めんこの思い出

2022年09月27日 10時16分24秒 | 記憶のかけら

子ども番組の企画案で、
「めんこ」を出してきた若いスタッフがいた。

彼女の年齢で、「めんこ」で遊んだことがあるのは珍しいと驚いたが、
実際に遊んだことはないという。
ただ知識として、ひっくり返して奪い合う、ということだけは知っていた。

これからシミュレーションをしてみると聞いて、
思わず言ってしまった。

「そんな簡単にひっくり返らないよ」

確かにひっくり返して遊んでいたが、
僕の場合、それは四角い、「角めん」だった。

「丸めん」で遊んだことはほとんどないが、
遊ぶ時は、ひっくり返すのではなく、
相手のめんこの下に滑り込ませる、
それで終わるかもしくは、
そのまま相手のめんこをすくい上げて宙に飛ばし、
自分のめんこで受け取る、
そんな勝負の付け方だった。

子どもの遊びなので、
ローカルルールはいろいろあるだろうが、
1972年~75年の目黒や世田谷では、
そんな遊び方が主流だった。
(僕という子どもの小さな世界でだけど)

しかし「角めん」にしても、
下が凸凹した場所でやっていたから、
ひっくり返ったんだろうなあ。
会社のつるつるした床ではひっくり返すのは難しいだろう。

などと言っていたら、
「めんこ」という企画案自体を取り下げてしまった。

申し訳ないことをした。

シミュレーションをして、
いかに困難かを体験する機会を奪ってしまったからだ。

2022年9月26日の備忘録(水道の修理をする)

2022年09月27日 07時51分08秒 | 日々のかけら
Sep.26(Mon.)

■今日という日。

午前中、修理人が来る。前回は浴室のシャワーだったが、今度は洗面台の水道。凝った水道なので部品の取り寄せに時間がかかった。というか、不具合の内容を聞いただけで問題点を推測、先に部品を取り寄せてからくるとは、やるな、修理人。

原因はやはり内部の部品の経年劣化。洗面台の状況はあまりよくなく、水道管さらには洗面台そのものも経年劣化しているので、そう遠くない将来、修繕が必要だと言われる。念のため、一般的な水道のメンテナンス時期を尋ねると、10年から15年。我が家はもう18年経っている。もう傷んでもおかしくない時期か。金がかかる。

13時、オンライン会議。珍しく長引く。

15時、オンライン打ち合わせ。苦戦する。

夕方、ひさしぶりにリタを散歩に連れていく。楽しげに歩いているが、やはり長くは無理のようだ。あと傾斜も嫌がる。家の前の平坦な道を右往左往する。

夜は家人(大)のリクエストで『松ちゃん』へ。もつ焼きの夜。

2022年9月25日の備忘録(宿題に悩む日曜日)

2022年09月26日 07時59分13秒 | 日々のかけら
Sep.25(Sun.)

■今日という日。

台風一過。蒸し暑い。

午前中、ひたすら台本を書いて、送信。この番組、台本の締め切りが収録からの逆算の自己設定。こんな仕事は珍しい。

昼食を挟んで、午後は急ぎの宿題。不明な点が多いため、苦労する。何が正解かわからぬまま、とりあえず色々と考えて送信。

夜、某所で『古舘伊知郎トーキングブルース2022』打ち合わせ。今日はブレーンであるTさんも交えて。今回、部分台本を3人の方にお願いした。それが上がってきたので検討。1本は直し箇所を伝えて2稿を書いてもらうことに。残りの2本はこちらで引き取って改稿することに。こうして出来上がった準備稿に古舘さんが手を入れて完成台本を目指す。

世の情勢、ウクライナの話、国葬の話、最近の太田光の話などもしつつ、今日は比較的早めに辞去する。

2022年9月24日の備忘録(経堂に古書店ができる)

2022年09月25日 08時41分30秒 | 日々のかけら


Sep.24(Sat.)

