過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

WDW MK. Electrical Parade

2016-08-31 17:50:00 | 旅日記
Main Street Electrical Parade♪
このコールに引き続いて、懐かしのワクワク音楽が流れてきます。



近づいてきます♪



そうか、現在のトップはティンクか! カリフォルニアの第三世代 1996年に終了したパレードでは、ブルーフェアリーでした。東京もそちらでしたね。



Mickey & Minnieがのる、Waltの機関車



お辞儀するカタツムリにアリス。燕尾服の鼠にひかれた、シンデレラのカボチャの馬車に、舞踏会。12時の鐘が鳴りはじめて…。



ピーターパンと海賊船が通り、七人の小人がトロッコで宝石を運び出す。白雪姫とダンスしながら、通りすぎる。





ピノキオはPleasure Islandに遊びにいってしまって。ブルーフェアリーの忠告もきかずに。



闇夜に緑の龍が浮かび上がる。少年ピートとドラゴンのエリオット。1977年に公開された映画だから、1972年の最初のパレードには居なかったけれど。ドラゴンはDisneyの定番のモチーフです。



エリオットの翼の向こうに、フロート達が浮かび上がる。夜の夢のように。



ラスト・フロートは、翻るアメリカ国旗と鷲。輝くアメリカを象徴しています。







金色の荘厳な鷲の後姿。パレードのとりをつとめます。ファンファーレが鳴り響きます。

1966年にWaltが儚くなり、6年後にこのパレードは生まれました。フィルムに残るのは、豊かさの象徴だった第一世代パレードです。
44年前…1972年とは、札幌で冬季オリンピックが開催された年です。
何回か、改編を経て、東京にも展開されました。世界中のDisney parksで、繰り返されてきたパレードです。

WDWでは今年10月をもって、Main Street Electrical Parade は終了と、公式に公開されています。締め括りにAnaheim でパレードを務めて、幕をひくのでしょう。
80年代……豊かさが零れ落ちるようだった光のパレードは、LEDを装着し違う形で、夜を彩っていくのでしょう。果てし無い夢。



二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント

仕事帰りに立ち寄れるから(苦笑)

2016-08-31 06:20:00 | 旅日記
私が滞在していた時期、WDW Magic Kingdom は12時まで通常営業(笑)、さらに、Extra magic hours の設定された夜は午前2時まで、夢の時間は続きます。
フロリダは、夏の煮えたぎる時間を避けて、夜に遊ぶ気風のある土地柄です。
子供と大人の時間の住み分けを、きちんと守ることが要求される、アメリカの中流家庭以上の位置づけがあります。
その二つから、乳幼児連れは日没まで、12歳までの保護者と一緒でも最初の花火が終わるまでで、パークを離れていきます。
それ故、10時以降は大人の時間と分類されています。



会議が午後7時におわれば、その格好のまま(笑)、Magic kingdomには8時にはこれました(笑)。
最初のパレードをみて、花火をみて、大混雑の出口渋滞をやり過ごしてから、リゾート内のシャトル・バスを利用してホテルに戻れば、12時を回ります。
睡眠時間四時間で、翌朝6時に動き出す覚悟をもって(笑)、一度だけ、道草しました。



新しいエレクトリカル・パレードにむけて、ルートはゲストで一杯です。ファスト・パスで見易い場所への入場を選ぶことも出来るのは、いいアイディアだと思いました。



バルーンに新顔が加わりました。
透明な球体の中に、白いミッキーズ・バルーンがあり、それがLEDの組み合わせで、色変わりで点滅します。
可愛い風船でした。

さぁ、照明が落ちていきます。あの心沸き立つ音楽が響き渡ります(ニッコリ)。
■WDW, Magic Kingdom


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント

Hollywoodを懐かしむ場所6:新しいサヴァラン?!

2016-08-31 01:30:00 | 旅日記


■グレープフルーツ・ケーキ

Hollywoodの黄金期を楽しむような食を過ごしてきました(ニッコリ)。
この時間を楽しんでいたくて(笑)、お腹が満ちてしまっても、この食の締め括りに相応しいデザートは?と尋ねてしまいました(笑)。
これを見逃してはならない、まさに相応しい一品があると、黒服さんは応えるのです(ニッコリ)。

グレープフルーツの香りと風味のチーズクリームに覆われて。スポンジにたっぷりとグレープフルーツのリキュールが含まれ、サヴァランのよう。果実は瑞々しく、舌をあらう。
素敵な大人デザートでした(ニッコリ)。

食だけではなく、黒服さん(笑)の気配り、皆で時間を楽しもうとする場所(ニッコリ)……今回も心弾む場所でした。


大好きだった物や場所が、いとも容易く無くなっていってしまうのが、齢を重ねる哀しみではあって(苦笑)。
例えば、WDW周囲でも、villageが消え去り、南部の外輪船で、楽団の演奏を傍らに蟹を楽しむ、伝説のフルトンが、営業終了してしまったことを知りました。
私にとっての想い出のあった場所が消えて、新しい何かが生まれて、新しい笑顔が集うのだと分かっていても…淋しい(苦笑)。

