気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

この1年のご来訪に感謝! &百撰1-12月号

2010-12-31 08:30:19 | 日記
 平成22年の大晦日です。この1年間「気ままな趣味の散歩道」にお立ち寄りいただきましてありがとうございました。ジャンルにありますように「うれしい」の一言です。
 この1週間の合計ご来訪者数が1,400人、閲覧数は4,000件を超えました。新年は5年目に入りますが、歳に打ち勝ちもう少し頑張りますので来年もよろしくお願いします。

 今年を振り返るに、タウン誌「浜松百撰」を、1月号からお送りいただいたので、年間12誌の表紙をアップして、それぞれの月の投稿を思い出したいと思います。皆様におかれましてもそれぞれの月に思い出があることと存じます。小画像は、百撰の1-8月号の表紙。下画像左が9-12月号です。右は紙面の中で最も注目した浜松の日本一や特産品を紹介した「はままつ解体新書」のページの一部をアップしてみました。この中から当ブログへも一部引用してご紹介しております。

  
 浜松百撰9-12月号の表紙。             注目のページ「はままつ解体新書」から。

皆様、よいお年をお迎えください。
コメント

来年こそはの茶畑

2010-12-30 15:02:34 | 風景写真
 平成22年もあと二日。周辺のお茶畑は、来年こそは美味しい新茶を全国に・・と寒い冬を迎え頑張っています。今年三月の凍霜害で大打撃を受けた静岡茶は、新茶時期の収穫量も減り、茶農家を苦しめました。
 新年こそはたくさんの新茶が取れるよう、冬を頑張っています。そんな周辺の風景です。小画像は、茶畑を見下ろす12/20開局の掛川家代地デジ中継局の電波発信塔と、頑張る茶畑。

            
西陽を受け、きらきら反射するお茶の葉。        茶の実もたくさんできました。
コメント

12種類目の年賀はがきをゲット

2010-12-29 11:39:44 | 郵趣と切手
 昨日は、暮れのあいさつに遠出をしたのでお休みしました。

 12/10報で、今年の年賀はがきの料額印面(切手の部分)のデザインは12種類発行され、11種類を収集したことをご案内しました。その残りの1種類を手に入れることができ、コレクターとして感激しています。12種類全部を入手できましたので今日ご紹介します。(他の11種類は12月10日まで遡ってご覧下さい)

 今回の入手したのは、2万枚以上の申込者にのみ適用されるオリジナルデザインで、デザインは「卯の字と松竹梅」です(下画像左)。しかも圧着式と言って、中を開くことのできる貴重なタイプです。「静岡茶通信直販センター」さんのご理解で入手しました。元日に2万人以上の方に届けられると思いますが、皆さんにはいち早くご紹介します。小画像ははがきの全体像。

下画像右は、11/10に発行された23年用の年賀切手4種です。併せてご紹介します。

             
オリジナル年賀の料額印面                 23年用年賀切手4種 
コメント

門松が完成

2010-12-27 17:51:45 | ふるさと紹介
 わが町内にも門松が完成しました。
 町内の役員による手作りのカドマツです。毎年公会堂の正面に一対の門松が飾られ過ぎた1年、迎える1年のともに町内の安全と住民の健康を守ってくれる年末年始の行事です。
 間もなくお正月。このブログをご覧の皆様も、良い年をお迎えください。
 門松の3景をお届けします。

          
コメント

木版画カレンダー

2010-12-26 12:42:57 | 版画と年賀状
浜松木版画会の皆さんが今年も自分たちの作品で23年用のカレンダーを作成しました。
お送りいただいたので、デジブックのスライドショーでご紹介します。

この下の画像の中央の文字をクリックしてください。しばらくするとスライドショーが始まります。


デジブック 『木版画カレンダー』
コメント (3)

御前崎港の風景

2010-12-25 08:58:57 | 風景写真
 貿易港でもあり、漁港でもある御前崎港。木材の輸入や、自動車の輸出でも活躍中です。
そんな御前崎をぶらり寄ってみました。近くには大きな風車がゆっくり羽根を回していました。

  
            釣りを楽しんだり穏やかな御前崎港の風景です。
コメント

我が家の菊花展③勢ぞろい

2010-12-24 17:18:26 | 家庭菜園と園芸
 今年で2年目の菊。少しずつ菊らしくなって来ました。
3本仕立てに挑戦しましたが、途中で折れてしまったり、アブラムシがついたりで大変でした。
何とか育った菊で菊花展を終了とします。小画像は今年の花の勢ぞろいです。ご覧いただきありがとうございました。

  
    3本仕立ての左が「泉郷汽笛」、右が「太平の秋錦」。(名称は定かではありません)

        
     左から、泉郷汽笛、清見の春雨、紅蘭です。
コメント

我が家のコーヒーブレイク

2010-12-23 19:15:04 | 至福の一服《お茶》
 掛川市は日本茶の産地ですが、お茶ばかりではなく、我が家ではコーヒーもよく飲みます。
 皆さんは、コーヒーそれとも紅茶? やはり日本茶ですか。
 我が家では、週に3~4回は、ドリップでコーヒーを淹れています。あまり高級なものではありませんが、ブレンドコーヒー(ワルツブレンドや、モカブレンド)で、至福の一服をいやしています。しかしいつも1人分。コーヒーは多人数分を淹れたほうが美味しいですね!
 今日は、我が家のブレンドのセットを画像にしてみました。淹れるのは簡単なペーパードリップです。小画像がその愛用のセットです。

        
    ドリップでコーヒーがたまります。           癒しのコーヒーが入りました。
コメント

ソラマメとサヤエンドウの植え付け

2010-12-22 17:53:28 | 家庭菜園と園芸
 12月の初旬、来春に向けてソラマメサヤエンドウの苗を植え付けました。
 種をまくのが少し遅れたので心配しましたが、順調に育っているようです。
 ご近所から竹をいただきサヤエンドウの棚も作りました(小画像)。寒さと強風に耐え、来春の実りを期待しています。

   
   ソラマメの苗(植え付け前)             順調に芽を伸ばすサヤエンドウの苗  
コメント (1)

菊川河口と潮騒橋

2010-12-21 17:04:12 | 風景写真
 菊川市を流れる菊川。掛川市大東地区から遠州灘の注ぎます。この河口に歩行者と自転車専用の珍しい逆アーチの潮騒橋があります。コンクリート製ですから近くへ行くと威圧感があります。
 また、河口近くには風車と水門があり、風車は、近くにある大東温泉シートピアの年間使用電力の五分の一を賄うそうです。
 水門は、全国で初の河川マリーナの入り口となっています。

  
         潮 騒 橋                         水門と風車
コメント