まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

探偵・日暮旅人の失くし物 / 山口幸三郎

2011-05-31 21:51:47 | 小説・その他本

    

探偵・日暮旅人には不思議な力がある。
音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛み—。
これら目に見えないモノを、“視る”ことができるのだ。
その力を使い、旅人は『探し物探偵事務所』を営んでいる。
そんな特異体質を持つ旅人のことが気になる保育士の山川陽子は、
旅人と彼の娘・百代灯衣の生活をサポートしようと、
相変わらず探偵事務所に通う日々を送っていた。
そんな時、旅人のもとに、
ある料理の“隠し味”を探してほしいという依頼が舞い込んで—?
シリーズ第2弾。






短編集でしたね。


なんか旅人の黒い部分が出て来たんですけど・・・


どんな過去が隠されているのでしょう。


けどダークな旅人ってなんかイメージじゃないなぁ・・・


そしてやっぱり陽子は苦手です(-_-;)


陽子いなければなぁ~。


何気に読んでてストレスです。

コメント

尋常じゃなかった・・・

2011-05-30 21:56:54 | Weblog

今日は暴風暴雨が物凄かったです。


ビショビショになりながら駅に行ったのに、


電車が動いてなくって・・・(-_-;)


大雨のせいで運転見合わせで、


いつ再開出来るか分からないって言うのよ~。


1時間以上も寒い中駅で待ってたけど、


一向に再開の目処が立たず・・・


イヤイヤ会社に電話したわよ(笑)


今日はそんなに検体ないから


無理して来なくてもいいよって言われたので家に帰りました。


あたし何しに行ったんだろうか?(‐∀‐;)


寒いホームに1時間以上立ってただけだよ。


そんな訳で今日は臨時の休みになりました。


帰り途中、道路の側に水が流れてるところがあるんだけど、


そこがもう溢れそうになっててビックリだった。





午前9時頃で既にこの水量だったんだよね。


その後、これ溢れなかったんだろうか・・・


家に着いたらもう全身ずぶ濡れで!!


や~、体が冷えたよ。


仙台はまだ降ってるけど、


みなさまのところは雨大丈夫?


明日は止んでるといいなぁ~。

コメント

思ってた通りになった

2011-05-28 21:59:04 | Weblog

だから言ったじゃん!!


3ヶ月でどうこうなる問題 じゃないって!!


案の定契約更新はされずクビとなりました。


6月いっぱいで仕事終わりです。


で、有休が残ってるので


実質来週いっぱいで後は仕事に行きません。



まぁ、遅かれ早かれ辞めたいと思っていた会社なので、


いいっちゃ~いいんですけどね。


ぶっちゃけ、これから梅雨だし台風来るしで、


外出たくない日が多くなるからラッキーって思ってたりします。


ダメ人間です(笑)


ま、きっとなんとかなるでしょう。


今後のあたしのテーマソングは、


嵐の『Happiness』に変更になりました☆


♪向かい風の中で 嘆いてるよりも~

上手く行く事を想像すれば いつの日か変わる時がくる~



↑ ですよ!!


取り敢えず・・・ちょっとゆっくりします(笑)

コメント (8)

BOSS CASE 06

2011-05-27 22:44:19 | ドラマ

CASE 06

『消えた銀行強盗』





「おふざけは終わり! 事件だから!!」


銀行強盗事件が発生。

その銀行に居合わせた田所は事件に巻き込まれてしまう。

野立は絵里子を交渉役にゴリ押ししたと。



絵里子が交渉のため銀行へ電話。

犯人はソニーを名乗る。

要求はスモークを張ったワゴン車を裏口に1台。

ジュラルミンケースにナンバーをバラバラにした紙幣を

9億6000万用意して積んでおくこと。

そしてヘリポートに燃料満タンにしたヘリを用意しろとのこと。

リミットは3時間。

交渉の中で犯人はソニーとサルの2人だと判明するも、

人質が何人いるかは分からないまま。



絵里子は食料を差し入れをすると言い、

それに乗る犯人。

その間、別の犯人が銀行員と貸金庫を漁っていた。



いつまでも進展せず時間ばかりが過ぎて行き、

イラつく頭の固い上司(笑)


「私が人質になります。」


絵里子が代わりに人質になると交渉し、

入口に向かうと銃声が3発!!

直後、人質が目隠しして手錠をかけたまま出て来た。

銀行内はスモークがたかれていてよく見えない。

すると、そこに射殺体が・・・

犯人も銀行内には見つからなかった。



人質に紛れて出て行った可能性が高いことから、

人質だった人たちに事情聴取をすることに。

その時、犯人の台詞を読み上げさせた。

しかし人質の中に犯人と一致する声紋がなかった。

絵里子は射殺体の声紋を調べてないと。

けどどうやって死んだ男の声を調べるのか?