■今日という日。

午前中、粛々と台本を書く。

吉祥寺で知人と遅めのランチ。ひさしぶりに来たイタリアン、以前はメイン有りとメイン無し、2つのコースがあったが、メイン有りの一つになっていた。6種類ほどの前菜がのったプレートがよかったのだが、それも無くなり、前菜が二皿出るかたちに。物価高に対応しての変化だろう。それが理由かどうかはわからないけど、これまで週末の昼時に来た時はいつも満席だったが、今日はガラガラだった。台風が原因であればよいのだが。

知人と別れ、吉祥寺を少しさまよう。すると突然、雨が激しくなってきた。雷鳴。買い物を諦めて、帰途につく。

経堂に新しい古書店がオープンした。『ゆうらん古書店』。僕が住み始めた18年前には5軒の古書店があった経堂だが、今はゼロ。このオープンはとても嬉しい。覗いてみると、品揃えも悪くない。僕好みの本が並ぶ。今日は初日で混み合っていたので偵察程度。日をあらためてゆっくり行くことにしよう。


夕食は家人(大)の作る平野レミが紹介していたという包まない餃子とサラダ。やはり餃子は包んだ方がいいなあ。これはまったく別の食べ物だ。

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』の続きを観る。最後まで引っ張るかと思った秘密があっさり明かされて驚く。この秘密は半ばの山場であったか。

2022年9月23日の備忘録(魚を見ながら魚を食べる)

2022年09月24日 08時20分48秒 | 日々のかけら


Sep.23(Fri.)

■今日という日。

朝6時に目が覚めてしまう。

急ぎの仕事もないので録画してある番組を視聴。
その場で取材交渉をする形式の番組が2つあった。
1つは取材交渉している様子も撮影している。さすが今、この見せ方は古くないか。
もう1つは、取材交渉直前にカメラのみオフ、名乗ったところでマイクもオフ、取材交渉の様子はいっさい見せず、取材許可が出たところでカメラもマイクもオンにする。この見せ方はうまいが、気になる点も多々ある。しかし確証がないので、今回はここまで。

家人(小)と連絡の行き違いで摩擦が起きる。言葉足らずなのだ。

14時、オンライン会議。

猛烈に眠くなる。しばし仮眠。

台本書きを始めるも、まったく頭が動かず。とてつもなくピンチ。

夜、家人(大)と『スエヒロ』へ。水槽の前のカウンター席。眼の前30センチの場所に魚が泳いでいる。これから食べられるであろう泳ぐ魚を眺めながら、刺身を食べ、煮魚を食らう倒錯感。



2022年9月22日の備忘録(多摩川で読書)

2022年09月23日 07時50分33秒 | 日々のかけら


Sep.22(Thu.)

■今日という日。

好天。青空読書をするために家を出る。

結局、登戸駅で下車。多摩川の河川敷で本を読む。


眼の前の草原に保育園の子どもたちが遊びに来た。次から次へと来る。いろいろなサイズの子どもがいる。子どもたちはよく走る。それにつきあう保母さんはホント大変だ。縦横無尽に走りまわる子どもたちを見て「血小板のようだなあ」と思う。『はたらく細胞』の影響である。

再び登戸から帰還する予定だったが、ここから二子新地まで4キロと知り、歩くことにした。一般的な歩行速度は時速4キロ。ならば1時間。試しにちょっと早歩きにしてみたらどうなるのか。

45分でした。時速5キロ程度か。20時間歩けば100キロ歩けるな。そんな長時間、同じ速度を維持できないとは思うが。

用賀に戻って、『中華そば瀧壺』でブランチ。醤油鴨南蛮ラーメン。僕の好きなタイプのラーメン。濃厚とんこつや煮干しは苦手。



帰還後、ある仕事のための下調べ。やっているとだんだん楽しくなる。こんな検索したことなかったからなあ。

16時半、オンライン会議。

18時、オンライン会議。

夕食は家人(大)の作る石狩鍋、かぼちゃの煮物など。

『ダウンタウンDX』をオンタイムで観る。

老犬に関する名言

2022年09月22日 12時53分32秒 | 名言のかけら
ミュージシャンの七尾旅人さん曰く

「犬って子犬のうちも可愛いですけど、
 歳をとるに連れてだんだん角がとれて、
 深みが増して、
 信じられないくらい可愛くなるんですよね」

我が家にも老犬がいて、
おぼつかなくなる足取りや、
遠くなる耳や霞む目を、
寂しく感じたものだが、
確かに捉え方を変えれば、
その姿はとても愛らしくもある。

我が家の犬もとても可愛い。

2022年9月21日の備忘録(修理人が来る)

2022年09月22日 08時00分11秒 | 日々のかけら
Sep.21(Wed.)

