まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

格別ね!

2009-07-31 22:10:50 | Weblog

♪ 本日有休取りまして~


  朝からぐうたら、してます




と言う訳で、今日はお休みだったのです~。


冒頭の歌は、ジャイアントコーンのアイスのCMです。


綾瀬はるかちゃんが歌ってるやつね。



みんなが仕事してる時に休みって思うと、


休みもまた格別よね!!


ホント、ぐうたらだった(‐∀‐;)


昨日までは何かやろうと思ってたのに、


いざ休みになると・・・


やっぱめんどくさくなって結局何もしなかった(笑)


ダメ人間だわ。


ぐうたらバンザイ!!

コメント (3)

マイガール 第16話(最終話)

2009-07-31 22:04:12 | 韓国ドラマ【ま~わ行】

第16話(最終話) 嘘が終わるとき



ソル会長との約束を守る為、ゴンチャンを拒否し続けるユリン。
そんなユリンを教会へ連れて行き、
本当の従妹が見つかった事を伝え、
これからはユリンの為に生きると告白するゴンチャン。
そしてゴンチャンは、
家族に「ユリンを連れて日本へ行く」と宣言し、
ソル会長に勘当されてしまう。
そんな中、ユリンの父は再びセヒョンを訪ね、
娘の就職を斡旋して欲しいとユリンの履歴書を渡す。
そこでセヒョンは、その男がユリンの父親と知り驚愕するのだった。
偶然にしては出来すぎた話に、
真実を確かめようとユリンに会いに行くセヒョン。
時を同じく、ソル会長に呼び出され、
再びゴンチャンの前から姿を消すよう命じられたユリンは、
セヒョンの話を聞き、最後の嘘を思いつく。
そしてユリンは全員を集めて、
今回の話は全て自分と父が共謀し、
計画的にやったと事だと話しはじめるのだった・・・






ゴンチャンはユリンを引っ張って宝石店へ行く。

「選べ。」とユリンに言うが、

訳が分からず何も言わないユリンに、

「俺が選ぼうか?」と言い、

店員に1番高い物を出せと。

そして「外すなよ。」って無理矢理指輪を指にはめるの。

ユリンは「外さないわ。」って、

これを売って小遣いにするとか言うのよ。

ゴンチャンは「売ったら窃盗罪で訴える。」って。


ユリンを連れ教会へ行くゴンチャン。

ここだったら嘘をつけないだろうって。

ユリンに従妹が見つかったって話すの。

驚くユリンに、一緒に日本に行こうと誘うゴンチャン。



ジョンウは「もう終わったんだ。」って泣いてるの。

ホント可哀想すぎる・・・



ユリンと日本に行くと会長に言ったゴンチャン。

「縁を切る。」って言われたけど、

「それでもユリンを諦められない。」と。



ジョンウはホントにいい人だな。

ゴンチャンに相談されて、

「お前の愛が偉大だったら、

俺にはチャンスすら来なかったこの恋も偉大な恋になるだろう。

お前が諦めたら哀れになるから、絶対最後まで戦い切れ。」って。


韓国ドラマには珍しいくらい、いい人な恋敵だわ。



ユリン父がまたかき回す・・・

セヒョンのとこに行って、

娘の就職を斡旋して欲しいって図々しくも頼むの。

履歴書を見たセヒョンは、それがユリンでビックリ!!



ユリンはゴンチャンに無理矢理呼び出され、

会いに行こうとした時、会長から電話が!!

会長に「最後にした約束を破ったな。」と言われたユリン。

会長はこうなるのを恐れて、

ユリンを追い出す前に孫娘を見つけてたのに、

ゴンチャンには黙ってたことを話すの。

「お前が家族をメチャメチャにしてる。」って。

会長は、ユリンを孫娘として愛してたのに、

そんなユリンに嘘をつかれたことが許せないんだって言うの。

ユリンは会長に「私が全部片づけます。」って。

会長はそれを信じるって言うのよ。

会長だけじゃなく、ゴンチャン叔母もイルトも、

ユリンをゴンチャンの従妹として愛してたから、

ゴンチャンの嫁として愛することが出来ないって・・・



セヒョンがユリンのところへ。

従妹を見つけたのがユリン父だって伝えたの。

そして、みんなに全てを告白した方がいいわ!!って言うの。

今までのは全部計画的にやったんだって言えって言ってる感じ。



セヒョンが、会長や叔母夫婦、そしてゴンチャンを集めるの。

従妹を捜した人に会わせるみたいなことを言って。

そこにユリンとユリン父が登場!!