その時、山村がピザを届けた時に、

バッヂ型の録音機を銀行内に落としていた。

そのバッヂを解析した結果、

射殺体の男とソニーの声紋が一致。

ソニーはもうひとりの犯人であるサルに殺されたのだと。



もう一度、遺留品を調べることに。

すると、靴底からダイヤが出て来た。

貸金庫からはダイヤが盗まれたと申し出があった。

犯人はきっとダイヤを取りに来ると踏んだが、

犯人は現れなかった。


絵里子は田所を連れて現場へ。

もう一度、事件のあった時を思い出すよう言うが、

役に立たない田所。

私は弱いから向いていないと言い、

絵里子に移動を頼む田所。


「逃げ出すことは、なんの解決にもならない!

仕事もプライベートも。」


田所は自分に出来る捜査を始める。



ソニーの身元が判明。

16年前の未解決だった銀行強盗事件が浮上した。


「サルの正体が判った。」



16年前、銀行に親子で行っていたサルこと河村は、

自分を庇って撃ち殺された父の敵を討つために、

ずっとソニーを捜していた。

銀行強盗が目的ではなく、怨恨だった。



理香からサルはバンコク行きの航空券を買っていると連絡が。

空港に駆けつける絵里子。

しかし証拠がなく、河村は話にならないと行こうとする。

そこへ田所が証拠を持ってやって来た。


「残念だったわね、もう少しだったのに。

田所、手錠をかけなさい。」





犯人、分かり易すぎでしょ(笑)


なんかイマイチだったわ~(-_-;)





BOSS 全11話



CASE 01 CASE 02 CASE 03 CASE 04 CASE 05

コメント (4)

姉の結婚 一

2011-05-26 21:15:59 | マンガ

   

もう恋愛だの結婚だのは煩わしいと思っている
独身女性ヨリ(39歳)の前に、
突如として幼なじみと名乗る怪しいイケメンが現れる。
新手の詐欺かと思いきや、
本当に少年の頃からヨリを慕っていた精神科医・真木。
しかし彼は妻帯者だった……。
避けよう避けようとするヨリを追い詰める真木。
さらに真木の妻はヨリにそっくりの容貌だった。
同居する妹の心配をよそに事態はだんだん泥沼に。
この恋愛(?)の行く末はどこに落ち着くのか?






うおっ!! ∑(゜Д゜;)


これは・・・続きがかなり気になるわ。


真木が既婚者だってのがね。


しかもヨリとそっくりなんて、


どんだけヨリを忘れられなかったんだ!?って話よ。


ってか、よくそっくりな人見つけたな(笑)


早く続きが読みたい。


しかしタイトルが『姉の結婚』なのに、


妹が主役ではないんだな(‐∀‐;)


何故このタイトルなんだ!?

コメント

久々に福さまが連ドラ♪

2011-05-24 22:49:01 | 福士誠治 【チーム・バチスタ3】

みなさま~!!


福さまが久々に連ドラですよ♪



■ 2011年7月期火曜22時ドラマ
  「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」 宇佐見壮一役




☆ サイトはコチラ ☆



ヤバイ!!


待ち遠しい!!


原作読んだことないから、


福さまが演じる役がどんななのか全然分からない・・・


ので探してみた。


なんと!! \(◎o◎)/


宇佐見壮一は刑事のようです。



☆ コチラを御覧あれ ☆



刑事ですってよ!!


けど福さまが見れるならなんでもいい!!


楽しみだ~♪ ヾ(≧∇≦*)〃

コメント (6)

林の中の家 / 仁木悦子

2011-05-24 21:59:12 | 小説・その他本

    

シャボテン・マニアの豪邸で
留守を預かることになった仁木兄妹。
深夜の電話で呼び出された二人は、
有名劇作家の自宅で起きた殺人事件に巻き込まれ—。
緻密に張り巡らされた伏線と鮮やかな推理、
マイペースな植物学者の兄と、
好奇心旺盛な妹の凸凹コンビが醸しだすユーモラスな雰囲気が、
絶妙にブレンドされた傑作長編ミステリ。
著者自らが本作を語った
「悠久のむかしのはなし」も特別収録し、待望の復刊。






登場人物が多すぎて、途中ぐちゃぐちゃになった(笑)


今回は兄の活躍が目立ったなぁ~。


悦子は殆ど何もしてなかった(‐∀‐;)


頑張れ、悦子!!


