気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

ハートのフウセンカズラ

2020-10-27 21:46:52 | 家庭菜園と園芸

 今年、実生でたくさん発芽した苗を1本だけ倉庫の入り口横に移植したものが、時期は相当遅くなりましたが今、大きく伸びたくさんの紙風船のような果実をつけ、目立ちましたので撮影しました。

 1本の苗が枝分かれしていくつものツルになってなびています。

 反対側にも上から垂れ下がって来ています。

  上の方では大きな鳥が守ってくれています。

 沢山の紙風船のような実がたくさん固まって付いています。

   果実が熟れると茶色く変身します。

 茶色の実を割ると、中から白と黒の模様のタネが数個出てきます。

 この模様がハートマークに似ていることから人気があります。

 

 

コメント

10月のMyガーデンの花

2020-10-23 08:45:27 | 家庭菜園と園芸

 気候の変わり目で10月に入って花の数は少なくなったかな~?と思っていましたが、目配りをすると今朝もたくさんの花がMyガーデンに見られました。

 半分木陰の下ではアメジストセージが長い花を延ばしていました。

 紅白のフジバカマが、アサギマダラの飛来を待っていました。

 ペチュニア、メランポジューム、キバナコスモスにゼラフィンサスもところどころに咲いています。

 

 我が家から眺めらるその横には、コスモスが満開に近くなってきています。

  朝日を受けるコスモス。

 ここの先はコスモス街道へと続いています。

 (コスモス街道の様子は改めてご紹介します)

※上の小画像の花は、まだ元気なダリア、千日紅、百日草、ケイトウです。

 

コメント

10月でもまだキュウリ!

2020-10-16 16:16:25 | 家庭菜園と園芸

 10月に入って秋の気配も深まってきましたが、今年はまだ家庭菜園のMyキュウリが採れています。

 8月下旬に、今年採れたキュウリのタネで、そのタネを蒔き、果たして実がつくが心配でした。そんな折友人のコメントでお墨付きをいただいていましたので、気長に待っていました。

  そして9月下旬から実が付き始め、このところ毎日1~2本が採れ、食卓に上がっています。

  10月にMyキュウリが採れたことは初めてで感動モノです。

 8月に植え付けたのは7本ほど。春の植え付けの半分ほどの数でした。

 そのうち5本が生育し、初度のネットに再びツルを伸ばしてくれました。

 そして、梅雨のころの長雨と、その後の猛暑に耐えたナガオクラと枝詰めをしたナスも採れました。(こちらの方は間もなく終りのようですが)

 上の小画像は今朝収穫のキュウリです。

 

 

コメント

ホテイアオイという花

2020-10-14 15:23:34 | 家庭菜園と園芸

 季節的には秋も大分深まりましたが、毎日ホテイアオイが咲いています。

 そのホテイアオイ。水アオイ科の熱帯アメリカ原産の水生植物。日本には、明治17年にアメリカから入ってきたと言われています。

 花が美しく鑑賞用に用いられる一方、繁殖力も強く、川や湖沼で船の航行やダムで水力発電に影響が出るとされ、世界十大害草にもなっているとのことです。

 我が家でも主に、花を楽しむとともにメダカの繁殖用(根に卵を産み付けます)に育成しています。

  床下収納庫を利用した水桶のホテイアオイ。

  プラ桶(上段)やメダカの水槽(下段)の中のホテイアオイ。

 

  そのほかいくつかの場所で花を咲かせています。

  昨日の早朝、しずくの残るホテイアオイが見られました。

 

 

コメント

アサガオのタネ採取

2020-10-08 10:55:54 | 家庭菜園と園芸

 今夏もアサガオがたくさんの花をつけ、夏の風情として楽しませてもらいました。

 シーズンを終え来夏に向け種採りを行いました。

 まず、美色混合。色や種類を考慮せず採ったアサガオのタネ。

 9月中旬からは次第にタネができていきました。

 ケース1.こちらには9月上旬から少しづつ種類ごとに分け採った種を入れています。

 ツルに種類ごとに名札を付けてありましたか区分することができました。

 ケース2.こちらにはツルが伸びないアサガオのサンスマイルや、行燈形式で作ったアサガオを区分しました。

 併せて十数種類のアサガオのタネを収穫。来年用の準備ができました。

    今年見られたアサガオの中から12種をまとめてみました。

 

 

コメント

メランポジュームという花

2020-10-07 08:36:56 | 家庭菜園と園芸

 黄色の小さな花ですが一株でも大きな山型に盛り上がるので注目されます。

 我が家の丸型花壇に春に蒔いたメランポジュームが円形になって咲いています。

 周囲が円形ですが、中央に少しくぼみがあり、遠くから見ると顔の中の目のくぼみのようにも見えます。

 メランポジュームは、中央アメリカからメキシコにかけてが原産国。キク科の1年草です。

 高温にも強く夏の暑い盛りでも花を見せてくれます。一般的には黄色の花ですが、中には、ピンクや白のまだら系もあるようです。

 たくさんの緑の葉の中に黄色の花が目立って咲きます。

 種も比較的簡単に採れるので。毎年継続して楽しむことができます。

別の場所でも数か所にメランポジュームを見ることができます。花期も長く咲きます。

 

