隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

映画 Film84 『炎のランナー』

2016年08月26日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第84回は、『炎のランナー』をお送りします。


『炎のランナー』(原題:Chariots of Fire)は、1981年公開のイギリス映画です。


この映画のテーマ曲「タイトルズ」は、リオ五輪⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c06a31c21773f74835aa1fd24e085d33 期間中に、テレビなどで何回も流れたので、 『炎のランナー』を観たことが無い方でも、テーマ曲は耳に残っているのではないでしょうか。


監督は、イギリス人のヒュー・ハドソン(Hugh Hudson)。テーマ曲を始め音楽は、ギリシャ人のヴァンゲリス(Vangelis)。


映画の舞台となったのは、1919年のイギリス。ユダヤの血が流れているために、差別と偏見に苦しむ、ハロルド・エーブラムスがケンブリッジ大学に入学します。


彼は、そのやり場の無い怒りをぶつけるように陸上競技に取り組みます。そして、1924年パリ五輪のイギリス代表として選抜されるまでになります。。。


この映画を初めて観たのは、台湾台北市の映画館でした。


海岸を選手たちが走るシーンにテーマ曲「タイトルズ」が流れるオープニングを見たときの新鮮な驚きは、今でも忘れられません。


改めて観かえしても、第二次世界大戦前のヨーロッパの雰囲気なども知ることが出来る、娯楽作品の域を超えた映画だと思います。


陸上競技のシーンにしても、スターティングブロックも無いし、スパイクも今と違って洗練されたものではなかったのに、躍動感が伝わってきます。


蛇足になりますが、台湾で『炎のランナー』を観たときは、上映前に国家が流れ、観客は起立しなければならなかったのですが、今でもそうでしょうか?

 

 

 

===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~70 省略

Film71 2015/11/22 『TAXi3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e06b004c92e9c9bb25c715bfe220fc3

Film72 2015/11/28 『ナイト&デイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/31b9ebfe299bf5060272d3c29533da9e

Film73 2015/12/20 『YAMAKASI』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c345a94962c8b74e9346657ede8c84e0

Film74 2016/1/9 『居酒屋兆治』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bcfadb7f8c5a258f07508b90b1360216

Film75 2016/1/19 『フォレスト・ガンプ/一期一会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dd4e5e4237a5310e01f471be946395b

Film76 2016/2/5 『釣りバカ日誌』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c76ade66bb08856a227eb2e55f26bfe

Film77 2016/2/23 『駅 STATION』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bef4429e80cd96c7e95cf7c658fb1f9d

Film78 2016/3/1 『ANNIE/アニー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fee2dd338f46363efa07bed1114caaa

Film79 2016/3/11 『海峡』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a

Film80 2016/3/26 『サブウェイ123 激突』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/78f26f8331526a39f1a80820c138d91f

Film81 2016/4/9 『あやしい彼女』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/777e1becc105c88284834785a124484b

Film82 2016/4/21 『スタンド・バイ・ミー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aea0e3d882f43407384541b431a374a3

Film83 2016/8/8 『夜叉』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8099bc7c07950720fcb14998b1ee748d

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 Film83 『夜叉』

2016年08月07日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第83回は、『夜叉(やしゃ)』をお送りします。

 


夜叉』は、1985年に公開された降旗康男(ふるはた やすお)監督、高倉健主演の日本映画。


高倉健以外の主な出演者は、田中裕子、いしだあゆみ、ビートたけし、田中邦衛、など、豪華な顔ぶれです。


「隊長のブログ」では、健さん出演の映画を、これまでに;

1981年公開の『駅 STATION』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bef4429e80cd96c7e95cf7c658fb1f9d

1982年公開の『海峡』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a

1983年公開の『居酒屋兆治』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bcfadb7f8c5a258f07508b90b1360216

1989年公開の『ブラック・レイン』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dd126a6064678f456d33e472decf4403

2005年公開の『単騎、千里を走る。』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b0bfbe4de3b52cbd002aae613e72a86d と、

2012年公開の『あなたへ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91fbd0731cea8c39037cacff828769ab

の6本を紹介しています。


降旗監督の作品は;

『駅 STATION』、『居酒屋兆治』、『単騎、千里を走る。(日本編監督)』『あなたへ』、2013年公開の『少年H』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b866de422e26196ede5f49a571afee3 、の4本です。


