隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

映画 Film150 『さらば、わが愛/覇王別姫』

2019年10月05日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画 を紹介するシリーズの第150回は、『さらば、わが愛/覇王別姫』をお送りします。


『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』(中国語原題:覇王別姫、英題:Farewell My Concubine)は、1993年公開(日本公開は1994年2月)の香港・中国の合作映画です。


「隊長のブログ」では、香港・中国合作映画を、これまでに、3作品紹介しています。詳細は、こちらをご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5058be5b44ff584aff12ffea7ef8a75d


原作は、李碧華(リー・ピクワー)の同名小説。


タイトルの「覇王別姫」とは、京劇の演目で、『史記』(前漢武帝の時代に、司馬遷によって書かれた歴史書)の項羽本紀や『西漢演義』(宋代か元代に書かれた史実を元にした物語)などにある項羽と虞美人の哀話を描いた作品です。


監督は、チェン・カイコー(陳 凱歌)。チェン・カイコー監督作品は、2018年公開『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df を、取り上げています。


主演は、香港出身のレスリー・チャン(張 國榮)、中国出身のチャン・フォンイー(張豊毅)、コン・リー(鞏 俐)。


コン・リーの出演映画は、2002年公開『きれいなおかあさん』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4acc0c227ec587754fc08ddfc798d664


2005年『SAYURI(Memoirs of a Geisha)』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbe14400f5871f9f08594b6ec5471725


2011年『シャンハイ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/79be3e3fb36dc07043f812b95fd1d814 の三本を、紹介しています。


あらすじ:物語の舞台は、戦前の北京。幼いころからの京劇役者養成所で厳しい訓練を受けながらも、兄弟のように共にかばいあい慕いあって成長した段小楼〈ドァン・シャオロウ〉(チャン・フォンイー)と程蝶衣〈チェン・ディエイー〉(レスリー・チャン)の二人でした。やがて逞しい青年に成長したシャオロウは立役者、華奢な美少年のティエイーは女形として、京劇『覇王別姫』の名役者として人気を得るようになります。


しかし、時代は日本による統治、第2次世界大戦、共産党政権樹立、文化大革命と、かつてない動乱を迎え、いやおうなく二人もその趨勢に翻弄されてゆきます。どんな苦境にあっても、ディエイーはシャオロウへの想いを抱き続けますが、シャオロウは高級娼婦の菊仙〈ジューシェン〉(コン・リー)と結婚してしまいます。


感想:香港・中国合作映画なのですが、公開時は中国本土より香港のマーケットを意識したのでしょう。オープニングタイトルバックが、中国本土で使用されている簡体字ではなく、香港・台湾で使用されている繁体字表記になっています。


オープニングの1924年当時の北京の街角のシーンが、パートカラーで映し出され、冒頭からノスタルジックな雰囲気に観客を誘います。


京劇俳優養成所に連れて来られたディエイーが、多指症故に入門を断られると、実母が、指を切り落としてしまったり、養成所での修行と言う名の児童虐待など、何度も目を背けたくなるシーンが続きます。


そんな過酷な試練を経て、スターとなった二人。頂点に昇りつめたものの、時代という試練に何度も翻弄されます。そして、再会し『覇王別姫』を演じる二人の想いには、涙が止まりませんでした。


女形を演じたレスリー・チャン、姿だけでなく、立ち振る舞いまで、妖艶で美しかった。劇中のディエイーと同じ様に、46歳の若さで自らの命を絶ったレスリー・チャン、ファンの嘆き悲みの度合いを推し量ることが出来ます。


映画の中に何度か登場する串に刺したサンザシに飴がけをした“冰糖葫芦”。甘いものが乏しいこの時代、子供はまさに絶品の味に感じたのでしょうね。


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~135  省略

Film136 2018/12/20『Taxi4』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b4c34d387c141f0ff9df7df1449f7ec6

Film137 2019/1/15 『伊豆の踊子(昭和38年)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4e78c8e001d543cebaee9d704fa50f67

Film138 2019/2/14 『遙かなる山の呼び声』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/35951db56d912eb61271dbfea08ca44c

Film139 2019/2/28 『明日に向って撃て!』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8ac3e850f5ead3d1d77044082040ec13

Film140 2019/3/6  『グリーンブック』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/41fa9f5b3cda1fe4efd7db96be00b173

Film141 2019/4/17 『芳華-Youth-』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba7c3d70185efca9a6a2548e2349c814

Film142 2019/5/5  『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3d7b8668b52cea8fc68dc2ef910322e3

Film143 2019/5/19 『コラテラル』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d5f083dad2dfff12ddda9a2c1ef46b2e

番外編  2019/5/31 『訃報:降旗康男監督』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/788dfef3a9feda5273c9cb83a1b2c0a0

Film144 2019/6/11 『The Crossing -ザ・クロッシング- PartI』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/849e6b791556b4146f769632abbc9c5a

Film145 2019/6/19 『スティング』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f4577d7ea995b940026fa793953ecea

Film146 2019/6/25 『The Crossing -ザ・クロッシング- Part II』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f2e6de828b75a52aec7f61f0a3b670f7

Film147 2019/8/31 『ロケットマン』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/181e562234e904a24b783105a5a56387

Film148 2019/9/12 『SHADOW/影武者』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e2e616b5d1912cd493c64d1cfe9cfbd

Film149 2019/9/29 『無宿(やどなし)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/588d633d181aa89ced0e7e5a5baf9484  

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 演劇 50幕 『劇団匂組 「花... | トップ | 「演劇」バックナンバー 一覧 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事