気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

桜と掛川城公園

2009-03-31 17:37:35 | ふるさと紹介
 春の話題が続きます。ここ数日冷え込んだため、桜の開花が遅れています。桜の名所掛川城の今日の様子です。まだ枝の先まで開花していませんでしたが、今週末ぐらいには満開になるでしょう。観光客もちらほら。ケイタイで写真を撮っている人も何人か見かけました。
掛川城公園の今日の風景です。

       
           桜と掛川城                  掛川城公園の池
コメント

春の花・スイセンと?

2009-03-30 18:20:29 | 家庭菜園と園芸
 春の話題が続きます。ご近所で見かけた春の花です。大きな黄色のスイセンが、10m近くにわたって風にたなびいていました。その近くでミニスイセンもかたまって咲いており、近くのタンポポと合わせ、黄色のジュウタンみたいでした。
 その横で咲いていたあまり見かけない、背丈の低い赤い花〈小画像)。名前がわかりません。だれか教えてー!葉も写してくればよかったのですが。
 
    
      長く続くスイセン。                 ミニスイセン。
コメント

浜名湖立体花博「浜松モザイカルチャー世界博」③

2009-03-29 20:39:04 | ふるさと紹介
 今年9月19日から11月23日まで浜松市の「はままつフラワーパーク」で開催される浜松モザイカルチャー世界博2009は、世界で第4回目の開催で日本初。
 第1期の割引入場券の発売が、3月31日までお急ぎください。
この世界博は、途中から副称を「浜名湖立体花博」と呼ぶようになっています。
 過去に開催の平面ガーデンと違い、立体的に像景されたところに花を植え込み、花類が立体的に楽しめるとのことで私も楽しみにしています。
 皆さん!割安の入場券を求め、立体花博を楽しみましょう。
 画像は、浜松市北区役所前の像景と浜名湖花博で見られた像景。そして柄、小画像が、開催場所のはままつフラワーパークです。

  
  北区の像景「姫様道中の姫」              浜名湖花博での像景
コメント

タンポポ競演

2009-03-28 10:34:38 | 家庭菜園と園芸
 春の話題が続きます。ご近所で春を告げる花のひとつ、タンポポが咲き誇っています。中でも珍しい白いタンポポは、数が少なく貴重です。
 白いタンポポは、突然変異なのかあまり見かけません。黄色の花と競演している姿をデジカメに納めました。

       
                  白いタンポポ   
コメント

花桃が見られる風景

2009-03-27 17:01:33 | 風景写真
 春の話題が続きます。赤・白・ピンク花桃が群生して見られます。
 場所は掛川市北部の家代川沿いです。花桃が百本近く群生し、近くに行けば菜の花も咲き、赤白黄色と色鮮やかで春が来たなーと感激します。
 花桃の三景をお楽しみください。

  
 
コメント

しだれ桜の見所紹介

2009-03-26 16:41:44 | 風景写真
 桜の便りも今年は早いですね。そこで地元で見られるしだれ桜のご紹介です。 画像は今日の撮影です。咲きかげんは7~8部咲きでしょうか、まだ枝の先までは、咲いていませんでした。週末ぐらいが見頃かも。
 木の高さは6~7mで、1本の木が傘を広げたようにきれいな形で咲いています。2方向からのご紹介です。是非足を運んでみてください。
 
      

 ※ 場所のご案内。
   掛川市吉岡1743-2 サカタのタネ掛川総合研究センターの正面入口です。道路沿いにありますから、予約は要りません。交通安全に気をつけて!〈近くでは、スピードの取り締まりもやっていたようです)しばらく春の話題が続きます。
コメント

3月のふるさと切手2件

2009-03-25 16:45:36 | 郵趣と切手
 チョッと遅くなりましたが、3月2日にJP〈日本郵便)からふるさと切手が2件発行されていますのでご案内します。 
 その1件は下画像の「心の風景第4集」です。宮城や島根など10都府県から題材が選ばれ、初めて静岡県からも。〈沼津市の[一服」です)そのうちのシートのイラストと同じデザインの切手とシートです。
 もう1件は、「旅の風景第5集・奈良」です。拡大してご覧下さい。

      心の風景4集・春の風景
コメント

スイス・チューリッヒの風景

2009-03-24 20:20:57 | 外国の風景
 永世中立国で名高いスイスは、きれいな山並みの風景と、精密機械工業などで印象に残っています。 
 そこでスイスの風景の一部をしばらく続けてみたいと思います。スイスの首都は人口12万人のベルンですが、最大の都市はチューリッヒです。何か生命保険にもこの名前がありましたね。
 さて、この町はチューリッヒ湖という小さな湖畔にありきれいな町並みです。湖と共に町ができていますので、湖がきれいに管理されていました。

  
 湖に係留されるボートにはカバーがかけられ、街中には市電が走っています。丘の上のホテルから湖沿いの市内が一望できます〈小画像)。
 
 スイスの山もきれいで、日本なら富士山。スイスならマッターホルンと言われるこの山も数回にわたり全容をご案内します〈後日)。
コメント

21年の年賀状⑨パソコン画

2009-03-23 22:35:11 | 版画と年賀状
 今年の年賀状はパソコンで作成・印刷されたものを沢山いただきました。
 パソコンが一般的に普及したことや、ご自身でイラストや文字、自作の写真や絵画などを簡単に取り組むことができるようになったからと思います。その年の思い出や旅行、家族〈孫)などの賀状も沢山いただきました。
 そんな中でパソコン画のご案内ですが、ソフトを使ったり、マウスなどで既製のイラスト以外で作成された〈と思われる)パソコン画作品をご案内しています。
 下画像は、清水さんの、芸術的な馬のパソコン画です。作成方法が気になるところです。小画像は、美和さんのだるまでしょうか、家族の顔などが、組み込まれています。

            

         
コメント

天竜川に架かる橋⑭鹿島橋

2009-03-22 20:36:03 | 風景写真
 天竜川河口から14番目の橋は、浜松市天竜区に架かる鹿島橋です。
 河口から真っすぐに延びてきた天竜川も下流部はここで終り、この橋から上の中流部は、いくつもの曲がりを得ながら、秋葉ダム佐久間ダムをさかのぼり上流の諏訪湖まで続きます。
 鹿島橋は、数年前に少し下流の飛龍大橋(20.10.13ご紹介)が開通するまでは、朝夕の渋滞が慢性化した橋でしたが、それ以来緩和されたようです。長さは短いですが、昔ながらの特有のアーチ橋です。すぐ横を、天浜線の鉄橋(前回20.11.20御紹介)が連ねています。小画像は下流側から見た鹿島橋の全景です。

  
       東側中央から見た鹿島橋。              上流から見たアーチ橋。

※ 天竜川に架かる橋を下流から順に御紹介してまいりましたが、画像に収めたのはここまでですので、今回でこのコーナーをお休みさせていただきます。ご来訪頂きありがとうございました。新しい画像が撮れた場合は、随時御紹介させていただきます。
コメント