あらすじは、大阪ミナミで「人斬り夜叉」と呼ばれ恐れられていた修司(高倉健)が、現在は漁師として妻(いしだあゆみ)と子供たちと平穏に暮らしているのは、福井県若狭湾の小さな漁村。

そんな静かな漁村に、ミナミからやって来た蛍子が居酒屋「蛍」を始めます。美人の蛍子を目当てに啓太(田中邦衛)たち漁師が、毎晩の様に集う「蛍」。

その蛍子には、ヒモ同然の男 矢島(ビートたけし)がいて、漁師たちに覚せい剤を売っていました。

薬を処分した蛍子に逆上した矢島は、包丁を持ち出し、蛍子を追いかけます。止めようとした修司に矢島が切りつけ、背中の夜叉の刺青が露わになってしまいます。。。


雪の敦賀駅など、雪のシーンが多く有りますが、健さんには、雪が実に似合いますね。


流れる音楽も、映像に相応しく、情感を盛り上げてくれます。


この映画公開時には、まだ30歳だった田中裕子さん、実に色っぽいですね。修司が彼女の魅力に惑わされたのが解る気がします。


いしだあゆみさんの、妻 冬子役も凛とした美しさがあって良かったです。


矢島を探しに、ミナミに乗り込んだ修司。舎弟のトシオ(小林稔侍)が、まさか矢島を殺してしまう展開になるとは思っていませんでした。


これまでも、健さんの映画を紹介する度に書いていますが、この映画に出演していた多くの方が、鬼門に入っています;

高倉健、大滝秀治、下條正巳、乙羽信子、など(敬称略)。亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~70 省略

Film71 2015/11/22 『TAXi3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e06b004c92e9c9bb25c715bfe220fc3

Film72 2015/11/28 『ナイト&デイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/31b9ebfe299bf5060272d3c29533da9e

Film73 2015/12/20 『YAMAKASI』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c345a94962c8b74e9346657ede8c84e0

Film74 2016/1/9 『居酒屋兆治』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bcfadb7f8c5a258f07508b90b1360216

Film75 2016/1/19 『フォレスト・ガンプ/一期一会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dd4e5e4237a5310e01f471be946395b

Film76 2016/2/5 『釣りバカ日誌』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c76ade66bb08856a227eb2e55f26bfe

Film77 2016/2/23 『駅 STATION』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bef4429e80cd96c7e95cf7c658fb1f9d

Film78 2016/3/1 『ANNIE/アニー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fee2dd338f46363efa07bed1114caaa

Film79 2016/3/11 『海峡』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a

Film80 2016/3/26 『サブウェイ123 激突』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/78f26f8331526a39f1a80820c138d91f

Film81 2016/4/9 『あやしい彼女』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/777e1becc105c88284834785a124484b

Film82 2016/4/21 『スタンド・バイ・ミー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aea0e3d882f43407384541b431a374a3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 Film82 『スタンド・バイ・ミー』

2016年04月21日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第82回は、『スタンド・バイ・ミー』をお送りします。


『スタンド・バイ・ミー』(原題:Stand by Me)は、1986年公開のアメリカ映画です。


原作は、スティーヴン・キング(Stephen Edwin King)。監督は、数々の作品を手がけているロブ・ライナー(Rob Reiner)。


舞台は、米国オレゴン州の田舎町、行方不明になった少年の死体を見つけようと、ちょっとした冒険旅行に出かける4人の少年達が、思わぬ体験を通して成長していく姿を描いた物語です。


4人の少年達の一人、クリストファー・チェンバーズ役を演じたリヴァー・フェニックス(River Jude Phoenix)は、この映画以降も様々な映画に出演し、人気を得るも1993年に23歳の若さで急死してしまいました。


この映画、DVDやテレビで、何回観たことでしょう。観るたびに、少年の頃の自分を思い出し、甘酸っぱい感傷を味わいます。


ベン・E・キング(Benjamin King)の歌う、同名の主題歌も良いですね。米国出張を控え、この曲を覚える為に、ひとりカラオケに一度だけ行ったことがあります。


現地でカラオケパーティに招待されていて、英語で歌える曲がビートルズのYesterdayだけではカッコ悪いと思ったので。


ところが、そのカラオケパーティでのこと、カラオケに“Stand by Me”が入っていませんでした。


主催者のアメリカ人に聞くと、「そんな曲知らない」の一言。せっかく練習して来たのに。。。

 

 

 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~70 省略

Film71 2015/11/22 『TAXi3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e06b004c92e9c9bb25c715bfe220fc3

