気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

記念切手も発行延期

2020-04-30 17:18:53 | 郵趣と切手

 ついに発行延期が出ました。

 日本郵便(株)JPでは記念の行事があるときにその催しを記念して記念切手を発行してきました。
 ところが、今、全国的に世間を騒がしている新型コロナウイルスの関係で、今年5月26日に島根県で開催予定であった全国植樹祭が1年延期になりました。

          

 ボタンと島根県関係のものがデザインされた切手(5種のうちの1種)
 
 よって、すでに発行予定で発表されていた同植樹祭を記念したふるさと切手は発行が延期になりました。

 記念切手は、5種各2枚の10シートで5/24の発行が予定されていました。
 この切手が窓口で販売されるのはいつの日になるのでしょうか。
 
◎ 続いて発行延期の二件目です。

  皆さんご承知の通り、TOKYOオリンピック2020とパラリンピックは1年延期になりました。
 よって、こちらの記念切手も6月24日に発行が予定されていましたが、発行が延期となりました。
 オリンピック関連の記念切手は、図柄等はまだ発表されていませんでいたので画像無しです。
 
 上記以外には発行延期の発表はされていませんが、行事を記念した発行目的の記念切手は発行延期になることも考えられます。
 
 
 

コメント

今日は郵政記念日

2020-04-20 09:51:17 | 郵趣と切手

 今日4月20日は、「郵政記念日」です。

 明治4年(1871)に前島密による、近代郵便制度が誕生したことにちなみこの日が制定されています。当初は所管する逓信省から逓信記念日として知られてきました。

 一般国民にはこの日から1週間が切手趣味週間として切手展や切手趣味週間の記念切手が毎年発行されるなど普及周知がされています。

 今年も本日2種類の記念切手が発行されました。その切手のデザインは、江戸時代の画家・尾形光琳(1658~1716年)の屏風・「紅白梅図屏風」(MOA美術館蔵)からです。

     (MOA美術館蔵所蔵の尾形光琳作・紅白梅図屏風)

 本日発行されたのは、この屏風を左右一対を84円2枚の切手に分け発行されました。(下図)

 上の小画像はこの切手各5枚を収めたシートになっています。

〔付記〕

 日本郵便(株)では、この切手シートを収め解説を加えた厚手の豪華版(厚手)切手帳も同時販売されました。

 切手帳の見開き中面。解説と切手が1シート収められています。↑

 切手帳反対側の裏表紙(左)と表紙の画像。(販売価格は1,300円です。)

 

◆この紅白梅図屏風をデザインした切手は、過去にも発行されています。

 昭和44年(1969)9月25日に、第一次国宝シリーズ切手の一つとして15円切手2枚のペアで、発行されています。シート(20枚構成)でとってありましたので併せてご紹介します。

        1969年発行の紅白梅図屏風の切手。

 

◆ 近代郵便制度創始者の前島密をご存じですか。現在の1円切手に肖像が描かれていますのでその切手でご紹介します。

    近代郵便制度創設者、前島密。

 

 

 

 

コメント

3月発行の新切手

2020-04-09 09:44:58 | 郵趣と切手

 日本郵便(株)JPから3月に発行された郵便切手は3件です。

画像を含めてご紹介します。

① 3月3日発行は、「おもてなしの花」シリーズ第13集です。

 額面63円と84円切手が各5種×2枚の10枚でのシール式切手で発行されています。

     

 左が63円切手。題材は、桜、カタクリ、ベニバナ、アジサイ及びカキツバタです。

 右は84円切手で、題材は、タチバナ、チューリップ、桜、アジサイ及びカーネーションです。

 

② 3月10日発行は、「東京2020オリンピック・パラリンピックの聖火リレー」記念切手です。

 同大会の聖火リレーを記念して、それぞれエンブレムと聖火トーチがデザインされた切手が各5枚(計10枚)で構成されています。

※ オリンピックが1年延期されたことにより6/24に発行が予定されていた本大会の切手はどうなるのでしょうか。

 

