バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

細胞の損傷を免疫系に知らせる脂質を発見

2017年04月18日 | 抗体 免疫 抗原 

―ゴーシェ病やパーキンソン病の治療に期待―

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2017.04.14

九州大学 大阪大学 日本医療研究開発機構


九州大学生体防御医学研究所、大阪大学微生物研究所の山崎晶教授らの研究グループは、グルコシルセラミドと呼ばれる生体内の脂質が、ミンクルという免疫受容体に結合し、免疫系を活性化する役割があることを発見しました。
https://research-er.jp/articles/view/57498
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白血病性幹細胞の阻害方法 | トップ | 膵がんマーカー  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。