショックを受ける落ち込むが、

シジュンに自分はミヌを信じていると言う。



ミヌのマネージャーは、

ミヌの代役が決定したとのファックスを見る。


「だから言ったじゃないか!

お前がスターだった時に、このミュージカルをやめろと。」


そんなマネージャーにミヌは

もうマネージャーと一緒に仕事はしたくない言う。

怒鳴るマネージャーに「違う生き方をしたい」と。



ミヌはシジュンと最初に会った店に呼び出す。

当時は本気でシジュンに会うこともしなかったと認め、

自分はスターではなく、俳優として舞台に立ちたいと告げる。

シジュンはスターではなく、

俳優として最後の練習の結果を見て決めると。



ユラはミヌに会い、イェウンを迷子にしたことを謝る。

「もういい・・・」とミヌ。

自分のせいでミヌの隠し子がバレたことを気にするユラ。

ミヌはユラにイェウンのことを隠してたことを謝る。


「あなたは本当にイェウンが好きなのね。

私、あなたが子供のことを嫌いだと思ってたわ。

きっと、成長したんだと思うわ。」


そしてゲファのことを聞くユラ。


「なんでもないんでしょ?」


「いや、なんでもないと思わない。」


笑顔で答えるミヌ。



ネットにイェウンの母親の独占インタビューが!

との記事が載り、大騒動になる。

これを信じないゲファはロビーにいるマスコミに

バケツで2杯もの水をかける。


「子供がいるのが何故悪い!!

マスコミがこうして騒ぐから、隠してた・・・

言えなかったのよ!!

傷ついた子供の責任は取れるの!?」


けど記者たちはそんなことお構いなしに、

母親のことを知っているのかと今度はゲファを追いかける。

そこにミヌが車で来て助けてくれた。



車の中でミヌはゲファにガッカリさせない、頑張ると言う。

イェウンのことでマスコミが騒ぐのを恐れたゲファは、

ミヌがマンションに戻るのは大変だろうと心配する。

すると笑顔でゲファは自分に対する責任を

取らなければならないとミヌ。


ゲファの家でご飯を食べることに。

みんなでご飯。

イェウンに話しかけながらご飯を食べるミヌを見て、

ミンジがミヌに言った。


「おじさん、いいお父さんみたいね。」



ミヌは最後まで諦めずにミュージカルの練習。



ミュージカルの記者会見の日。

テーブルの準備をするゲファは、

ミヌがいるべき場所なのにと寂しい。

その頃、見ぬは諮詢から最後の報告を受けていた。



マスコミが集まり、会見が始まる。

シジュンが出演者を順番に紹介。

ミヌの名前を呼び、ダブルキャストと発表した。



ミュージカル初日を迎え、大成功したミヌ。

観客から大きな拍手と花束をもらったミヌだが、

ゲファからの花束を待っていた。

恥ずかしそうに舞台に上がり、花束を渡すゲファ。

するとミヌがゲファを抱きしめた。



ミュージカルが終わり、誰もいなくなった舞台に上がるゲファ。

そこへミヌがやって来た。

ゲファは本当に素晴らしかったと、明日の新聞が楽しみだと。

他の人が何を言っても気にしないとミヌ。

ゲファもミヌを信じると、今後も上手く出来ると言う。


「本当に僕を信じてくれる? 上手く出来ると?」


「勿論。」


「ゲファさん、うちに戻って来ませんか?

イェウンのお母さんになって下さい。

本当のイェウンのお母さんに・・・」


驚くゲファ。





イェウン可愛かった~♪


ミヌのパネルの手を取ってるとこが特に!!


ミヌも父親らしくなってきたし、


ミュージカルも成功したし良かったよ。


そしてゲファにプロポーズ!?


どうなるんだ~!!





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

第14話

コメント

オー!マイレディ 第14話

2012-12-20 22:17:43 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第14話 『一人ぼっちの部屋』



ミヌとの同居が発覚したゲファは、
ミヌの家を出る決意をし、一人で部屋を探す。
一方、シジュンに離婚を言い渡していたジョンアは家を出て行く。
ゲファとシジュンはお互いの事情を知り、
ゲファの部屋探しにシジュンが付き合う。
部屋を決めたゲファは、
イェウンとミンジを引き取って暮らすとミヌに告げる。
ゲファの新居にイェウンの荷物を持ってきたミヌは、
ゲファとシジュンの親しげな様子に複雑な気持ち。
その後、一人ぼっちのマンションで一抹の寂しさを感じる……。





