気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

デジブック 『新病院の内覧会』

2013-03-31 08:28:41 | ふるさと紹介

掛川と袋井の両市民病院が統合され、新病院が小笠山のふもとに5月1日に開院します。このほど新病院「中東遠総合医療センター」の内覧会が行われました。

このブログで今月24日にその一部をご紹介しましたが、今日はデジブックのスライドショーに編集し多数画像でご紹介いたしますので是非ご覧ください。

この下に画像が現れましたら画像中央の「フルウインドウで見る」の文字をクリックしてください。暫くするとBGM付のスライドショーがスタートします。

 

コメント

エコパシリーズ④花の郷

2013-03-30 17:00:43 | ふるさと紹介

 エコパ(小笠山総合運動公園)には運動施設だけでなく花や野鳥を楽しむ所があります。前々回の枝垂れ花梅に続き、櫻シーズンの花の郷に各種の桜が美しい姿を見せています。

 場所は花梅の時よりさらに東へ掛川寄りの公園内道路寄りです。花の郷と区分された場所にはほとんどが桜ですが、やはり皆さんからの寄贈の樹と見え、銘板も付いていました。ここの桜は、ちょっと変わっていて、種類が多いことです。白やピンクでも薄い色から濃い色まで、あるいはすでに咲き終わったものなど何種類もあり、説明が書いてありましたがあまりにも種類が多く控えができませんでした。   木の高さもまちまちで、高さ3mぐらいのものもあれは人間の背の高さ程度のものまで、整然として植えられていますから、花の郷内を銘板を見ながら散歩するのも味があります。

小画像はちょっと高い位置から見た花の郷。左上のほうには人工芝ピッチの広場で運動する人たちが見えます。下画像は花の郷の看板(照度調整に失敗)と整然と植えられた風景。

  

次は、ひときわ際立った白い櫻と銘板等の設置がわかる花の風景と、まだ伸びきらない枝垂れ桜です。

  

コメント

旬のタケノコ

2013-03-29 14:20:20 | 日記

 旬のタケノコをいただきました。今年の初物です。まだ土の中に潜っていたようで、泥付きの薄い茶色をしています。(上の小画像です)

 さっそく皮をむき米ぬかでゆでること数十分。(下画像二つ)

  

 ゆでた後はまず1本をタケノコの刺身でいただきました(左画像)。醤油とワサビで。そのあとは煮物にしていただきました右画像)。

 近年、この地区でもイノシシが、地中にあるタケノコをむさぼり、収穫が出来なかったり少なかったりということを聞きますので、貴重なタケノコを美味しくいただきました。

   

        タケノコの刺身                  タケノコの煮物。

コメント

遊家・家代区の枝垂れ花桃

2013-03-28 21:46:12 | 風景写真

掛川市の北西部の遊家・家代区では、毎年個人の方が家代川沿いの敷地に枝垂れ花桃の苗を植えその景観を楽しませてくれています。

今年も花が咲くその時期がきましたので訪れてみました。今年は櫻の花が例年になく早咲きで枝垂れ花桃も同時期に咲く状態になっています。(本来は花桃の方が早いのですが)

また、枝垂れ花桃はこの地区に限らず、昨年の台風の塩害で、周辺の花桃は枯れたり一部の幹に花芽がつかなかったりで昨年のほどの華やかさはなく、また枯れた木の伐採が目につきます。

櫻よりも早く咲いた遊家・家代区地区の枝垂れ花桃の咲いた風景をご紹介します。

   

                  咲きそろい始めた枝垂れ花桃の咲く風景。

コメント

五明地区のつるし雛展示会

2013-03-27 17:41:56 | ふるさと紹介

JR掛川駅から真北へ5~6kmのところにお茶の産地五明地区があります。ここで今、旧暦のひな祭りに合わせ、第6回の「つるし雛展示会」が開始されています。

つるし飾りには地元の主婦など25人が35点の作品を展示しています。人の背よりも高い位置から足もとにまで届く大きな作品も登場し、吊るされたつるし雛も動物や植物などがきめ細かにつくられています。つるし飾り以外の作品にも20人が25点の組み紐などを出品されていますから会場内は華やかです。 

       

   

この展示会は3月31日の日曜日まで毎日午前9時から午後5時まで開催されていますのでお出かけになってみてはいかがでしょうか。小生おすすめのイベントです。

上の小画像に会場の地図を添付しましたから参考にしてください。会場では地元五明茶の即売やつめ放題、地元野菜も販売されています。駐車場完備で入場無料ですから、是非皆さんお誘い合って出かけてみてください。

お問い合わせは五明茶業組合へ。電話0537-28-0552です。

 

コメント

秋葉山常夜燈⑮上内田地区の三常夜燈

2013-03-26 20:21:44 | 掛川の神社仏閣と文化財

掛川市にあるリゾート施設「「つま恋」のすぐ南に位置する上内田地区には三つの「龍燈型」の秋葉山常夜燈があります。改築されてからまだ新しさを持つものから老朽化の進むものまでありますが今日はこの三カ所を見てまわります。

最初は、五百歳済奥組集会所前に立つ「龍燈:切妻型」の常夜燈です。しっかりしたつくりで道路わきの小高くなったところに設置され威厳が見られます。

    

         五百済奥組集会所に建つ「龍燈:切妻型」の常夜燈。

次は、上内田天神社前に立つ常夜燈ですが、こちらは破損状態が進んでいました。

  