Film72 2015/11/28 『ナイト&デイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/31b9ebfe299bf5060272d3c29533da9e

Film73 2015/12/20 『YAMAKASI』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c345a94962c8b74e9346657ede8c84e0

Film74 2016/1/9 『居酒屋兆治』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bcfadb7f8c5a258f07508b90b1360216

Film75 2016/1/19 『フォレスト・ガンプ/一期一会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dd4e5e4237a5310e01f471be946395b

Film76 2016/2/5 『釣りバカ日誌』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c76ade66bb08856a227eb2e55f26bfe

Film77 2016/2/23 『駅 STATION』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bef4429e80cd96c7e95cf7c658fb1f9d

Film78 2016/3/1 『ANNIE/アニー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fee2dd338f46363efa07bed1114caaa

Film79 2016/3/11 『海峡』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a

Film80 2016/3/26 『サブウェイ123 激突』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/78f26f8331526a39f1a80820c138d91f

Film81 2016/4/9 『あやしい彼女』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/777e1becc105c88284834785a124484b

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 Film81 『あやしい彼女』

2016年04月09日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第81回は、『あやしい彼女』をお送りします。


『あやしい彼女』は、2014年に公開された韓国映画『怪しい彼女』のリメーク版で、2016年4月1日より全国公開されています。


主演は、多部未華子(たべ みかこ)。他の出演者は、倍賞美津子、小林聡美、志賀廣太郎、北村匠海(たくみ)、要潤(かなめ じゅん)、野村周平、など。


監督は、『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などを手がけた水田伸生です。


鑑賞した劇場は、「TOHOシネマズ 日本橋」。同館に行くのは、昨年8月に『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7f3c9579571c8575167aa827e5a7d057 を観に行って以来。


この映画は、73歳の頑固な女性 瀬山カツ(倍賞美津子)がひょんなことから20歳の姿(多部未華子)に戻り、失われた青春を取り戻していく姿を描いたコメディ映画です。


主なロケ地は、東京都台東区台東にある「佐竹商店街」です。明治時代から続く、この商店街に先日行ったのですが、まあ“昭和の香り”が残っていました。


それで、ロケ地に選ばれたのでしょうね。実は、商店街に貼ってあったこの映画のポスターを見て、公開されたら観に行こうと思いました。


劇中では、1960年代から1970年代のヒット曲が次から次へと登場します。この劇中挿入歌をプロデュースしたのが、小林武史です。


良い曲ばかりですが、中でも多部未華子が「悲しくてやりきれない」を熱唱するシーンが良かった。


20歳に若返ったカツが、自分の孫(北村匠海)とバンドを組むことになり、音楽プロデューサー(要潤)に見出され、テレビの歌番組に出演します。


「悲しくてやりきれない」を歌いながら、若い頃、苦労をして娘(小林聡美)を育てたことを思い出し、涙をこぼします。観ていた隊長まで、ホロリとしてしまいました。


映画「ローマの休日」のオマージュにもなっていて、ラストシーンで、カツに思いを寄せる幼馴染(志賀廣太郎)が、同じく若返った姿(野村周平)になり、スクーターで二人で走り去る姿には笑ってしまいました。


野村周平くん、TVドラマ「フラジャイル」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3fbd93b712485dcce6b9f3975de90c37 での演技も良かったですね。


多部未華子さんも、良かったですが、倍賞美津子さんも味がありましたね。


その倍賞美津子さんと、アントニオ猪木さんの間に生まれた猪木寛子さん、1986年(昭和61年)にミュージカル『アニー』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fee2dd338f46363efa07bed1114caaa のアニー役で主演を務めています。


猪木寛子さんとアニーのダブルキャストを務めたのが、最近何かと話題の民進党政調会長 山尾志桜里(しおり)さんです。

 

 

 

 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~70 省略

Film71 2015/11/22 『TAXi3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e06b004c92e9c9bb25c715bfe220fc3

Film72 2015/11/28 『ナイト&デイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/31b9ebfe299bf5060272d3c29533da9e

Film73 2015/12/20 『YAMAKASI』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c345a94962c8b74e9346657ede8c84e0

Film74 2016/1/9 『居酒屋兆治』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bcfadb7f8c5a258f07508b90b1360216

Film75 2016/1/19 『フォレスト・ガンプ/一期一会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dd4e5e4237a5310e01f471be946395b

Film76 2016/2/5 『釣りバカ日誌』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c76ade66bb08856a227eb2e55f26bfe

Film77 2016/2/23 『駅 STATION』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bef4429e80cd96c7e95cf7c658fb1f9d

Film78 2016/3/1 『ANNIE/アニー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fee2dd338f46363efa07bed1114caaa

Film79 2016/3/11 『海峡』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a

Film80 2016/3/26 『サブウェイ123 激突』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/78f26f8331526a39f1a80820c138d91f

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 Film80 『サブウェイ123 激突』

2016年03月25日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第80回は、『サブウェイ123 激』をお送りします。


『サブウェイ123 激突』(原題:The Taking of Pelham 123)は、2009年のアメリカ映画。


ジョン・ゴーディが1973年に発表した小説『サブウェイ・パニック』(原題:同上)が原作で、1974年版、1998年版に続いて3回目の映画化です。


監督は、トニー・スコット(Tony Scott)。以前、彼が監督した『スパイ・ゲーム』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ec2e27df34b29f6eb8f99314f184f330 を紹介しています。


主演は、ジョン・トラボルタ(John Travolta)と、デンゼル・ワシントン(Denzel Washington)。


「隊長のブログ」では、トラボルタ出演の映画を、これまでに;

1977年公開の『サタディ・ナイト・フィーバー』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/193f5c0de46e6124938931674eae692b

2007年公開の『団塊ボーイズ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/938a13f6ebdcbed67e916687be04b6b2

2010年公開の『パリより愛をこめて』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/680e94bd8fb92cbb968c24f54a7ee3cc

の3本を紹介しています。


映画の舞台は、ニューヨーク(以降:NY)の地下鉄。午後1時23分に列車がハイジャックされてしまいました。


犯人は、ライダーと名乗る男(ジョン・トラボルタ)とその一味。彼らの要求は、現金で1,000万ドル。人質になったのは、車内に残された子供を含む19名。


身代金が要求されたのはNY市長、人質処刑までに残された時間は59分間しかありません。


さらに、交渉相手になったのは、たまたま運行担当だった、ただの地下鉄職員ガーバー(デンゼル・ワシントン)でした。


犯人が仕組んだ完璧なシナリオ通りに「事件」が動き始めますが。。。


一言で言うと、息もつかせぬサスペンス・アクション映画ですが、典型的なアメリカ映画でもありますね。


一般市民が、身代金の運搬役になり、その後 凶悪犯を単独で追い、最後は、拳銃で犯人を射殺してしまい、一躍ヒーローに祭り上げられます。


そして、エンディングは、身代金の運搬役に指名された時のシーンで伏線を張った通り、奥さんに約束した牛乳を買って帰るのですから。


ガーバーが、ヘリコプターでNY市街の上空を飛ぶシーンがありました。


『ANNIE/アニー』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fee2dd338f46363efa07bed1114caaa を観た時にも感じたのですが、NYはフィルム・コミッションが機能していて、映画の公開が街のPRにもなっていますね。

 

 

 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~65 省略

Film66 2015/10/7 『D.C.キャブ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dcd226eb8300b46951727a57ab079287

Film67 2015/10/13 『タイピスト!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b40c750bc8e2e11af86b34093b0b87f

Film68 2015/10/25 『世界の涯てに』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f8f9803a06beae348f288ed2150a903

Film69 2015/11/5 『卒業旅行日本から来ました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7a9f8544c23fd7b15d6c30bdd4d764c8

Film70 2015/11/12 『ブラック・レイン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dd126a6064678f456d33e472decf4403

Film71 2015/11/22 『TAXi3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e06b004c92e9c9bb25c715bfe220fc3

Film72 2015/11/28 『ナイト&デイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/31b9ebfe299bf5060272d3c29533da9e

Film73 2015/12/20 『YAMAKASI』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c345a94962c8b74e9346657ede8c84e0

Film74 2016/1/9 『居酒屋兆治』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bcfadb7f8c5a258f07508b90b1360216

Film75 2016/1/19 『フォレスト・ガンプ/一期一会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6dd4e5e4237a5310e01f471be946395b

Film76 2016/2/5 『釣りバカ日誌』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c76ade66bb08856a227eb2e55f26bfe

Film77 2016/2/23 『駅 STATION』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bef4429e80cd96c7e95cf7c658fb1f9d

Film78 2016/3/1 『ANNIE/アニー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fee2dd338f46363efa07bed1114caaa

Film79 2016/3/11 『海峡』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd127bee08f9bf32d1669968f8dbf03a

コメント
この記事をはてなブックマークに追加