イェウンを抱いているミヌを見て驚くユラ。

ゲファも部屋にいるのを見て、ミヌの言葉を聞かずに

そのままユラは帰って行く。

ミヌは追いかけるがユラは見つからなかった。



シジュンの家では、ジョンアが

離婚の準備が出来たら教えて欲しいと言い、

旅行へ行ってしまう。



ゲファはミンジとイェウンと住む家を探す。

それを知ったシジュンが手伝おうかと言うが、

友達もいるからと断る。


シジュンはジョンアが家を出て行き、

離婚のことをゲファに話す。

そんなシジュンを励ますゲファ。

部屋を探すゲファについて回り、

一緒に部屋を見てくれるシジュン。



ゲファたちの新しい部屋が決まり、シジュンが来てくれた。

イェウンに挨拶したシジュンは、イェウンを抱っこする。


シジュンの話を聞いたゲファは、

ジョンアは流産したことを後悔していて、

シジュンに申し訳なく思っているとゲファ。

シジュンも、ジョンアが浮気をしたのは自分のせいだと思っていた。



元夫・ビョンハクがミンジをゲファの新しい部屋に連れて来る。

ミンジとゲファは大喜びで再会。

ビョンハクが帰る時、ミヌの車と擦れ違った。


ミヌはイェウンの荷物を持って来た。

部屋にシジュンがいて、

イェウンを抱っこしているのを見たミヌはイヤな気分に。

おまけにゲファとミンジとも親しい雰囲気で、

面白くないミヌ。


ゲファがミンジとイェウンの服を整理していると、

ゲファの気を引くために我が儘を言い出すミヌ。

そんなミヌの気持ちを感じ取ったミンジが我が儘を阻止。



ミヌはマンションに帰る。

勿論部屋には誰もおらず・・・

イェウンの折り紙を見て寂しさを感じるミヌ。



翌朝、「おばさん、コーヒー」と言うが、

部屋に1人なことに気づくミヌはゲファに電話。

電話の向こうから楽しそうな子供たちの笑い声が聞こえ、

寂しいミヌ。



会社にビョンハクが来て、スキャンダルを起こしたミヌはまだ?と

嫌味を言うビョンハクに怒るゲファ。

騒動を起こしたスターを使うなんて投資やめようかなとビョンハク。

シジュンもいい加減キレた?のか、「やめていいです」と。

驚くビョンハクとジェヒたち。

他に投資してくれる人が見つかったとシジュン。

ビックリのビョンハク。

ゲファは嫌味なビョンハクを追い出せて嬉しそう。



ミヌのレッスンを見学するシジュン。

ミヌにこれからは自分の人生を真面目に考えるよう言う。

ミヌはシジュンが言ったことを聞き入れる。

そしてシジュンに結婚してるのにゲファと仲がいいことを指摘。

「何故そんなことを聞くんだ?」とシジュン。

イェウンの面倒を頼んでいるからだと言い訳をするミヌに

微笑むシジュン。

ミヌの気持ちを見抜いてる?ようだ。



ジョンアの浮気相手と会ったシジュンは、

ジョンアはまだシジュンを想っていると聞かされた。

ジョンアは一緒にアメリカには行かないよう。



ユラはイェウンと一緒に遊び、親しくなりたいと

ゲファに頼み保育園に迎えに行く。

ゲファにイェウンのことを色々言われるけど、

全然聞かないユラ。

イェウンを連れ出すユラを見てマネージャーは尾行。


ミヌのマンションに、国際郵便で荷物が届く。

中にはイェウンが生まれた時の写真や

おもちゃなどが入っていた。

アルバムを見て微笑むミヌ。

手紙も入っていて、『探さないで欲しい・・・』と。

それを読んだミヌは考える。



デパートに行ったユラはイェウンの服を選ぶ。

次々と着替えファッションショーのよう。

服を買った後、自分の服を見たくてしょうがないユラは、

イェウンがトイレに行きたい様子に全く気付かない。

1人になってしまったイェウンは歩いて移動してしまう。



館内放送で迷子の案内が流れ、

これを聞いたマネージャーはユラを怒る。

いなくなったイェウンを必死で捜すマネージャーたち。


ゲファもイェウンが行方不明だと聞き、

慌ててシジュンと駆けつけた。

ミヌにも連絡。

ミヌは変装もせずデパートに来てしまい注目を浴びる。

ゲファを見張っていた記者もデパートへ。

ミヌは焦って担当の職員を怒鳴る。

それをユラは宥めるが、その手を振り払い怒るミヌ。

記者や周りの一般人も見てる中、

イェウンを捜して欲しいとミヌ。


「僕の娘です。」


ミヌの言葉に人々は驚く。





あら~。


ミヌってば大勢の人がいる中で娘だって言っちゃったね。


どうなっちゃうのかしら・・・


にしてもユラはダメだな(-_-;)


小さい子いるのに自分の買い物って!!





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

コメント

オー!マイレディ 第13話

2012-11-06 22:05:48 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第13話 『守りたい人』



ゲファへの取材を一切やめるのを条件に、
記者会見の場を設けたミヌ。
だが、その席でゲファと付き合っているとコメントしてしまい、
騒ぎはさらに過熱する。
シジュンはミヌに、ゲファを困らせただけだと言い、
これ以上彼女を傷つけるなと告げる。
一方、ミヌはユンソクを見返す方法をシジュンに訊ね、
ソロの歌を練習しろとアドバイスを受ける。
会社にいたゲファのもとに、
ハン記者が押し掛けたことを知ったミヌは
マスコミが見守る中、堂々とゲファを救出する。





記者会見でミヌはゲファのことを

いい関係で会っていると付き合っているとコメント。

これを見ていたユラは激怒する。


「あの女なの?

いい感じで会ってるのは私じゃない!!」



シジュンの会社にはマスコミとファンがゲファを待っている。

ゲファは会社に向かい、シジュンたちに謝る。

騒動を起こしてしまったから責任を取ると言い、

会社を辞めるとゲファ。


ビョンハクはゲファがミヌとスキャンダルになり、

こんな騒動なら投資を考え直すと。



シジュンはミヌを呼び出した。


「失望した。 あれが解決になると思うのか?

問題を大きくしている。

あれじゃ、ゲファさんが傷つく。」


前に言って聞かせたはずなのに、

全然理解していないとミヌに言う。

マスコミやファンに騒がれ、ゲファは前より傷ついてると。



ユラがミヌの会見の事実を確認に会社に来た。

ゲファはミヌが好きなのはユラで自分は関係ないと。

あれはマスコミ対策の会見だと言い、

心配する必要はないとゲファ。

ミヌがユラに自分で説明するまで待つよう言う。

ゲファの言葉に安心し帰るユラ。



マネージャーに呼ばれたミヌは、

事務所の再契約を断る。

マネージャーはイェウンとの

DNA鑑定結果の書類を見ていた。



ミヌはユラに呼び出されて行くと、

ミヌが説明してくれるまで待つと言われ驚く。



夜になっても会社の前にはマスコミとファンが。

ゲファは仕事で残っていた。

そこへ記者が偽って中に入って来た。

ゲファに取材をしようとしているよう。

それを知ったミヌはマスコミやファンがいる中、

ゲファを迎えに行き手を取って出て来る。

撮影されながらゲファを車に乗せて帰るミヌ。

これを目撃していたシジュンは微笑んだ。



シジュンは家に帰るとジョンアから離婚書類を出される。

仕事人間のシジュンに耐えられないと・・・

浮気する自分を知りながら放置されてるのも寂しいと。



一方、車の中の2人。

ゲファは記者会見のことでミヌに文句を言う。

自分を巻き込んだのはミヌだと。

ミヌはゲファに謝る。



ミヌのマンションの前にもマスコミとファンがいっぱい。

驚いたゲファとミヌはどうするか考える。



ユラはネットでミヌがゲファの手を引き、

車に乗る写真を見てまた激怒!!

