バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

XPの再インストール とプロダクトキー

2007-05-30 20:22:56 | PCの話

久々にPCの話です。

今日もPC修理がありXPのロゴので再起動を繰り返すという現象。BIOSが立ち上がることからマザーの故障は、可能性は少ないと見て、HDDか電源かという感じでした。

早速 HDDをはずしてIDE→USB変換で別のPCにつなぎHDTUNEでHDDのチェックをしようとしたが認識しない。そうかやっぱりHDDだったかということになった。

早速 HDDを取り替えてはたと気がついた、ここのPCは、数十台あるのだがどのCD(XP)かわからない(数だけ正規版があるのですが)。たくさんありすぎて(PCごとに整理していないのが難点で、一括ダンボールに入っていた)。おまけにCDには、プロダクトキーは書いていない。HDDが少しでも立ち上がればツールを使ってプロダクトキーを見ることができるのだが、

そこで知り合いのPC屋さんにTELする。そうするとCDは、関係なくてそこに付いていていまPCケースに張られているプロダクトキーのみが必要だとの返事。

そういえば いけないことかもしれなけどヤフオクなんかでプロダクトシールのみが販売されていたのを思い出した。

そこで、数ある中から一番それらしいの正規版のXPを選んでインストール開始。おっうまくいくではないですか。認証もパス(もともと正規版ですからね)

サービスパック1のXPだったのでサービスパック2を入れるのに非常に時間がかかるのをいまさらながらに痛感する。(サービスパック1から2に変えるまでも2時間くらいかかる)片手間に他の仕事をしながらしないと待っている時間ばっかりですね。

office等をいれたあと現地に持っていって再度ネットワークやそメール他多数の設定が待っている。

それにしても突然だめになったHDDは、恐ろしく高価な専門家にデータを取り出しをしてもらわない限り認識しないものは不可能です。

みなさん時々は、HDTUNEでチェクしましょう。

コメント

ZARD (坂井泉水)

2007-05-29 21:38:14 | エッセイ,その他(ジャンルなし)

今日出張から帰ってきました。出張先の昨日は、大きな事件が2つありました。

政治の問題ともうひとつがこのZARDボーカル坂井さんの訃報です。ZARD世代は、いま30代だと思うのですがそれよりずっと上の世代の私は、よくZARDを聴いていました。アルバムも何枚か持っていました。でもボーカルは、坂井さんという名前は知っている程度でした。それときれいなひとだなあというくらいだった。

そんな事件のあと 今日帰りに和歌山市のBOOKOFFにZARDのベストでも買って帰ろうかと思い立ち寄るとZARDのCDのところが大幅に減っている。どうやら売れているらしい。

今回は、お目当ては15thGoleden Bestだったのでその欄を探すと最後の1枚だった。間に合ったと思いながらレジに向かう。 そのちょっと前にめったにメールの来ない息子からZARDのCDあったら送ってよとメールが来ていた。

予備校生18歳の息子がZARDを聴くのは不思議な感じがしたが親も好きなので血筋かもしれない。

いっしょに仕事していた20代半ばの子にZARDを知ってると聴くと 普段は聴かなかったのだけどドラゴンボールに何曲か出てきたので知っているとの事だった。まあ主は、30代の世代かなという返事だった。

あらためて聴いてみてやはり元気の出て来る曲が多い。名探偵コナンにも使われていたなとか思いながら今日はこのベストアルバムを聴いています。

そのあと 息子に送ることにしよう。

AMAZONの15thGolden Bestのレビューを見ると多くの書き込みがされていた。本当に多くの人を勇気づけていたんだなあといまさらながらに思います。心からご冥福をお祈りいたします。

コメント

徳間書店 短篇ベストコレクション 

2007-05-27 13:02:33 | 映画、ドラマ、書籍等

この時期になるといつも買う本があります。徳間書店の短篇ベストコレクションです。毎年出ていて2007年版も6月1日発売予定です。

このシリーズ 2000年版は、単行本として出版され2001年版からは文庫本で発売されています。2000年版は絶版となっているのでインターネット中古本ショップで入手しました。

ミステリーとかは、よく短編集とかあるのですが一般小説の短編集は、比較的少ないので気にいってます。2007年版は、2006年に発表されたものから選ばれます。

短篇だと一作品読むのに大体30分くらい(作品の長さによってまちまちだけど)でちょっとした時間に楽しめます。いつもは、寝る前に一作品読んで寝るのが習慣ですが、1ヶ月もしないうちに読み終えてしまいます。

全体的にこれらを読むと2006年がどういう年だったか少しは世相が反映されているように思います。

今日からまた出張で、特に今晩は徹夜作業です。この短篇ベストコレクションが発売されていれば持って行くのですが、6/1発売だと無理ですね。

中には、まったく合わない作品もありますがいろんなジャンルがあり 思わぬ発見があることもあります。

一度いかかですか?

