バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

1回きりの携帯充電器?

2007-11-30 19:49:00 | エッセイ,その他(ジャンルなし)

出張先で携帯の充電がときどき心配になることがありコンビニにいって乾電池式充電器を買いました。そこの店には、それしかなかったので仕方なかったのですが、説明書を読むと1回きり使い切りタイプでした。あとから他の店に行くと何回でも電池を交換して使えるものも売ってました。(そのタイプのほうが少し高い)

それでは、なんで1回きりなんだろうと思いながら分解してみるとマイナスドライバですこし押すと簡単に開きました。中を見ると電池も簡単に交換できるので間違いなく電池を交換すると何回も使えそうです。

この1回きりの電池方式は、アルカリ単三4本タイプなので、通常2本のタイプより長く使えそうです。ただかみ込みのつめの部分が甘くなるので、何回か交換しているうちにテープでとめるようになるかもしれません。

 

明日早朝から新宮に再度1泊2日の出張です。今日は早く寝て明日に備えることにします。ここのところ3週間ほどずーと休みがないのでPC等はもって行かないでゆっくりすることにします。まあでもポータブルDVDプレーヤーはもっていこうかな?

 

コメント

スパイダーマン  意外と面白い

2007-11-29 08:14:45 | 映画、ドラマ、書籍等

以前どこかのHPで見たのですが、期待していなかったけど期待に反して面白かった映画のベスト1にこのスパイダーマンが選ばれていました。

ヤフオクで、スパイダーマン1~3までまとめて購入したので、そのうち最初の1巻を見ました。主演のトビーマグワイアは、以前サンダーハウスルールで見てなかなかの好青年だと思ってましたがこの作品でも人気を不動にしていますね。個人的には好きな俳優さんです。

最初見たときヒロインのMJ(メリージェーン)役の女優さんを見たときどこかで見たことがあるとピンとて考えること10秒 そうだ エリザベスタウンで見たヒロインだ。調べてみると キルスティン・ダンストでした。非常に印象にのこる女優さんで不思議な感じがします。

このスパイダーマンの映画ですが単なるスーパーヒーロー者というだけでなく主人公の人間的成長やいろいろ見所がありました。パート2、パート3が出来ているということは、そこそこヒットしたからだと思いますが、時間があるときにパート2,3を楽しみたいと思います。

コメント

ミッシング 社会派サスペンス

2007-11-28 08:12:15 | 映画、ドラマ、書籍等

昨日は、ちょっと趣をかえて少し重めの映画?を見ました。

ジャックレモン主演のミッシングです。1970年代にチリで起こったクーデータが背景になっていますが、この映画は史実を描いています。

物語は、クーデーターが起こる前にチリで暮らしていた息子夫婦がクーデターにより息子が行方不明になり父親がアメリカからチリに来て、息子の奥さんと二人で、行方を捜すうちに国家間の共謀する関係というのを目にして、、、

とまあこんな感じでストーリーは進みますがこの戒厳令という外出禁止令がひかれた状態というのは、平和な日本では想像もつかないでしょうけど世界では時々おこる事なのです。史実を少し頭に入れてから見ればさらに重みを増す映画です。

 

話は変わりますが、今朝新聞を見てると桂銀淑さんが覚せい剤所持で逮捕されていました。桂銀淑といえば普段あまり演歌を聴かないのですが、この人の歌だけは好きで時々聞いたりして唯一CDを持っている演歌の人だったのです。非常に残念です。再び刑期を終え反省して戻ってきてあのハスキーな歌声を聴きたいものです。

 

コメント

古座川町 一枚岩

2007-11-27 19:03:50 | エッセイ,その他(ジャンルなし)

今日は、一日曇りの日でした。仕事で古座川町に行ってました。

古座川町といえば一枚岩が有名です。丁度昼くらいに通りかかったのでそこの休憩所で昼食にしました。仕事の関係で最低1年に1回はここを通りますが、数年前に比べて様変わりしています。

というのは数年前には、整備された休憩所や公共のトイレ等もなかったのですが自然に満ち溢れていて時々画家等も時々きていたように思いますが、整備されてからは、そういう姿は全く見かけなくなりました。