■今日という日。

どんよりしている。昨夜そんなに飲んだわけではないが、赤ワインばかりだったからなあ。その影響か。

宿題、準備しておいてよかった。整えて送信。これで在庫はなくなった。

11時半、オンライン会議。満島ひかりの名前が出てこなくて焦る。

午後、シャワーの修理人が来る。内部の部品の経年劣化だった。修理時間3分。準備とお会計を合わせても15分程度。その間、犬が激しく吠える。最近吠えることのないリタまで吠え始める。ついには、ニナが階段に設置してあるベビーゲートを突破して駆け下りてきた。そんなに家族以外が入ってきたことが気になるのか。

『箱根そば』で遅めの昼食。安カフェで読書をするが、まったく頭に入って来ず。

帰還後、無為に時間を過ごすうちに夕暮れ。

今日こそ自宅飯と思っていたが、台風が連れてきた涼しい空気を味わいたく『㐂八』へ。須田さんと隣席。経堂界隈の情報交換。10月から飲食店の値上げが始まる。経堂の場合、ランチタイムは1000円の壁があるというが、果たしてどうなることか。

2022年9月20日の備忘録(銀座でスペイン料理を食べる)

2022年09月21日 12時21分38秒 | 日々のかけら
Sep.20(Tue.)

■今日という日。

宮沢章夫さんの訃報が正式に発表される。宮沢さんの話を書くと長くなるので、あらためて書くことにする。最後にお会いしたのはいつかと思って調べたら、2014年の『ヒネミの商人』再演の楽屋、もしくは、その年に六本木で開催された牧村憲一さんのトークイベントだった。

11時、オンライン会議。視聴率も良かったので、明るい空気。提出したネタの反応は五分五分だったけれど。

14時、オンライン会議。

頭が朦朧しているので、揉まれにいく。前半は心地よく揉まれていたのだが、途中からずっと喋っている客が来てうるさい。ヒーリングミュージックが流れているような空間で、どうしてあんなにも無神経に喋ることができるのか。スナックと勘違いしているのではないのか。迷惑。

夜、家人(大)と銀座へ。『ZURRIOLA』という某グルメ氏が「今、東京で一番美味しい」と言っているスペイン料理店で会食。というか、ご馳走になる。今年食べた料理の中でもっとも美味しかった。ありがたい話だが、同時に新たなプレッシャーが生まれる。それがどんなプレッシャーなのかはここでは伏せる。

2022年9月19日の備忘録(エリザベス女王の国葬を観る)

2022年09月20日 08時23分44秒 | 日々のかけら


Sep.19(Mon.)

■今日という日。

朝、少し散歩。蒸し暑い。台風の影響か。

帰還後、台本書き。昨日と同じく25分集中5分休憩で。やはり4セット=2時間かかる。これまで必要な時間を漠然と捉えていたが、これで把握できた。

昼食は暴風雨に備えて昨夜買っておいた弁当を食べる。サンマがまるまる一匹のった豪快な弁当。しかしおかずがほぼそれだけなので飽きる。しくじった。

午後は録画してある担当番組などを視聴。これも仕事だ。

夕方、成城学園前で英会話。まだ惰性になってきた。

数日前からシャワーの水がしっかり止まらなくなっていたのだが、それがさらにひどくなってきた。修理を頼みたいが今日は祝日。明日以降となる。どうしたものかと思っていたら、知り合いが止水栓を閉めたらいいと教えてくれる。止水栓は…げ、マイナスのドライバーが必要なのか。どこかにドライバーセットがあったはずだが、見当たらない。すぐに出てきたのはプラスのみ。仕方なくスーパーに買いに行く。なんとか水は止まった。