コメント

THE MAJESTIC (フランク・ダラボン監督)奇跡と感動の3部作完結

2007-05-26 22:40:36 | 映画、ドラマ、書籍等

最近 映画の投稿が続いています。仕事が忙しくなってPCをいろいろいじるまがなくなってきているためでもあります。

報告書作成の合間に息抜きにDVD映画を見ています。いい作品は長くても見入ってしまってつい仕事を忘れてしまいます。

今回見たのは、フランク・ダラボン監督 奇跡と感動の3部作 ここに完結とうたわれている THE MAJESTICです。ちなみに3部作のほかの作品は、ショーシャンクの空に グリーンマイルです。

グリーンマイルは、以前に見たことがありなかなか作品でしたので、今回少し期待がありました。

感動とハッピーエンドのエンディングは、大好きです。2時間33分という比較的長めの映画ですがそれを感じさせません。こういうちょっとした小さな町に住むのも居心地がいいかもしれませんねえ。

こうなると機会があれば残りのショーシャンクの空にも見て見たい気がしてきました。

コメント

モーターサイクルダイヤリーズ (ロードムービーの好作)

2007-05-23 21:30:11 | 映画、ドラマ、書籍等

映画のジャンルにロードムービーというのがあります。

主人公が旅をしながら物語が進んでいくものです。こういうジャンルは大好きで、今回出張先の中古DVDショップで目に留まったモーターサイクルダイヤリーズを見ました。出張にポータブルDVDプレーヤーをもっていったので旅館で見ましたがこのジャンルは好きなので一気に見ました。

実は、この映画ドキュメンタリーを再現したものでした。伝説の革命家 チェゲバラの青年時代のもので、裕福な家庭で医学生だった主人公が相棒と卒業を目前にして南米大陸1万キロをモーターバイクで、縦断するというもので、あちこちに出会いやエピソード満載の旅行となります。

その中で、南米の負の部分も目にし意識が変わって行きます。革命家 チェゲバラの原点がここにあります。

相棒の方は、健在で特典映像のほうにも参加しています。主人公のガエル・ガルシア・ベルナルは、南米のブラットピットとも呼ばれ知性あふれる非常にいい男です。(女性ファンは多いはず)

やはりロードムービーは面白い!

 

コメント

グッド・ウィル・ハンティング (感動!非常にさわやかなエンディング)

2007-05-21 07:38:33 | 映画、ドラマ、書籍等

amazonのリストマニアで知った作品。グッドウィルハンティング
もともと評価の高かった映画でしたが、その名のとおりの名作でした。
昨日 夕方届いたのですが。届けば今日からの出張(3日間)にもって行くはずでしたがおもわず一気に見てしまいました。

数学の超天才だが心にトラウマを持つ青年と愛妻をなくして以来
生きる張りをなくした中年精神分析医の出会いお互いに勇気をだして
旅立っていく物語。

当たりくじ(すばらしい才能)を持っているのにそれを交換しないのは許せないという
たとえ話もうまい表現ですね。主役のマットデーモン自身ハーバード大学(アメリカの東大)中退の経歴を持つだけあって映画の中での演技は、すばらしいですね。生意気なハーバード大生をやり込めるところなんかは痛快です。

人は、出会う人によって大きく人生が変わるものなのですね。
さわやかなエンディングは、見終わったあと非常にいい気分にしてくれます。(あとに余韻がのこる感動作です!)

コメント

ロードオブウォー(LORD OF WAR) 

2007-05-20 18:36:07 | 映画、ドラマ、書籍等

最近 偶然かもしれませんがニコラスケイジの作品を見ることが多くなった。コミカルな演技からシリアスの演技までいろいろですが、どちらかというとシリアスな部類になるこの作品 ロードオブウォー

いままで詳しくわからなかった戦争の根源となる武器商人を扱った映画です。実在の武器商人から話を聞いて作品に仕上げただけあって説得力があります。

戦争の裏にこういうことがあるというのを知るにはいい作品です。後味がすぐくいいというのではなく考えさせられるエンディングです。

 

