まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

君に届け 24巻

2015-07-31 21:41:21 | マンガ


   

あの告白から1年。
爽子達にとって最後の学校祭がやってきました。
いつも通り全力でクラスの仕事をする爽子ですが、
今までとは違う嬉しい発見がいっぱい。
そして、学校祭終了後に…。





受験に恋愛絡ませすぎじゃない?と毎回思う。


自分の行きたいところを受験しなさい。


それはさておき、ピンがまたまた男前♪


ずっとピン派だった自分としては色々期待することもあるけど・・・


あやねが学生のうちはどうこうならないだろうな~。


龍とちづはいいね。


龍はかっこいいし爽やかだ!!

コメント

配役決定!!

2015-07-29 22:03:20 | 福士誠治 【舞台】


暑い・・・ミ(ノ;_ _)ノ =3


アイスばっかり食べてるよ。


暑いとご飯食べたくないんだよね~。


ま、そんな話はどうでもよくて、


スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』の配役が決まったよ。


なんとなんと!!


我らが福さまはエース役ですぞ!! (*OωO*)


ちょっと驚いた。


いや、大分驚いた。


因みに猿之助さんは予想通りルフィでした(笑)


他に2役、計3役やるようです。


どんな風になるのか楽しみだわ。


その前に高い(笑)チケット取らないとね。

コメント

恋仲 第2話

2015-07-28 22:04:00 | ドラマ


第2話

『戻れない距離』

“かつての想い人が親友の恋人"という
衝撃的な事実を受け止めきれない三浦葵(福士蒼汰)は、
帰り道、思わず金沢公平(太賀)に携帯電話で思いをぶつける。
葵が自宅マンションの前まで来ると、
目の前には今電話しているはずの公平が…。
公平は葵の家にひと夏の居候をしに上京してきたのだった。
葵があきれていると、妹の七海(大原櫻子)が帰宅。
美しく変貌した七海との再会に、公平の気持ちは高まる。
そんな公平の様子に、久しぶりに再会した
芹沢あかり(本田翼)への思いを募らせる葵。
公平が高校の同窓会を企画した日。
研修医の蒼井翔太(野村周平)は、優秀で周囲の評価も高く、
早くも患者への病状説明を任されていた。
そんな翔太の前に公平が現れ、同窓会に誘う。
一方、葵はあかりの事が気になり仕事に集中出来ない。
そんな葵に丹羽万里子(吉田羊)が
保育園リフォームの設計を担当してみないかと声をかける。
喜ぶ葵だが、任せられたのはウサギ小屋だった。
先輩の富永美玲(山本美月)にからかわれながらも、
真剣に設計に取り組む葵に公平から同窓会に早く来いと電話が入る。
あかりと翔太も来ていると聞いた葵は仕事が終わらないと断る。
仕事を終えた葵がマンションに帰ると、
玄関に見慣れないたくさんの靴が並んでいた。
部屋に入ると、あかりと翔太がいた。
あかりと翔太の馴れ初めや、自分と翔太のスペックの差を見せつけられ、
居たたまれなくなった葵は…。





姑息なヤツめっ!!


自分、2話目にして既に翔太がキライです(ー'`ー;)


7年前、ワンピースに挟んだメモに書いてあった


あかりから葵へのメッセージは、


『ずっと好きでした


来年の花火大会 同じ場所で待ってます』


こんな大事なメモを翔太は握り潰した!!


で、自分が会いに行ったのか?


ってか、なんでまだメモ持ってるんだよ。


やっぱ後ろめたいことしたから捨てるに捨てれないのか?


見てて翔太が邪魔でしょうがないよ。


どうせ最後にあかりは葵と結婚するんでしょ?と思ってる。


ってなことで、もうギブ。


どうにもこうにも内容がキツイわ・・・


気が向いたら確認のためラストだけ見るかもね。





第1話

コメント (2)

JC科学捜査官 雛菊こまりと“くねくね”殺人事件 / 上甲宣之

2015-07-27 22:13:50 | 小説・その他本


   

「“くねくね”を見た者は精神に異常をきたす」
「トイレから聞こえてくる『赤いはんてん、着せましょかぁ』
という童唄に応えると、喉を切られ殺される」など、
オカルト現象になぞらえた殺人事件の数々。
FBIから、祖父の勤務する兵庫県警科学捜査研究所に派遣されてきた
14歳の科学捜査官・雛菊こまりが、
多彩な科学捜査と天才的なひらめきによって、
事件を鮮やかに解決していく!





JCシリーズ第2弾。


こまりのイラストの印象が変わった気がする。


で、やっぱりJCの意味がない。


今回は短編だったからなのか、


前作と比べて結末急ぎすぎ感?が・・・


まぁ、前作は犯人急に登場したから比べるのも微妙だけど(‐∀‐;)


なんというか全体的に読み応えがない!!