画家にとっては今の一枚岩にはまったく興味がなくなったのかもしれません。どちらがいいのか難しいところではあります。

コメント

琴の滝 すさみ町 隠れた名所

2007-11-26 18:20:17 | エッセイ,その他(ジャンルなし)

今日仕事で和歌山県 すさみ町の佐本というところに行ってました。帰る途中に琴の滝という看板が見えたので行って見ました。

以前すさみの人に一度いって見たら?と言われていましたが行って正解でした。車で参道を走っていくのですが、本当に山奥のなかにある秘境でした。

近づいただけでマイナスイオンを感じ非常に落ち着く場所です。大阪堺の方から老夫婦も見物に来ていました。10分くらいしかいなかったのですが水は澄み切っていてとても冷たい水でした。

 

今日 家を整理していたら私の高校時代(田辺工業)の成績表がでてきました。高校時代は全く勉強しなかったという自信はありますので(変な自信)思っているよりは悪い成績でした。不思議なことは数学がもっと出来ていると思っていましたがいまいちで英語はもっと悪いと思っていたら意外に一番出来ていることでした。予備校に行っている長男の高校の成績と非常によく似ていました。長男もほとんど勉強したことを見たことがありませんでした。笑

子供に見せた以上あまり勉強しろとは言えなくなりましたねえ 笑 嫁さんは、自分はこれよりよかったと言ってますがほんまかいなという感じで、見せてもらわないと信用しないよといっておきましたが。もうないと言って見せてもらえそうにありません。笑

でも本当に勉強したのは、大学時代で、正直高校の授業は全く面白くなかったのを記憶しています。やはり自分の好きなことは勉強しても面白いし好きでないことは、やりたくないのが普通ですもんね。

コメント

プラダを着た悪魔   ベリーグッド!

2007-11-25 22:53:56 | 映画、ドラマ、書籍等

2006年の作品。プラダを着た悪魔

三連休が三仕事のなったので今日仕事から帰ってから映画でも見ることにして見た映画がこの作品。

ファッション業界の裏をも垣間見るコメディ。なかなか素晴らしい作品でした。主人公のアン・ハサウェイは、一目見たときからどこかで見たことあると思う間のなく あっプリティプリンセスのあの娘と気がつきました。この娘以上にきれいな人は、映画のなかではまだ見つけられません。

オートリヘップバーン2世といわれているだけありきれいさは、ひときわ目立ちます。それと悪魔?を演じるメリルストリープの演技は安定感抜群です。

この映画 原作があってそれの映画化ですが、悪魔のような仕事の鬼をメリルストリープが演じるとどこかほんの少しやさしさも感じるのは変かな?

この映画 エンディングにかけての脚本は抜群で、見終えたあとさわやかさが残ります。いつもの事ながら主人公(アン・ハサウェイ)は、ファッションにうとい格好で出来ますが途中からは、最新ファッションを身にまとったときものすごく輝きます。それも見せ場の一つです。それと本当に大切なものは何かということも忘れずに映画では伝えています。ベリーグッド!

 

コメント

構想力 谷川浩司著

2007-11-25 20:03:58 | エッセイ,その他(ジャンルなし)

ちまたでいう三連休は、結局三連続仕事になってしまいました。特に土曜日は夜の11時過ぎまで仕事だったので、多少ばてました。

その中で寝る前に金曜日に買って来た3冊のうち2冊は読んでしまいました。新書なので2時間もあれば読めるのです。

渡辺明著の勝負頭脳は、将棋の内容のほうが色濃い本でしたが 谷川浩司著の構想力は、ところどころになるほどとうなづける内容でした。

谷川九段といえば芸術性の高い将棋を指すということでファンが非常に多いので有名です。彼いわく 昔は、情報というものがあまり多くなかったので必然自分で考えるということになったが今は情報社会であり瞬時に情報がネットを通じて交錯する。そのため現在の若手は、その情報の中でそれを分析整理することに偏重するあまり自分で考えるということに重点を置かなくなったというのである。(実はこれは羽生善治2冠も同様のことを言っている)

つまり情報がありすぎるためマニュアル的に一定ランクまでは来れるが、そこから先に行くにはどうしたらよいか見つけきれていないという。梅田望夫著のウェブ進化論にもでてくるいわいるハイウェイ論である。(もともと羽生善治がインタビューに答えた内容であるが)