テグの店に行きテグにミヌを呼び出すよう言う。

そこへヨニから電話が。

テグを問い詰めるユラは、

ミヌに子供がいることを知り驚く。



マンションン戻れないミヌたち。

ミヌはホテルにゲファとイェウンを送る。



ユラはミヌのマンションに。

部屋にある折り紙やぬいぐるみを見て、

やっぱり子供がいるのか?と思う。


ミヌから突然別れを言われるユラ。

その時、ゲファから電話が。

その電話でミヌに追い返されるユラは怒る。

すると、ミヌがぬいぐるみを持って、

車で出て行くのを目撃したユラは追いかける。



ミヌはゲファがいるホテルの部屋へ。

ゲファは笑顔で迎え、ミヌは部屋の中へ入って行く。

ずっと見ていたユラは部屋をノック!!

ゲファが出て来て、イェウンを抱いたミヌがいた。

ユラを見て驚くミヌ。





ゲファ~(‐∀‐;)


ノックされたからって気軽に出ちゃダメだろ・・・


しかしユラの執念はスゴイな。


ミヌはユラにもバレちゃってこの後どうするのか。


やっぱホントのこと言うのか?





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

コメント

オー!マイレディ 第12話

2012-10-18 21:46:41 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第12話 『止まらない報道』



ミヌの家にゲファが住んでいることをシジュンが知ってしまう。
二人の会話を聞いたハン記者が翌朝の新聞に記事を掲載し、
世間は大騒ぎに。
ミヌのファンから嫌がらせを受けるゲファをシジュンが救いだす。
ユンソクは、ゲファがミヌの過去の事故に言いがかりを付けて脅迫し、
ミュージカルに出演させたと嘘の情報を流す。
ミヌの秘密を守るためにゲファが
口を閉ざしていたと知ったシジュンは、

ミヌを呼び出して殴り、責任はミヌにあり、
自分で解決するように言う。






ゲファはミヌと暮らしていることをシジュンに認めた。

これを聞いていたハン記者はビッグニュースだと新聞社に電話。



シジュンはミヌのマネージャーから言われた言葉を思い出す。


「あのおばさんを信用しない方がいい。」


家へ戻るとジョンアから離婚を切り出された。



イェウンの保育園のノートに忙しいゲファの代わりに

サインをするミヌ。

そしてイェウンに靴下を履かせてあげる。

イェウンは笑顔になり、それを見てゲファも笑顔に。

イェウンのためにも自分が我慢すればいいと思ったゲファ。

ところが新聞には既にミヌの記事が!!



シジュンはプロデューサーから新聞を見せられ驚く。


『スターSがミュージカル会社Tの社員と同棲している』


スターSとはミヌのことなのでは?と。



マネージャーはミヌの新聞記事を持ってミヌ宅へ。

何故バレたのかとミヌを責める。

激怒しながら始末はするとマネージャー。

バレたことがショックのミヌ。



ミヌのマンションロビーには記者とファンでいっぱいに。

そこにユラが来て警備員にミヌの友達だと言うが

拒否され怒るユラ。



ゲファが会社に着くとマスコミとミヌファンがこっちにもいっぱい。

ゲファは写真を撮られ、ファンから卵を投げられる。

そこにシジュンが来て助けてくれた。



シジュンからミヌの新聞記事を見せられたゲファは驚く。

「どうしよう」とミヌの心配をするゲファ。

その頃、ミヌはゲファに電話するも、

ゲファは携帯を忘れていた。



マネージャーはハン記者を呼び出し、

ゲファに脅迫されミヌはミュージカルをすることになったと説明。

ゲファが悪いと言うマネージャー。


ハン記者はネットカフェで記事を書く。


『スター! ソン・ミヌを脅迫する

ミュージカル会社Tの社員!』



ミンジに電話したゲファは、

学校に行けなくなったと言うミンジに謝る。

そしてミヌを心配し電話するが怒って切られてしまう。



ミヌが脅迫されていると

TVのニュースでやってるのを見て驚くミヌ。

シジュンとゲファもこのニュースを見ていた。

ショックのゲファはボクニムのイェウンのことを頼む。

これをシジュンが聞いていて、ミヌの秘密を知り驚く。



ミヌはマネージャーに電話。

ゲファひとりが悪者になっていると怒る。



ゲファの元夫・ビョンハクはニュースを知り、

会社に怒鳴り込む。

ゲファは脅迫なんて出来る人間じゃないと怒り、

会社の対応次第では投資もやめると言う。



ミヌを呼び出したシジュンは、突然ミヌを殴る。

自分の問題は事故解決しろと。

そしてゲファが隠れている理由を問い、ミヌを責める。

ゲファはミヌの秘密を守るために隠れていると言う。

ミヌはゲファがいる場所を聞く。



ミヌはゲファに会うためゲファのいるサウナへ。

これから悪い噂はもっと広がるけど、

いつかは消えるから我慢して欲しいとミヌ。

サウナでもゲファのことを色々言っているのを耳にし、

ミヌはゲファの耳を押さえ、「俺だけを見て」と。

そして心の中でゲファに謝るミヌ。


(すまない。 俺の為に・・・こんな辛い思いを・・・)


ボクニムがイェウンとミンジをサウナに連れて来てくれる。

ゲファはボクニムに感謝する。



ミヌはシジュンを呼び出し2人でお酒を飲む。

事務所を出る不安をシジュンに正直に話すミヌ。

2人は仲直りした。



マンションに帰ったミヌはマスコミに囲まれる。

明日記者会見を開いて全てを話すから、

インターネット上にあるゲファの記事を消して欲しいと

頭を下げたミヌ。

これを知ったマネージャーは怒る。



翌日、ミヌは記者会見を開く。

ミュージカルは自分の意思で出演を決めたから、

脅迫などないと。


会見をサウナで見ていたゲファは一安心。


記者がゲファとの関係を聞く。

ネットで見ていたユラは気が気じゃない。


「いい関係です」とミヌ。


ゲファは驚いた!!





ミヌ、全部バラしちゃうのか!?


