バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スマホ詰パラ ブックマーク その106

2017-12-31 16:51:58 | 将棋

もう大晦日 掃除も終わって一息ついたところ。

12月は、ブログ更新しなかったなあ ずっと出張続きだったのもあるし後半風邪が長引いたせいもある(まあいいわけだけど)

詰パラに初入選だったのをツイートしたらいいねをたくさんいただいた。感謝します。 ちなみに馬2枚の簡素形は、gpawaoさんがスマホ詰パラで多投されていたので

バッティングしないか少し心配だった。

まあでも一言いうと 収束が甘く 変同を消すための31歩の配置は、妥協だった。もっともスマホ詰パラのフェスに出してエモンさんに返送してもらったものだが

今思うとフェスに出ていたらちょっとクレームきそう(笑)(図面省略)

ここのところ創作は、絶不調で全然創れない。ブログを書いているといろいろヒントとかひらめきとか出てくるのだがそのせいもあるのかもしれない。

 

スマホ詰めパラにいきます。

原田椅子さんがツイッターで短評を書いているのはいいですね。とても参考になります。

最近の作から印象に残ったのを

この一桁手数にこだわった香車の打ち換えでじゃま駒消去を同時にこなす軽快作。こういう作品がとても気に入ってる。

 

もうひとつ こういうのも気に入った。

21銀、同王のあとの22桂成が絶妙である。収束も打ち歩詰回避になってるし 評価ももうちょっと高くてもいいと思うが。

 

面白いと思ったのが

歩をたたいていって、その歩を回収しながら収束の味がいいので アレンジを少し考えた。

ただし これは、少し罠を仕掛けている最初から歩をたたいていくと詰まないようにしている。狙いはほぼ同じだが

 

最後にこの図

手順は、いいと思うが自陣のと金とかが少し気になるので、勝手にちょっとこんな感じでどうかなとアレンジしてみた。

銀2枚を持ち駒にして53銀を省きたかったが迂回手順が生じるためこの図に。なお初手32歩は、22王で詰まないという紛れを持たせている。

 

来年もいい年でありますよう。

ご観覧ありがとうございました。

 

 

コメント (3)

スマホ詰パラ ブックマーク その105

2017-12-23 16:18:45 | 将棋

今月 初投稿。ようやく明日休みとなったのと後半は、風邪で体調最悪のため(言い訳)でもあるが。

スマホ詰パラ 10000問を突破してるが実際は、削除されたのも多く 現状9991問である(12/22日時点)事実上の10000問は、クリスマスイブあたりだろう。

詰将棋創作は、絶不調で、スマホ詰パラのストックも2つという黄色信号いや赤信号かな。

でもできないときはできない。

間が空きすぎてスマホ詰パラどれを取り上げていいかわからないがとりあえず勝手に2つほど取り上げさせてもらうことに

 

まずは、この素晴らしい作品

作者の解説もありますがシンプルに解説されているので補足を含めて

23飛、同王、28飛(限定打)、33王、42桂成 (次図)

ここで、42王には、48飛とまわって詰むので 38に中合いが手筋だが 38に桂馬を中合できれば詰まないが禁じ手のため 歩しか中合できないのがみそ。

だから3手目27飛とうつと見事に37桂の中合いで逃れる仕組みになってる。

そこでそれなら 4手目王方も26に桂をただ捨てして逃れないか考える。

でもこれは、以下27飛、33王、42桂成、37桂、同香となって 桂1枚ではなく桂2枚となると詰むのである。

というわけでシンプルに限定の飛車打ちの好作品でした。

 

もうひとつ 素晴らしい作品を

49手詰めで 馬ノコの1回半という優れもの。 これを見て最初の導入部の44飛、32王、34飛、43王、32飛成、同王を捨てれば

もっと長い馬ノコができるのではないかと思いませんでしたか?(参考図)

ところがこれはうまくいかない。 そのこころは、35手進んだ局面(下図)

作品では、竜が15にいて24の地点をカバーしてるが、この図ではしてないので ここで作意と同じように21王と逃げると

32金、12王、24桂、同角、22馬まで詰みがあるので22に飛車を合い駒するしかなくなっていてそれでは、駒余りに詰み形になってしまうのです。

というわけで竜は、15に置かないといけないとなると馬ノコのための馬も同じ段の5段目に置かないといけなく、その結果作品の位置が最善とわかります。

子の作者誰なんでしょうね。毎回名作を提供してくれます。

 

ちょっと息抜きで

下図は、今期A級順位戦の久保九段VS豊島八段戦の投了図です。

この戦い 豊島八段に是非勝ってほしかったのですが、ここから少し調子が下降気味です。

是非巻き返して、ほしいものです。

投了図から詰将棋を創りました簡単なので是非挑戦してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)