バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

iPS細胞で脊髄損傷の再生医療に挑む医師を突き動かす「苦い思い出」

2019年05月17日 | 細胞と再生医療
HOME ライフ 木原洋美「究める医師」の仕事と哲学
Diamond Online.,2019.5.16

コメント   この記事についてブログを書く
« 中国人科学者が数秒で止血で... | トップ | mRNA 分解酵素 Regnase-1 の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

細胞と再生医療」カテゴリの最新記事