みんな驚くのよね。

ユリンは、最初から自分も孫娘のことを知ってたって言い出して・・・

あの誕生日プレゼントをもらった日、

父に会って全てを知ったけど、

お金のために嘘をついて孫娘のこと隠したって。

ゴンチャンが自分を愛したから、

なんとか利用して結婚しようと考え直して、

今度はセヒョンを利用して本物の孫娘がバレるように仕向けたと。

そして、セヒョンからもお金を取ったって・・・

全部自分たち親子が詐欺をしたんだってことにしたのよ~(T_T)


話をして出て行ったユリンをゴンチャンが追いかけて来て、

「嘘だろう?」って言うんだけど、

「ゴンチャンさんが見つけ出してしつこいから、

こうなったんでしょう!!」って。

ゴンチャンのせいで詐欺がバレたんだみたいに言うの・・・


ユリンもゴンチャンのためにそんな嘘言って辛いね~(>ω<。)

そんな風に言われたゴンチャンも辛いね。



その夜、雪が降ってて・・・

ユリンの家の前でゴンチャンが待ってるの。

帰って来たユリンに「誕生日おめでとう」って。

でもユリンは「死ぬまで会わないようにしましょう。」って

冷たく言い放つの。



セヒョンも、ちょっとは良心の呵責があるのね(-_-;)

ユリンに会って本当のことを聞かせてって。

ユリンは愛したことは嘘じゃないって。

「今はこの嘘で、ゴンチャンさんを守りたいの。」って。



「日本に行くなんて!!

俺でも信じてないのに、お前はユリンの嘘を信じたのか!?」って

ゴンチャンを責めるジョンウ。

ゴンチャンは、

「嘘を信じたフリをして、軽くしてやりたいんだ。」って。


も~!! 切なすぎです・・・

ホント泣けてくるよ・・・



「私の愛は嘘じゃないんです。」

と言い切ったユリンの言葉にセヒョンは、

今までユリンさんに負けたって思ってたけど、

愛に負けたんだって泣いてるのよ。



ゴンチャンは会長に最後の挨拶をし家を出るの。

叔母に「まだ早いんじゃない?」と言われ、

「行く前に寄る所があるんだ。」とゴンチャン。



ユリンは会長に呼ばれ、

「なんであんなことを言ったんだ?」って。

ユリンは「ゴンチャンさんが断ち切れるように」って。


ユリンを呼び出す前、会長のところには次々と客が。

セヒョンはユリンと父はそれぞれ知らなかったんだって。


イルトは会長の回復はユリンのお陰だと。

ホントそうだよ。

死にそうになってたのにさ~。

あの驚異の回復力はユリンのお陰じゃんね。


叔母はユリンがいて幸せだったでしょ?と。


ジョンウは、

「ユリンはゴンチャンのために嘘をついたんです。」って。

だから会長も許して下さいって。


みんなが嘘を信じてなくてお願いに来たのよ。

会長もこれが運命だと受け入れる気持ちになって、

ユリンに「ゴンチャンはまだ飛行機に乗っていない。

これは運命だから、私にはどうすることも出来ないな。」って。


許しをもらったユリンは叔母から、

ゴンチャンが寄る所があると行ってたことを聞くの。

63ビルにいるはずだと思い、ユリンは向かうのよね。



ゴンチャンは63ビルにいて、

ユリンとの思い出を思い出してるの。



ゴンチャンがエレベーターに乗り、扉が閉まった・・・

と思ったら開いて、ふと顔を上げるゴンチャン。

そこにはユリンが!!


「どうしてここに?」

「もう嘘はつけないから・・・」

「プロ失格だな。」

「もうやめるわ。・・・愛してる。」って。


ゴンチャンはユリンを引き入れ、抱き締めるの。

そしてキスよ~。


いいわ~♪

良かった~。



本当の孫娘夫婦が会長宅へ遊びに来てるの。

「可愛い妹さんね。嘘の妹は恥ずかしいわ。」とユリン。

「何言ってるんだ。世界で1番お前が可愛いよ。」とゴンチャン。


「みんなにも、いいことありますよ~。」


って2人が言って終わり。



最後の最後にやっと通じ合って良かったよ。

このまま行ったらどうしようかと、

ちょっとドキドキしちゃった(‐∀‐;)

ハッピーエンドは良かったけど、

もっとラブラブな2人が見たかったなと。

少なすぎた。

けどまぁ、面白かったです。



第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

第14話 第15話

コメント

マイガール 第15話

2009-07-31 18:06:46 | 韓国ドラマ【ま~わ行】

第15話 嘘つき、みつけた



ソル会長に、二度とゴンチャンの前に
現れないと約束をしてユリンが去り、
2度目の冬がやってきた。
ゴンチャンはユリンを忘れられないまま、
雪が降るたびにスーノーボールを買い、彼女を想うのだった。
そして、ユリンを探す為、仕事を口実に日本へ行くことを決める。
しかし、その頃ユリンは韓国に戻りガイドの仕事を始めていた。
一方ソル会長は、ゴンチャンがユリンの元へ行くのを恐れ、
実の孫娘と時折会っていることを秘密にしていた。
そして迎えた出発の日。
ゴンチャンを送って空港に行ったジョンウは、そこでユリンを見つける。
しかし、チャンスは譲らないと決めていたジョンウは、
ゴンチャンに知らせずに彼を見送るのだった。
ユリンに会えないまま飛行機に乗ったゴンチャンだが、
そこで偶然ユリンが韓国の旅行会社で働いていることを知る。
早速ユリンのツアー客として韓国へ舞い戻り、
ユリンと再会を果たすのだが・・・