飽きられないように! 新しい風をいれつつ、変わらぬ姿をみせようともする。テーマを失ったら、只の遊園地になってしまう…。テーマパークで在り続ける宿命は重い、のです。
だからこそ! Hollywood studioというテーマパークの中にあるからこそ意味をもつ場所が、今回も健在であることを、とりわけ嬉しく思いました。
Waltの夢は引き継がれて、今を纏いながら、その本質を受け継いでゆくのです。

■The hollywood brown derby、FL


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント

Hollywoodを懐かしむ場所5:健やかに鴨を楽しむ

2016-08-30 18:18:00 | 旅日記


■鴨のコンフィ、サラダと共に

いい香り! 朋輩の前に運ばれてきたお皿は、芳醇な香りに満ちていました。
大きなフィーレを、じっくりと仕上げたのでしょう。ふっくら豊かにしあがっていました。
ナッツ(胡桃、松の実)や洋梨のコンポートと共に、グリーンを盛り付けて、さながらパワーサラダのようです。

こちらの香りに魅了されて(笑)、シラーズとマルベックのミクスの赤を注文しました。
少し摘まませてもらって、また頬張るコブサラダの豊かな風味も、楽しくなりました(笑)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント

Hollywoodを懐かしむ場所4:繰り返して尚あたらしい!

2016-08-30 06:35:40 | 旅日記


■伝説のコブ・サラダ(笑)

こちらは完成した姿です。
ひと口ごとに、様々な食感がありながら、ひとつの風味を醸し出す、秀逸なサラダです。



はじめの姿はコチラ(笑)。
ミルクグラスのボウルに、彩りが映えます。
大量のスピナッチ、蒸し鶏、チーズ、スモークベーコン・ビッツ、カシューナッツ、胡桃、トマト、レタス、アボカドはブロックのまま。決め手の茶色の、酸っぱ甘く、ちょい辛のドレッシングがかかっています。
お皿をみせてから、ドレッシングは後でかける、昔スタイルのほうが写真映りはいいですね(笑)。

お客様がその姿を堪能した頃合で(笑)。
それを、スプーン二本を手にした黒服が、絶妙な手付きで、アボカドをチャンクにしながら、混ぜていきます。



改めて、出来上り写真です(ニッコリ)。

このサーブの形は、はじめてでした。
○ワゴンに、銀の盆にのった食材が並び、それを新しいアクリルのボウルに、すくいいれていって。そのボウルを木製のスプーンとフォークで、きっちりたたき混ぜた時もありました。
○全部が虹のように並べられた皿をもってきて、ボウルに全部あけて、ドレッシングをあわせて、叩き混ぜた時もありました。

コブサラダが有名すぎて。オリジナルの他に、オリエンタルや、フレンチ、ベジだけ等、バリエーションをつけた時期もありました。これは、一過性で消え去り(笑)、オリジナルだけが、やはり、残りました。

変わらぬのは、トスするのでも混ぜるのでもなく、叩き混ぜるように合わせる遣り方です。
フォークで一塊にして口に運べる、あの独特の食感は、ここから生まれてくるのだと思います(ニッコリ)。



二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント

Hollywoodを懐かしむ場所3:ビスクはseafood!(笑)

2016-08-30 06:04:00 | 旅日記


■ビスク

朋輩が注文したのは、オマールのビスクスープです。とろりっと濃厚! されど、きっぱりseafoodです。
優しい味の中にコリアンダーが潜めてありました(笑)。
オマールの尾身をひと口大に揚げてトップ。きれいな食べるスープとのことでした。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント

Hollywoodを懐かしむ場所2:気に入りが美味しい!

2016-08-30 06:01:04 | 旅日記


■クラブ・ケーク
コロンっと丸いクラブ・ケークは熱々(笑)。蟹たっぷり、とろりっとミルクが勝ったベシャメル。
刻み野菜の彩り、蟹殻でとったソース・アメリケーヌ。

盛り付けは、時折かわるけれど(笑)、変わらぬアメリカの味がします。

ビスコット&グレービィ同様、クラブ・ケークも、メニューにあれば頼まずにいられない(笑)、私の気に入りのアメリカ料理です。
シカゴのクラブ・ハウス、NYのグランド・セントラル・ステーションと数えてきて、五番以内に、こちらは入ります(笑)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント

Hollywoodを懐かしむ場所1

2016-08-30 05:04:06 | 旅日記
ぎっちり詰まった日程に、ぽっかりと昼の時間が数時間、あきました(笑)。さすれば大好きなレストランで昼食を! ホテルから予約を入れて、通ってから(笑) 遅い昼にでかけました。

Hollywood Studioに入った直後、頭上に広がる不吉な黒雲! レストラン・エントランスに駆け込んだ2時、5分たたずに激しい雷雨に。歩くことも出来ないほどでした。危機一髪!(笑)

ここへくれば必ず寄る場所とは、The hollywood brown derby (ハリウッド・ブラウン・ダビー)です。
「伝説は人が創るもの」とは、ステイツやハリウッドの流儀です。ここは、それを体現する場所です。

