まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

2516. 圏論の歩き方

2018年10月11日 | 日記

 短時間の掲載だったので、なぜ記事を消したのかをいぶかる方もいらっしゃると思いますので、言い訳というかフォローから。無次元数(物理学)と0次元数(数学)を混同してしまったのです。文章を打っている時点で気づかなかったのは痛恨でした。
 ちなみにdimensionは日本語に訳す場合に要注意の用語です。日本語で似てしまう言葉にrankがあって、前者は広がりで後者は階級ですから英語ではかなり感覚が違うのに、日本語では違う学術分野で異なる訳語を採用しているので、分野が混じった技術解説書などでは時に大混乱します。見ていると面白いけれど、要するに間違いなので当事者は脂汗かいているはず。

 「圏論の歩き方」と言う本が私が読んでいた本です。ググればすぐに出てきます。ちなみに私は圏論は言葉だけしか知っていませんでした。現代数学から少し離れた話題なので、以前から注目していた話題です。
 「圏論の歩き方」は一般向けへの解説書で、中身は数学セミナーと呼ばれる数学雑誌の記事をまとめたもの。多数の著者が参加しているオムニバスです。

 アイドルマスターで言えば、やよいなんかは金銭計算は光の速さでできるのに、数学は算数レベルでも苦労している感じ。
 この本の第12章の冒頭付近が分かりやすくって、いわゆる分数のできない大学生の問題を扱っています。複数の話題があって、どれも面白いので読んで面白い記事が書けたらここに掲載します。
 まあ、足し算と引き算は分かるとして、掛け算か割り算かどちらなのか、で迷ってしまうと、かなり厳しいかも。その奥が延々と続いていますから。
 やよいには申し訳ないけれど、すばらしい世界が待っています。ジェットコースターに乗っている気分で、こちらに来なくてもちっとも差し支えないのですけど、なんとなく経験できないのはもったいない感じ。

コメント