③ 3月19日発行は、「美術の世界」シリーズ第1集です。

 第1集は青をテーマにこれまで切手の題材となったものを含め、日本画や工芸、ヨーロッパの絵画の中から題材が選ばれています。

 63円切手10種シート。

   84円切手10種シート。

コメント

2月発行の新郵便切手

2020-03-02 08:29:39 | 郵趣と切手

 2月に日本郵便(株)JPから新発行された郵便切手をご紹介します。

① 天体シリーズ第3集 (2月5日発行・84円切手10枚構成のシール式切手)

 

 切手の題材は、ペテルギウスとかアマルディアなど想像図を含む、あまり聞きなれない星座が描かれています。切手は傾けてみるときらきら光るホログラムという方式で印刷されています。

 

② 観光名所『函館と宮古島』各84円切手5種のシール式シート切手。2月7日発行。

 函館

 宮古島

 

③ 春のグリーテイング切手(63円と84円切手がそれぞれ10種のシール式切手で発行されました。 2月21日発行)

   

    63円切手               84円切手

 

 

コメント

1月の新切手

2020-02-12 08:35:17 | 郵趣と切手

 日本郵便(株)JPから1月に発行された新切手をご紹介します。

① 1/15発行は、新シリーズの「おいしいにっぽん」の第1集です。

 63円切手は、タイやあごだし、野菜、柚子胡椒などがデザインされた10種のシール式シート切手です。

 84円切手は、お雑煮,ウナギのせいろ蒸し、ごぼう天うどんなどがデザインされています。

 

② 1/23発行は、恒例の「ハッピーグリーティング」切手です。

 額面は上から順に63円、84円及び94円の3種類が各10枚シートで発行されています。

 

③ 1/28には、「国立公園理念150年・日本の海中公園50年」記念切手が発行されました。

 84円切手の10種シートで、尾瀬、中部山岳、奄美群島などの国立公園10か所が描かれています。

 

※ 茶の実郵趣部所属の皆さんへは、今月下旬に2月発行分と合わせ自動発送いたします。

 

コメント

オリンピックの記念コイン(第三次)

2020-01-31 08:29:28 | 郵趣と切手

1月28日に東京オリンピックとパラリンピックの記念コインの第三次分が発行されました。
 
 今回発行(窓口交換)されたのは第三次分。オリンピック3種とパラリンピック2種の各100円硬貨の5種です。
 以下にプリントされた画像でご紹介します。

左(青い台紙部分)がオリンピック、右はパラリンピックの記念100円硬貨です。裏面は、大会エンブレムの共通デザインになっています。また、このコインは銅貨です。ただしニッケルが12.5%含まれています。
 
◆ 造幣局発行の専用ケースに収めて見ました(第1次~3次分)。↓

 こちらはパラリンピック分。オリンピックの分は上の小画像をご覧ください。

◆ 第三次分では、1万円金貨と千円銀貨が発行されていますので併せてご紹介します。(造幣局の抽選通信販売のみで金融機関の窓口での販売や交換はされていません)小生も入手無しです。
 
◇1万円金貨。(1種)

 (参考:販売価格 122,223円)
 
◇ 千円銀貨。(オリンピック3種)

  (参考:販売価格各 9,676円)
 
◇ 千円銀貨。(パラリンピック1種)

 (参考:販売価格 9,676円)
 
オリンピックの記念貨幣はこの後、第4次分まで発行予定となっています。

オリンピックの記念貨幣も興味ありますが、半年後に迫った本大会。競技にも大いに関心が高まります。

 

 

 

コメント

12月の新切手

2020-01-29 11:35:53 | 郵趣と切手

JP日本郵便(株)から昨年12月に発行された郵便切手をご紹介します。

12月には2件30種の切手が発行されています。

〇 その1

 12/6発行は、楽器シリーズの第2集です。63円切手5種10枚と、84円切手10種10枚のシール式シート切手が発行されています。

 63円切手。アップライトピアノやバスドラム、トランペットなど5種類がデザインされています。

 84円切手。グランドピアノやエレキギター、各種サクソフォンなどがデザインされています。

※ 楽器といえば、楽器の街浜松市のJR浜松駅前には、楽器博物館がありますから、ここで切手に登場した楽器を自分の目で見てみるのもいいかもしれません。

〇 その2

 12/11には、グリーティング切手「星の王子さま」が、63円切手5種10枚と、84円切手10種10枚のシール式シート切手が発行されています。

 63円切手。図柄は、星の王子さまや、小惑星B-612番の王子様とのことです。

 84円切手。渡り鳥と王子さま、咲きそろうバラと王子さま、キツネと王子さまなどがデザインされています。

 