Hollywoodが自由で豊かであった頃、昼も夜もなく、映画やアニメーションが創られていた頃。
食事がとれない程の深夜に、馴染みの監督を気遣って、有り合わせを刻んで、美味しく仕上げてだした気持ちに、皆が惚れたコブ・サラダ。伝説が生まれる街(ニッコリ)。

銀幕のスタァ(ニッコリ)が着飾って、夜を賑わせた、というブラウン・ダビー。その時代を忠実に再現した、とするレストランです。
往年の映画スターの写真やサインに囲まれて、黒服にかしづかれて過ごす(笑)気分のレストランです。

私が最初に訪れた頃は、ディナータイムには、茶色の革表紙の大型のサイン・ブックに、お客様のサインと日付をとっていて。三年後に再訪した折りに、それを見せてもらって感激したことを想いだします(ニッコリ)。
再訪の度に記憶が増えていく場所です。



クロスに包まれた、焼きたての白パンが運ばれる。ヨーロッパのままの姿をおいてあって(笑)。
Hollywoodは異国の言葉をいとしみ、慣習にとらわれない場所。大勢に屈しないからこそ、大衆を引き付ける力をもつのだと教わった、私がまだそこにいるように感じます。



ここではカリフォルニアの泡をあけなくちゃ!(笑) メニューを決めて、黒服に訪ねれば、答えはすぐにでます。

皮はパシッと、中はもっくりと。昔ながらの白パンに合わせるバターに時代がのります。
旧いだけでは続かないのが、Hollywood(ニッコリ)。今回のバターは、今時のドレスド・ウィップ(笑)。

■ココナッツとsea saltのハワイアン・ウィップド・バター

軽くてクリーミィな口溶けのバターに、雪のように削られたココナッツ・ファイバーと、光る大きな結晶塩がのる。甘い香りと、かしっとした噛み心地がアクセントになっていました。

伝説のHollywoodに、誰かの想い出のなかの時間で、食しましょ。
■The hollywood brown derby、WDW Hollywood studio


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント

ハリウッドの自由さ

2016-08-30 04:47:48 | 旅日記


WDW Hollywood Studio で出会って、招いてきました。
魔法使いの弟子のコスチュームをまとったダフィ。
ミニーのヘッド・ドレスをつけ、WDWのTシャツが似合う、ピン・トレーディングを楽しむ、シェリル・メイ。

ある時代の自分を、懐かしく思い出す二人の姿(ニッコリ)。
そして、ハリウッド・スタジオ・パークならではの自由な発想のプラッシュに、日本では見られない楽しさを感じました。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント

ダッシュな朝食の日も(笑)

2016-08-29 19:01:00 | 旅日記
こんばんは。台風をさけて、うまい具合に日本に戻れました(笑)。
仕事旅ゆえ間に合わなかった記事を、しばらく続けますので、お付き合いください。



早朝から仕事が始まる日には、ダッシュで朝食が必要になります。
そんな朝は、フードコートで手軽に。紙皿がパーク仕様だから、楽しそうに見えますか?(笑)

■アフリカを思う朝のプレート (写真手前)
■ビスカット&グレービィ

基本の朝食ワンプレートは、パップ(白いカップ)、トマトとスイカのスムージィ(赤いカップ)、スクランブルエッグ、焼きチョリソー・ソーセージ、焼きトマト、でした。
前記事に紹介したパップが主食です。赤いスープはスムージィととらえると、面白かったです。酸味が勝った味は爽やかな朝と思われました。

ビスカット&グレービィは、アメリカ南部の定番朝食です。私の気に入りな料理ですが、出来にはかなり、差が出ます(笑)。
オーブンで焼いた、ざっくりビスカットに、グレービィ・ソースをかけます。
グレービィといえば、バターでお肉を炒めた時に、バンに残る焼き汁で、ワインでデグラッセしてソースにするのが、フランス料理の基本定番ですが、アメリカ南部のこれは違います(ニッコリ)。
バターで、チキンの細切り、玉葱、クローブ、ナツメグ他のスバイスを炒めます。小麦粉をふり、しっかり炒めてから、温めた牛乳で伸ばして、もったりしたソースにします。塩、胡椒、好みでチリパウダーを少し、味を整え、パセリを加えます。これが南部のチキン・グレービィです。
西海岸にくると、ハッシュドビーフの缶詰や、ビーフ挽肉に換わってきます。調味もクレイジーソルトに換わって、手軽になっていきます。

ぐっちゃりしている、白い物体とみられて、敬遠されがちな、アメリカ南部の朝ごはんです。これに、ケイジャン・フライドチキン (ビシッと辛い衣で揚げます)、リモネードをあわせて、アトランタあたりの朝ごはんになるのです。

出来に差が出ますので、みかけると食べてみなくてはすみません(笑)。なかなか、アトランタの笑顔あふれるテーブルの想い出はこせません(微笑)。


手軽な料理としてフードコートでとる朝食のひとつを、ご紹介しました。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント