私の日帰り散策

写真でつづる山歩き、ドライブなどの日誌です。
最近は ギャラリー巡りをしています。

JR網干駅前地区のまちづくり その後

2018-02-01 10:33:34 | 日記
 2月 1日(木)   天気:曇り 雪ちらつく    室温:15.1℃

 じつは きのう 朝日谷のカフェへ行った帰りに 網干駅周辺を歩いてきました。 2013年12月
に 姫路市から 網干駅前 土地区画整備事業 に関する説明があり 網干駅西の踏切の渋滞を解消するため
陸橋を架ける工事概要の説明がありました。 しかし その後 遅々として 工事は進みません。
 網干駅の北で 関ノ口遺跡が発掘され 駅の南西では 鍛冶田遺跡が 2年にわたり 2回発掘され 最近
また あちこちで 遺跡の発掘をしています。 きのう 見に行くと 4ヵ所で 遺跡の発掘調査をしていて
陸橋建設予定地では 線路の北と 南で それぞれ1軒の家の立ち退きが 未だに 終わっていません・・。

 JR網干駅の北の駅前地区では 昨年 関ノ口遺跡が 発掘され 説明会が行われましたが 今回は
前回の発掘場所を 埋め戻し そのすぐ南を発掘しています。 工事期間は 平成30年3月16日
までとなっていますので あまり余裕はない。
 さらに 100mほど南でも 新たに発掘しています。 ここは 広いので 工期を延長して 次期の
調査となるようで さらに時間がかかる。 掘った土砂は 埋め戻した関ノ口遺跡の上に 仮置きしてい
るようで 一度に 広い面積を掘ると 土砂の置き場に困る・・。 発掘調査に 時間がかかるのも 分か
りますが・・・。 駅前の会長さんが 私が生きているうちに 出来るかどうか 分からないと・・。


 和久山の西麓では 大津茂川右岸2号線(その2)下水道工事が行われています。 工事期間は
平成30年2月9日までなので もう終わり?
 県道27号線を越えて 太子町糸井へ行くと 県道予定地は 1軒を除いて 立ち退きは 終わって
います。 昔 ジャスコだった跡地を 土砂置き場にしています。 陸橋の橋脚の基礎工事は 未だ
進められてはいません。 

 JRの線路を越えて 南へ行くと ここは 網干駅西南土地区画整備地区で 道路の区割りは
進んでいるようです。 陸橋の橋脚辺りでは 大阪ガスのガス配管工事中。

 南側では 配水管等布設工事が行われています。 期間は 平成30年3月30日。
鍛冶田遺跡の発掘調査が行われた場所には 橋脚のコンクリート基礎ができて その南では
前田遺跡?の発掘調査が行われていますが いまは シートが掛けられています。

 古民家の立ち退きは まだですが 南は 新しい道路の側溝ができていて 新築の家も完成済み。
県道は 南へ延び 東へ曲がり 和久の交差点で 県道415号線と合流します。 ここから先の
県道予定地は 立ち退きは終わっています。

 県道133号線を越えたところでは 前田遺跡の発掘調査が 行われています。 土器のような
ものが見えています。 工事期間は 平成30年3月6日までなので 時間がない・・。

 この先で 新県道は 東へ曲がります。 この辺りは いつでも道路工事が進められるように
なっています。

 。。。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。。。
コメント