やはり 自分のやりたいことを見つけることとそれに対して自分なりに考えるということが大事なのです。自分の子供たちがそういうことを一刻もはやく気がつき実践してくれることを望む次第です。とりあえず何がやりたいか見つけるだけでも安心するのですが。

予備校に行っている長男について言えば 去年までは、文系で、受験に失敗したとき 性格的に理系があってると思うので理系を目指したらとアドバイスしたときまさかすんなり理系に変更するとは思っていなかった。親としては、うれしいのだけど本当はその先に何をやりたいか見つけてくれるのが一番なんです。大学の選択は、一つの大きな選択です。(行きたいところにいけるわけでもないのですが) 

去年の受験の際 長男と話をしたときどうもまずブランドで選ぶようだ。長男いわく友人も早稲田、慶應の一番競争率の少ない学科を志望してじゅけんするとか言う話でした。どうも自分のやりたいこととかそういう話ではないようでした。よく雑誌に出てくるアンケートでも1番に選ぶのはブランド名(有名校)になっていた。

河合塾に始めて話を聞き今年の春でしたが、そのとき担当者(確か脇本さんとう天王寺校の人)と雑談した際 企業側のアンケートでここの生徒を採ってよかったと言う大学が理系で 電気通信大学文系愛知県立大学と言う話を聞きました。(3/17のブログにも書いてました)どちらもこじんまりとした大学で非常に専門的だというでした。不思議なことは、今春のセンター試験の出来が悪かったので国公立大学を大阪外国語大か愛知県立大学にするか(いずれも外国語)迷ったのです。大阪外大のほうが偏差値が上だったのですが最終は本人の決定で大阪外大受験しましたが、その際 愛知県立大学も学校案内等を見ていてもなかなか雰囲気はいい大学でした。

これからさらに難しい世の中になるので技術力だけは磨いてどこでもやっていけるようになったらいいなという希望で一押ししているのですが、はたして入れるのかどうかとか入っても自分の好きなことを見つけられるのかどうかとか余計なことまで心配してしまいます。

 

 

コメント

適正電波推進委員の会合

2007-11-23 21:12:09 | エッセイ,その他(ジャンルなし)

今日は、適正電波推進委員の会合で和歌山へ出向。適正電波推進委員は、ボランティアでやってますが出向費が出るので助かります。ついでに和歌山市へいって買い物という好都合。

朝 ETCの通勤割引時間に入って、帰りも通勤時間帯で帰ってくる予定が、出発前にPC修理の仕事が入り昼前までかかりあわてて車でいくものの 割引がないで、みなべ~海南 ¥1800は、ちょっと痛い。

3週間ほど前に和歌山市のBOOKOFFで将棋の希少本が安く売っていたので、そのとき買いそびれたので見に行ったがもうなかった。(ヤフオクで売値の倍以上になっていたことを確認していたのですが、やはり見つける人はいるんですよね) 仕方ないので中古のDVDを2本買いました。ひとつはなんと値段が¥105という安さ 鉄道物語 非現実的鉄道ドラマというもの あまりに安いのでそこそこのないようだったら拾い物。もうひとつは、ノッティングヒルの恋人これは¥1950もしたのでそこそこの内容であってほしい。直感で決めました。

そのあとPCショップのTWOTOPへいきDVDメディアとDVDケースをまとめ買いしました。

最後は、宮原書店へいって新刊書3冊購入 谷川浩司著 構想力 、渡辺明著 頭脳勝負 、そして梅田望夫著 ウェブ時代を行く の3冊です。

前2冊は、将棋の棋士の書いた書籍ですが、最後のウェブ時代を行くは、ちょっと楽しみにしているのです。前作の ウェブ進化論は内容的に素晴らしいというか画期的な内容だったのです。

とまあいろいろ買い物をしていると出向費は飛んでしまいますね。笑

 

 

コメント

一日PCの修理に費やす。

2007-11-22 22:34:36 | PCの話

本当に寒くなってきましたね。

今日は、自宅で企業のPCを預かってきて修理に一日費やしてしまいました。通常そんなにかからないのにとことん壊れていました。マザーボードが生きていたので何とか直す気になりました。

電源入らず。

ショップブランドのぺティアム4 1.8GHz メモリ 512M HDD 40G CD-ROM ビデオカード Geforce2(64M)  WINXP PRO SP1。

