気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

浜名湖立体花博(26)最終回

2010-11-11 14:41:05 | 浜名湖立体花博
 過去25回にわたってご紹介してきました、1年前にはままつフラワーパークで開催されたモザイカルチャー世界博は今回が最終回です。 残っていた画像を一挙掲載します。

 まず、小画像は、秋篠宮名誉総裁の記念植樹です。(本日のタイトルをクリックして拡大してください)
 続いて今日ご紹介の7画像です。画像下の説明を参考にしてください。

    
  愛知県(モリゾーとキッコロ)、     高崎市(タカボン)、      奈良県(なーらちゃん)

  
  ジュネーブ・スイス(時計の町)、         ナント・フランス(ジュール・ベルヌの象)

  
  鹿児島緑化フェア委員会(篤姫の愛した鹿児島)、    飯田市(信州の未来)


 (御礼)以上で、長期シリーズの「浜名湖立体花博」で見られた、花と緑の立体作品の現地撮影画像は終了します。長期間、このシリーズにお立ち寄りくださりありがとうございました。
 このシリーズ以外に、今年8月から始めたスライドショーの「デジブック」(今のところ毎週日曜日に投稿しています)もありますので、引き続き小生のブログ「気ままな趣味の散歩道」のご支援をよろしくお願いします。   Ann。
コメント

立体花博(25)各団体の作品

2010-09-17 15:35:55 | 浜名湖立体花博
 浜松フラワーパークを会場に、昨年9/19~11/23まで開催された浜名湖立体花博もあれから1年。
 多くの作品をご紹介してまいりましたが、残っている画像は、今日を含めて2~3回分です。
 今日のご紹介は各種団体の5点です。
 まず小画像(クリックすると拡大します)は、沖縄美ら海水族館出展のカクレクマノミとイソギンチャクです。
 続いて下画像は順に浜松シニアボランティア団体のアカウミガメです。次が、中日本モザイカルチャー倶楽部の雲竜です。
 そして下段は、モザイ協会のモザイとガールスカウト県支部の世界にはばたけガールスカウトです。どれも元気な作品ですね。

   
         アカウミガメ                       雲 竜

   
      モザイ                 ガールスカウト          

  
コメント

浜名湖立体花博(24)外国からの5都市

2010-09-04 19:27:24 | 浜名湖立体花博
 昨年開かれた浜名湖立体花博のご紹介もあとわずか。
 今回は外国からの出展5か国(都市)です。
 画像左から、台北市からの「花の妖精」です。次が、イエメン共和国の「太陽神殿」です。
 その下に移り、ペルー共和国の「ナスカ:世界の七不思議」、右がブラジルマナウス市の「日本人アマゾン移住80年」です。
どこの国(都市)もその特徴を表現しているようです。小画像は、スペイン:バルセロナのガウディのトカゲです。

    
            台北市(台湾)               イエメン共和国
    
          ペルー共和国                  マナウス市(ブラジル)  
   
コメント

浜名湖立体花博(23)神奈川3市と福岡2市

2010-08-10 14:51:47 | 浜名湖立体花博
 昨年浜松フラワーパーク開かれた浜名湖立体花博のモザイカルチャー作品。
 未紹介作品のうち、神奈川県から3市、福岡県から2市の作品をご紹介します。
 下画像左から相模原市の「舞い上がれ 相模の大凧」で、右は藤沢市の「湘南の海に輝く江の島」です。
 その下左が、福岡市の「博多祇園山笠」、右が、北九州市の「点と線・松本清張 生誕100年」の作品です。
 小画像は横浜市の「未来へ向けて出航・たねまる」です。
 いずれの作品も郷土を代表する話題が作品の中に取り入れられ、親しみの作品となっておりました。

     
        相模原市                       藤沢市
     
        福岡市                        北九州市        
コメント

立体花博(22):花時計と

2010-07-20 18:11:41 | 浜名湖立体花博
 昨年開かれた浜名湖立体花博のモザイカルチャー作品をご紹介してきましたが、ちょっとサボったせいか、まだ未紹介がたくさんありました。なるべく早めに画像のある作品をご紹介します。
 今日のご紹介は、小画像が、会場正面に作られたモザイ作品の花時計です。(タイトルをクリックすると拡大します)
 下画像左が浜松公園緑地協会の作品、右が浜松まちづくり公社の作品です。

