バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰パラ ブックマーク その102

2017-10-20 20:48:49 | 将棋

台風が日本列島に近づいている。おかげで急きょ日曜から出張になった。台風待機というやつである。

今回の台風21号は、結構大きいので被害が心配でもある。なるべく南下してほしいなあ。

今週ずっと雨が降っているうえにこの台風での雨もあり土砂崩れ等も心配である。

選挙日は、台風事なので明日 投票にいくことにしよう。開票速報では、また池上彰さんが視聴率を取りそうだ。

 

スマホ詰パラにいきます。ストックが減ってきたので、今日は雨で仕事はどうしようもなかったので1題創って送信した。

まずは、この作品 タイトル オール香車(仮)

手順は、なかなかいい感じ 途中で打った金を捨てる感触が。

週刊誌風に小さい図にすると(参考図) こんな感じか。手順は、同じ。

この作品について、非常に似ているとコメントをいただいたので合わせて掲載します。

確かに同じ筋ですねえ、この佐々木さんの図は、構図といい塚田賞というのもうなずけます。

 

次は、ゲソ天さんのこの作品 

これは、シンプルな初形で好感。

38銀打、39王、59飛、同銀不成、28銀、同王、37角、17王、29桂以下詰み

収束が流れ気味だが、コメントにあった改案がなかなかの優れものだったのでご紹介

38銀打、39王、59飛、同銀不成、28銀、同王、37角、17王、53角以下詰み

これで収束も締まった感じだ。

 

次は、常連さんのあたまかなさんの作品

面白いところは、23飛、同王、32飛成、24王(次図)

王方の逃げ方と竜の使い方が細かい。 33竜、14王、23竜と捨てる。 いきなり23竜は、35王でウナギのようにぬるぬると抜けられる。

この後の収束もきれいに決めて好作。

最後に本日アップされたばかりのこの作品

うわーこれはという初形。

手順を見ていくと 22銀、同金、31と、同王、41銀成、21王、31成銀、同王、52歩成、21王、31馬、同王、53角と進み

ようやく53の歩がじゃまだったんだということが見えてくるが 以下 21王、22と、同王、44角成 からの第2章と思える詰め手順が軽快。

この収束をそのまま切り出して(2手追加して) みました。

25桂、同銀を入れた後は、本手順と全く同じです。それじゃ きょうじゅさんの作品に最初から37桂を置いて14銀型にすれば2手延びるかというとそうでなく作意手順では、44の角が44馬になってるので53飛と25桂の手順前後がきいてしまうので成立しない。

 

 

コメント (5)

スマホ詰パラ ブックマーク その101

2017-10-18 17:35:56 | 将棋

今週は、雨が続いている。その分のんびりできている。

手元の詰パラもようやくノルマ分の中学(保育園~中学校)までとヤン詰、表紙、内藤必至 の解答を書き終えて郵送した。

珍しく内藤さんの必至問題は、ゆるめだった。三輪さんの中16はツイッターでもつぶやいたがすごくいい。

これ以上は、自力では無理だとあきらめているので気の向いたものだけ解くことにしている。デパートの角さんの作品は、意欲のわく初形なので取り組んだが

やはり合い駒等で苦戦した。

大会も近づいているので指将棋も少しは勉強しないと団体戦では迷惑かけそうなので。

 

スマホ詰パラにいきます。

まずは、これ

こういう作品をみると遊び心で改悪したくなる。あいだにじゃま駒いれたくなる。

なんとなくわかってもらえましたか。

次は、この5手詰み

31角、23王と進むが本能的に12角成といって失敗しそう。

アレンジ作を創ってみました。すこし長めの2枚馬追いです。

 

次は、この作品 驫飛龍さんの シリーズ物。

タイトルは、11手で分かる~角への打診中合~

43角、34桂(中合い)、同角成、26王、18桂、同歩成、27歩、17王、36馬、16王、26馬まで

中合いしなければ早く詰むという初級用詰将棋。

これを中合いを不成で取る詰将棋にアレンジしました。

41角、32歩、同角不成、24王、25歩、33王、43香成、22王、21角成、23王、33成香、同王、32馬、44王、45歩、55王、65馬 まで

例題ですのでひどい収束ご勘弁あれ。 2手目24王は、25歩で簡単なので中合いととなるが 3手目32角成と取ると24王で不詰みというわけ。

 

最後は、感心したのはこの作品

打ち歩詰回避の作品だが38の地点に相手の駒を利かせようとする手順がぬかりなく 小気味い作品。

48金、同銀不成、29桂がうまい 3手目単に28角だと同香不成がある。2九桂だと香車は、成るしかしょうがないのである。

作者は、受験生のようだが受験の方も頑張ってもらいたいものだ。受験後は、おおいに活躍してもらいたい。

 

