何かをすれば何かが変わる

すぐに結論なんて出なくていい、でも考え続ける。流され続けていくのではなくて。
そして行動を起こし、何かを生み出す。

「もうこの会社やめたい」と思ったとき読む本

2010-01-26 21:43:25 | Book Reviews
『「もうこの会社やめたい」と思ったとき読む本』 古田英明・著、大和書房、2004年8月15日

p.48 モノとカネは何とかなっても、人材が足りない。人材だけはどうしようもない。

p.50 働く側の人生の充実と会社の利益は決して相反するものではなく、むしろ合致すべきものなのです。したがって会社も成果主義の名を借りて、使い捨ての発想で人を雇っていては長期的な利益は上げられません。
 「人を育て、会社も育つ」という風土を持つ会社かどうかは重要なポイントだと思います。

p.55 仕事に対する人間の意識レベルというのは、まず一番下に「仕事はゲームだ」というような表面だけの層、その上には二番目の「命懸けで仕事をする」という層があって、もっと高い所に「命そのもの」という三番目の層があるという具合に、だいたい3つくらいの層に分けられるのではないかと思っています。

p.66 転職においても、あえて給料が下がるとか仕事が厳しくなるような転職先を選ぼうとしているのなら、おそらくその判断はそんなに間違っていないでしょう。

p.69 誰でも、すべての勝負に勝ち続けられるわけではないのですから、負けがあるのは仕方ありません。そのときに「自分にできるだけのことはやった。しかし認めてもらえなかった。ということは負けたんだ」ときちんと認識していればいいのです。「自分が悪かった」と素直に認められる人は、転職で失敗することはまずありません。

p.123 私は、この「(仲間に)認められる」ということこそ、働くことの最も大きなリワード(報酬)なのだと思っています。

p.135 「キャリアアップ」という言葉のなかに含まれている勘違いとして、「俺が」「私が」という、自分優先主義、自分勝手主義があるような気がします。

p.137 ましてや普通のビジネスパーソンであれば、必ずその仕事を支えてくれる人が周りにいるわけですから、その人たちが幸せにならない限り、自分自身の向上もないのだということは肝に銘じておいていただきたい。

p.139 会社を見るときに一番大事なのは、経営者の志。つまり、経営者が仕事を通じてこの世の中に何を成し遂げようとしているのかということです。

p.194 働くということは「傍(ハタ)楽(ラク)」、つまり自分の周り(傍)にいる人たちを楽にすることだというのが私のポリシーです。
 つまり、周りの人を楽しくさせることも、働くことの大きな要素だということです。


 まず経営が成り立たたなければいけないという考えと、成果主義(優先)とどれほどの違いがあるのだろうか。
 収益を確保するために出費を抑えて、新たな投資に慎重となり、投資を控えて既存の路線から外れないようにすることは、自分たち経営者側を守ろうとしていることであり、縮小均衡に陥っていることではないのだろうか。
Comment

併用禁忌の抗不整脈薬

2010-01-26 12:22:04 | くすり雑感
 薬剤の併用禁忌に関し、医薬品添付文書に「クラスⅠA(キニジン,プロカインアミド等)又はクラスⅢ(アミオダロン,ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者」という記載が見られる。
 
 この中で、「・・・等」の中に、まだ複数の医薬品が含まれていることを、どの程度意識されているのだろうか。
 とくにクラスIAにおいて、現在キニジンはそれほど使用されているとは思えず、むしろその中ではジソピラミド製剤やシベンゾリン製剤のほうが使用されているだろう。
 併用禁忌がより意識されるよう、対象となる薬剤を例示するにあたり、
(1)キニジンではなく、ジソピラミドやシベンゾリンを掲げてはどうだろうか。
(2)クラス1aやクラス3に分類されている薬剤を、すべて挙げてはどうだろうか。

 (1)では、繁用薬剤というのはその時代によるので、時間経過とともに変動するのであればその都度、記載内容を変えることにもなりかねない。
 (2)では、その分類に含まれる薬剤数が多いと、それだけで文章が長くなり、かえって薬品名がその中に埋もれてしまい、見落としかねない。また添付文書の記載が冗長になる。

 これらを考慮し、「・・・等」が適当である、と判断されているようでもある。
 
 そうならば、抗不整脈薬について、それはVaughan Wikkiamsの分類で、どこに分類されるかを知っておかなければいけないことになる。クラス1には、a~cまで3分類、その他にクラス2、3、4、計6分類。さて、それらを覚えられているだろうか。

 ちなみにクラス1Aおよびクラス3に分類される抗不整脈薬が併用禁忌である薬剤は、現在のところ、限定的である。
 ・アベロックス錠
 ・アンカロン注 ※錠剤は対象外
 ・フェアストン錠(およびそのジェネリック)
 ・レビトラ錠

 これらの薬剤が処方されている患者の薬歴を、遡って調査してみたらどうなるだろうか。案外、クラス1Aやクラス3に分類される抗不整脈薬が定期処方として使用されているケースが見つかるのではないだろうか。
Comments (2)