 ほかにもいくつか庭の花が見られました。

 オシロイバナ。

 芝桜も一部が頑張っていました。

 

※ 上の小画像は、秋の風情を感じるススキの風景です。

 

コメント

闇夜のヒガンバナ

2020-10-04 12:55:21 | 家庭菜園と園芸

 秋の風物として各地で見られたヒガンバナ風景もそろそろ見納めとなりました。その中で白花ヒガンバナを夜に撮影してみました。数日前の画像ですが、昼間とはまた違った光景ですのでご紹介します。

  群生咲きの様子です。沢山の花が入り組んでいます。

 その花を横から眺めました。

 少し低い位置からのぞきました。上に白い点が見えますが。お月様です。

  そして、花一輪を上からアップで撮影しました。

  撮影時にはLEDのスタンド型ライトをかざして撮影しました。

 その後のヒガンバナ。

 紅白のヒガンバナは、各地でその風景を楽しみましたが終焉の期を迎えました。

 

コメント

紅一点のヒガンバナ

2020-09-25 14:40:34 | 家庭菜園と園芸

 秋を象徴するヒガンバナが大分開花してきました。

 白花ヒガンバナの中に赤色ヒガンバナがひとつだけ。”紅一点”です。

 赤い1本の花が白い花を率いるようです。

   一輪の白花ヒガンバナを真上から眺めました。

 

   多くは株ごとに群生して咲きます。

 

     菜園ののり面に群生して咲いています。

     毎年肥料も与え、大事に育てています。

 太陽が当たる時間によって花の色も白かったりクリーム色になったり変化も楽しめます。

 

 

コメント

夏野菜が少し復活!

2020-09-23 10:46:16 | 家庭菜園と園芸

 夏を越した夏野菜のことです。

 今年は梅雨の長雨めとその後の雨のない猛暑が続き、夏野菜は全滅に近かったのですが、日照り続きのころ、水やりをした甲斐あって夏野菜が少しだけ復活してきました。

 長ナスは5~6本の茎が元気を取り戻し、毎日我が家の食卓に乗っています。

 今年2世のキュウリ。採れたキュウリで8月に種蒔きしました。5本の茎が伸び始め、花がたくさんついていますから、しばらく楽しめそうです。

     モロヘイヤは林立で林状態です。

 ショウガも三分の一程は元気に成長。ショウガの佃煮が作れそうです。

 一方、

 ピーマンとシシトウはダメでした。大きくなる前に赤らんでしまい、収穫はほとんどなしでした。

 これからは、

 小さな畑の二か所に、畝づくりをしました。

  最初に大根を蒔いたところ元気に発芽。

 

 白菜やキャベツ、ブロッコリーなど数種類をポットで育苗中です。

 今週台風が来そうです。そのあとに植え付けが始まります。

 ※ 上の小画像は、毎日数本とれる長オクラ。生食いできるので健康的です。

 

コメント

アサガオは元気。しかし・・・。

2020-09-20 10:21:38 | 家庭菜園と園芸

 秋の彼岸もやってきましたが、アサガオはまだ元気です。

 ツルが伸びないタイプのツルなしアサガオ「サンスマイル」です。

 プランターに植えたツルが伸びないタイプのアサガオ(4株)ですが、一時、旬が過ぎたと思い、半月ほど前にツルの先を芽止めしておきました。

 一部の葉は黄ばんで来ていますが、元気な花をいっぱいつけてくれました。

  部分をアップ。大きな花を咲かせています。

  もう一つは丸鉢に。

  こちらも同様に開花しました。

 その一部を方向を変えてアップしてみました。

 南面のグリーンカーテン用のアサガオの一部も少しだけ開花しています。

 西側面のグリーンカーテンは芋虫にくわれ骨皮筋衛門です。種採り用にまだおいています。

 

 もう一つは、サボテンが今年二度目の開花をしました。

 開花の前日花芽が2本伸びてきました。(大きい小さいがあります)

 その翌日大きいほうが開花しました。

 そして1日遅れでもう片方が開花。前日の花はしおれています。

 

 ここまではうれしい開花でした。

 が、先日ご紹介した今年挿し木をした月下美人。

 やはり無理でした。まだ根がしっかり回っていないと思われ栄養分の吸収ができなかったかも。

 悲しい結末に終わりました。

  過日ご紹介したつぼみは開花前に全部落下しました。

 

 

コメント