ゲファにとっては一難去ってまた一難(-_-;)


まだまだ気が抜けない日々が待ってるね。


ミヌは会見しちゃったけど、


マネージャーがこのまま黙ってるとは思えないな~。





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 第11話

コメント

オー!マイレディ 第11話

2012-10-14 21:40:44 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第11話 『固まる結束』



ユンソクらがゲファを拉致したと
シジュンから連絡を受けたミヌは、
ユラとの日本行きをすっぽかして
シジュンと共にゲファの救出に向かう。
ミヌはユンソクにイェウンを施設に預けないと宣言し、
その夜、ゲファにひどい目に遭わせたことを謝る。
ゲファはミヌに稽古を真面目にやる旨の念書を書かせ、
ミヌは着実にレッスンをこなし成長していく。
ある日のこと、ユラと会った後に、
「ザ・ショーカンパニー」の社員たちと夕食をともにしたミヌ。
2次会はミヌの家で行うことに……。





マネジャーを殴ったミヌ。

そしてシジュンはゲファを連れて行く。


信じていたマネージャーに裏切られ、

怒り爆発のミヌはゲファにサインさせようとしていた

契約書を破り捨てる。


「これからは兄貴の好きにさせない。

バレたっていい。

自分のやりたいようにやる。

2度とこんなマネするな!!」


もしまた同じようなことをしたら全てを明らかにして、

自分も兄貴諸共潰れても構わないと。



ゲファになんでこんなことになったのか聞くシジュン。

ミヌのミュージカルに反対するマネージャーが

邪魔をしていたとゲファ。

ミヌの仕事に関わらないと契約書にサインさせられそうだったと。



空港ではミヌが来なくて待ちぼうけ中のユラ。

キム記者に捕まり、ミヌはスターだから

やはりスキャンダルが怖くて来なかったんだと言われる。



家に戻ったミヌは今までの態度や、

マネージャの言葉を信じて

イェウンを孤児院に入れようとしたことをゲファに謝る。



翌朝、ミヌはイェウンに声をかけるが、

ゲファが来ると知らん振り。

ゲファにミュージカルの練習を真面目にすると約束。

そして契約書にサインさせるゲファ。

契約内容は、ミュージカルのリハーサルに集中すること、

時間を守ること、ミュージカルを成功させること。

そして追加でこの約束を破ったら男じゃないと。

ミヌは本気になると決意。



ミヌはジョンアたちとミュージカルの練習。

ジョンアはミヌを褒める。



ゲファはシジュンと食事中に気分が悪くなる。

元夫に女がいると言われた時に食べていたものらしい。

未だそのショックを引きずっているゲファ。



ゲファの代わりにボクニムがイェウンのお迎え。

そしてミヌの家に連れて行く。

ミヌに会い緊張するボクニムだったが、

きちんと子供と向きあった方がいいと言う。


ミヌはイェウンに折り紙のことを謝る。

するとイェウンは折り紙の本を渡し、象を折るようリクエスト。

ミヌは必死で折るが結局出来ず・・・

お腹が空いたイェウンにスパゲティを用意。

まだ上手く食べれないイェウンは零したり、落としたりする。

ミヌはボクニムの言葉を思い出した。

子供が誤解したら謝ること、イタズラしても怒らないこと。

ミヌはイェウンのイタズラも我慢した。

トイレに行かせたり、絵本を読んだりするミヌ。

ゲファが帰ると、ミヌとイェウンが一緒に眠っていた。

その様子を見て微笑むゲファ。



ミヌはミュージカルの練習を真剣にやっていた。

ユラに呼び出されたミヌ。

空港に行かなかったことをユラに謝った。



シジュンたち社員と一緒に食事したミヌ。

その後、ミヌの家に行くことになってしまった。

2人で先に帰り、部屋を片付ける。

そしてシジュンたちがミヌの家へ。

ミヌの家なのにやたら詳しいゲファを怪しむジェヒ。

シジュンはミヌがミュージカルのDVDを見てることを知り、

なんだか嬉しそう。

お開きになりみんな帰って行く。

ゲファがミヌと一緒に住んでいることを知らないシジュンは、

車でゲファを駅まで送ることに。


ゲファは駅からイェウンを迎えに行きミヌの家へ戻る。

その頃、キム記者がまた駐車場に。


部屋の片付けをしてゴミ出しするゲファ。

その時、シジュンとバッタリ会う。

シジュンはミヌのDVDを渡そうと戻って来たよう。


「何故ここに?」


「私がここに住んでいることは本当です。

でも・・・・・」


シジュンに説明をするゲファ。

それを聞いていたキム記者は驚く。





記者に聞かれてしまったよ~!!


どうするの~!! (゜Д゜≡゜д゜)


どうなるの~!!


ヤバイ・・・よね?


折角ミヌがミュージカルの練習をちゃんとやってるのに、


スキャンダルになってしまったら・・・


またやる気なくすんじゃ?


そうなったら大変だ!!



相変わらずイェウンが可愛くて癒される( ´艸`)


ミヌとの関係も良好になってきたけど・・・





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話

コメント

オー!マイレディ 第10話

2012-10-11 23:00:22 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第10話 『ミヌの決断』



ミヌから家を出て行くように告げられたゲファはショックを受ける。
「ザ・ショーカンパニー」では、
新たなスポンサー候補にプレゼンを行うことになるが、
やって来たのはビョンハクだった。
戸惑うゲファだが、投資をして欲しいと頼む。
一方、ユンソクは、ミヌがゲファやイェウンと
家族のように振舞う隠し撮り写真の存在に慌て、
日本への旅行を手配しユラにミヌを誘わせる。
イェウンはミヌに捨てられそうだと感じ取り、
荒れている様子だが、ゲファを見ると初めて声を発し……。





「本当にイェウンを捨てる気なの?