        形は「龍燈:切妻型」ですがトタンぶきでかなり荒れていました。

三つ目は、同地区の庚申堂集会所前に立つ秋葉山常夜燈です。こちらも「龍燈:切妻型」で脇に小さな地蔵が祀られていました。

   

                           庚申堂集会所に建つ常夜燈。

コメント

エコパシリーズ③スタジアムスタンド風景

2013-03-25 17:38:33 | ふるさと紹介

 エコパシリーズ3回目のきょうは、「エコパスタジアムの内部:スタンド風景とECOPA文字」をご案内します。

 「エコパ」は小笠山総合運動公園の愛称ですが、その中の陸上競技場は「エコパスタジアム」の名称がつけられています。このスタジアムでは各種イベントや競技会が実施されますが、行事のない日には北側スタンドのみ無料で見学のための一般開放がされています。

 正面から見ると左は「北サイドスタンド」と呼ばれ、上の小画像はそこから反対側の南サイドスタンドを見た風景です。(本日のタイトルをクリックすると拡大します)座席を覆う巨大な屋根が丸くかぶさって雄大に見えます。そして下画像の左右が同じ位置からの左側(バックスタンド側)の風景と、右側(メインスタンド側)の風景です。

  

           バックスタンド側風景。        メインスタンド側風景。

 エコパススタジアムのスタンドは2層式になっていて、1層は小笠山の山並みをウエーブでイメージしています。2層には中央にオレンジ色のいすで「ECOPA]の文字が浮かぶようになっています。(下画像左と右が一部を拡大しました)

    

 1層は山並みののウエーブ。2層はECOPA文字。      イス文字の一部をを拡大。

メモ: 「エコパスタジアム」は2001年3月26日に竣工しました。83,278.69㎡の土地に、地下1階地上6階建ての建造物として1周400m9コースがあり、収容人員は固定席45,653席、可動席5,236席(身障者296席を含む)の合計50,889人収容できる県下最大の競技場です。

コメント

新病院内覧会《中東遠総合医療センター》

2013-03-24 11:18:07 | ふるさと紹介

 掛川市袋井市の統合新病院中東遠総合医療センター」が完成し、昨日(24日まで)両市民を対象とした内覧会が開催され、早速出かけてみました。市民の関心は高く、駐車場は訪問者で満車状態でした。

 この日は病院の受付から検査・治療や手術等の行われる1~3Fの病院の中核施設と、8Fの病室が解放され順路に沿って多くの皆さんが新病院をくまなく見て回りました。流れに沿って移動しましたが所要時間は約1時間。かなりの施設を見ることができました。

 病院の簡単な構成は、1Fが受付と外来、救急、放射線部門など。2Fには人間ドック、血液浄化センター売店やレストランなど。3Fには救急病棟や手術室(12室)、CTや血管造影室などの大型検査機器室、リハビリなどが配置されていました。

 4F~8Fまでは西病棟と東病棟が続き内覧会用に開放された病室(4人部屋や特別個室)を見て回り、8Fの面会室からは展望もよく、掛川市内や袋井市内が見渡すことができ参加者はその風景にも見入っていました。

 以下、5画像でご紹介します。上の小画像は病院の外観(拡大します)。下画像左は8Fからの展望で、内覧会に訪れた見学者の車のかず数と粟が岳方面の掛川市内。右画像は、4人用の病室見学者。

   

 下画像左は検査機器を見学する人々。右は血液浄化機器設置の風景です。

   

 内覧会見学者はじゅずつなきで順路を回っており、この人でなら2日間で数万人が訪れたのではないかと思いました。それだけに新病院に対する期待と関心が高いのではないでしょうか。新病院は5月1日開院です。

 

コメント

魚はいましたか”アオサギ”くん

2013-03-23 10:05:10 | ふるさと紹介

                              

 太田川の支流、家代川沿いの遊歩道を散歩していた3月中旬、川べりに1匹の大きめの鳥を見つけました。いつものシラサギよりも黒っぽく見え、帰宅後図鑑でしたところ「アオサギ」とわかりました。

 川辺の河津ザクラの咲き具合用にもっていたデジカメで早速撮影。警戒心も強くなく5m位の距離で撮影しましたが、このカメラは倍率が低く顔の表情などアップ画像が取れず偶然の機会を惜しみました。

 それでも、かれこれ10分くらい、20~30m移動した場所を追いかけても、小魚を見つけるのに懸命?で、10数枚撮影をしましたのでスライドショーでご紹介します。(下画像中央のスタート三角マークをクリックしてください。さらに、画像右下のマークをクリックすると全画面で見られます。表示秒数も1~10秒が選択できます。)

      

コメント

桜の前にモクレンの花

2013-03-22 08:47:11 | 風景写真

3月に入ってから桜の花も例年よりも早く咲きそうとの情報ですが、桜の前にモクレンの花が咲いています。

ムラサキ色のモクレンや白色のモクレンが各地の庭先で見られます。モクレンの花は木も大きく3~5mにもなり、花も大きいので遠くからも目立ちます。今日はご近所で見られた白モクレンをご紹介します。

上の小画像は、白モクレンを太陽に向かって逆光で撮影しました。横枝が強調され大きな花が浮かんでいるように見えました。

下画像左は花のアップ写真で、右は3m位あるモクレンの木の上部を青空に向かって撮影してみました。

   

        モクレンの花。                     花木の上部のモクレン。

モクレンの花に似た花木のこぶしがありますが、こぶしは花びらが開き中の花弁が小さいのでモクレンよりはなびらのかずが少なく(6枚)見えます。ご近所にありましたら比べてみてください。

コメント