ゴンチャンは仕事を言い訳に、

日本にユリンを探しに行こうとするの。

ジョンウもまだユリンのこと忘れてないみたい。



ゴンチャンは雪が降るたびに、

ユリンに勝手あげる約束をしてたスノードームを買うの。

部屋にはいっぱい飾ってあった。

雪が降るたびに買って来てるんだって。


なんか切ないわ~。



会長はゴンチャンに内緒で孫娘と会ってるみたい。

これがゴンチャンにバレると、

ゴンチャンがユリンに走って行ってしまうからって。


何もそこまでしなくったっていいじゃんか・・・

ゴンチャン可愛そうだよ。



セヒョンは未だゴンチャンに未練があるの。

「オッパも過去は忘れて・・・」みたいなこと言ってさ。

けどゴンチャンは、

「ユリンはまだ俺にとって過去じゃない。」って。

でもセヒョンは負けないの。

「だからって未来にもなれないわ!!」ってキレるのよ。


イヤな女だよ~、全く・・・(-_-;)



ゴンチャンは日本に行くためジョンウに送られて空港に。

ここでユリン&ツアー客とニアミスの連続!!

会いそうで会わない・・・

すれ違いばっかり。


けど、ゴンチャンと別れて外に出たジョンウがユリンを目撃!!

追いかけて空港内に戻るんだけど、

ゴンチャンに「どうした?」って聞かれて。

ジョンウはもし自分が先にユリンを見つけたら、

今度は渡さないって言ってたんだよね。

だから、ゴンチャンにユリンがいたことを言わないの。

で、ゴンチャンに再度、

ユリンを先に見つけたら・・・って話をするの。

ゴンチャンは「それは有り得ない。俺が先に見つける。」って。



ゴンチャンが搭乗した後、ユリンを追いかけたジョンウ。

けどツアーバスが行ってしまって・・・



一方、ゴンチャンは日本行きの飛行機の中で、

ツアー客が落としたガイドの名刺を見てビックリ!!

そこにはユリンの写真が~!!

ゴンチャンはそのツアー客に紛れて韓国に戻り、

ジョンウより先にユリンを見つけたの。

でもユリンはワザと素っ気無くしてさ・・・


ゴンチャンは、もう絶対離さないって思ってるから、

ユリンから離れようとしないの。

カードも全部折っちゃって、

「おれは文無しだ!

済州島で文無しのお前が勝手に家に住んで、

みかんを売り捌いた時、お前を許したのは誰だ?」って!!



ジョンウは必死になってユリンを見つけようとしてるの。

ゴンチャンがいないから、今だったら俺を見てくれるはずだって。


残念ながら既にゴンチャンが見つけてるのに・・・



ゴンチャンはユリンと別れたくなくて、

消化不良のフリなんかしちゃうのよ(笑)

ユリンは嘘だって気づいて、

ゴンチャンの大嫌いな針の先生のとこに連れて行くの。

ゴンチャンが怖がって目を逸らしてるうちに逃げ出したユリン。

ゴンチャンはユリンにもらった1万ウォンで、

タクシーに乗るんだけど、1万ウォンじゃ帰れなくてさ。

悔しいから、ツアー会社に「ガイドに置いて行かれました。」

って駆け込んで行くのよね。


で、「お客さんを置いて行っちゃダメじゃないか。」って、

同僚がユリンの元にゴンチャンを連れて行くの。



遂にジョンウもユリンの居場所を突き止めた!!

自分が先に見つけたって喜んで、花束を買って、

ツアー客の元に向かって行ってるの。


行ったらショック受けるのに・・・



ツアー客に再び紛れ込んだゴンチャンだけど、

ユリンには無視ばっかりされて・・・

カラオケに来たツアー客たち。

みんなに歌を歌うよう言われたゴンチャンは、

自分の気持ちを歌に託して歌うの。

ユリンはそこにいられなくて、部屋を飛び出しちゃうんだよね。

それを追いかけるゴンチャン。


切なさMAXよ!!


けど更に切ないことに、ジョンウがそんな2人を見ちゃうの!!

悲しすぎる~。



その頃、ユリンはゴンチャンに

「もう逃げる理由はないの。

もう私の中では終わったから。

貴方への愛はもうないの。」なんて言っちゃうんだよ!!


ユリン、言いすぎよ~。

本心じゃないんだろうけど、ゴンチャンが可愛そう(>ω<。)



ゴンチャンが日本に行ったからって、

会長は本当の孫娘を家に招待してるのよ。

そこにゴンチャンが帰って来ちゃうの!!

