min-minの読書メモ

冒険小説を主体に読書してますがその他ジャンルでも読んだ本を紹介します。最近、気に入った映画やDVDの感想も載せてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨の罠

2007-11-11 12:24:22 | 「ア行」の作家
バリー・アイスラー著『雨の罠』ヴィレッジブックス 2006.6.20初版 950円+tax
原題:『Rain Storm』

オススメ度★★★★★

長年住み慣れた日本を後にせざるを得なくなったレインの選んだ逃亡先は南米のブラジルであった。ここには大きな日系社会があり、風貌が日本人である(整形手術もしたが)彼にとっては都合の良い場所であった。
それに前作でも登場したナオミの故郷でもあった。彼はここで“殺しの稼業”から足を洗い平穏な余生を過ごそうと望んだのであるが・・・・

CIAがどのような手段でレインの足跡を辿ったのか不明であるが、ある日レインの目の前に現れたアフガン時代の戦友の米国人をみてレインは隠れ場所を発見されたことを知る。
これでナオミとの関係が終わりになることも悟った。

結局、レインをそう簡単に引退させてくれるほど「この世界」は平穏ではなかったということだ。
今度の殺しの舞台はマカオ。ターゲトはアラブ系武器密売の大物だ。9.11同時多発テロ以降、急速に台頭してきた勢力の有力者のひとりであるらしい。
レインが“仕事”にかかるべく密かにターゲットに接近しようとした時、彼の前に立ちはだかったのは謎の暗殺グループとターゲットに密着するひとりの白人美女であった。
物語はターゲットの暗殺にかかわりいくつもの障害が生じ、レインはその謎の解明に東奔西走する。
本編第三作はアクション場面がふんだんで、レインが移動する世界も南米、北米、日本、香港・マカオと目まぐるしく変化する。
全てがスケールアップした本編であるが、別の意味ではこの作品はレインの恋愛物語?でもある。みどり、ナオミに続き謎の美女デリラが登場するに至って、レインの生き様の上での恋愛論が披露されるのが興味深い。
極上のスパイ・アクションの中で繰り広げられる極上のラブ・ロマンスをたっぷりご堪能いただきたい。
シリーズ中最高傑作とみた。


コメント (3)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 雨の影 | トップ | 神なるオオカミ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アリーマ)
2007-11-24 13:11:52
シリーズ読んでしまったら、久しぶりに「他のもんはなにを読んでもツマンナイ」状態に陥り、苦悶の結果第5作のペーパーバックを購入しました。
邦訳で想像したとおり、スタイリッシュだけれど非常にスムースで読みやすいきれいな文体です。待ちきれなけれなければドウゾ・・・。
Unknown (Unknown)
2007-11-25 22:41:09
おお、やはり原書に走りましたか!

僕も!と言いたい所ですが今はちょっと時間的に無理のようですので邦訳を待つことにしましょう。
Unknown (ディック)
2007-12-24 22:48:32
ありゃあ、こちらのコメントを読んで察するところ、本書で翻訳は中断していて、続きは出ていないのですね。残念!
min-min さんのおっしゃるように本作が一番おもしろくて、盛り上がってきたところなので、是非とも次作を読みたいのですがねぇ。

コメントを投稿

「ア行」の作家」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

ハンバーグ・ランチ@『ショーラパン』 ~今年最後のハンバーグ・・・そして今年最後のお願いがっ!~ (横浜ほにゃらら日記)
ビストロ ショー・ラパン最寄駅:黄金町 / 伊勢佐木長者町 / 阪東橋料理:フランス料理採点:★★★★★一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下用途:昼食 のたりのたりと鰻宴の後、つづく・・・となっているのに、こういう記事で挑発する人がいる。 困ったもんだ...
雨の罠/バリー・アイスラー (ディックの本棚)
雨の罠 (ヴィレッジブックス)  ブラジルで暮らし始めて一年が過ぎようとした頃、私(ジョン・レイン)はついに居所を探し当てられた。テロリスト集団に武器を提供している武器証人ベルハジを密かに葬りたいと依頼してきたのはCIAの東京支局だ。  不本意ながら引き...