バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スマホ詰パラ ブックマーク その92 コメント改案その2 他

2017-08-26 18:47:21 | 将棋

残暑がまだきびしいが日々が続いているが、ところによっては大雨で被害があったり最近の天気は、昔とはすごく違ってきている。

来週からは、出張が続くがのんびりできる日もあるとは思うので、最近怠ってる創作も考えたいところ。29日から出張だがその前に詰パラが届くと出張も楽しいものになるのだが。

 

スマホ詰パラにいきます。

ツイッターでもつぶやいたのだがNo.9778~No.9780まで3問は、解答数が異常に少ない。No.9778の作者も皆さん解いてくださいよとつぶやいていた。

バグかもしれないがNo.9780は,自作だがタイムランキング1位に普通はでない作者自身(私)が1位になってる。これも変な話なのだが。

 なお今回も技術向上を目的として改案について取り上げますが、作者のなかで不快だという方がいればコメントください。削除しますので

さて最近の作品から

感心したというか好きな詰将棋がこういうシンプルな形から隅々までびしっと決まってる作品。

18竜に17角は、限定合い。あとの香打ちを角で取るための。3手目は、非限定だが問題なく、収束までびしっと決まってる。

この作者は、いつもうまい。

 

次の作品 初入選の作者

コメントにもいろいろ改案があったが

最終こんな感じで、コメントにあった分に歩の位置を変更しました。銀不成りといってから、次に成るのが味がいいというのは万人の思うところ。

 

次は、この作品 この作者も初入選

コメントにあったのを作図すると

これは、初手に68銀が入るがそのまま残るので、逆算2手というところか

こういう改悪もちょっと考えた。

 

それでは、次の作品

ものすごい初形。まあやらんとするところは両王手だがそのままでは、自玉が取られるので、間に駒を手順において実現させるという意図は見える。

コメントには、これをもう少しシンプルにした形が示されていた。

なるほど狙いそのものを少ない駒で実現させています。

次は、常連さんのこの作品

初手の53飛が強烈。

これも2手逆算で端に追いやった逆算コメントがあったので参考になるので作図します。

21金、同王の2手が逆算されてコンパクトにまとまったという感じ。

最後にこの作品 まさに実戦の切り取りといった感じの実戦形

コメントには、84歩と73歩は不要で65の桂馬は、持ち駒でも可 というのがありましたが

もう一手逆算してアレンジしてみました。82銀、同飛を入れてみました。85銀が感じ悪いですけどね。

 

----------追加 課題(三輪さんより)------

確かに上の図の85銀は、はしたない

三輪さんのコメントより

これの方がずっとスマート。

上図から結局 詰基本図が下図(課題元図)が考えられ

これの応用として、銀を82に置き、73桂、同銀、84飛、同銀を成立させて詰将棋を創るという課題。

課題:(正確には、銀または角、馬を82→73→84→93→82のように1回転させるということらしい)コメントより追加。

とりあえずあげておきます。これは、みんな考えてください。思いついたら載せますが、出張準備もあり(多少言い訳だが)ゆっくり考えたいと思います。

面白い課題なのでいいのができたらここでなくどっかへ投稿するのがいいと思います。

 

-----

nono_yさんから早速 課題解答例が届いたので掲載します。

一列ずらすことにより74飛の捨てが生きてきています。

課題元図を見てもわかると思いますが、そのままでは、王方の銀が84でも73でも 銀、桂2で詰むので、飛車を捨てる意味がありませんが

うまく意味付けされています。

一応 30分ほど考えてみたのが次の図(参考 19手)です。

但しこれは、収束が別手順で課題解答とはなっていません。73桂、同馬、84竜、同馬 までの課題で終わってますので、別途考えたいと思います。

 

課題が銀または角(馬)の1回転という事がはっきりしたので少しつくりかえました。

73桂、同馬、84竜、同馬、93桂、同馬、73桂、71王、82銀、同馬(同銀)、61竜まで11手詰

なお10手目同馬のところ同銀と取られると馬の1回転ならずなので課題クリアとは、言えないかもしれませんが。

(4筋5筋の王方の配置が重いのですが初手62銀からの余詰め筋がなかなか振りほどきにくくて苦慮の末)実際もっと推敲できるはず。

 追加

上図 もっとシンプルに推敲してくれました。これには、感心しました。

62銀とか82竜からの余詰み筋をこれほどシンプルに表現できるとは、、、

 