会長はもう言い逃れ出来なくて、全部話すの。

「ハナが見つかっても見つからなくても関係ない。

あの子のことは忘れるんだ!!」って言う会長に、

「お祖父さんが奇跡的に孫娘を見つけたように、

僕も奇跡的にユリンを見つけたんです。

これからはユリンの元に行く。」って出て行っちゃった。



ユリンは、あのツリーの星を手にして

「もう終わったのよ。忘れるのよ。」って捨てようとしてて、

けどそこにゴンチャンがやって来たの。

ユリンの腕を掴んで「嘘をつくな。」って。




や~ん。

ゴンチャン、頑張れ~!!

それにしてもジョンウは切なすぎる・・・(T-T)



第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

第14話

コメント

氷菓 / 米澤穂信

2009-07-30 21:52:29 | 小説・その他本

   

いつのまにか密室になった教室。
毎週必ず借り出される本。
あるはずの文集をないと言い張る少年。
そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実。
何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、
なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、
日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。
さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!
第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。





結構面白かった。


かなりやる気のない主人公・奉太郎。

姉の手紙から物語りは始まり、

その姉の命令?で“古典部”に入部。

そこから学校での些細な事件? 謎? を

何故か解き明かすハメになる。



やる気はないが、閃きなのかなんなのか(笑)

解答を導き出しちゃうんだな。



奉太郎はやる気を出せば結構凄いんじゃないかと思う。

けど、本人に全くその気がないのがこれまた凄い。



タイトルにもなっている『氷菓』の意味。

これを知るとなんともやるせないです。



本自体は厚くないので、

サラッとすぐに読めちゃいます。

コメント

東北5県だけ!?

2009-07-30 21:41:49 | 福士誠治 【TV・CM】

■ 2009年9月16日 19:55~20:54放送予定

【テレビ】JNN系列東北5県 「桜に恋した男たち」ナビゲーター





ってなことらしいです。


東北5県だけ!?


ホントに!?


今回ばかりは仙台に住んでて良かったと思いました(笑)


福さまがナビゲーターなんて、


ちょっとワクワクします♪ o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o


どんな番組なんだろ?

コメント (4)

マイガール 第14話

2009-07-30 21:34:54 | 韓国ドラマ【ま~わ行】

第14話 さよなら、嘘つき



本当の従妹が生きていると知り、喜ぶゴンチャンとユリン。
そこで二人は、ユリンは一旦済州島へ戻り、
ゴンチャンは従妹を探し出して真実を話し、
会長に許しを乞おうと計画する。
ゴンチャンは、必ずユリンを迎えに行くからと固く約束するのだった。
しかし、かつてソル会長の孫娘を助けたユリンの父は、
ゴンチャンではなくセヒョンにその情報を伝えてしまう。
ゴンチャンとユリンが幸せになることなど、
到底許せないセヒョンは、ユリンの父に大金を渡し、
絶対に口外しないことを約束させる。
そうとは知らないゴンチャンとユン秘書は、
必死で従妹を救った人物(ユリンの父)を探すのだった。
数日後、ゴンチャンとユリンの仲睦まじい姿を目にしたセヒョンは、
怒りに任せソル会長に全てを打ち明けてしまう。
絶対に二人の仲を許さないでほしいと懇願するセヒョン。
そしてソル会長の出した結論は・・・






ウフフ・・・

前回のキスシーンから始まったわ。

はあ・・・やっぱゴンチャンいいわ~。



セヒョンは「私がこの書類を持ってる限り、

オッパは従妹を見つけられないし、2人は一緒になれない。」

って言いながらユリン父からもらった書類をしまう。

ユリン父には大金を渡して口止め。



ジョンウはゴンチャンに「1発殴らせろ。」と。

「1発でいいのか?」とゴンチャン。

で、ゴンチャンを一発殴って許してあげるの。

アメリカには1人で行くのを決意したみたい。



ユリンは済州島に行ってゴンチャンを待つことにしたんだよね。

その間にゴンチャンが従妹のことを探し出して、

全て片付いたら済州島に行くと。



ユリンとゴンチャンが済州島に行くことを話していた

ユン秘書とジンギュ。

それをセヒョンが聞いていた!!



そして、ゴンチャンとユリンが2人仲良く

手を繋いで歩いてるのを目撃。



ユリン父が震災の時助けた子は、

韓国の夫婦に引き取られて暮らしてるらしい。



「ユリンさんはオッパが雇った偽物です。」って、

セヒョンが会長に書類を見せて言ったの!!

そして、まだ話したいことがあるんですって、

2人が愛し合ってることまで言いやがったの!!