 

 

コメント

東京オリンピックの記念切手は、6月24日発行

2020-01-25 08:18:00 | 郵趣と切手

  速報です。日本郵便(株)JPから令和二年度に発行される記念・特殊切手の発行計画が発表されました。

 今年も膨大な発行数。44件は種類ではなく項目ですから種類は大変な数になります。

 その中で、今年最大の行事、「東京オリンピック・パラリンピック」関連の切手に注目したいと思います。
 これまでも同関連切手が二度発行されましたが、それは、寄付金付き切手。6月24日に発行されるのは本大会の切手。どんな切手になるのか今から期待しています。ちなみに1964年の第18回大会の記念切手は5種類(上の小画像参照)。
 
 来年度1年間の発行予定表は下表のとおり。好み・注目の切手がありましたら、チェックしてみてください。

 ↑これが上半期分。中間の6/24に五輪関係の切手発行予定が記されています。

 こちらが下半期分。

 気になる項目が見つけられたでしょうか。

 来年度も発行月ごとにご紹介の予定です。

コメント

11月発行の新切手

2020-01-12 08:30:48 | 郵趣と切手

 日本郵便(株)JPから11月に発行された郵便切手をご紹介します。

  11月発行の新切手は4件です。

その1

  111日発行の新切手は令和2年用の年賀切手4種です。(額面は画像参照)

 

 デザインは、全種ネズミですが、寄付金なし(小型の2種)は、川崎巨泉の描いた郷土玩具の絵から採用されています。寄付金付き(右)の2種はデザイナーが描いたネズミの絵です。寄付金付きの葉書には番号が印刷されていて、年賀はがきと同一のお年玉扱いとなります。

 その2

 伝統色シリーズ3集で116日に、63円と84円切手がそれぞれ10種のシール式シートで発行されました。

 上が63円切手。下が84円切手で、デザインには、煤竹(すすだけ)色,白群(びゃくぐん)色、鳥の子(とりのこ)色など聞きなれない色を含め計20種が表現されています。

 その3

 1122日発行の冬のグリーティング切手。63円と84円切手がそれぞれ10種のシール式シートで発行されました。

 

 デザインは84円切手がウインタースポーツや雪遊び、63円が猫と楽しみながらの編み物やお茶を楽しんでいます。 

 その4

 1128日発行の絵本の世界シリーズ第3集で、シール式の84円切手10種のシート切手です。

 第3集は中川李枝子・山脇百合子 作「ぐりとぐら」を取り上げています。

 

※ 12月発行の新切手は近日中にご紹介いたします。

コメント

『令和』銘の初コイン

2019-12-22 08:30:31 | 郵趣と切手

 令和の時代になって初めての銘鈑《令和元年》銘が刻印された硬貨(コイン) が入りました。

 今年の5月、平成から令和の時代に変わって以降、その年に造幣局で製造された硬貨には「令和〇〇年」と刻印され流通しますが、造幣局では、現行コインの全種が製造されたことに伴い、ケースに入れたセットを販売。この程通販で入手できました。 

               ( 「令和元年」と刻印された6種類のコインセット )

 

 小さなプラスチックケースに入れ販売されました。記念に保管しておきます。

 令和元年銘の硬貨はいづれ市場に出回りますが、おそらくその多くは来年以降になると思われます。併せて、流通硬貨として全種を収集するのはかなり難しいと思われます。

 

◆ ちなみに「平成三十一年」銘のコインは既報でご紹介しましたが、平成時代最後の年号名で製造され、セットで販売もされましたが、現在流通貨幣として流通しているようです。

 

          (平成三十一年銘が刻印された6種類の貨幣セット)

 

 興味がおありのようでしたら、釣銭をもらった時に比較的新しい硬貨が混じっていたら年号を見てみてください。記念にとっておくのもいいかもしれません。

コメント