気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

『掛川城下・ユリ街道』スライドショー

2012-06-30 20:07:44 | デジブック:スライドショー

 掛川城のすぐ下を流れる逆川の堤防に、平成20年からボランティアの皆さんが植えたユリの数はなんと、40種,33,000本。今、その花が満開です。

 「ユリ街道」と名付けられた逆川には遊歩道もあり、市民の皆さんが無料で散歩をしながら楽しめる場所です。親子連れやカップルで多くの皆さんがたくさんの百合の花や、アジサイとのコラボレーションを楽しんでいました。

 この下に画像が現れましたら、画像中央の「フルウインドウで見る」の文字をクリックしてください。 しばらくするとBGM付のスライドショーがスタートします。(画像数は30余です)

 

コメント

名勝:三ツ石

2012-06-29 21:25:04 | 風景写真

 「三ツ石」、神奈川県、相模湾に突き出た真鶴半島の先端の景勝地の名称です。

 真鶴半島の先端にあり干潮時には歩いて渡れるという。左の大きい島には社があり、右の島との間にしめ縄が張られています。それは金属製で37m,総重量は1tに及ぶといわれています。

 初日の出を拝む絶好地で、カメラマンが殺到しますが、大渋滞でここへたどり着くまでがたいへんのようです。

 三つの岩は総称して笠島と言われ、小画像のように干潮時に歩いて三ツ石へ渡る人も。(画像でその人物が確認できますか。本日のタイトルをクリックすると画像が拡大します。)

 下画像2題は、干潮時の陸続きとなる海岸線を撮影しました。残念ながら、三ツ石へ渡る時間がなく。遠望のみとしました。

      

             半島の先から陸続きとなった名勝:三ツ石

コメント

エクスパーサ海老名

2012-06-28 18:06:50 | 風景写真

 4月に開通した「新東名」のSAは「ネオパーサ」と言い、大変な人気の名所となっているようですが、東名高速のSAもリニューアルされ、ネオパーサのような素敵な建物となっているところもあります。

 新東名開通前でしたが、東名を東に向かって走り、リニューアルした海老名SA「エクスパーサ海老名」に立ち寄ってみました。こちらも素敵な建物に変身し、物産店やレストランもかなりの雰囲気やレベルアップをした明るい感じとなっていました。

 屋外にはドッグランの広場や遊歩道、名水「足柄の水」もペットボトルで持ち帰りができる無料の施設もできていました。

これまでのトイレ休憩、立ち食いソバ、土産購入だけのイメージと違い、エクスパーサ(EXPASA)でゆっくし楽しもうという雰囲気のSAに変わっていました。

小画像は、新しいスタイルの店内風景。下画像左はエクスパーサ海老名の建物正面、右がドッグランや遊歩道など設備の整った屋外風景です。

  

       EXPASA海老名。                      屋外設備。

 

 

コメント (2)

ブランデーの梅酒

2012-06-27 21:25:45 | 日記

今年もブランデー梅酒を造りました。

毎年梅酒を造っていますが、今年のウメは愛知県産の初めてのウメで、1個が30~40gぐらいある大梅です。そしてベースとなるのはサントリーのブランデーです。ホワイトリカーと違って最初からブランデ―色の赤茶色です。

 製造してもすぐに飲まずにある程度は保存してあり、古いものは2004年製があります。その原酒を口にするとドロッーとした甘みが舌に伝わってきます。

 ことしの梅は上記の大梅を1kg。氷砂糖も1kg。ハチミツも100gぐらい入れています。梅をきれいに洗い乾かしてから、梅に6~7ヶ所串で穴をあけ、ブランデー(1.8ℓ)で漬け込みました。

 2~3ヶ月で飲めますが、数年寝かせてコクのある梅酒に育てる予定です。下画像左がベースのブランデーパック。中が大梅1kg。右が串で穴あけ作業です。そして、小画像が、漬け込み三日目の今日の状態。すでに梅が上部に上がっています。(漬けた日は下に沈んでいました)