「あの2人は嘘をついた罪で、

絶対に一緒にさせてはいけないんです。」って。


も~!! ホントムカつくよ!! (ー'`ー;)



ユリンは会長に「父と済州島に帰りたい。」って言うんだけど、

会長は気づいてないフリをして、それを許すの。



その会長は、本物の孫に会いに行ったのよ~。

でもユリンほど似てなくて、複雑な心境だから感動も少なく・・・

「このことは絶対誰にも言ってはいけない。

特にゴンチャンには。」ってイルトに言うの。


家に帰った会長はユリンを呼び出して、

ユリンが本物じゃないことを知ってるって伝えて、

「お前が私を救ってくれたことは分かってる。

でもゴンチャンと一緒になることは出来ない。

予定通り今日発ちなさい。

でも、済州島ではなくもっと遠い場所に。」って。

二度と顔を見せるなって!!

どれだけユリンを大事に思ってたか、

そうだからこそ、もう会えないんだって涙する会長。

泣いて謝るユリン。


え~(´Д`;)

でもさ~、会長がここまで元気になったのはユリンのお陰じゃん。

そこは無視なの?



セヒョンはイギリスに発つ前にゴンチャンのところへ。

「貴方は私を愛してないから別れたんだけど、

私は貴方を愛してるから別れるのよ。」って!!


もうさ、今更そんなこと言わなくたっていいじゃん!!

態々、イギリスに発つ前に!!

ホントに嫌味な女だよ(-_-;)



ユリンは会長に報酬としてお金を渡されるんだけど、

それを受け取らず、その代わりに

「ゴンチャンさんが空港に送るのだけは許して下さい。」って・・・

もうニ度とゴンチャンに会わないことを条件に、

最後に一度だけ会わせて欲しいって・・・

会長はユリンを信用してそれを許すの。


ユリン、切ない・・・(>ω<。)



何も知らない父と済州島に行くから先に帰ってって

ゴンチャンに言うユリン。

泣きたいのを堪えてゴンチャンと別れ・・・


父と会ったユリンは済州島ではなく、外国に行くことに。

空港で泣き崩れるユリン。

切ない!!

そりゃ泣きたいよね・・・(ノД<。)



一方ゴンチャンは、なんかシックリこなくて・・・

ユン秘書に、会長に知られてユリンが外国に向かってることを聞くの。

急いで空港に向かい、必死にユリンを探すゴンチャン。


ううぅ・・・ゴンチャンも切ない~。



ゴンチャンは会長に呼び出され、

「二度と会わないと言って出て行ったから、

もう絶対探せないはずだ。

もう忘れろ。お前達は一緒にはなれないんだ。」って。

号泣するゴンチャン。

会長も「私も前のように愛せる自信がないんだ。」って涙。

会長もやっぱり辛いんだね。

そして会長が倒れてしまって・・・



2年後。


ジョンウがちゃんと理事になって仕事してるの。

で、叔母夫婦に女の子が生まれてて、名前は“ユリン”。

そんな名前付けて会長には何も言われなかったのかな?


そしてセヒョンは凱旋帰国。

セヒョンなんかどうでもいいんだけど(o¬ω¬o)


ユリンが韓国に!?

韓国でガイドしてるよ!!

ゴンチャンとニアミス!!


どうゆうこと~!!



第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

コメント

まだまだ雑誌に出るよ

2009-07-29 22:16:12 | 福士誠治 【雑誌など】

福さま掲載の雑誌が発売しまくり!!



■ 2009年7月28日発売予定 「週間女性」(前田健さんとの対談)

■ 2009年8月2日発売予定 「美人計画HARuMO」

■ 2009年8月5日発売予定 「TVstation」

■ 2009年8月8日発売予定 「VISUALBOY BRUSH vol.4」





もう全くついて行けてません・・・(-_-;)


チェックもなかなか出来てません。


福さま、申し訳!! m(._.)m


ちゃんとチェックしないとね!!

コメント (8)

救命病棟24時~救命医・小島楓~ Episode 3

2009-07-29 21:57:53 | ドラマ

Episode 3

『恐怖の外来患者!? 第2シリーズ総集編』




仮眠を取っていた楓のところへ看護師がやって来た。

モンスターペイシェントが来てるから助けて欲しいと。


行ってみると自転車で転んだと言う男性。

包帯がゆるいだのなんだかんだ文句をつけ、

ちゃんとした資格を持った看護師に手当てしてもらいたいと言う。

そこへ紗江子が入って来た。


「馬場先生。」

「山城さん。」


楓はこの男性を知ってるのかと聞く。

「前、同じ病院で働いてた救命の先生です。」

「救命の先生!?」

「進藤先生も一緒だったんですよ。」


いくら紗江子目当てて来たからと言って、

医者がモンスターペイシェントするか!?



そして第2シリーズの総集編へ。

いっけいって死んじゃったんだっけか。

倒れたのは覚えてたんだけど・・・(‐∀‐;)



馬場はと言うと、

紗江子にプロポーズしにやって来たが言えず、

勿論、指輪も渡せず。

結局、離島医療のために沖縄に行くことだけ伝える。



帰る馬場を追いかけて来る紗江子。

「行きます。私も一緒に。」

「え? 嘘? ホントに?」

「そこのコンビにまで夜食を買いに。」



だよね(笑)

一緒に沖縄行くって言ったらどうしようかと思った。


ってか、今回1番面白くなかった(-_-;)

そんな総集編も残すところあと1回。

早く本編~!!