そんなこと出来るの?」


ミュージカルを成功させたかったんじゃないのか、

自分やイェウンはミヌにとってなんでもないのかとゲファ。


「ああ、出来るさ。 なんでもない。」


ミヌはショーも子供もゲファももう関係ないから

出て行ってくれと言う。



ゲファはボクニムに話をする。

ボクニムは驚いたが、ミヌの気持ちが変わるまで待とうと。



ゲファは新しい投資家を迎えるため会社を掃除。

緊張して待っていたら、ゲファの元夫・ビョンハクが来て驚くゲファ。

ビョンハクは嫌味を言いながら席に着き、

プレゼンの前に名前を言えと横柄な態度。

ゲファがチーム長であることにも嫌味をたっぷり。

そんなビョンハクにうんざりのゲファ。


ビョンハクが帰った後、元夫だとみんなに説明するゲファ。

ジェヒたちはビックリ!!



ネットにミヌがイェウンを抱いた写真が出ていて、

それを見て驚いたマネージャーはミヌを呼び出そうと連絡するが、

携帯が全然通じない。

ミヌを呼ぶことを諦め、運転手に2泊3日で

日本行きのチケットを取るよう言う。



事務所に突然記者がやって来た。

ミヌはいつ結婚したのか?と聞かれ、驚くマネージャー。

記者の質問攻めに対し、マネージャーは電話だと誤魔化した。

そしてユラと日本に休暇で明日行くことを

記者に聞こえるよ話すマネージャー。


マネージャーはユラに連絡し呼び出す。



テグの店にいたミヌはユラに呼び出された。

そしてユラから日本への旅行を誘われる。

マネージャーにスケジュールを確認しようとしたミヌに、

既に休暇を確認済みだとユラ。


旅行に行くには色々必要だと買い物に行く。

車の中にあったイェウンのウサギの耳がユラに見つかり、

慌てて誤魔化すミヌ。



ゲファはイェウンのためと、ミヌに部屋を掃除。

そして料理も。

イェウンと一緒に折り紙で動物園を作るゲファ。



ミヌはユラとデート中。


「ずっと前から好きだったの知ってたろ?」


「そんなこと言わなかったじゃない。」


ミヌはユラに付き合わないか?と言い、

キスしようとするがゲファの顔がチラついた。

焦ってキスをやめたミヌ。

気まずい雰囲気が漂った・・・



ゲファを思い出し、ユラにキス出来なかったことを

エレベーターの中で悔やむミヌ。


部屋に戻り、テーブルの上にあった折り紙の動物園を

足で払い荷物を置くミヌ。

ゲファがイェウンを抱いて来ると、

折り紙が無残なことになっていて・・・

ショックで部屋へ行ってしまうイェウン。


イェウンがミヌのために作ったのにと言ったゲファに、

どうしてそんなことが分かると。

イェウンは話せないだろうと怒るミヌ。



翌朝、イェウンを保育園へ連れて行ったゲファ。

イェウンがまた保育園イヤイヤ病に。

仕事に行かなきゃいけないのとイェウンに言うゲファ。

しかしイェウンはゲファにしがみついて離れない。



会社では投資が決定したと喜ぶスタッフたち。



ミヌは旅行の準備。

マネージャーと携帯で話していたミヌは、

マネージャーのパソコン内にイェウンたちと

動物園に一緒に行った写真があるのを見てしまった。

そしてあの日、写真を撮られていたことを思い出すミヌ。

もしかしてマネージャーが撮ったのではないかと

ショックを受けるミヌ。



一方、保育園でイェウンがゲファに「おばさん」と話した。

感激するゲファはミヌに連絡するが、ミヌは無視。


運転中に泣いている子供を発見し、イェウンを思い出すミヌ。

車から降りて子供の側へ行こうとすると親が来た。

ミヌは自分がしたことで笑い出す。



ゲファはマネージャーにつかまり、無理矢理車に押し込まれる。

それを見ていたシジュンは尾行。



空港でミヌを待ってるユラ。

記者もホントにミヌが来るのかと待機していた。



尾行に失敗したシジュンはミヌに連絡。

マネージャーがゲファを連れて行ったと聞き驚く。

ミヌはマネージャーにすぐ電話。

今すぐ会いたいと言うと、空港じゃないのか?と。


ミヌは携帯にあったゲファのメッセージを聞く。

イェウンが喋ったと、これを聞いたらすぐに連絡するようにと。

ミヌはゲファの携帯にかけるが通じない。



その頃、マネージャーはゲファに

契約書にサインするよう脅していた。

ゲファは怯えながらもサインを拒む。



シジュンはミヌに会い、この辺りで見失ったと。

この辺りはマネージャーがいる場所だとミヌ。

シジュンは警察を呼ぼうかと。



「絶対、サインしない!!」


頑張るゲファを脅すマネージャー。

そこへミヌが入って来てマネージャーたちを殴る。

シジュンはゲファの手を取り、行こうと言う。





イェウンが喋った~!!


驚いたよ。


ミヌもイェウンを意識してるみたいだし、


今後どうなるのか気になるところだわね。


しかしマネージャーは半分ヤクザみたいだな・・・(‐∀‐;)


こっちもどうなってしまうのか。


ユラはすっぽかされたか?(笑)


ミヌはゲファを助けに行っちゃったしね。


ちょっといい気味です。





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話

コメント

オー!マイレディ 第9話

2012-09-27 22:10:32 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第9話 『スキャンダルの兆候』



資金提供を申し出て、
シジュンのプライドを傷つけたミヌをゲファは責める。
怒ったミヌはゲファを路上に置き去りにし、
イェウンだけを車に乗せて帰宅。
駐車場からイェウンを抱いて部屋に戻る際、
後ろ姿をハン記者に目撃され、
隠し子の推測記事がネットに出てしまう。
ユラはユンソクにゲファがミヌに
近付き過ぎではないかと意見する。
ミヌのミュージカルに勝算がないと考えるユンソクは、
イェウンを施設に預けることと、
ゲファを追い払うことをミヌに提案する。