 

 

コメント (21)

スマホ詰パラ ブックマーク その91 コメント欄により改案

2017-08-20 09:11:46 | 将棋

昨日は、関東地方ものすごい天気だったみたいで、お気の毒です。

関東地方の連続雨記録というのもすごいというか異常ですね。

西日本は、比較的平穏な日常の天気でした。まあこのあと台風が来なければいいんですけどね。

将棋大会も次は、赤旗だが県予選の前に地区予選があるが紀北までいかなくてはならないようであれば参加見送りしかない。

そうすると10月初頭の朝日アマまで、指すことはないが仕事かぶらないでといったところか。

 

スマホ詰パラに最近 コメント改案というのが時々見られる。

改作提案という意味なのだろうか? まあ内容が結構的確ですが、作者のこともありこういう案もあると改案の提案という柔らかい表現でそこから学びたいと思います。

まずは、この作品

桂馬の打ち換えがメインの軽作。

コメント改案では、

これは、狙いの打ち換えの前に序奏をつけた感じの提案で、シンプルに元図が好きな人もいるだろう。

次は、常連さんのこの作品

コメント欄に8手目 22王は、どうしますか?というコメントがあったのでここで答えておきますが

34桂、23王、21竜、33王、22竜、43王、42竜まで同手数駒余りで割り切れている。

それで改案提案はというと

12飛、同王、22桂成、13王、46角以下同じ筋で詰み。確かにすっきり配置感はあります。

次は、この作品 小気味よく展開する軽快作

コメント提案は、これに遊び心を加えました。思わずニンマリ。

 

 

 次ににこの作品

まず 13銀からだろうけど同王なら11飛成から詰みなのでどうやら ひとめ王方14歩は不要のようだ。

この作の改案は、変同消しということだから変同についてみるとこの作品には、変同が3か所ある。

13銀、同香、21銀、32王、43飛成、同王、44銀 となったところで 作意は、32王だが42王でも同様の33銀成で同手数。

そのあと 44桂に42王だが、ここでも32王でも同手数。

そのあと33金に31王が作意だがここでも41王でも同手数という この3か所の変化同手数をいうのだろう。

さすがにこれは、最終手変同以外は、消えている。

 

最後に改案とは関係ないんですが、これは素晴らしいなと思った作品

 

実にうまくできてますし 解後感が抜群。次回の詰パラ賞に入賞は堅いのでは。

 

 

 

 

 

 

コメント (5)

スマホ詰パラ ブックマーク その90

2017-08-16 17:27:26 | 将棋

昨日で、お盆も終わり、これから秋に近づいていくのでしょう。

今朝から 施餓鬼というの行ってきて、一応この行事でお盆も終了ととらえている。

まあ 明日から仕事を始めよう。

21日に長女の家族がベラルーシから帰国するので関空に迎えに行く予定だが、向こうは、快適な気候のようだ。いまは、ウクライナのキエフに観光旅行とかLINEで言ってきていた。

 

詰パラも先日ノルマ(最初 三輪さんに言われたのだけどそのあと最低限のノルマと考えて)の中学校までの解答を発送した。

投稿の方は、今月は、中編を推敲中でどこかで投稿したい。 スマホ詰パラも昨日 出題されたので採用待ちは4に減ったので、どこかで追加したいと思ってる。

 

スマホ詰パラにいきます。

昨日の作品から4作取り上げます。

まずは、作者にとって2作品目となるこの作品

4手目が非限定合いになるがうまくまとまっています。

パロディ的に別筋を考えました。

 

次は、常連さんともいえる学生さんのこの作品

 

非常に詰ましにくく手を焼いた。コメントにこの図の改案提案があったので作図すると

全く同じ筋だがスマートになった感じなので詰まそうという意欲は、わきそうだ。

 

次は、自作を取り上げて恐縮なのだが、コメントにいい改作提案があったので紹介します。

31金、同王、41香成、21王の後の手が狙いの一手なのだが

持ち駒を変化させて

31金の代わりに21銀、同王、22銀、同王、31銀と銀3枚で代用というのがコメントにあったがこれの方がいいかなと思えてきた。意外と余詰み筋がない。

 