BBCの中継でエリザベス女王の国葬を観る。美しい儀式だ。様式美の結晶。様式美というのは一朝一夕で作れるものではない。そしてその美しさを余すところなく映すBBC。カメラワークがスゴい。





エリザベス女王の国葬と安倍元首相の国葬を比べたがる人がいるが、ナンセンス。たまたま名前は同じだが、2つはまったくの別ジャンル。比べられるものではない。

雨も止んでいたので『松ちゃん』で独酌。

ドラマ『石子と羽男』録画視聴。なんとも気持ちのいい終わり方。続編も作ろうと思えば、いい感じで始められるだろうし。

ヒガンバナ

2022年09月19日 18時35分06秒 | エンタメのかけら


今の時期、
一度目につくと、
いたるところにヒガンバナが咲いていることに気づく。

一週間ほど前、
「ヒガンバナには毒性があるので、
 絶対に真似しないでください」
という注意喚起がネットに出回った。

アニメ『リコリス・リコイル』で
2人の女性キャラが、
ヒガンバナをくゆらせるアイキャッチがあったのだ。
これを真似するコスプレイヤーへの注意喚起。
この作品の人気を物語る出来事だ。

強い毒性のあるヒガンバナだが、
かつては救荒作物として、
鱗茎のデンプンを毒抜きして食べられていた。

ヒガンバナの学名は、
Lycoris radiata(リコリス・ラジアータ)である。





あの世とこの世

2022年09月19日 11時20分23秒 | 写真のかけら



上は「葬儀」
下は「農作物」

上は「死」
下は「生」(農作物は生きるためのものだから)




2022年9月18日の備忘録(集中と休憩)

2022年09月19日 08時33分28秒 | 日々のかけら
Sep.18(Sun.)

■今日という日。

朝からどんよりしている。

激しい雨が断続的に降る。

午前中はひたすら仕事のための読書。分厚いがハウツー本なので、番組に引用できる箇所が少ない。猛烈な飛ばし読み。貼る付箋の数も少ない。これで台本書けるのか。

外出する気力もなく、ありあわせの昼食。うっかりビールを飲む。

午後もNetflixを観たり、仮眠をしたりで気がつけば夕方。

重い腰をあげて台本を書き始める。今日読んでいた本に載っている25分集中5分休憩という仕事パターンを導入してみる。確かに悪くない。1本の台本を書くのに4セット、つまり2時間かかることが判明。そんなにかかっていたのか。

家人(大)が大阪から戻る。雨も止んでいたので、ひさしぶりに『中山商店』。

岡本太郎風

2022年09月18日 11時01分00秒 | 写真のかけら




狛江のかなり広い敷地の住宅の壁に。




2022年9月18日の備忘録(狛江に行く)

2022年09月18日 09時23分56秒 | 日々のかけら


Sep.17(Sat.)

■今日という日。

家人(大)、早朝から大阪へ旅立つ。

今日の仕事は参考図書読みのみ。気分を変えようと家を出て、なんとなく狛江へ。初めて降りた。

駅前に自然林のエリアがあるので公園かと思っていたが、特別緑地保全地区だった。そのため普段は入ることができない。残念。


狛江に来たのは、調べたら読書向きのカフェがたくさんあったので。しかしながらお昼どきのためか、1軒目は満席。2軒目は休み。仕方なく公園で本を広げるが、蒸し暑くてダメ。

駅の反対側のカフェに行こうと戻ると、満席だった店に空きが出来ていた。1時間ほど滞在したが、午後2時前にはかなり席の余裕が。時間を選べば仕事するのにもよさそうだ。

帰還。録画したまま放置してあるドラマやバラエティ番組を視聴。

夜、二子玉川へ。高校時代の友人と飲む。気分的に大衆居酒屋がよかったのだが、ニコタマにそういった風情の店はもはやないようだ。しばらくさまよって『魚ます』に落ち着く。思い切ったもので、彼はもうセミリタイア生活だ。近況いろいろ。

けっこう飲んだが、用賀に戻った時点で夜10時前。酔いざましに自宅まで歩く。『よふかしのうた』の影響で夜の街を歩いてみたくもあったのだ。

『世界は贈与でできている/近内悠太』(38)
読了。有意義な読書だった。