Episode 1 Episode 2

コメント (6)   トラックバック (3)

マイガール 第13話

2009-07-29 20:46:23 | 韓国ドラマ【ま~わ行】

第13話 嘘からでた奇跡



創立記念パーティーの直前、
ユリンを連れ逃げ出したゴンチャン。
しかし、会長にうまい言い訳もできず、
結局ユリンの嘘に助けられる。
一方、逃げる二人を目撃したジョンウとセヒョンは、
ゴンチャンとユリンが結ばれるのを絶対に阻止しようと決意する。
その頃、空港へ向かったゴンチャンとユリンは、
お互いの気持ちを確認し合い、
何があってもこの手を離さないと誓い合っていた。
そこへ、セヒョンとの破局を聞き付けた記者が集まっていると、
ユン秘書から電話が・・・
ゴンチャンはセヒョンに、
君の都合のいいように書いてくれと覚悟を伝えるのだった。
そんな中、ジョンウの母が会長を訪ねてくる。
ジョンウの母は、ユリンを法的にソル会長の孫娘だと認めるのなら、
ジョンウとユリンの交際を認めるというのだ。
ソル会長は、早速ユリンの戸籍を移す手続きを
進めようとするのだが・・・






ゴンチャンがユリンを連れて逃げたよ~!!

いや~ん。いいわね、いいわね。


ゴンチャンは会長に電話して、

「ユリンは一緒にいます。緊急事態があって・・・」って。

理由を聞かれても「緊急事態で・・・」としか言えないゴンチャン。

痺れを切らしたユリンが、

「ソウルにパパが来て。」と言ってその場を逃れるの。



ジョンウが母親にアメリカに行くつもりだって言うの。

ちゃんと真剣に勉強しようと思うって。

ユリンも連れて行くつもりだって!!



ジョンウ母は会長に、

「会長と法的関係が証明出来たら、2人の結婚を許します。」

って言いに来たの!!



ユリンとゴンチャンは空港で時間潰し。

駆け落ちの恋人のフリしてチケット売り場で遊ぶの。

でも結局、家に帰ろうって。

「例え1年でも、今日があれば待てる。」と言うユリン。

ゴンチャンも「実は済州島行きは緊急じゃなかったんだ。」と。

「状況が厳しくなろうとも、俺はお前を離さないからな。」って!!


きゃ~!! (>艸<*)



セヒョンが緊急会見を開いたと聞き、

ユリンの元を離れるゴンチャン。

「何があっても信じろ。」と言うゴンチャンに、

「信じてるから心配しないで。」とユリン。



ゴンチャンはセヒョンに「何を言っても構わない。」って言うの。

セヒョンはただ別れただけって言うことにしたのよ。



会長がユリンの法的関係を証明して戸籍に入れるって言い出た!!

反対するゴンチャン。

「遺産が目的か?」と言われ、

本当はそうじゃないのに「そうです。」

って言ったもんだから会長は大激怒!!


ゴンチャン、可愛そう・・・

ホントのことも言えないし、どうしたらいいんだか・・・

いっそのこと早くユリンが偽物だと言った方が・・・



落ち込むゴンチャンを笑わせようと、

外に連れ出して歌を歌って楽しませるユリン。



ジョンウがゴンチャンに、

ユリンを連れてアメリカに行くって言ったよ!!

「本当のことがバレたら、ユリンはただじゃ済まないだろう。」

ってゴンチャンに言うの。



ユリン父が日本でユリンを捜してる人がいるって話を聞いたのよ。

そして、捜してる人がアヴェニュエルホテルの孫娘だって知っちゃって!!

コレは裏を取らなきゃって、金のニオイにウズウズ。



教えた知人はゴンチャンに、

「詐欺師だから、何か言ってくるのではないかと心配です。」

って連絡して来てたの。

でもゴンチャンは「生きてるのが本当かもしれないから、

是非その人(ユリン父)に会いたい。」って。



ジョンウはユリンに、

「ゴンチャンを苦しめたくないなら、一緒にアメリカに行こう」と誘うの。

「ゴンチャンが行くなと行ったら行けません」とユリン。

ジョンウは「俺をこれ以上 堕落させて、悪い人間にするな!」って。



セヒョンが会長宅に来た!!

ジョンウがユリンを庇おうとするのが切ない・・・


ユリンがセヒョンに嘘がバレたことを知って、

「今はまだ言わないで。」って言うの。


「嘘が壊れると、お前も会長もゴンチャンも粉々になってしまうんだ。

だからお前を守りたいんだ。」って言うジョンウ。



ユリン父ったら、色々調べてゴンチャンのホテルに行くんだけど、

まだゴンチャンとセヒョンが恋人同士だって思い込んでて、

「トップシークレットの従妹の秘密の話、聞きたくないですか?」

ってセヒョンに言うの~!!