JCってついてるんだから取り敢えずJCを活かして欲しい。

コメント

きょうは会社休みます。 9巻

2015-07-26 21:37:18 | マンガ


   

34歳の誕生日に、朝尾から本気の告白を受けた花笑。
すぐに断ったけれど、朝尾の言葉が頭から離れず
田之倉といても花笑は上の空になってしまう。
誕生日の一日を田之倉と過ごし、
花笑がたどり着いた本当の気持ちは…。





出世に興味がなくてもあの場面で言ってはダメでしょ!!


思ってても絶対言ってはダメ!!


そりゃイラつかれるよ。


34のしかも正社員の発言じゃないよ。


一体何を考えているんだろうか・・・


あの新部長も男に愚痴ってんじゃないよ!!って思ったけど。


朝尾さん、頑張ったんだけど仕方がないよね・・・


もう登場する機会も減るんだろうか。


朝尾さん派だっただけに残念だ。


花笑と田之倉くんの両家顔合わせも済んだから


結婚して終わりってなれば良かったのに、


なんで会社問題に発展させたんだろう。


そういうマンガじゃなかったような気がするんだけど・・・(‐∀‐;)

コメント

グッドモーニング・キス 13巻

2015-07-25 22:04:35 | マンガ


   

岡玉教授の研究室に入れることになった上原くんは、
いきなりフランスの研究室へお手伝いに行くことに。
その話を聞いた菜緒は、まりなと一緒にフランス旅行を計画するが…?





よく言えば安定。


悪く言えば変化がなく進みが遅い。


いい加減もう終わってもいいんだけど?


と思ったり思わなかったり(笑)


上原くんがパリへ!!


異国の地で寂しくなった上原くんのデレが可愛い。


菜緒もそれにやられてパリへ会いに行くんだけど、


上司が女性というだけで疑ったり怒ったり。


一体上原くんは菜緒のどこがいいんだい?


と2度目の思ったり思わなかったり(笑)


ラストではまりなの心配してたけど余計なお世話だと思う。


それなりに大人なんだし好きにさせりゃ~いいじゃん。


それより自分でしょ!!

コメント

虚像の道化師 / 東野圭吾

2015-07-24 22:13:16 | 小説・その他本


   

ビル5階にある新興宗教の道場から、信者の男が転落死した。
男は何かから逃れるように勝手に窓から飛び降りた様子だったが、
教祖は自分が念を送って落としたと自首してきた。
教祖は本当にその力を持っているのか、
そして湯川はからくりを見破ることができるのか(「幻惑す」)。
ボリューム満点、7編収録の文庫オリジナル編集。





ガリレオシリーズ第7弾。


今回は短編集。


ドラマで見たのもあったから若干面白さが半減した(‐∀‐;)


そして原作と変えてあるところもあってガッカリ。


湯川と草薙の掛け合いは毎度面白い。


それはそうと湯川の変人設定ってどこに消えたんだろうか?(笑)


短編もいいけど、やっぱり長編でジックリ読みたいなぁ~。

コメント

探偵の探偵 第3話

2015-07-24 21:54:07 | ドラマ


第3話

『真犯人現る! 闇夜の決闘!!』

紗崎玲奈(北川景子)は5年前に紗崎咲良(芳根京子)の
DNA鑑定を受け持った医師・矢吹洋子(高岡早紀)から、
咲良とともに死亡したはずの
被疑者・岡尾芯也(岡田義徳)が生きていると聞かされる。
しかも、先日発生した女児誘拐事件に関与している疑いがあり、
現在、警察が探偵と協力して調査を進めているという。
玲奈は、その探偵のことを尋ねるが、矢吹は知らないと答える。
その後、玲奈は探偵・藪沼(宅間孝行)から、
阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)が、
警察の信頼を得ようとする裏に意外な野望があることを聞く。
「スマ・リサーチ社」に戻ると、
玲奈は須磨康臣(井浦新)と峰森琴葉(川口春奈)にそのことを報告。
今回の誘拐事件も警察の信頼を得るために
阿比留が企てた自作自演かもしれない、と話した。
しかも、警察がマークさえしていない岡尾を犯人として挙げられれば、
警察の阿比留への信頼は絶大なものになる、と言う。
阿比留と岡尾がつながっているとすれば、
咲良の情報を岡尾に流した探偵は阿比留である可能性が高まる。
玲奈は、何としても真相に迫りたかった。
同じ頃、誘拐事件対策室では、阿比留が捜査の実権を握っていることに
不信感を募らせた窪塚悠馬(三浦貴大)が、阿比留に不満をぶつける。
その夜、玲奈は矢吹から、明朝、
誘拐事件に関する家宅捜索が行われるとの情報を得る。
玲奈と一緒に行きたいと譲らない琴葉の口から意外な事実が語られる。





うん。 なんかもう飽きた!!(笑)


話全然進まないんだもん。


ここ3話までの間、


ただただ北川景子のバトルシーンを見せられてるだけ。


そして川口春奈をちょこちょこ見せますみたいな?