ミヌはシジュンにミュージカルの資金提供を申し出るが、

シジュンの怒りを買ってしまう。

ゲファはミヌの言い方を注意するが、

ミヌは助けたいだけだと。

しかしミヌの言い方ではシジュンが傷つくと言い、

ゲファとミヌが言い合いになってしまう。

ゲファはミヌは若いから理解してあげて欲しいと

シジュンに頼む。

けどミヌは自分が間違っているのか分からない。

ゲファを置いて車で行ってしまう。



ゲファがいないのでミヌがイェウンを抱いて

部屋に戻ろうとするが、

そこで張っていた記者に見つかってしまう。

イェウンを抱いたまま走るミヌ。

記者はミヌだと思い追いかける。

子供を抱いていたことを怪しんだ記者。


車に隠れてゲファに連絡するが通じない。

記者はその場でミヌが出て来ないか待っていて・・・

そこへ警備員が来て記者を追い出した。



ミヌはイェウンをベッドに寝かせる。

眠ってるイェウンを見つめるミヌ。

そこへゲファが帰って来て文句を言う。



一方、ミヌに逃げられて悔しい記者。

ネットカフェで『イケメンスター“S”には隠し子がいる?』

との記事を流す。



翌日、ゲファはミヌは悪い人間じゃなく、

言い方が悪いだけだとシジュンに説明。

ミヌもミュージカルを成功させたいだけなんだと庇う。

シジュンは仕事に私情を挟まないと、

昨日のことは忘れたと言う。



仕事後、ジョンアと話すゲファ。

ミンジと話すゲファを羨ましそうに見るジョンア。

昔、妊娠したけど仕事が忙しく流産したらしい。


「“大丈夫だよ”と言葉が欲しかったけど、

彼は言ってくれなかった。

全ては私のせいなの・・・」


ゲファはその気持ちを言うべきだと言うが、

ジョンアは遅すぎると。



マネージャーがミヌのネットの記事を見てミヌを怒鳴る。

驚いたミヌ。

マネージャーに聞かれ、駐車場で記者に見つかったと話す。

記事のせいでCMもキャンセルされたと怒られるミヌ。



ユラに呼び出され店に行ったミヌ。

男性用のタキシードをデザインしたから、

ミヌに試着するよう言った。

そして何故か自分もウエディングドレスを着るユラ。

「娘がいたら可愛いでしょうね。」とミヌに言うユラ。

ミヌは「もう娘はいるんだ。」と呟く。



ユラはミヌのマネージャーにゲファが邪魔だと言う。

スター・ミヌの側に女を置くな!と。

「彼女がストーカーだったら?」と脅しまで・・・



マネージャーはミヌに、

イェウンを施設に預けてゲファと関わるなと。

お金を渡せばゲファも納得するだとうと言う。

スキャンダルを隠すためにもタイミングが大事だと。

イェウンを孤児院に預け、後で連れ戻すとマネージャー。

後で引き取れば捨てる訳じゃないと。

スターであるソン・ミヌのスキャンダルとしても、

隠し子がいるのは困ると。

それに納得したミヌ。



ソファでTVを見ていたイェウンの隣に座るミヌ。

イェウンがミルクを零してしまうが、怒らずに頭を撫でる。

それを見ていたゲファはミヌの変化に驚く。

ダメ元でミヌにイェウンを動物園に連れて行ってと言うと、

ミヌは分かったと。



ミヌは変装してイェウン、ゲファと動物園に。

楽しく過ごしていたが、誰かに写真を撮られてしまう。

ミヌとゲファはそれに気づかなかった。

その後、撮られたことに気づいたミヌ。

けどどうすることも出来ず・・・



シジュンは将来の新しい投資家のためへの

プレゼンの詳細をゲファたちに説明。

大きな会議だから資料が必要だとジェヒたち。

仕事が終わりシジュンに送ってもらったゲファ。



家に戻ったゲファはミヌの電話を聞いてしまう。

イェウンを孤児院へ送ると・・・

動物園はミヌの最後?の優しさだった。

ゲファは当然反対!!

ミヌを説得しようとするがミヌの決意は固かった。

後で養子にすると言うミヌに驚くゲファ。


「俺は見捨てない。

必ず、後で養子として取り戻す。」


「それはマネージャーの考えでしょ?

あなたじゃないでしょ?

こんなこと、あなたはする人じゃないわ。」


「俺はこういうヤツなんだよ。

知らなかったのか?」


ミヌの言葉にショックを受けるゲファ。


ミヌは記者の記事で、自分のスター生命に不安を感じ、

イェウンがバレたら終わると。

子供1人で自分の人生を捨てるのかと自問自答するミヌ。


「このままじゃ結婚も出来ない。

いつまでこうやってビクビク生きなきゃならないんだ?」


「あなたは本当にイェウンを捨てることが出来るの?」


「ああ・・・出来る。 この家から出て行ってくれ。」





大変なことになった!!


イェウンがバレちゃったよ~。


どうするんだ?


本当に孤児院に送っちゃうのか?


そうでなくても話さないイェウンが、


更に傷を負わせたらどうなっちゃうんだ・・・


それにしてもユラがムカついてしょうがないのよね!!(ー'`ー;)


あの女のどこがそんなにいいんだ、ミヌよ・・・





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話

コメント

オー!マイレディ 第8話

2012-09-11 22:15:12 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第8話 『何度目かの危機』



ゲファがシジュンの車に乗り込むのを目撃したミヌは、
複雑な気持ちのまま帰宅。
一方、シジュンはゲファに誕生日ケーキを渡し、
ミンジのもとに連れて行く。
ゲファが期待の社員だとシジュンから聞き、嬉しそうなミンジ。
翌日、ミュージカル出演者のオーディションにゲファは大張りきり。
休日だったミヌは珍しくスタッフの昼食に合流する。
ジョンアが愛人同伴だったことでシジュンは不機嫌になるが、
ゲファと出かけて気分転換。
そんな中、ミュージカルへの投資が撤回され……。