      

  梅酒ブランデー。       大梅1kg.                      梅に穴あけ。

コメント

天浜線からの車窓風景(国一交差付近)

2012-06-26 20:29:47 | 鉄道風景

 掛川から新所原まで運行する天竜浜名湖鉄道が、国道一号線と交差するのは掛川市内1ヶ所のみです。

 掛川駅を発車して二つの駅(掛川市役所前と西掛川)を通過して三つ目の桜木駅の手前で、天浜線がガードの上を走る立体交差が見られます。この付近は大型スーパーや、大手の電気店、自動車街など掛川市内でも比較的人通りの多いところです。小画像がその車両から見た国道1号線との立体交差の風景です。

 下画像左はそのすぐ南に位置する平面交差の踏切ですが、ここは大型スーパーや釣具店、洋服店などもあり、かなり渋滞する踏切です。右は少し西に進み、桜木駅へ進入する線路の選択をする分岐器付近です。ポイントとも呼ばれることがありますね。

    

   大型スーパー(アピタ)近くの平面踏切。       桜木駅への分岐器付近。

コメント

トウモロコシの出荷最盛期

2012-06-25 22:20:18 | ふるさと紹介

 今月7日。このブログで静岡県遠州森町トウモロコシが有名で、かつ、販売開始をご案内しましたが、このトウモロコシ、最盛期となったようです。聞くところによりますと、台風4号の強風で幹が倒れるなどの多少の被害はあったようですが、今最盛期となったようです。

 もう一度食べたくなり、遠州森町の倉嶋農園を訪ねてみました。今は特産の黄色と白い粒の混じった「甘々娘」に加え、黄色一色の「シュガーマーケット」を取り扱っているそうです。多くの皆さんは、やはり主流の「かんかんムスメ」を好むようですが、今回は「シュガーマーケット」も味わってみることにしました。

 両方の種類を同時に4~5分茹で、交互に味わってみましたが、農園の方がおっしゃるようにシュガーマーケットの方が甘みを多く含んでしました。同時に食べたからこそ味がわかりましたが、とてもオイシイ遠州森町のトウモロコシでした。

 小画像は、収穫されコンテナに収まったもぎたてのトウモロコシ。下画像左は農園の皆さんが、販売用に、7本づつ小袋(1袋1,000円)に入れて出荷の準備をしていました。右画像はその2種類。画像の中の左が黄色一色で甘みの強いシュガーマーケットで、右が黄色と白い粒の混じったカンカン娘です。(甘さを買うなら左がお勧め)

  

     出荷(販売)用に袋詰め。            シュガーマーケット(左)と 甘々娘。 

この機会に遠方の皆さんに宅配のご案内をします。

ご訪問した倉嶋農園の電話は、0538-48-7526(静岡県周智郡森町飯田)です。オイシイトウモロコシです。是非お電話してみてください。

コメント

泥付きラッキョウ本漬け

2012-06-24 20:55:55 | 日記

 昨年に続き、ラッキョウ漬けに挑戦です。

 まず、泥付きラッキョウ(土付きラッキョウとも言います)を1kg購入(398円=小画像)。根を切り、5~6cmにカットしてから水に浸して洗います。手でこすっているうちに薄皮が落ちてきれいに①。芽の成長を止めるため一晩塩漬けです②。本漬けは水洗いの後、濃い塩水で10日間フタをしてさらに塩漬け③。匂いはかなり強烈です。

      

①水洗いで薄皮を落とします。  ②一晩塩漬けします。     ③10日間蓋をして塩漬けです。

 10日後、塩抜きします。流水で半日の方法もありますが、1日3回水替えを3日間の方法を採りました。そして、そのあと熱湯つけです。大鍋にたっぷりの熱湯の中へ、ざるに入れたラッキョウを15秒間浸し殺菌④。別に作った甘酢(水、酢、氷砂糖、はちみつ、焼酎など詳細省略)と共に瓶に詰め完成です⑤。1ヶ月後から食べられますが、半年以上置きます。昨年付けたあめ色のラッキョウ漬けもまだおいしく食べられます⑥。