最後にトリのあたまかなさんの作品

この作者は、特有の問題である。

これは、見た瞬間頭がくらくらする。これは、自力でちまちまと解くのもいいが光速を使わせてもらった。

タイムランキングをみても上位は、そうなのではないかと思うが、間違っていたらすいません。

それにしてもここまでよく逆算されますね。

この作品の収束だけをきりとり短編にしました。まあ短編というより手筋といったところです。

 

 

コメント (7)

スマホ詰パラ ブックマーク その89

2017-08-14 12:54:32 | 将棋

お盆休み中だが、初盆のお参りとか結構することが多い。

後からベラルーシに行った娘も無事合流したようで、早速LINEで写真が送られてくる。確かに便利な世の中。

 

お盆休みに amazon primeでプライムビデオを見る。

ジェイソンボーンを見たがニッキー(ジュリア スタイルズ)死んじゃったか。初回から出ていただけに結構ファンだったのですが残念。

 

スマホ詰パラにいきます。

 

まずは、この作品

コメントで王方42歩が不要という意見と必要という意見がぶつかってたが 不要に1票。

この作品から無仕掛け図を思いついた。 

桂馬を軸にの攻めではない。

 

次は、今作品

序盤に駒を清算するが、これはどちらかというと詰めマニアの間では評価が芳しくない。

コメント欄にあった改作案は、シンプルに狙いを実現している。

これだとおそらく少し評価は上がると思う。

 

最後にこの作品

結構見ない筋

うまいのは、▲24桂△同歩▲22銀成△同王▲24竜(次図)と進めた後

ここで平凡に23歩合では、13竜で詰むので(かなけの合いごまは同竜と切られる)23桂合が最善となるが

この23桂合いの弱点を狙った、33竜~32馬が素晴らしい。

 

 

 

コメント (4)

第25回海南ふるさと将棋大会

2017-08-13 19:28:27 | 将棋

今日は、お盆休みだったので恒例の海南市で行われる将棋大会に行ってきました。

久々に電車に乗るのですが気がついたことは、田舎のわが駅にもicoca が導入されていた。

あと普通電車に乗る際に ボタンを押さないとドアが開かないことに気がついた。そんなのわかんなかったよ。

 

さて恒例の将棋大会であるが、例によって指導員の神出さんが詰将棋を3問出題して正解者に商品券を抽選でプレゼントというのがあるが

今回は、予選のブロックがきつく全員強豪だったので、最後までぎりぎりの戦いが続き解く間も昼飯食べる間もなかった。

向こうでいっしょになった、谷さんにドーナツを2ついただいてなんとか助かりました。

 

その詰将棋一挙に掲載します。

本当は、3題とも神出さんの作品のつもりだったのようですが1問白井君の問題が手違いで出題してあとから訂正されていました。

第3問目は、余詰みのような気もするのですが。

 

さて将棋の方は、いま和歌山でランキング1位2位とおもわれる 白井、坂本君を筆頭に強豪が多数きていました。

但し 木村秀利さんは、来ていませんでした。

奈良からも24のレーティング2800越えの本田くん(?)とか中学生王将戦で優勝した楠本君他。。

予選は、4人の2人抜けでしたが3人とも強豪で予選で疲れました。なんとか2勝1敗でクリア

1敗を屈した山本尚さんは、実はスマホ詰パラでも出題されているの教えてくれました。

この分だと隠れ作家がまだまだいるかもしれません。

 

予選も大苦労で、初戦を勝った後 山本尚さんの破れ1勝1敗の相手は、奈良からお越しのNさん

初戦で山本尚さんと大接戦で最後詰みを逃して惜敗していた相手なので、初対面ながら強豪かと思った。

その将棋 (今日は、すべて後手番という運に恵まれず 先手番なら居飛車を指そうと思ってたがすべて振り飛車にした)