シジュンがゲファを送るとミンジと会った。

ゲファはミンジにシジュンを紹介。

シジュンはゲファは仕事が出来るチーム長だとミンジに言う。

それを聞いて喜ぶミンジ。

ゲファの誕生日のケーキを受け取り、お礼を言った。


ゲファはミンジと公園でケーキを食べる。

その様子を車の中から見ていたシジュン。



一方、ミヌはゲファに買ったケーキをマンションのボーイに渡した。

帰って来たゲファが気になりチラチラ見るミヌ。

ミヌはゲファに恋について色々聞く。

若い頃はモテたと言うゲファに驚くミヌ。


「おばさんみたいに純真な人は、恋愛に気をつけた方がいい。

特に結婚している男には注意しろ。」


恋愛は夫が最初で最後だったと言ったゲファに驚くミヌ。



ミヌはパソコンで自分の評判をチェックする。

そして父兄参観に行けなかったミヌのために、

ゲファが撮ったイェウンの踊りを見た。

踊るイェウンを見てニコニコになるミヌ。



ゲファはシジュンからもらった本でミュージカルの勉強。

ミンジは父親にゲファは会社でチーム長で褒められてると言う。

会社の社長がケーキを持って来てくれたと話すと、

何故かムカつくビョンハク。



ビョンハクはゲファを呼び出し、

ミンジで妻はストレスになっているから引き取ってくれと。

部屋を借りてやるからと。

ゲファはミンジのためにも自立したいから、

もう少し待ってくれと頼む。



プロデューサーのデヨンと会い、

仕事の打ち合わせをするビョンハク。

ビョンハクはミュージカルに投資したいよう。

シジュンがクビにしたヒョンジュンは、

デヨンの会社にいる様子。



ミュージカルのオーディションを行い、

その後、みんなで食事。

そこにジョンアが浮気相手を連れて来た!!

それを見て不機嫌になるシジュン。

ゲファが気が付き、シジュンをフォローするが、

それを気にするミヌ。

明るく振る舞うジョンアに気分が悪いシジュンは帰ってしまう。

そんなシジュンをゲファに押し付けるジェヒたち。


車の中でミヌから電話がかかって来たゲファだったが、

シジュンに気を使い電話を切ってしまう。

シジュンはゲファに知ってるのか?と。

ゲファはジョンアの浮気を知っていることを認めた。

浮気は2人に問題があるから起きるとシジュン。

ゲファはジョンアが何か怒っていると。

妻の愛に応えるべきだと言う。

2人で野外ステージを見に行く。

元気がないシジュンに、

ミンジが喜んでいたとゲファが話す。



テグと会ったミヌ。

まだヨニの情報は分からないらしい。

ユラは感謝のメールでミヌを誘い、お茶をする。



会社に来た芸能記者に、ミヌのスキャンダルを狙ってるのか?と

怪しんだゲファは記者を追い出した。



ミヌの家に段ボール箱が届いた。

ミュージカルに必要だと言うミヌだったが、

中身はぬいぐるみでいっぱい。

イェウンにプレゼントだったようで、

ゲファはイェウンに良かったねと言う。

イェウンもミヌも嬉しそうな顔。



トラブルでデヨンに会いに行くシジュン。

ミュージカルにお金を出してくれると言っていた人が、

お金を出すのをやめたようで焦っていた。

既に3回も失敗して莫大な借金があるから、

今回は絶対失敗は出来ないと慌てるジェヒたちやゲファ。



会社に1人残っていたゲファはミンジからの電話で元気をもらう。

ミュージカルが駄目になればゲファも会社をクビになる。

仕事が上手くいかず、愚痴を呟いているのをミヌが聞いてしまう。

帰ろうとしたミヌはシジュンと会う。


シジュンにトラブルを聞いたミヌ。

それをミヌを尾行していたマネージャーも聞いてしまう。


帰ろうとしたゲファは表にシジュンとミヌの車があるのを見て、

2人がいることを知り屋上へ行く。


投資は白紙になったが、自分を信じて待ってくれと言うシジュンに、

ミヌは信じられないと。


「俺が手を貸しますよ。

制作費、いくら必要ですか?」


「なんだと? 殴られたいのか?」


「じゃあ、殴ればいいでしょ。」


2人のやり取りを聞いていたゲファ。





なんだか上手くいかないね~。


ミヌはかなりゲファを意識してるし、


イェウンのことも少しは受け入れてる感じ?


しかしイェウン可愛いなぁ~。


シジュンはこの危機をどうするのか。


ミヌがあんなこと言ってしまったけど・・・


ダメだろ、ミヌ・・・(‐∀‐;)


悪気はないんだろうけどね。





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

コメント

オー!マイレディ 第7話

2012-08-29 21:58:15 | 韓国ドラマ【あ・か行】

第7話 『波乱のバースデー』



ミヌからキスされたゲファは自分を責め、
ミヌは自分のとった行動に動揺する。
翌日、ファッションショーへの出演を控えるミヌは
朝食抜きでダンスのレッスンへ。
ビデオ撮影するはずが、力が出せず延期に。
その後、ゲファはイェウンの保育参観へ。
会社のビデオカメラでお遊戯会を撮影したため、
勤務を抜けたことがバレてしまう。
ゲファが捨て忘れたおでんを食べたミヌは体調を崩し、
ショーの出演は中止に。
病室でミンジからの電話に出たミヌは、
今日がゲファの誕生日だと知る。