最初は、電源換えてすぐ直るんじゃないかと思ってましたが、甘かった。

電源は、McroATXの電源だったが、電源テスターでNGなので中を開けてみるとコンデンサ膨らみだらけ直す気にならないので交換することにした。 電源を交換するとBIOS画面が立ち上がるが先に進まない。BIOSセットアップで確認するとHDDが認識していない。

取り外してIDE→USB変換で他のPCにつなぐがやはりだめで、データすら吸い出せない。何回か試すが1時間程度であきらめた。

仕方ないので、HDDも交換することにしたが今時40GBなんてないので、160GBを用意して、いざXP PROをインストールしようとしたらCDドライブが不安定なのである。BIOSでは認識していたがCDを読まない。しかたなく手持ちのコンポドライブと交換し XP PRO SP1をHDDのバンドル版をインストールする。認証もちゃんと行い。SP-2もサイトからアップデートしたが2時間以上かかってしまいました。マザーのドライバ類もMSIのサイトから拾い集めてすべてクリア(デバイスマネージーびっくりマークなし)。ようやく終わったか?

そこで新品ながら保管期間が少し長かったので HDTUNEを使って、HDDのテストをしようとすると異常にスキャンがおそい。3MB/SEC程度なのである。通常このクラスの性能だと50MB/SECは、いくはず。経験からこれはBIOSが古い打と判断してMSIのサイトからBISOデータをダウンロードした。MS6533EGというマザーだったがちゃんと置いてくれていて助かった。

この時期に(4年程度前)のマザーは、BIOSのアップは、FDDを使って行うのが一般的なので早速手順を印刷してから行おうとするとFDDも壊れている。なんてこったい。仕方ないので同じく手持ちのFDDをつないで、BIOSアップ。(手順を印刷しておかないとフラッシュ書き換えソフトの定義が覚えきれないのです。

手順は、先のサイトに書いてあるがMS-DOSの知識がちょっぴり要ります。途中で電源を落とすとそれこそマザーをこわすので足を引っ掛けないかよく注してから行わなければなりません。

無事BIOSを更新するとXPの起動も早い。さらにHDTUNEのスキャンも60MB/SECでスキャンしてるようやく終わりに近づいた。コンポドライブを使ったので、書き込みソフトとDVD再生ソフトをインストールして一応完成。

コメント

河合塾 センターまであと2ヶ月

2007-11-21 08:30:00 | エッセイ,その他(ジャンルなし)

センター試験まであと2ヶ月となってきました。河合塾のHPに第3回の模試による大学の難易予想ランキングがでていました。実はこのHPで 塾生や会員登録すると少し詳しい項目まででています。

今月も携帯のパケホでなかったらの電話代が370万円という長男(河合塾生)からラジカセ壊れた、買ってもいい。(音楽の聴きすぎやで。) でもリスニングにも少しは使う。 (しかたないなあ)てな具合であいかわらず心配。再びパケットの時間が大幅に増えてきている。通帳も残高0円。(お金残ってえへんやん、少しはあるんか?25日までもつ?) まあなんとか (ラジカセ代だけ送っておくのであとはいつも25日に) てな具合である。

(ところで3回目の模試はどうやったん?) あかんかったセンター70%切っている。電通大は、Aやけど 東工大は、Dだった。(それきびしいやん、センター70%きりはきびしいな また次受験校のことで話しよか、ところで私立の大学案内や願書は大きな本屋で売ってるけどどうする?) それならこっちで買う (どこの買うんや?) 早、慶、上智と東京理科 (可能性のあるのにしてや。もし評価Eやったらやめとこ。 受験するとなったらいろいろ大変なんや 何処受験するかまた予定たてよう) 

いろいろ調べていると国立大学というのは、一つのところ合格して入学手続きをすると次ぎに別の国立大学合格してもそこに入学手続きをすることは出来ないということがわかった。そうなると現状きびしい東工大は考えない方がよさそうだ。

とにかく高校時代文系だったための未修科目の物理、化学にあいかわらず苦戦のようである(未修だった数学はなんとか克服しているみたいだが)。

普段 家にいればいろいろと話ができるのだけど、次面談で行った時いろいろ決めて、あと迷わず目標たててやってもらいたいものだ。何処の家も大変なんですよねえこれから。

 

コメント