コメント (1)

amazon リストマニアを参考に DVD名作映画をいくつか入手

2007-05-18 22:43:02 | 映画、ドラマ、書籍等

amazonの戦略にはまっているのかもしれませんが、最近DVDのレビューのあとにくる誰かが書いたリストマニアを参考にDVDを選択するようになりました。

最初は、遠い空の向こうに を名作と選ぶ人が書いたリストマニアは、同調するところがきっとあるだろうなと思い、この前も”5回は見る映画”というリストマニアを見つけました。

そこにあったグッドウィルハンティングリアリティバイツを探しました。というのはその人が書いた他の作品例えば セントエルモスファイアーとか選んでいるのも同調できるしまあ感性が近いんだろうなということで、、

最初ヤフオクで探したのですが、グッドウィルハンティングは、競り合ってなかなか落札できない。そこで前にも使った通販HMV-JAPANを使うことにした。ここは新品ショップだがその中では、格段に安い。ローソンで支払い扱いも便利で、ときどき使う。

というわけで先の2つのグッドウィルハンティングとリアリティバイツを注文しました。来週から出張が多々あるので旅先にポータブルDVDを持っていって見る手はあったのですが、間に合いそうもないので、出張先では読書にすることにしました。

あとヤフオクでロードオブウォーも購入したのですが、仕事の報告書に追われてまだ見る時間がないのです。2時間くらい空き時間ができるとDVD名作を見るのも心が落ち着けていいですよねえ

コメント

東京ディズニーランド 落し物センター

2007-05-15 07:01:33 | エッセイ,その他(ジャンルなし)

先日 中三の息子が修学旅行にいって帰ってきました。

 2日目の東京ディズニーランドで傘をなくし いろいろ捜したけど見つからないと電話がかかってきた。まあいちおうユニクロのそんなに高価なのではないからいいけど いちおう落し物センターにあるかたずねてみたらと答えた。

 まさか見つからないだろうと思っていると翌日 東京ディズニーランドから電話がかかってきて色とか特長とかたずねてきたので嫁さんが答えていた。 その後 電話がかかってきてそれらしいのがあるので、そちらに送るのでもし間違っていたなら着払いで送り返してくださいと連絡があった。

 傘に名前を書いていなかったし当日は雨で、東京ディズニーランドの落し物センターにもたくさん傘があると予想していたので意外だったが。よく聞くと傘の届出は3本だけだったらしい。 それで色と3段折といえばすぐに該当するのがあったとの事。

 最近は、傘も安くなったし見つけても届けないのかな? それにしても東京ディズニーランドの対応には、感謝します。 それからしばらくして届いたのはまぎれもなくうちの傘だった。(送料は、東京ディズニーランドが負担してくれていた) 傘なんて安いのでしょうけどこういうきちんとした対応は、すばらしい!

コメント

日経LINUX6月号 sambaサーバー完成

2007-05-14 07:55:47 | PCの話

sambaサーバーをほぼ納得いくかたちで構成できました。

 LINUXの入門書でsambaサーバーを作る場合 意外とうまくいかないことが多い。 sambaサーバーの最低限やりたいことといえばwindowsのネットワークのなかに sambaサーバー(ファイルサーバー)を置き 各windows(クライアント)からそれぞれみんながアクセスできる共有フォルダと各クライアントのみがアクセスできるフォルダを置くことです。

 一見簡単なのですが、LINUX初級者には、なかなかうまくいかないものです。日経NETWORKの頑張れ駆け出しネットマネージャーという初級講座があるのですがそこでは、今月号が簡単にLINUXですいすいとGUIを使って設定できましたとあるんですがやってみるとうまくいかない。やはりコツがあるんですね。

 今回 決定版ともいえるわかりやすい講座は、日経LINUXが4月号から連載している ”はじめてのsambaサーバー”です。5月号でインストールを解説 6月号で設定を解説この2つの号の解説が一番わかりやすいです。 いままで、うまくいかない盲点は私の場合いくつかありそこのところがこの講座でよくわかりました。

 単純な事なのですが、windowsのユーザー名(ログイン名)を英数字ににすることSElinuxを無効にすること。それとLINUX側のファイアーウォール設定で、ポート番号137,138、をUDP 139,445,901をTCP 設定すること これを実行すると 満足な形でsambaサーバーを構成できました。

 この講座は、あと3ヶ月9月号まであるので楽しみです。 なおこの日経LINUXは、5月号からまるわかりサーバー構築というCENTOS 5を使用した講座も始まっているのでこちらも楽しみです。 

コメント