気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

佐鳴湖夕景②

2008-02-29 16:18:17 | ふるさと紹介
 2/16報に続き浜松市内にあるサナルコの夕景(その2)です。西岸から夕陽のあたる東岸を望んでいます。西岸の遊歩道には、葉の全部落ちたうちわの骨のような巨木が何本もありますが、木の名前はわかりません。
 東岸のマンションが夕陽で金色に輝いていました。佐鳴湖は周囲5.5kmの小さな湖です。

       
コメント

紅梅・白梅の果樹公園

2008-02-28 18:21:45 | 風景写真
 今、どこも梅の花が良いですね。こちらも白梅が満開です。掛川の森林果樹公園です。ここでは花よりも梅の実がよくつくように手入れされています。しかも枝ぶりもよく市民が訪れていました。
 紅梅の方は小画像のように花芽がいっぱいで、間もなく咲き始めると予想されます。ここ1~2週間ほどが良いようですね。

       枝ぶりの良い白梅

   
コメント

20年年賀状⑦毛筆賀状

2008-02-27 22:00:57 | 版画と年賀状
 多くの方から年賀状をいただきましたが、毛筆年賀状は少なくなっています。
やはりパソコンが普及したせいでしょうか。手書き毛筆の賀状も大変温かみがあり、毎年保存しています。
 下画像は、千葉の成清さんからの賀状です。静岡在住経験があり富士山も添えられています。小画像は、毛利さんの毛筆画像。やはり干支文字がそえられており新しい年の感じが出ております。

     
コメント (1)

20年のカレンダーの挿絵(⑥完)

2008-02-26 18:18:42 | 版画と年賀状
 今年のカレンダーの挿絵を浜松木版画会の皆さんの作成したものをご紹介してきましたが今回で完結です。
 11月は、高岸さんの晩秋で、冬に備えて、リスがおいしそうなクリを腹いっぱいに食べている雰囲気が良いですね。小画像の方は12月・杉本さんの寒牡丹です。こちらも寒さに耐え、花を大きく広げて咲き誇り、新年に向かって羽ばたいているようです。
 浜松木版画会の皆さん。楽しい力作画をありがとうございました。また次の作品ができましたら楽しませてください。  

           高岸さんの晩秋
コメント

紅梅白梅:横須賀城址公園の梅花

2008-02-25 18:17:46 | ふるさと紹介
 戦国時代末期、徳川家康が高天神城攻略の拠点として、家臣の大須賀康高に命じて築かせた城のあった場所が、掛川市南部の横須賀城址公園です。ここに小さな梅園が併設されていて、見学をしてきました。
 各地で、の花が話題になっていましたが、ここは白梅は満開でしたが、紅梅は花の盛りが過ぎておりました。休日で家族で訪れる人も多く見かけました。画像は梅園の様子です。(小画像は、盛りを過ぎた紅梅)

     
                          満開の白梅と梅園の風景
コメント

遠州の名刹・龍潭寺(④完)

2008-02-23 21:21:18 | ふるさと紹介
 今から1300年前、天平5年(733)に行基菩薩により開山された古刹が龍潭寺(りょうたんじ)です。場所は浜松市北区。過去3回にわたって、小堀遠州作の庭園や、左甚五郎作の彫刻「」のご紹介をしてきましたが、今回で完です。
 画像下が、延宝4年建立で、県指定の文化財になっている鴬張りの床がある本堂内部。小画像が、遠州一の大仏釈迦如来像で、明治に廃仏棄釈の難で大仏殿が壊され、本堂に安置されている「丈六の大仏」です。
 浜名湖観光や龍ヶ岩洞を訪ねたとき立ち寄る価値のあるお寺と思います。


  龍潭寺本堂
コメント

企業訪問「ヤマハ掛川工場」

2008-02-22 19:35:30 | ふるさと紹介
 1/20に続き掛川市民大学の屋外講座「掛川の産業を学ぶ」で、「ヤマハ掛川工場」を訪問しました。
 ヤマハでは工場長自ら、これからの掛川工場の意気込みを説明してくれました。
 私は以前、浜松市在住で、子供のころ朝8時になると市内にミュージックサイレン(どんなものかご存知ですか)が流れ、いやが応でも楽器の街を意識付けられました。
 掛川工場は今、アップライトピアノの生産が主流で、間もなくグランドピアノの生産が浜松からここに移ってきて、楽器の都が掛川になりつつあります。
 今、世界ではピアノの生産量は中国が世界一ということですが、技術面では日本(ヤマハ)に追いつけないようです。ピアノ生産過程は撮影禁止でしたが、メンバーはその目でじっくり見てきました。小画像は、誇れるグランドピアノの展示風景。

   
    ガイダンスを聞くメンバー             音響設備完備のコンサートホールの視察
コメント

柑橘系3種の輪切り

2008-02-21 19:56:31 | 家庭菜園と園芸
 先日浜名湖の北にある伯父のミカン山へお手伝いに行ってきました。付近は、一面ミカンをはじめとする柑橘系がたわわに実っていました。そこの山でも、まだ取りおせなかったミカンや、これからの、ネーブル、伊予柑、八朔などが実って、山を黄色に染めていました。
 収穫は、自動車のトランクにいっぱいでしたが、そこで採ってきた前記の3種を輪切りにして見ました。上の小画像が真ん中で輪切りにしたので、あまり見分けはつきませんでした。上の左が、ネーブル。底を切ると特徴があるのですが、実は詰まっております。中がハッサクでやや粒が大きく見えます。右がイヨカンで甘くねっとり感があります。
 下画像は、左がネーブルのなっている風景。右はイヨカンです。

  
           ネーブル                          イヨカン
コメント

日本一の掛川茶を味わう大チャンス(お茶⑤)

2008-02-20 20:12:46 | 至福の一服《お茶》
 お茶の産地は全国にありますが、産地一帯が おいしいとお墨付きを受けました。下のラベルのように昨年に第61回品評会では3年連続で「産地賞」を受賞しています(おいしい深蒸し茶の部です)。地域全体がおいしいお茶の産地として認められた訳です。  
 そこでこのブログをご覧の皆さんに、朗報です。この掛川の高級茶を一度に6種類も、しかもこんな価格でいいんですかと思われるような(込みこみ880円です)価格で味わえるチャンスです。しかも期間限定で1戸1回限りという限定品です。このような情報はなかなか入手できません。私のお勧めです。下記のアドレスにアクセスして是非味わって見てください。申し込まれた方は是非コメントもお願いします。
 小画像にご案内があります。本日のタイトルをクリックして拡大してください。
お申し込みのアドレスは、「http://www.cha-tsuhan.co.jp/c/g07](静岡茶通信直販センター)です。べにふうきのご案内もありますよ!

  
       産地賞受賞ラベル                  深蒸し茶できれいな緑色が

※ 上記URLの一文字づつの入力が面倒な方は、URLにカーソルを合わせwww~を選択して右クリックでコピーして、上のアドレス欄に右クリックで貼り付け(不用の文字は消去)ればつながります。
コメント

20年の年賀状のご紹介⑥版画

2008-02-18 19:54:06 | 版画と年賀状
 今年も楽しい手作りの年賀状をたくさんいただきました。今日のご紹介は版画です。
 下画像は、花(芙蓉でしょうか。違ったらごめんなさい)が浮き出てきそうな初春にふさわしい竹山さんからの楽しい賀状です。
 小画像は、栃木県の小林さんからの白馬大雪渓。昨年登ったとのコメントがありました。さぞかし高山植物もきれいだったことでしょうね。

     
コメント