まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

ハングリー! 第8話

2012-02-29 23:04:53 | ドラマ

第8話

『別れの時! 宿敵の甘い誘惑・・・』

英介は、オーディションの真相を確かめに賢太の元へ。
賢太は、剛以外の3人で、別のバンドとして
デビューする話を持ち掛けられたと告白する。
しかし、賢太は独断で話を断り、
それを聞いた英介は怒りをあらわにする。
そんな折、賢太の恋人・桃子が両親を連れて来店。
英介は失礼がないようスタッフに指示するが、
そんな日に限って店は大忙しに。
そこへ「ガステレア」のシェフで、
かつて母・華子の店で働いていた東が客として来店し、
手伝いを申し出る。
おかげで店は大盛況で、桃子の両親も満足して帰るが、
千恵がけんしょう炎になってしまう。
その晩、英介は麻生からワインを飲まないかと誘われる。





バンドとして声がかかったのはビジュアルだったか・・・(‐∀‐;)


あたしならあれでデビューする気はなくなるね。


まりあもこれでやっとバンドのことは諦めがつくか?


店の方向性は戻ったみたいね。


良かったよ。


しかし英介の店に卸してる野菜を、


麻生が買い取ろうとしてるね~。


どうなるんだろうか。





第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

コメント

ストロベリーナイト 第8話

2012-02-29 22:17:53 | ドラマ

第8話

『悪しき実』





私書箱から発見された写真に写っていた11人を調べると、

いずれも数年前に射殺された暴力団関係者だった。



姫川は今泉にそのことを説明する。

記したには大和会系の殺し屋だと。

先日岸谷の部屋から見つかった木片が13本あり、

岸谷は11人意外にも、既に実刑を受けた2人を殺している。

おそらく岸谷は殺した人数と同じだけの木片を持っていたと。

なんのために?と今泉に問われ、記念とか?と姫川。

自分たちの班も捜査に加えて欲しいと頭を下げる。

しかし、そこに日下が入って来て、

姫川の話には確証がないと、判断する材料が足りないと言う。


「確信と確証は大きく違う。

お前の勘に頼った、とんちんかんな確信は

捜査を混乱させるだけだ!!」


そして岸谷の半身の死後硬直の違いや、

そもそも自殺なのか他殺なのかと。

最初は他殺と考えてたけど今は自殺だと思っていると姫川。

しかしその根拠を問う日下に何も答えられない。



当然捜査には加われず・・・

大荒れの姫川に菊田がフォロー。



何故岸谷は他の写真と一緒に

春川の写真を一緒に入れていたのか。

岸谷にとって春川の笑顔が救いだったのではないかと考えた。


春川の写真をどこで撮ったのか調べると、

伊豆にある網代だと判明。

そこに春川がいると思った姫川は、

今泉に伊豆に捜査に行きたいと言い許可をもらう。



姫川は菊田を連れ伊豆へ。

聞き込みをして遂に春川を見つけた。



春川を事情聴取する姫川。。

何故警察の到着を待たずに部屋を出たのか、

何故自分の痕跡を消したのかと問うも春川は答えない。


「岸谷がプロの殺し屋だったことを、

あなたは知っていましたか?」


「私が殺しました。」


自分が岸谷を殺したと言う春川。

あの日、岸谷と何があったのか聞くが、

それ以降、春川は何も話さなくなった。



姫川のところへ井岡が現れた。

井岡は日下が掴んだ情報を話す。

神部と鷹見は繋がっていて、

それを始末したのが、大和会の殺しのプロだったと。

話しながら姫川に近づいて来た井岡。

井岡が腕にくっついて来た時、何かを感じた姫川。

その体温が遺体の死後硬直の謎を教えてくれた。

半身を冷やすのではなく暖めたのだ。



春川の事情聴取を再開。

春川は一晩中岸谷の隣で添い寝をしていたと。