悪役の詰めも甘すぎだし、見所がない。


警察側も窪塚以外疑問に思わないってどうなんだろう?


正直あとは結果だけ分かればいいかなって感じ(‐∀‐;)


多分次から見ないと思う。


もし見るとすればあとは最終回だけかな~。





第1話 第2話

コメント

お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂3 / 似鳥航一

2015-07-22 21:22:10 | 小説・その他本


   

春めく浅草は、今日も多くの人でにぎわう。
そんな陽気につられてか、甘味処栗丸堂はどこか落ち着かない。
それもそのはず、若主人の栗田に悩みの種が増えたのだ。
悪友の浅羽が調べた葵の正体は、栗田の心を揺るがすことに。
自分は葵をどう思っているのか、どうするべきか。
決断を迫られていた。
そんな栗田の気持ちも知らず、店には面倒事が舞い込んでくる。
笑いあり涙あり。
和菓子が育む縁は末広がりのようで。
やさしい味わいがもたらすそのてんまつはいかに?





栗丸堂シリーズ第3弾。


みたらし団子が食べたくなった。


今回は遂に葵の正体が判明!!


まぁ、浅羽が勝手に調べたんだけど(‐∀‐;)


進みそうで進まない栗田との関係だが、


葵の正体が正体なだけに難しい気もするけど・・・


個人的にはうまくいってもらいたいけどね。


どうなるかな?


ちょっと飽き気味なので早く決着つけて欲しい(笑)


コメント

恋仲 第1話

2015-07-21 22:08:12 | ドラマ


第1話

『君がいた夏』

今からそう遠くない未来ーー。
とあるチャペルで結婚式が行われようとしている。
ウエディングドレスに身を包んだ新婦・芹沢あかり(本田翼)は不安げだ。
夫となる新郎がまだ到着していない。
その頃、三浦葵(福士蒼汰)はチャペルへ向かって猛ダッシュをしていた。
また、新幹線から駅に降り立った蒼井翔太(野村周平)も急いでいた。
これは、2人の“アオイ"のどちらかが芹沢あかりと結婚するまでの物語…。
2015年、東京。葵は建築設計事務所で働いている。
建築家という夢の入り口に立った葵だったが、
日々の仕事に忙殺され、夢を見失っていた。
社長の丹波万里子(吉田羊)にはつまらないと指摘され、
仕事同様恋愛も上手くいかない踏んだり蹴ったりの毎日を送っている。
ある日、葵の携帯電話が鳴る。
高校時代の友人、金沢公平(太賀)から同窓会の連絡。
葵は思わず高校時代に想いをはせる…
7年間会っていないあかりのことに…。
2008年、富山。
幼なじみの葵とあかりは、お互いの家を自由に行き来するような関係。
葵は、あかりの父・寛利(小林薫)とも顔なじみだ。
互いに想いを寄せる葵とあかりだったが、
素直になれず微妙な関係が続いていた。

そんな中、翔太が転校してくることによって2人の関係は変化を迎える…。
高校3年の夏、
卒業すればあかりと離れ離れになるかもしれないと思った葵は、

「あかりを花火大会に誘い告白しよう」と意気込むが…。





取り敢えず見てみたけど・・・


明らかに好き同士の幼馴染み(葵とあかり)だが、


告りもせず生温い関係に浸かってるところへ、


転校生(翔太)が現れ関係に変化が!?っていう、


少女マンガの世界&ベッタベタの月9って感じ?



なんだろう・・・何かが受けつけない。


この手の話しについていけなくなったか?


年のせいか?(笑)



あかりが姿を消した7年後に翔太が葵の前に現れ、


そこへあかりがやって来て再会。


で、翔太があかりと付き合ってるという急展開に。



あかりが姿を消した時、葵から借りてたワンピースの間に


葵宛てのメモが挟まってるのを翔太が見つけて握り潰したり、


あかりに振られたにも関わらず、


ずっと好きだったのかどうかも分かんないけど、


どうやってあかりを探し出したとかも分かんないけど、


何故か今付き合ってて葵に紹介するとか、


翔太の姑息な手がイラッとする(-_-;)


まぁ、高校時代全然告んなかった葵も葵だけどさ。



微妙に肌に合わないけど


次回も見てからギブするか決めようと思う。

コメント (4)