バカモノ~!!

ホント、この父は余計なことしかしないな。



一方、ゴンチャンも情報源のおじさんに話をしにって、

従妹が生きてるかもしれないとことで上機嫌でユリンに電話。

でもこのことはまだ言わないんだよね。

ユリンが恋しいって言うだけ。



ユリンは、ゴンチャンのため、

ジョンウと行くけど、ジョンウとは一緒にいない。

利用するんだけですって言うの。

ジョンウは「いいよ。利用させてやる。」って・・・


ジョンウはどこまでいい人なの!?

切なすぎるよ~。

「ゴンチャンさんには私が言う。

私から離れなければ納得しないから」とユリン。



セヒョンは、ユリン父の話を調べたの。

「これがハッキリすると2人の嘘は終わるのね。

もし見つけ出しても、2人がくっつくだけよ。」って。



書類を持って、セヒョンはゴンチャンの元に行くの。

「ヨリを戻して。最後のチャンスをあげる。」って。

拒否するゴンチャンに、

「狂ってる!! あんな子のどこがいいのよ!!」って。

ゴンチャンは「ああ。俺は狂ってる。

狂うほどユリンしか見えないんだ!!」って!!

それをドアの外でジョンウが聞いてた・・・


「必ずこの瞬間を後悔する。

嘘と狂気にハマって幸せに暮らしてね。」とセヒョンは立ち去った。



ユリンは泣きながらジョンウに電話。

「やっぱり自分からは言えない。ジョンウさんが言って。」と。

そんなユリンを見て、

「王様の耳はロバの耳の最後はどうなるか知ってるか?

最後は王様が秘密をバラして幸せになるんだ。

ユリン・・・幸せになれよ。」って~。


ジョンウ~!! (T-T)



ジョンウが帰った後、ゴンチャンが来てユリンを見る。

「俺がまたお前を辛くさせたのか?」って。

「嘘をついたことで罰せられてるの。

だからもうやめましょう。」と言うユリン。

ゴンチャンはユリンに、

「生きてたんだ。俺の従妹が生きてたんだ。

だから嘘はやめれるんだ。」と。



外を歩く2人。

ゴンチャンは手招きでユリンを呼び、

おでこにキス。

照れてるユリンに「足りないか?」って。

「うん。・・・え? ううん。」と言うユリンにキスするゴンチャン。


きゃあ~~~!! (/∀\*)


そして、「愛してる。」と囁き、さらにキス。



ステキ!!

ゴンチャン、ステキ!!

あの「足りないか?」って言った時の顔が~!!

そりゃあ、もう堪りませんね(笑)

ヤバイ~。ヤバすぎる~。



第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

コメント

ブザー・ビート ~崖っぷちのヒーロー~ 第3話

2009-07-28 22:16:53 | ドラマ

第3話

『二人の秘密』





秀治は麻衣に呼ばれ、

宇都宮のことを調べるよう頼まれる。

秀治はもうすぐアパートを出なくちゃいけないと話すが、

麻衣は秀治には全く興味なし。


「そんなことより、莉子聞いて。」

麻衣と莉子の部屋が・・・汚い。



直輝は菜月の部屋で御飯を作ってあげる。

「やっぱり結婚しない?」と菜月。

「ごめん。今はまだ無理。」

自分に自信がないと言う直輝。

もっと強くなって、ちゃんと菜月を幸せに出来るって

自信が出来てからと。



直輝は空いている部屋を秀治に貸してもいいかと

母に聞き了解をもらう。



スーパーでばったり会った莉子と直輝。

今夜、莉子は掃除を頑張るらしい。

直輝は彼女と一緒にご飯を食べるはずだったのに、

残業でダメになったと言う。

「ふ~ん。彼女いるんだ。」と呟く莉子。



直輝と莉子は公園でビール飲み。

「彼女ってどんな人?」と莉子。

「すっげーいい女。」と直輝。

直輝はキャリアアップしている彼女に

劣等感を持ってしまうらしい。

「でも、そんなに思ってくれて彼女は幸せだよ。」と莉子。

直輝は彼女を早く幸せにしてやりたいと言うと、

「あれ? なんか今、胸がザワッときた。」



その時、公園に不法投棄した男に怒って追いかけて行く莉子。

男たちは捕まったっぽい。

直輝に、危険だからあまりこういうことしない方が

いいんじゃないかと言われる莉子。

「黙って見てられなくて。」


空きっ腹で飲んで走ったから気分が悪くなった莉子は、

直輝におぶって送ってもらう。

莉子の部屋に行くと、部屋が汚い!!

莉子はソファーに寝かせられ、毛布をかけてもらった。

部屋を見渡す直輝は片付けだしちゃったよ。

さらに料理まで!!



麻衣が翌朝帰って来ると、

部屋はキレイに整理整頓されていた。

「分かった!! 小人さんよ!!」


莉子は頭が痛くてよく思い出せなかったが、

なんとなく・・・

で、キッチンにはフレンチトーストが。

「やっぱり。恥ずかしすぎる・・・」



秀治は直輝の家の部屋を借りることに。

母も妹も大歓迎。

けど、なんとそこに姉が戻って来た!!