それが半身を暖める形になった。

岸谷は自殺だったのだろうと姫川。

何故岸谷が死ななければならなかったのか、

警察はそれを掴んでいると。

でもそれを春川の口から女として聞きたいと姫川。

そして春川は話し始めた。

岸谷とは大阪で出会い、

すぐに惹かれあって一緒に暮らすようになったと。

けど半年後、何かに追われるように大阪の町を出ることになった。

誰かに追われているのを感じながら、

各地を転々としながら2人で暮らしていた。

東京に来て遂に追い詰められてしまい、

春川を人質に取られ、

大和会からの殺しの依頼を受けることになってしまった。

一緒にいると不幸になると言い、

春川を追い出そうとした岸谷。

それでも春川は岸谷と一緒にいたかった。

神部組の組長が殺された時、

帰って来た岸谷の様子がおかしかったと。

手に残る硝煙のニオイを消そうとして必死に手を洗う岸谷。

その後、岸谷は匂いのする木で彫刻を掘り始めたと。

「ごめんな」と謝りながら地蔵を掘っていた。


「私にはその音が、

あの人の心を削っていくように聞こえました。」


そしてあの日、スナックで働いてる春川に

岸谷から電話がかかって来た。


「終わりにしよう。」


春川は岸谷が死を選ぶと思い、

急いで家に戻って来たが既に自殺していた。


「不思議と悲しくありませんでした。

これで、この人は楽になったんだって思ったら、

ホッとしたっていうか・・・」


そして一緒にいられる最後の夜だと思い、

一晩岸谷に寄り添って眠った春川。

何故痕跡を消して出て行ったのかと聞く姫川の言葉に、

お腹を押さえた春川。

岸谷の子供がお腹にいたからだった。

父親が人殺しだと知らせたくないと。


「消してあげたかった。

苦しみ続けた岸谷のためにも。

でも、結局助けてあげられなかった。」


姫川は岸谷が大切に持っていた春川の写真を見せる。

岸谷にとっても、春川はかけがえのない大切な人だったと思うと。


「暗い闇の中のたったひとつの救いだったと。」


春川は涙を流した。



階段で姫川と会った日下は、

不起訴になるらしいと声をかけた。

相手は日本広域暴力団の大和会。

今回は犯人である岸谷が自殺したことで不起訴に。

岸谷に殺しを頼んでいたのが大和会だと分かってるのに、

それ以上は進めないもどかしさと苛立ち。

「いつかきっと!」と言う姫川に、

それは俺の仕事だと言う日下。

姫川の捜査の仕方を認めない日下に姫川も言う。


「私もあなたの重箱の隅を突くような、

ネチネチとしたした捜査は大っ嫌い!!」



屋上にいる姫川の元へ菊田がやって来た。

あの13本の木片はキシミという木だったと。

語源には「悪いしき実」と書いて「悪しき実」。

その「あ」がなくなってしきみになったという説があると。


「シキミの実は猛毒を持っているから、

そういうネーミングになったんだろうって。」


「悪しき実・・・・・」


「岸谷はそのことを分かってたんですかね?」





なんともやり切れない・・・


日下と姫川の対比が上手く描かれてたかな~。


やっぱり最後まで相成れない2人。


ま、小説でもそんな感じですからね。


次回は何やら姫川と菊田が!?


西島さん好きとしてはちょっと複雑(‐∀‐;)





スペシャルドラマ 『ストロベリーナイト』


姫川シリーズ第1弾 小説 『ストロベリーナイト』


姫川シリーズ第2弾 小説 『ソウルケイジ』


姫川シリーズ第3弾 小説 『シンメトリー』



第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

コメント (4)

ラッキーセブン mission7

2012-02-28 23:32:33 | ドラマ

mission7

『恋におちて』





淳平の見合い話に面白がる探偵社の面々。

相手はCA!?