  

 ④熱湯消毒したラッキョウ。  ⑤上記の甘酢に漬けこみました。       ⑥昨年のあめ色付漬け。

  ちょっと面倒ですが、お店では買えない味のラッキョウ漬けが完成しました。

 

※ お知らせ:NHK静岡放送局の番組がご覧いただける皆さんへ。

  明25日、NHK総合TVの夕方6:10~の「たっぷり静岡」の番組の中で、このブログで14日にアップしました、「掛川・ユリ街道」が動画(マイビデオ)で放映されることになりました。チャンネルを合わせてみてください。

コメント

遠鉄電車・運転席からの風景

2012-06-23 18:20:40 | 鉄道風景

 久しぶりで遠州鉄道の電車「西鹿島線」に乗車の機会を得ました。わずか二駅ですが。

 遠鉄電車の始発駅「新浜松駅」から乗車し、座席は埋まっていましたので、最前列に向かったところ、運転席の横まで行くことが出来、持ち合わせたカメラで運転手と同じ目線の前方を撮影しました。

 小画像左は、新浜松駅の停車中の車窓からプラットホームと反対側線路に停車中の通称「アカデン」です。右は、二つ目の駅、「遠州病院前駅」が近づいてきました。小画像はアカデンの新浜松駅を出発する運転風景です。

  

     新浜松駅プラットホーム。           遠州病院前駅が近づいてきました。

コメント

さくらんぼ

2012-06-22 08:03:17 | 日記

 今年も旬のさくらんぼが届きました。いただきものです。至福の贅沢のひと時です。

 わが家にとっては贅沢品。早速いただくことにしました。その一つは、ウイスキーのオンザロックにさくらんぼを散りばめました。氷が解けるのと、さくらんぼが冷えるのがとってもいい感触でした(下画像左)。

 右は採れたて野菜をサラダにさくらんぼとのコラボレーションです。夕食の一品に加えテーブルを飾ってくれました。小画像はいただいたさくらんぼです。画像だけの皆さん。今日はごめんなさい。

          

         オンザロックとさくらんぼ。              野菜サラダとさくらんぼ。

コメント

台風4号の被害:甚大

2012-06-21 21:09:55 | 日記

皆さん!一昨日の台風4号の被害はありませんでしたか。

わが家では建物には被害は及びませんでしたが、屋外の園芸・農作物致命的被害を受けました。

まず、順調に育っていた家庭菜園の野菜類は、強風で倒壊したり、塩害で、茎の先端がしおれたりして、今後の成長が望めるのか否かの瀬戸際です。上記小画像のようにミニトマト(イエローアイコ)は、一房に10~14個ぐらいの実をつけていましたが、茎が曲がったり先端がしおれたりでこの先が不安です。

下画像左は園芸品の鉢類は 総転倒、倒れただけのものは復帰できますが、鉢ら飛び出たりしたものはこれまた心配です。右画像は、3日前、ネットで栽培を画像アップしたゴーヤですが、塩の被害で葉は黒ずんでしおれ、先端の芽も切り落とした状態です。脇芽が出るかこれも様子見の状態で、画像以外の畑(ミニ)も、シシトウなどは大打撃。黒ずんで、実がなるかどうかの瀬戸際です。

種蒔きから2か月、丹精込めて作った野菜類はどの程度収穫に結びつくのか、がっかりしているところです。このほかにも、キウイ棚や1坪弱のビニールハウスも鉄製パイプが何か所も折れ全壊。復旧のめどは立っていません。

収穫できた場合にはお知らせしたいと考えています。

     

  総転倒の園芸鉢類。              塩害にあったゴーヤ。

 

 

コメント