秀治の借りるはずだった部屋がふさがってしまい、

また宿無し秀治に逆戻り。



公園の側を通りかかった直輝は、

ゴミが撤去されているのを見て写真を取り、

莉子に送信しようとしたけど・・・

「・・・アドレス知らないんだ。」



麻衣のコンサートに来てくれる川崎たち。

その後、麻衣と莉子はみんなと一緒に飲みに行く。

莉子は直輝にこの間のことを謝る。


「何か変なこと言ってなかった?」と言う莉子に、


「苦しいからブラ外してって言ってた。」


「女として終わってる・・・」


どういう関係か聞かれた莉子と麻衣。

川は莉子を自分の彼女だと言う。

そこへ菜月たちが代々木の歓迎会だと言って現れる。


「ねえ、いつもそうやって私を見るのやめてくれる?

迷惑。目障りなの!」と菜月が代々木に言うと、


「見てるのはお前だろ? 自意識過剰。

自分が可愛いとか思ってんだろ。

そうでもねぇよ。」と。


「目が合うのはお前が俺を見てるから、でしょ?

認めるならキスしてあげてもいいよ。

いつも安全な男だと退屈でしょ。」


途中で帰るという菜月を送って行く直輝。

菜月が彼女なんだというのを知った莉子。

「ふ~ん。あの人が彼女なんだ。」


川崎と帰る莉子。

もう一軒どこか行く?と誘われるが、今日は帰ると。

彼女発言は迷惑じゃなかったけど、

川崎のペースに着いて行けない莉子。


「もう少し、ゆっくり進んでもいいですか?」



直輝は菜月に残業続きで疲れてるんだとお粥を作る。

直輝に抱きつき、「お粥はいいから一緒に寝て。」と。

けど直輝は、「休まないと。」と菜月をベッドに座らせる。


「違う。」


「うん?」


「大事にしてくれて嬉しいよ。

でも私が欲しいのはこういうことじゃないの。

ねえ? もっとドキドキさせてよ!!

もっと夢中になりたいの!!

他のこと何にも考えられなくなるくらい!!

他のものに目がいかなくなるくらい!!

もっと直輝を好きでいたいの!!」


「好きでいたいって。

好きじゃないの?」


「好きだよ。」


キスしようとする菜月を避ける直輝。


「どういう意味?」


「ハァ~。」


「なんだよ、そのため息。」


「ため息なんかついてない。」


「俺が結婚出来ないって言ったから怒ってんの?」


「違う。でも直輝ってさ、

いつになったら自分に自信が持てるようになるの?

それって来年? 再来年? 10年後? 20年後?

それとも、このまま一生持てなかったりして。」


「なんだよ?それ」


「だってどこにもないじゃない。

直輝が一流になる保証なんて。

もっと強くなりたい、強くなりたいって、

ずっと願ってればいつかはその夢が叶うはずなんて

まさか本気で思ってる訳じゃないよね?

子供じゃあるまいし。

ねえ? もっと現実と向き合ってよ!!

もっと大人になって!!

そのチンケなプライドにつき合わされてる

こっちの身にもなってよ!!」


菜月の部屋を出て行く直輝。



川崎から電話で海に誘われる直輝。

そして海へ。

莉子と麻衣も到着。

「見て~。腹筋天国よ!!」と麻衣。



麻衣は秀治から宇都宮情報を聞く。

宇都宮は今は女のことを考える余裕がないらしい。

家が見つからない秀治に、

納戸を貸してあげないかと提案する麻衣。

番犬より役に立ちそうと。

莉子は男が一緒に住むことにちょっと抵抗する。

麻衣も分かると言うが、

「秀治くんには何も感じない。」からいいらしい。

「僕もです。」


問題は・・・「部屋でノーブラで過ごせない。」と莉子。

「つけて。ブラ。」



直輝は菜月にメールを送信。

昨日のことを謝り、話がしたいと。



直輝が莉子に、この間、写真を送ろうと思ったけど、

アドレス知らなかったと。


「川崎さんの彼女だと、

アドレス聞くのマズイかな?」と言う直輝に、


「いいんじゃん? 別に。」と莉子。


「まあいっか。普通に友だちだしね。」


「友だち・・・そうだよね。友だちだもんね。」

と複雑そうな莉子。

直輝の携帯ストラップを見て、そして待ち受け画面を見て、

自分が拾った携帯の持ち主だったと気づく莉子。



直輝からのメールを見た菜月。

代々木とベッドの上。




菜月の本音爆発!!

直輝!!

謝りのメールなんてしないで、

早く別れてしまえ!!

来週は菜月の浮気がバレる!?


ってかさ、代々木より絶対直輝でしょ!!



第1話 第2話

コメント (6)   トラックバック (3)