みんなで淳平の見合い写真を撮る。



探偵社に依頼にやって来たおばあちゃん。

夜中に現れる幽霊が恋人だった人か確認して欲しいと。

実体のないものは探せないと依頼を断る。

けど何も出来ないことが気になる駿太郎。



淳平がソワソワして急いで仕事を切り上げる。

どうやらお見合いらしい。

そんな淳平を駿太郎と飛鳥はつけて行くことに。



見合い相手の千崎はお客様の遺失物を探す仕事のよう。

その仕事に使命感を持って働いている千崎。

一方、淳平は仕事を聞かれ弁護士と誤魔化す。

その様子を見ていた駿太郎と飛鳥は見てられないと・・・

駿太郎は淳平に電話。

アドバイスしようかと言うが断られる。

帰れと言う淳平に最後まで見届けると駿太郎。

淳平は嫌がらせで飛鳥の服を汚す。

怒った飛鳥は淳平と千崎の席に行き仕返し。


「子供が寂しがるから早く帰って来てちょうだい。」



翌日、あの後、大変だったんだぞと淳平。

それより携帯の登録名が何故リンカーンなのか

気になった駿太郎。

淳平は探偵社の人を別の名前で登録してると。

飛鳥はヒラリー、茅野はサッチャー、筑紫はザビエルだった。

気まずい空気が流れた・・・



淳平は千崎のところへ行き、嘘をついていたことを謝罪。

探偵だと明かし、また今度ご飯でもと誘いOKをもらう。



先日の依頼人のおばあちゃんが気になった淳平は、

おばあちゃんの家に行き、1日だけ幽霊探しをすることに。

その恋人は戦争に行ったまま帰って来なくて、

帰りを待っている間に歳を重ね、今まで来てしまったようだ。



翌朝、幽霊探しの結果は出ず、家を後にする淳平。

気持ちだけでも嬉しかったと言うおばあちゃん。

その後、駿太郎もおばあちゃんの家を訪ねて来た。



淳平は千崎におばあちゃんの話を聞かせる。

千崎はその人が本当に探して欲しいのは、

幽霊でもなくなったお守りでもないんじゃないかと。

形には残ってなくても本人にしか分からない大切なもの。

そういうものを探しているのではないか。



淳平は自分の知り合いだと偽り、

自腹を切っておばあちゃんの恋人・内藤を捜すことに。

嘘だと分かっていても協力する探偵社。

調べると、内藤の実家が和歌山にあると分かた。

駿太郎はおばあちゃんは癌で、

入院もせず、治療も拒んでいるらしい。

淳平と駿太郎は和歌山へ向かう。



戻って来た淳平と駿太郎はおばあちゃんに会う。

おばあちゃんは駿太郎にあげると言って通帳を渡す。

最後に優しくしてくれた人にあげようと思ってたと。

開けてみると結構な金額だったらしく受け取れないと言う。

淳平が小箱をおばあちゃんに渡す。

中には内藤の勲章が入っていた。

叔父をそんなに想ってくれてた人がいるなら、

その人に渡して欲しいと預かって来たと。

必ず戻って来るという約束を果たしてくれたと、

涙を流すおばあちゃん。

お金はいらないから、治療を受けて欲しいと淳平。

そして駿太郎は浅草寺のお守りを渡す。

おばあちゃんが大事にしていた本物は、

空襲で焼けてしまったけど、

これからはこのお守りがおばあちゃんを守ってくれるはずだと。

「ありがとう」と何度もお礼を言うおばあちゃん。



淳平はまた千崎とデート。



法律事務所にいる瞳子。

もうすぐ16年目の父の命日だと。

そこには真実を掴むまでは諦めないと断言する瞳子。





面白さが減ってきたね~。


けど次回はアクションがありそう?