それにしてもなんで表紙のイラスト変わったんだろう・・・


シリーズものなんだから変えないで欲しかった!!


イラストが変わってて、


見た瞬間かなりショックだった~(>ω<。)

コメント

ばらかもん 4巻

2011-05-22 22:12:13 | マンガ

   

来る書展への出品も決まり、
久し振りに創作活動に勤しむイケメン書道家主人公。
そんな中、島で一番ヤ●ザっぽいおっさんに
船体への名入れを頼まれた…!!
ピ…ピンチ…!?
新キャラ続々、笑い満載、
ちょっぴり癒しのハートヒートアイランドコメディ、第4巻!!






やっぱウケるわ~。


最高!!  ヾ(≧∇≦*)〃


清舟の黒電話との格闘に爆笑だったよ!!


なんだかんだで清舟は島暮らし満喫してるな(笑)


・・・トンボって怖いよね。

コメント

レアル圧勝でシーズン終了

2011-05-22 21:33:04 | レアル・マドリード【リーガ】

■ リーガエスパニョーラ 第38節 ■

レアル・マドリード(2位/勝ち点86)
             アルメリア(20位/勝ち点30)

ホーム、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで対戦。



 ガゴ、ケディラ、ラス 怪我のため欠場。

 カシージャス、マルセロ、アダン 監督の判断により招集メンバーから外れる。

 イグアイン、ディ・マリア、ガライ 代表合流のため招集外。


【出場選手】

GK : デュテク(78分、コジャド)

DF : セルヒオ・ラモス、ペペ、アルビオル、アルベロア

MF : シャビ・アロンソ、カカ(61分、グラネロ)、エジル、

    クリスティアーノ・ロナウド

FW : ベンゼマ(85分、ホセル)、アデバヨール



【控え選手】

コジャド(GK)、カルバーリョ、マンディ、グラネロ、

ペドロ、カナレス、ホセル



【結果】

レアル・マドリード 8-1 アルメリア



【得点】

1-0  4分  クリスティアーノ・ロナウド

セットプレーからロナウドが押し込む。


2-0  31分  アデバヨール

エジルのパスを受けたアデバヨールがシュート。


2-1  33分  ウチェ

左クロスをウチェが押し込む。


3-1  48分  ベンゼマ

ベンゼマが突破しそのままシュート。


4-1  52分  アデバヨール

ガルシアがクリアしたボールをアデバヨールがシュート。


5-1  63分  ベンゼマ

ロナウドのパスをフリーのベンゼマがシュート。


6-1  73分  アデバヨール

ベルナルデージョがすらしたボールをアデバヨールが押し込む。


7-1  77分  クリスティアーノ・ロナウド

セルヒオ・ラモスのパスをロナウドがドリブルしそのままシュート。


8-1  87分  ホセル

ロナウドのクロスをホセルがシュート。




【順位表】 上位5位まで。

1 バルセロナ                    勝ち点 96

2 レアル・マドリード                勝ち点 92

3 バレンシア                    勝ち点 71

4 ビジャレアル                   勝ち点 62

5 セビージャ                     勝ち点 58



【得点ランキング】 上位5位まで。

1 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)      40

2 リオネル・メッシ(バルセロナ)               31

3 セルヒオ・アグエロ(アトレティコ・マドリード)       20

3 アルバロ・ネグレド(セビージャ)              20

5 ダビド・ビジャ(バルセロナ)                 18

5 ロベルト・ソルダード(バレンシア)             18

5 ジュゼッペ・ロッシ(ビジャレアル)             18







シーズン最終節は大量得点で圧勝!!


いい締め括りとなりました。


レアル・マドリーのシーズン通算得点が


大台突破の102ゴールに到達。


そしてロナウドがシーズン最多得点記録を


40ゴールに塗り替えリーガの得点王に☆



リーガもCLも優勝出来なかったことは残念ですが、


いい形で終われたので良かったのではと。


来シーズンこそは優勝目指して頑張れ~!!

コメント (2)

LOVE SO LIFE 7巻

2011-05-21 22:27:03 | マンガ

   

期末テストも終わり、夏休みに突入!
プールに夏祭りと、イベント盛りだくさん☆
そんな中、梨生と健の仲が急接近!?




梨生~っ!! ∑(゜Д゜;)


健に彼女が出来たことにも驚いたが、


それを知った梨生の行動にも驚いた。


梨生ってば、かなりの行動派ね。


どうなってしまうんだろうか・・・


そして詩春と松永さんも・・・


なかなか進展しない2人に若干イライラ?(笑)


早くうまいこと行くといいのになぁ~。

コメント