  
                  「松」                    「森の妖精」

コメント

立体花博(21)静岡県と県内2市の出展

2010-06-16 20:17:46 | 浜名湖立体花博
 浜名湖立体花博のご紹介も21回目になりました。
 今回は静岡県と県内2市の作品です。下画像左は、御前崎市の~遥か未来へ~と題した、遠州七不思議の「龍神」と「波小僧」をデザインしています。
 右は、牧之原市の「茶(ちゃ)っととびたて牧之原」で方言を交え富士山静岡空港を意識しています。
 小画像は静岡県出展の「紅雲(こううん)の雪景富士」です。規模も大きかったです。


        御 前 崎 市                   牧 之 原 市

コメント

企業の展示(立体花博⑳)

2010-06-03 22:10:54 | 浜名湖立体花博
 浜名湖立体花博の参加作品をご紹介しています。
 今回は、地元企業の三作品です。下画像左はサーラグループの「飛び立とう未来へ」です。中央の空間のある場所へ行きここで気球に乗った姿の写真を撮ってもらいました。右は丸一物産の「浜松野菜を召し上がれ」です。メロンをはじめとする地元新鮮野菜のPRです。
 小画像はJAとぴあ浜松の「とぴあファミリー」です。花と野菜の親子が手をつないでいます。
 立体花博は、木や金属の立体形状に根の着いた花と緑の植物を植え付け立体模様を作ります。常に水やりと成長具合の管理が必要です。

     
      サーラグループ                          丸一物産
コメント

立体花博⑲は外国の参加

2010-05-14 20:22:19 | 浜名湖立体花博
 浜名湖立体花博には、外国の小国からの参加もあり増した。
 作品としては小さかったですが、国を挙げての参加はうれしいものでした。
 今日のご紹介は左から、ベリーズ(中米)の「カリブの楽園」とフィリピンの「ジュゴン」、そして右がホーチミン市(ベトナム)の「ベンタイン市場」です。
 そして小画像は、アメリカポリテクニック大学の「白鳥」です。

    
     ベリーズ            フィリピン            ホーチミン市  
コメント

立体花博⑱政令指定都市三市(岡山・札幌・広島)

2010-04-27 12:39:40 | 浜名湖立体花博
 浜名湖立体花博も閉幕から半年が過ぎ、ホームページも削除されたようです。
 貴重な画像となりましたが、出展作品の解説などは見ることができません。このブログでは当時の画像のみをご紹介します。
 今日のご案内はその18回目で、全国の中から、政令指定都市の三市の作品をご案内します。
 下画像左は岡山市のタイトルが温羅(ウラ)です。にらみをきかせた顔ですが、ウラのいわれは解りませんのであしからず。
 右は札幌市の、うるおいあふれる街「札幌」です。シャケがおどり子供が楽しんでいる様子です。
 そして、小画像が広島市のカモの里帰りです。広島にはカモズルというお酒がありましたが、このカモとも関係があるのでしょうか。

  
         岡山市の「温羅 」              札幌市の「うるおいあふれる街・札幌」
コメント

東北地方からの出展:仙台市と宮城・岩手県

2010-04-02 17:40:47 | 浜名湖立体花博
 浜名湖立体花博(花と緑の像景アート)の17回目は、東北地方からの作品です。
 下画像左は宮城県(同造園建設行業会との合作)の「明日への飛翔・みやぎ」です。伊豆沼と内沼の水辺に降り立つマガンの姿を画いています。作品に使った葦と蓮の実は前年に地元で刈り取ったものとのことです。
 右は岩手県の観光キャラクター「そばっち」です。岩手の象徴「わんこそば」と岩手ブランドの「漆器」を掛け合わせた作品です。
 そして小画像が、杜の都仙台市の「仙台散歩」です。仙台の歴史と文化をケヤキ並木といろいろなレリーフ(伊達政宗や七夕など)でいろどっています。

   
           宮城のマガン                     岩手のわんこそば
コメント