ちょっと楽しみにしてよう。


それより輝が父親の会社にいないって予告で言ってたね。


まぁ、想定内のことだけど。


きっとひとりで何か調べてるんだよ。


そして最終的には探偵社に戻って来るんだね。


だって今のままじゃセブンじゃないもん。





mission1 mission2 mission3 mission4 mission5

mission6

コメント (2)

鬼灯の冷徹 参

2012-02-27 21:23:34 | マンガ

   

鬼灯と閻魔様、鬼灯と白澤(はくたく)、
鬼灯と小判の相変わらずのエピソードはもちろん、
この巻も新しいキャラクターが続々登場。
源義経、ヤマタノオロチ、『かちかち山』のうさぎどんの
一獄卒としての働きぶりをとくとご覧あれ。
ちなみに絶世の美女・妲己(だっき)は衆合地獄でボッタクリ中!





かちかち山のうさぎどん最高だわ!!


あの病み加減がいい。


鬼灯とベルゼブブのやり取り?が面白い。


サタンをビビらせる鬼灯ハンパねぇ!!(笑)


コアラをモフモフする鬼灯が見てみたいわ~。

コメント

レアル苦しみながらも勝利

2012-02-27 18:40:24 | レアル・マドリード【リーガ】

■ リーガエスパニョーラ 第25節 ■

ラージョ・バジェカーノ(8位/勝ち点31)
                    レアル・マドリード(1位/勝ち点61)

アウェイ、バジェカスで対戦。


 アルティントップ、ラス、ベンゼマ、シャヒン、ディ・マリア

 
怪我で欠場。



【出場選手】

GK : カシージャス

DF : セルヒオ・ラモス、マルセロ(81分、グラネロ)、ペペ、アルベロア

MF : シャビ・アロンソ、ケディラ、エジル、

    カカ(61分、コエントラン)、クリスティアーノ・ロナウド、

FW : イグアイン(76分、カジェホン)



【控え選手】

アダン(GK)、コエントラン、カルバーリョ、アルビオル、

グラネロ、ホセル、カジェホン



【結果】

ラージョ・バジェカーノ 0-1 レアル・マドリード



【得点】

0-1  54分  クリスティアーノ・ロナウド

エジルの左CKのこぼれ球をロナウドがヒールシュート。



【順位表】 上位5位まで

1 レアル・マドリード            勝ち点 64

2 バルセロナ               勝ち点 54

3 バレンシア                勝ち点 40

4 レバンテ                  勝ち点 35

5 ビルバオ                   勝ち点 34



【得点ランキング】 上位5位まで

1 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)      29

2 リオネル・メッシ(バルセロナ)                28

3 ラダメル・ファルカオ(アトレティコ・マドリード)       15

4 ゴンサロ・イグアイン(レアル・マドリード)         14

5 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)            13

5 フェルナンド・ジョレンテ(ビルバオ)             13



【次節 第26節】

3/4   エスパニョール(8位/勝ち点33)