 

 

 

コメント (2)

スマホ詰パラ ブックマーク その100

2017-10-15 09:00:48 | 将棋

今日は、地元の秋祭りである。 もうちょっとしたら出かけるがあいにくの雨模様である。

せっかくの秋祭りなのにちょっと残念だ。今年は、庶務をまかされ結構 忙しかったんだが。

 

スマホ詰パラ ブックマークシリーズもついに100をかぞえた。

もうちょっと後でと考えたがいい作品に出合ったので急きょ書くことに。

その作品が 有吉さんのこの作品

飛車の動きも移動場所が違って並べ直すと良さがさらにわかる。 作者の解説は、変化が丁寧に書かれていて非常にわかりやすい。

初手より16香、同銀、46飛 (次図)となるがこの飛車は限定で56飛だと詰まないことは解説に書かれている。

このあと13手目の空き王手は、56飛が正解なのである。

但し46飛と空き王手しても25王と逃げる一手となって再度26飛~56飛とすれば詰むので迂回ということになる。

そして収束の7手を迎える。

収束図を初形と比べると 香車3枚使って49の桂が45に跳んで33の地点を抑え、14歩と27歩が消えている。

ここからきれいな7手詰み。

見事な作品ですね。

 

次は、この作品

この作品を見たとき このテーマの基本形をを以前取り上げたことを思い出した。

スマホ詰パラブックマーク その44 でしたか。

そこでのじゃま駒消去を角でおこなったのがこの図(スマホでも本誌でもご活躍の)

このじゃま駒消去は、詰将棋に基本のひとつですね。

 

次は、この作品

新人さんながらうまい。

2手逆算すると(改悪かもしれないが)34歩打ちが入る。

 

最後に自作を取り上げます。

一度は、没にした作品だったが少し手を加えたがあまり詰まそうという気にならないかもしれない。 自分のコンセプトにあわないしねえ。

序奏がねえ。(EOGさんにもいわれちゃったし(笑))

コメントに改案があったので掲載します。

確かに駒が2枚減ってすっきりした感があります。17手詰

ただ2手省略(12成香~21成香)されているので作意どおり19手にするには、以下のようにしたい気がする。

コメント (8)

スマホ詰パラ ブックマーク その99

2017-10-10 22:27:51 | 将棋

秋なのに暑い。今日は、屋外で電気工事の仕事だったが、結構水分補給をした。

町では、選挙が始まったので、選挙事務所やポスターとかそれらしい風景をかもし出している。

和歌山は、なんといっても保守王国だ、どんな逆風が吹いているときでも自民党が勝つのである。

 

詰将棋の方は、少しお休み目にしようと思ったがつい書いてしまう。

スマホ詰パラの記事もブックマークシリーズで99となった。

最近の作より

新人さんの作だがセンスがいい。

おそらくこれも全く同じだが

上図の方がいいと判断されたのだろう。

次も新人さんのこの作品

これは、見た瞬間 最後は、33桂不成だなと直感したが当たっていた。

初手が、1三桂不成と取る手が少し抵抗感がある。(意表といえば意表なんだが)

初手駒取りを嫌うならこんな感じに創りかえれる。手順は全く同じ

 

次は、この常連さんのこの作品

スマホ詰パラでなかったら詰まそうと思わないくらいの初形(私にとってはですが)。

収束部がきれいなのでそこだけ切り出して小品にするとこんな感じか。

 

次も常連さんのこの作品

うわーこれも同様である。

これも収束を切り出して小品にすると考える気がする??

今月は、詰パラの解答が全然進んでいない。指将棋の方も少し見直しているためでもある。

選挙期間中は、仕事が少し暇だと思うのだが秋祭りの役を任されていたりばたばたするが なんとか中学まではクリアしたいと思っている。

 

 

コメント (8)

スマホ詰パラ ブックマーク その98

2017-10-07 14:26:20 | 将棋

もうすぐ総選挙が始まる。

今回は、どんな結果がまっているのだろうか? 選挙期間中は、放送所のメンテがストップするため仕事は、暇になる。将棋の勉強でもするか読書の秋だから読書するかである。

来月は、将棋大会が続くので、詰将棋は控えめ(若干ストックがあるので)に指将棋を少し力入れるべきかなとも

 

スマホ詰パラも10000問を突破してしばらくたつが、このままずっと続いてほしいものだ。

 

さてスマホ詰パラ 今日は、フェステボがあったが事前に自作が10問目に配置されているのでずるいことを考えた。答えを知ってるわけだから旗はとれるだろうと。

いざ進めるとぎりぎり取れた。みんな早すぎるのである。 不公平だと思われる方 作者の特権と思って今回は見逃してください。(笑)

