気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

孔版年賀状(20)昭和47年

2006-06-30 22:07:58 | 版画と年賀状
昭和47年は、ダルマさんです。いまだに片目です。どなたか両目にしてください。
平面が多いので、背面の青は2度刷りです。
刷色は、青、青、赤、黒、橙、金の6色です。

※ 7月よりトップデザインを変更します。ご期待下さい。
コメント

ツバメの親子

2006-06-29 23:02:43 | 日記
このところ、我が家の電話線にもツバメの親子が毎日訪れています。
数ヶ月前、玄関を開放していたとき、巣作り候補地のためか、2~3回家の中まで親鳥が入ってきましたが、丁寧にお断りしました。
どこか近くでよいところがあったのでしょう。親子5羽そろって旋回しています。
コメント

ゆり園へ行ってきました。

2006-06-28 22:23:11 | ふるさと紹介
遠州三山のひとつに曹洞宗の可睡斎があります。ここに隣接するのが可睡ゆりの園で、3万坪に150種が咲き乱れるといわれています。
今年の最盛期は過ぎましたが、写真撮りに行ってきましたのでご案内いたします。
可睡斎のご紹介は後日!

  ゆりの畑に吸い込まれそう!
コメント

夏のグリーティング切手

2006-06-27 21:54:58 | 郵趣と切手
郵政公社が、夏のグリーティング切手を発行します。
花や鳥、魚などメルヘン調の切手です。(50円と80円各5種・6月30日発行)
懸賞やラブレターにいかが。インパクトを付けましょう。なにかいいことあるかもね・・・。

 50円・海と花

  80円・極楽鳥花 

(※ 郵趣部会員には次回にお届けします)
コメント

浜名湖花博(23)花みどり未来館①洋ラン

2006-06-26 20:51:09 | 想い出の浜名湖花博
浜名湖花博のテーマ館のひとつに「花みどり未来館」がありました。ここでは、花みどり産業の先端を紹介しておりました。
この中の一角に洋ランのディスプレイコーナーがありましたのでご案内いたします。
2画像ともその中の一部です。聞くところによると、時期的に、長期間ディスプレイすることに苦労されたとか。
それはさておききれいですよ
コメント

外国切手(イギリスの巻)

2006-06-26 08:27:51 | 郵趣と切手
外国切手第3弾はイギリス(英国)です。
英国は昨夜のW杯サッカーでは、ベッカムのシュートでベストエイトに進みましたネ!
イギリスは世界で最初に切手を発行(ペニーブラック)した国です。
切手デザインには、ユニークさと気品があり、記念切手の1回の発行は4~6種のセットで構成され、今の日本の切手と違い、格調高いものとなっています。
各国の切手には、国名が印刷されていますが、英国切手だけには、国名がありません。
世界最初の切手発行国として、国名の代わりにどの切手にもエリザベス女王の肖像が印刷されていますので、よくご覧下さい。
小さい画像は、普通切手。(画像クリックで拡大します。)

下は、英国の記念切手。亡くなったダイアナ妃も見られます。
  イギリスの記念切手。
コメント

浜名湖花博(22)ほほえみの庭「花の富士山」

2006-06-24 21:25:36 | 想い出の浜名湖花博
花博の正面ゲートをくぐるとその先に扇形の大きな庭がありました。
これが花博を代表するひとつの「ほほえみの庭」でした。
ここに見られた、高さ5mの花の富士山とその周りの魅惑の空間をご案内します。
右画像は、8月の花で彩られた「富士山」。

下は西陽を受ける10月の富士山です。
 10月の花富士
コメント

外国切手(国連の巻)

2006-06-23 20:25:21 | 郵趣と切手
既報のように収集の外国3カ国をご案内します。
その2回目は、国際連合(国連)切手です。
国連はやはり世界的な内容が多く、自然を守る題材も多く登場しデザインも凝っています。
国連本部やジュネーブ事務局、ウィーン事務局用などが発行されています。

 国連の記念切手

※ ワールドカップサッカー、予選で敗退残念でしたね。  トップデザインもスタジアムにして応援していましたが。・・・7月1日から、変更します。お楽しみに。
コメント

孔版年賀状(19)昭46・スイセン

2006-06-22 15:35:29 | 版画と年賀状
昭和46年は、切り絵調のスイセンを題材としています。(版は孔版です)
刷色は、絵が黄、赤茶、緑及びグレーで、絵の部分にツヤ出しのビクトリアをかけています。
文字は年号が青、謹賀新年が、金粉をのせています。
コメント

ニシキゴイがいっぱい

2006-06-21 08:22:52 | 日記
見事な錦ゴイを見せていただきました。
勤務先のS専務さんが昔から、趣味で飼育しているとのこと。
少し山の中で、地下水を汲み上げているそうです。
60センチ級はもとより、1メートルクラスも見られました。
皆さんも一緒にご覧下さい。(画像クリックで拡大されます)

コメント (2)