ホーム、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで対戦。





苦しい試合だった~。


カードも飛び交って大変だった。


色々あったけどロナウドのヒールシュートは凄かった。


さすがロナウド。


苦戦して取ったこの勝ち点3は大きい。

コメント

恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方 Lesson6

2012-02-26 22:52:58 | ドラマ

Lesson6

『「好き=隙」の方程式』





凛と松本は付き合うことになった。

2人は浅草でデート。

結衣と樹のお土産を買う凛を見て微笑む松本。



凛は菜々子と美帆に浅草土産を渡す。

中学生みたいなデートをだと言われ、

菜々子には修学旅行かと突っ込まれる。

幸せいっぱいのオーラを醸し出してる凛に、

好きって言われたからって油断してないかと言われる。

お腹を突かれ、この辺は大丈夫なの?とか。


「ヤバイかも・・・」



松本と夜景デートに行く凛。

周りのカップルがイチャついてるのを見て、

同じようにアピールしようとする凛だったが、

松本は気づかず・・・

そして車で送ってもらった凛。

帰り際、キスされるかとドキドキした凛だったが、

松本は凛越しに見えた結衣と彼氏・山田のキスシーンを目撃。

慌てて結衣を注意しに行く凛。



バーに集まる男性陣。

駿平は凛のことで松本に絡む。

駿平に言われたことで少し考え込む松本。



中華料理屋で食事をしていた凛のところに現れる駿平。

調子のいいことを言って凛にちょっかいを出す。

その時、駿平の携帯が鳴るが相手を見て切ってしまう。



松本の部屋に招待された凛は落ち着かない様子。

ベタな展開でドキドキする2人。

松本が行動を起こそうとする度に、

凛の携帯が鳴り邪魔をされる松本。

そしてもう少しでキスするところで、

今度は凛が怖気づき、急に帰ると言い帰ってしまう。



一方、美帆は偶然駿平と会い、2人でバーへ行く。

バイトが見つからず落ち込んでる美帆を励ます駿平。

恋の話もするが・・・

2人で帰っている途中、駿平の前に女が現れた。

この世で駿平のことを思っているのはあたしだと豪語。

しかし駿平は迷惑しているようで怒って帰ってしまう。



菜々子と多田は中華料理屋で会う。

バレンタインに渡すはずだったチョコを、

菜々子に渡す多田。

その日、約束してたのに行けなかったことを謝った菜々子。

悩みがあるなら言って欲しいと言う多田に、

元彼の子を妊娠してることを話した菜々子。

でも自分の悩みで多田には関係ないと・・・



松本から1週間連絡がないと菜々子に相談する凛。


「みんな自分の恋とどうやって向き合ってるんだろうなぁ。」


そんなの人それぞれだと言われる。


菜々子に相談後、松本に電話をする凛。

食事でもどうかと誘うが、仕事を理由に断られてしまう。



凛は買い物帰りに松本を見かけ、声をかけようとするが、

女性と一緒に仲良く歩いて行く姿が・・・



雨宮と中華料理屋でヤケ食いする凛。

そこに松本が現れた。

雨宮が呼んだようだ。

険悪なムードが漂い、言い合いになる2人。

一緒に歩いていた女性を目撃したことを話す凛。

クリニックのスタッフだと言う松本。

しかし安心出来ず、自分は松本のなんなのかと・・・

そして外回りに行ってしまう凛。



松本と多田がバーで話をしている。

凛を追いかけなかったのは、

凛のヤキモチを妬く気持ちが重かったから。

20代と30代での恋愛の違いに責任が出て来ると・・・

だから少し距離を置いたらしい。

そんな松本に多田が、そんなのは関係ないと、

大事なのはお互いの気持ちだと言った。


「自分が好きな人が、自分のことを好きになってくれるなんて、

俺からしてみたら奇跡みたいなもんよ。」



多田は菜々子に電話。

菜々子の悩みを解決することは出来ないけど、

応援することは出来ると。


「本当はもう決めてるんでしょ?

自分で答え出してるんでしょ?

だったら僕はその答えを支持します。

菜々子さんは1人じゃありません。

友達として菜々子さんを支えます。」



菜々子は凛にも妊娠してることを打ち明けた。

話を聞き、凛は菜々子から勇気を貰った。

そして松本に電話をかけるが、仕事中のため繋がらない。



仕事が終わり携帯をチェックする松本。

凛からの不在着信を見た。

松本が外へ出ると凛が待っていた。

しかしなかなか想いを伝えられない凛は帰ろうとするが・・・


「松本さん!

私は8年振りに人を好きになりました。

恋の仕方も忘れてました。

だから色々考えて、この恋をどう進めたらいいのか

分からなくなっていました。

怖かったんです。

全てをさらけ出すのが。

そんなことしたら・・・あなたをもっと好きになってしまうから。

重いと思われても仕方ないんですけど、私・・・」


「僕も色々考えてしまいますが、

何も考えないで、兎に角一歩進んでみませんか?」


松本は凛を抱きしめキスをした。



目を覚ました凛の隣には松本が。

松本に寄り添い寝る凛。

その時、松本の部屋のドアを叩く音が!!