▲Nさん △バビル3世

金が離れているので無理に決戦にいったのが良くなかった。じっくり68金右と寄られると桂損が痛い。

ここで44角と決戦にいくのは明らかに駒損のうえ先手を渡すので不利。いくら考えてもよくならないのでもたれ戦術を

△46歩▲45銀△47歩成▲34銀△同歩(次図)

時間がない将棋なのでもたれて泥仕合に持ち込みなんとか勝利。そのとき 他の組はすべて終わっていて、抽選が始まっていた。

先にいったこのとき谷さんのドーナツの差し入れは助かりました。

食べてすぐにトーナメント始まりました。

 トーナメント1回戦で大学生の田和君と対戦。初対面かと思いましたが そういえば昔 1回負けたことのある顔だなと思いました。

一浪して今年から晴れて大学生だという事で将棋部にも入ってるとのこと。まあ今後 頑張って活躍してください。

この将棋

序盤で大ミスを2つ重ね大差負け どうしようもありませんでした。

▲田和君 △バビル3世

居玉だからまだ動かないだろうとかってに思ってましたが、上図で▲45角が激痛。

25分のキレ負けなのに5分以上考え 更なる悪手を

▲45角△52金左▲23歩(次図)

▲45角を見落とし さらに▲23歩を見落とすという救いようのないミス連発 ▲23歩では、▲34角ぐらいだろうとそこで△25歩くらいで持ちこたえるななどと勘違い。

ここから先は、どうしようもない。おまけに3分程度時計を押すのを忘れている悪手付き(笑)

今回は、内容が悪すぎて紹介するのも恥ずかしいくらい。 田和君このあと楠本君も破っていたので勢いがでてきたので少し楽しみだ。

 

大会の方は、最後まで残っていなかったのでわかりませんが 奈良から参加のレーティング2800越えの中学生が坂本君に勝ち 白井君と対戦していたここを破るようであれば

優勝候補といえよう。

 

追記:結果 白井君優勝。 準優勝 中野さん

白井君は、アマ竜王戦、アマ名人戦、に続き和歌山県で優勝。今年は、のってる。アマ名人戦も全国大会で頑張ってきてください。

近々スマホ詰パラにも新作を投稿するようで見せてもらいました。見せてもらってもすぐ忘れるので早く詰ませるタイムランキングには影響ありませんよ(笑)

コメント

スマホ詰パラ ブックマーク その88

2017-08-07 13:48:55 | 将棋

ここのところ出張ばかりで、更新はすっかり怠ってたが、台風の今日は、さすがになにもすることがないので更新することにしました。

昨日までは、連日猛暑日が続いていたが、娘婿と孫が里帰りしているベラルーシは、気温25度で、毎日楽し気な写真や動画がLINEで送られてくる。

便利になったもんだな。

 

 

スマホ詰パラ ここのところハイレベルな作品が散見されるが 例えば No.9721、No.9726、No.9736とか ここでは取り上げません。みんな解説付の作品ばかりだし解説もしっかりしてるし。

 

スマホ詰パラにいきます。

まずは、この管輅さんの作品

シンプルな初形。 42銀と打って22王のときにふとあの詰将棋が浮かんだ人はいるかもしれない。

有名な5手詰みです。

これが浮かんだので15秒で解けたがそれでもタイムランクで49位だ。みんな早い。

 

つぎは、この作品

コメントにもあったが実は、この記事にすでに載せてしまった作品。

スマホ詰パラでは、自動応答だが実際考えると相当難しい。

普通は、93銀からの筋を考えどこかで62飛成で補充と考えてしまうのが多いと思う。

初手 94桂が正解だが変化も読まなければ指しにくい。

作意は、同香だが93王と逃げる手も一見難しい。

これは、84銀、同歩、82角!、同銀、91飛成の筋で詰むことがわかるとようやく指せる。

94同香に62飛成と質駒を取り93金、72王と進んで54角と打つあたり 詰将棋としては詰ましにくい実戦のにおいがする。

収束云々よりとりあえず実戦的な問題で、頭を悩ませたのではないか。私も知ってたが94桂くらいしか覚えてなくて お手付きもあり、、、、

最後にこの問題

きれいな作品だが、唯一 53銀が動かないのが少しだけ気になる。

コメントのなかに改案があったので見てみると

そのあたりが修正されている気がする。

 

 

 

 

コメント (6)