ミヌにキスされ驚き、焦るゲファ。

ミヌもなんで?と部屋で悩む。



翌朝、ファッションショーのことでユラから連絡が。

ミヌにショーモデルを頼むユラ。



ゲファはイェウンにスープを作ったが、

具のちくわを食べると痛んでいて・・・

当然イェウンには食べさせられない。

ミヌが起きて来て、顔を合わせにくいゲファ。

昨日のキスのせいで意識しまくりの2人。


ゴミ出しの時、ゲファは痛んだスープを見るが、

イェウンが手紙を渡してきてそのまま忘れてしまう。



ゲファはシジュンにパーティーでの騒ぎを謝る。

シジュンはゲファの状況を理解してくれる。



ボクニムから誕生日のお祝いメールが届いたゲファ。

シジュンはゲファにミュージカルを勉強するようにと本を渡す。

本をもらったゲファは嬉しそう。



ミュージカルビデオの撮影に遅刻したミヌ。

緊張して上手くいかない。

ゲファがミヌに調子を聞きに行くと、

ゲファに過剰反応するミヌ。

周りにいたジェヒたちもビックリ。


ゲファはミヌを呼び出し、キスは忘れようと言うが、

意識してるのはゲファの方だとミヌ。



ファッションショーで脱ぐため、

ご飯を食べなかったミヌを心配するゲファ。


撮影はミヌが調子が出ないと言い、帰ってしまい中止に。

撮影中止になったため、ゲファはビデオカメラを預かり、

それを持ってイェウンの保育園へ。

保育園では今日発表会があった。



保育園に着いたゲファは、1人踊らないイェウンに声をかけ、

踊るように言う。

イェウンはゲファの姿を見たからか踊り始める。

踊ってるイェウンを撮影し始めるゲファ。

ボクニムにイェウンが踊ったことを報告し、会社に戻るゲファ。



一方、家にいたミヌはご飯を抜いたからお腹が空いていた。

そしてゲファが作ったスープを見つける。



シジュンは生徒のヒョンジュンを目撃。

先輩にオーディションがあるか聞いていた。


ジョンアがシジュンのところに来て、

ヒョンジュンのことで怒る。

ジョンアが3年育ててきた優秀なヒョンジュンを

クビにしていたシジュン。

ヒョンジュンが他の事務所のオーディションを受けていたのを知り、

シジュンはクビにしていた。


シジュンとジョンアの言い争いを聞いていたゲファたち。


撮影したビデオを見ようとシジュンが言い、

ジェヒたちと見ることになる。


見ながらミヌにやる気がないのを感じたシジュン。

すると、途中からイェウンが保育園で踊ってる姿が映り、

慌てたゲファは友人の子供だと嘘をついた。

仕事中に保育園に行き、

会社のカメラで撮影したことを怒るシジュン。

ゲファは謝った。


「あなたには失望した。

能力はなくても仕事に対する情熱はあると思った。」


シジュンに言われ、落ち込むゲファ。



ユラのファッションショーにマスコミが集まる。

それを見て満足そうなユラ。


ミヌの楽屋に忍び込んだ芸能記者。

ミヌは驚いた。

記者からおでこに吹き出物が出てると言われる。

ユラに見つかり追い出される記者。


ユラは今日のショーが今までで1番人が多いらしいと。

それもミヌのお陰だと感謝する。


ファッションショーの直前、

ミヌは吹き出物が悪化してるのに気づいた。

慌てたミヌはゲファに電話した。


「おばさん、顔にブツブツ出来ちゃって。 どうしよう。」


「ええっ? 何か悪い物でも食べたの?

今日はファッションショーだから、

何も食べないって言ってたじゃない。」


ミヌはスープを食べたことを思い出した。

あれ食べたの?とゲファ。

捨てるつもりだったのにと言うと、

なんで捨てないで置いとくんだとミヌ。

今朝は忙しかったし、今日は食べないって言ってたから

食べると思わなかったと。

ゲファは慌てて病院へ向かう。

ミヌに早く治すには水を飲んだ方がいいとゲファ。



一方、ユラはファッションショーに

ミヌが出演出来なくなったことでマスコミに責められる。

ミヌは健康上の理由で参加はキャンセルになったと

マスコミに謝罪するユラ。

マスコミは管理が良くないと文句を言う。

この様子をゲファが目撃し、申し訳ない気持ちになる。



ミヌは注射を打って顔のブツブツは消えた。

ゲファが忘れて行った携帯に電話がかかってきて、

電話に出たミヌ。

ミンジからでゲファに誕生日おめでとうと伝えて下さいと。

携帯を渡そうとゲファを探すミヌ。


ゲファはユラに謝っていた。


「私がリハーサルの後、

お腹が空いたというので作ったんです。

でもそのかまぼこのスープは腐ってたんです。

ごめんなさい。」


「スターのソン・ミヌにしたこと分かってるの?

腐ったもの出したですって?

何考えてるのよ!!

よく聞きなさいよ。

彼の体は財産で、彼の名前はブランドよ。

彼はスターなのよ!

家族に出すのと同じように、ミヌに食事を出したですって!?

おばさん、謝れば済むと思ってるの?

あなた見習いでしょ?

興味あるわ。

いつまで会社にいられるのか。」


激怒してユラは帰って行く。

それを見ていたミヌ。

トイレに行き、1人で泣くゲファ。



ミヌはユラを家へ連れて行く。

ユラはキッチンにあるスープを見た。


この家に女性が来るのは久し振りだと言うミヌに、

ユン・ゲファは?とユラ。

誰とでも親しくなるのは良くないと言う。

今日のこともゲファが原因なんでしょと。

あんなスープ食べさせられてと言うユラに、

ゲファが食べさせたんじゃなく自分が・・・とミヌ。


「あの人、芸能人の弱みを握って脅すようなタイプかも。

気をつけた方がいいわ。」


「彼女はそんなに賢くないよ。」


ミヌの言葉に気を悪くしたユラは帰ってしまう。


ミヌは電話でのミンジの言葉を思い出し、

ゲファの誕生日だと思い出した。



残業してるゲファにミンジから電話が。

誕生日の歌を歌ってくれる。

感激したゲファは、ミンジにピアノを買って、

また一緒に住めるように頑張って働くと。

誕生日パーティーは会社の人がケーキを買って

祝ってくれたとミンジが心配しないように言うゲファ。

これを見ていたシジュンは電話を切ったゲファに

誕生日おめでとうと言う。

シジュンはゲファに事情があり、

子供と離れて暮らしていることを知る。


ミヌから電話があり、家に帰るようにタクシーを行かせたと。

ゲファはイェウンがセンターで寝てしまったから迎えに行くと言う。

家事は家を出る前に済ませたと言ったゲファに、

ミヌはフルーツも剥いてくれない?と言い電話を切る。

ゲファにためにケーキを買って戻るミヌ。



シジュンもゲファにケーキを買って持って来た。

ミンジとパーティーすればいいと。

車に乗せてあげると言い、ケーキを渡すシジュン。

ゲファは驚くがケーキを受け取りお礼を言う。

もっと働いてもらうための投資だとシジュン。


ゲファを迎えに来たミヌは

シジュンとゲファを見てしまい驚く。





ミヌはさ、ユラがミヌのいないところで


ゲファに怒鳴りつけたりしてるのを見てるのに、


そんなにあの女の方がいいのだろうか?


ゲファのこともちょっと気になってるっぽいけど・・・


そしてシジュンもゲファが気になってるのかなぁ~?





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

コメント