駿平がドアの前で松本を呼んでいた。

驚く2人は・・・





今回はなんか多田に持っていかれた感があるような?


多田はホントいい人ね~。


菜々子とウマく行けばいいけど。


駿平の前に現れたのって、きっと母親よね。


駿平は拒絶してたけど何があったんだか。


凛と松本がいい感じになってきたのに、


駿平はまたもやかき回すんだろうか・・・





Lesson1 Lesson2 Lesson3 Lesson4 Lesson5

コメント (2)

鬼灯の冷徹 弐

2012-02-25 22:12:30 | マンガ

   

鬼灯のドSっぷりに中毒者続出!!
今日も地獄はサディスティックワンダーランド!
鬼灯を慕う元・桃太郎のお供3匹、
鬼灯を付けねらうゴシップ記者(猫)、
鬼灯を知らないおバカアイドルetc.……。
誰であろうと相手の心を凍らせる鬼灯様の冷徹交友録。
そしてヌルい獄卒はドSな運動会で徹底的に叩き直します!
もちろん天国の漢方医・白澤(はくたく)との関係は最悪です!





やっぱり鬼灯は最高だわ!!(笑)


閻魔様にも容赦なし。


精神的苦痛を伴う運動会と、


3匹が鬼灯を部屋に起こしに行く話がウケた!!


面白すぎだよ~ヾ(>ε<)


早く続き読まなきゃ♪

コメント

結構積もった

2012-02-25 21:09:47 | Weblog

朝起きたら結構な量の雪が・・・


天気予報で雪なんて言ってなかったからビックリ!!


騙されたっ!!って思ったよ~(´Д`;)


お昼過ぎ頃まで降り続いてて、


なんか久し振りにずっと降ってるなぁ~と思った。


みなさまのとこは降った? 積もった?


昨日はあんなに暖かかったのに今日は雪で寒い。


体調がついていかず・・・


夕方頃から頭痛と格闘ですよ(-_-;)


どうしよう。


そろそろ薬飲もうかな?


でもなぁ・・・もうちょっと様子みようかな。


みなさまも体調にお気をつけて。

コメント (4)

鬼灯の冷徹 壱

2012-02-24 18:56:24 | マンガ

   

人にとっての地獄。それは鬼にとっての日常なのです。
ドSな補佐官・鬼灯に、上司の閻魔大王は涙、涙……
そんな日常です。
あの世には天国と地獄がある。
地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、
さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。
そんな広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす鬼神。
それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯である!
冷徹でドSな鬼灯とその他大勢のわりかし楽しげ地獄DAYS!





ずぅ~~~~~っと気になっていたマンガ。


今まで手を出さずに悩んでいたんだけど、


気になった時にすぐ買えば良かった!! (>ω<。)


あたしの心をくすぐるわ~。


鬼灯のドSが堪らない!!


脇キャラも面白い。


金魚草はちょっとキモかった・・・(‐∀‐;)

コメント

気になった・・・

2012-02-24 18:27:57 | Weblog

今日は暖かかったよ~(゜▽゜*)


ちょっと風が強くなった時もあったけど、


なんか久々に外に洗濯物を干した気がする。



以前言っていた気になってたチョコを買ったよ!!





ルックって色んな味を出すけど、まさかのネクター。


濃厚ピーチとの文字に釣られてしまったよ・・・


けど、食べたらそれ程ネクターじゃなかった(‐∀‐;)


ちょっと残念な気分になったよ~_| ̄|○



  


もうひとつはコレ!!


これはルックより気になってたの。


トマトですよ、トマト。


一体どんな味なのか・・・


まだ食べてはないから味は教えられないんだけどね。


気になったら探してみて下さいな。

コメント (4)