そのフェス10問目がこれだが7手目の好手に気がつけばあとはすいすいのはず。

実は、これはには兄弟作がある。これと同時にできたがのがこれである。こちらは、収束がいまいち。

これは投稿しなかったがフェスになった場合こちらの方がやや難しいか、採用されないかである。

 

最近の作より 新人さんの作

2手延ばせば

もう2手延ばせば(改悪になった)桂馬を入れるために不動駒が多数。

 

次は、同じく新人さんだが

この作品は、スマートだ。収束もきれいだし 次作が楽しみといったところ。

そして昨日のトリが毎回すごい作品を送り込んでくるこの人

解説にきっちり変化を書いてくれているのでそれを読めばよくわかるが 初形を見ただけでは、見当もつかないが

20手進めた図を見ると

なんとなくここで角じゃなく桂が1枚あれば詰むなあと感じる。

そこで▲22飛成と捨てて25の地点をあけて 角を覗いて34に桂を打たせて食いちぎるという寸法か。

序盤からの伏線といい。素晴らしい作品。できるだけ多くの人に鑑賞してもらいたいものだ。

 ----

コメントにフェスの改案がありましたので掲載します。

これら2つは、駒数簡略が達成されています、この点はいいと思います。 ただ個人的にフェス378-10の狙いは、31銀なので、ここで32銀成等のまぎれを誘い出すところなのです。

53の地点が開いているので 31角が絶対手になるのがちょっと難ですね。

 

コメント (8)

朝日アマ名人戦 和歌山県大会(関西ブロック予選会)

2017-10-01 19:09:56 | 将棋

久々に指将棋をしました。お盆の海南将棋まつり以来です。その前は、アマ竜王戦予戦でしたから 今年 3日目の指将棋になります。

結果からいうと運よく 和歌山県予選を通過できました。2名通過なのでもう一人の楠本君と11/5の関西ブロックに参加することになりました。

代表は、久しぶり。 まあ幸運そのものですが。

少し 振り返ります。

なお 県代表選の参加者は、26名と去年を下回りました。 レーティングにより対戦相手を決めていくシステムで、

下剋上があると微妙に対戦相手が変わってくるシステム。

 

1回戦 シードで 2回戦からでしたがレーティング500以上違う人にあわやというところまで追い詰められ、少し目が覚めました。

3回戦は、しょっちゅうあたる海南のAさんと

先手▲Aさん 後手△バビル3世

今日は、後手番なら黒沢怜生さんの著作をくる前に少し目を通した角交換四間飛車を用いる予定だったので予定通り

この局面 通常の定跡形より先手の銀が66に行ってるのは、直前に66角、44角の交換があり後手から66角と取ったためです。

むしろその方が後手としては、得と思ってました。

ここで先手が▲36銀と歩を取ってきました。この手は、黒沢4段の著書にもある変化 以下△49角▲39飛△58角成▲同金△28金と打って手ごたえを感じました。

著作より銀が77でなく66に出てる分 さらに得になってる感じです。

対戦相手のAさん 角を打たれてそういえば本に書いてる変化を思い出したと苦笑いしてました。

以下 リードを広げて勝ことができました。

まあ この大会 現状の参加者のレーティング1位(白井君)2位(楠本君)が順当に勝てばそのまま代表ですが

いま絶好調の白井君が新宮の濱仲さんに敗戦。濱仲さん終盤見事な切れ味でした。

楠本君のほうはというと 黄瀬戦が結構危なっかしくなってましたが最後は、双入玉の駒数で勝ち切ってました。

代表決定戦は、 楠本君と濱仲さん  H脇さんと私となりました。

来月の西日本団体戦の練習になればと思って参加したのですが、ここまでくるとは予想外でした。

楠本君と濱仲さんは、熱戦の末 楠本君の勝ち。遠路 新宮市から前日からお越しの濱仲さんご苦労様でした。

田辺市まで車でご一緒したのですが、将棋談話をあれこれしているうちにあっという間に田辺市につきました。

 

こっちの方の将棋は、

先手▲バビル3世 後手△H脇さん

先手中飛車からですが 後手の12王が以下にも誘ってるようで、つい行きたくなりました。

▲15歩△同歩▲77桂△22王

ここで1回 手を戻されると指し過ぎだったような感じで苦戦を強いられる。55金なら36飛くらいでいいと思っていたのだが、、

その後進んで

銀を捨てて飛車を成り込んだものの後手玉は、手厚く △56歩が最高に味が良く大苦戦。

後手の残り時間が少なくなっているのだけが唯一の楽しみ。

このあと 粘っているうちに 後手に悪手がでて望外の代表。

困ったなあ もうちょっと勉強しとかなあかんなあ 詰将棋もせなあかんのにと。

来月は、朝日アマと西日本団体対抗戦と2つも大会にでることになるが結構珍しい。

コメント (12)